人間関係

林先生が『初耳学』で人間関係に対する持論を展開 「子供にもドライな関係を教えたほうがいい」

19日に放送された、TBS系バラエティ番組『林先生が驚く初耳学』では、『PRESIDENT Online』に掲載された、「小中学校の友人なんてクソみたいなもの」という記事がテーマに。

番組で語られた、林先生の持論が賛否両論を巻き起こしている。

 

■人生は長いストーリー

社会進出したことで、小中学生の友人と会う機会が減ったというひとはかなり多そうだ。しかし、それでも「クソみたいなもの」という表現はいささか乱暴だと感じている人もいるだろう。林氏は記事に共感した理由を語った。

「あの記事は、学校のいじめ問題がメインテーマになっている。友達関係の悩みで不登校や自殺する場合があるならば、その友達は、大人になったら一年に一回も会わない人たち。

 

人生は長いストーリー、そこには、その人しかいなくても次のシーンに移ったら別の人がいる。子供はそれに気が付きにくい」

 

子供が気がつきにくいからこそ、大人に伝えてほしいというメッセージが込められているようだ。

 

■本当に大切な人だけを大切に

社会人になると友人よりも会社などで仕事上の付き合いが多くなる。そんな中、林先生はドライな人間関係を子供に習得させることを推奨した。その理由を林氏は、

「社会に出たら、ドロドロの関係はまずい。ドライな関係の中で共通の目的に向かうチームになればいい。だから、大人になったらドライな関係でやっていくのだから、今もドライに考えていいよ」

 

と語る。無理に仲のいい友達を作らなくても先を見据えれば問題ないと考えているようだ。さらに、「本当に大切な人だけ大切にすればきっと幸せになれる」と、人間関係に苦しんでいる子供たちにメッセージを送った。

 

■ネットでは賛否両論

これに対し、視聴者の反応は賛否が別れている。

小中学生の友人なんて不要…。確かに、今、連絡してる小学校の友人0だわ。#初耳学

— よっしぃ@腰痛激痛(–#) (@yoshi954_) November 19, 2017

陸王からの流れで初耳学社会人になると友人より仕事相手との方が会う回数が多いってやってるけど、まさにその通り今月友人と会ってないし会う予定ないや…仕事の人とばっかり…(´・_・`)

— 里久 (@yayoi_asami) November 19, 2017

「小中学校の友人なんて不要」とは初めて、初見学に怒りを覚えた、なんてひどい残念な事を林先生は言うのだろう?俺は、小中学校の友人こそ大切な友達だ!!!#初耳学 #TBS

— EBA (@eba_kuma) November 19, 2017

初耳学みてるけど、小中学校の友人なんて不要って。。。

僕には考えられんなぁ

— 静流@樺倉さん実在してくれたらいいのに (@shizuru_persona) November 19, 2017

 

■数年ぶりの連絡は警戒する?

しらべぇ編集部が全国20代〜60代の男女1,336名を対象に「数年ぶりに『会おうよ!』と連絡がきたらどう思うか」を調査したところ、じつに全体の47.1%は「警戒してしまう」と回答したのだ。

とくに若い人ほどその傾向がみられる。

50代男性、60代男女は3割程度と下がるのだが、それ以外ではほぼ5割越え。中でも40代女性は6割に迫る勢いだ。

小中学生の段階でドライな人間関係を作ることは難しいだろう。しかし、林先生が言うように本当に大切な人だけを大切にし、ドライな人間関係を作ることが、「いじめ」を無くす第一歩かもしれない。

ライバルの出世も興味がない…競争意識が低い人をどう思う? 

(TAGSTOCK1/iStock/Thinkstock)

「近頃の若い子には、競争心があまり見られない」と言われることがある。

ここ最近、学校で順位をつけないなど、他の子との競争をあおらないように評価方法を配慮しており、昔と比べれば弱くなったように見えるかもしれない。

 

■競争意識が低い人をどう思う?

そこでしらべぇ編集部では、全国20~60代の男女1,354名を対象に、競争意識が低い人をどう思うか調査を実施した。

結果、「共感する」は14.8%、「理解はできる」は51.3%の一方で、「違和感がある」と答えたのは22.5%、「おかしいと思う」は11.4%で、理解できる派が3人に2人と多数派だった。

年代別では、「共感する」と回答した人が20代では22.3%だが、60代では8.1%と20代の半数以下。逆に「違和感がある」と答えたのは20代19.3%で、年齢が高いほど割合が増えていき、60代が28.2%と9ポイントも高くなる。

シニアに近づくほど理解できないと考える人が多くなる傾向だ。

 

■競争よりも協調性

おっとりとした性格で、のんびりと育った人だと、勝ち気な人の激しさに「どうして闘争心をそこまでむきだしにするのか、よくわからない」と感じるかもしれない。

一方で、若者の同年代人口が少なくなっていることもあり、ひたすら競争し続けて出世するよりも、協調性を持って仲間と楽しく過ごしたいと思う考え方もある。

競争意識が低くて打たれ弱いなど、ネガティブなイメージが先行しがちな若い世代。しかし、先輩や上司が過剰に競争心を煽り、壁を作らせていては、いい関係を築けないはず。

人に勝ちを譲ってしまう性格は、相手の気持ちに敏感で、心が優しい証拠。人と比べるのではなく、人として優れたいと思ってくれるような接し方を心がけることが重要になるだろう。

自己中心的な行動に困る…社会人としてのモラルが低い人をどう思う? 

(Tg-pint/iStock/Thinkstock)

社会的な規範への意識や道徳心が希薄で、自分さえよければいいと考える人を「モラルが低い人」と言うことがある。

普段接している人に対して、「この人はモラルが低いなぁ…」と感じた経験が1回ぐらいはあるだろう。

イライラするのも嫌なものだし、相手のためにも注意してあげるのが効果的な対処法のひとつだが、やはり勇気がなかなか出せないもの。

 

■モラルが低い人をどう思う?

しらべぇ編集部では、全国20~60代の男女1,354名を対象に、社会人としてのモラルが低い人をどう思うか調査を実施した。

結果、「共感する」は5.0%、「理解はできる」は17.2%と、合わせると2割強。一方で、「違和感がある」と答えたのは32.6%、「おかしいと思う」は45.2%となっている。

モラルが低い人について、マイナスな印象を持っている人がかなり多いことが判明した。

男女で差はほとんどなかったが、年代別では20代で「理解はできる」と回答したのは24.9%に対し、60代では9.5%と15ポイントほど低くなった。

 

■バレなければ本当にいいのか

誰も見てないから、バレなければいいと考えて、良くない行動に走ってしまうことがある。

また、職場内でモラルが低い人が多すぎる上に、自分の意思が弱かったりすると、染まってしまうことも。

ここ最近でも、但馬牛を神戸牛に偽り提供していたレストランや、京都府外で生産されたネギを「九条ネギ」として販売した業者など、モラルを問われる企業が相次いでいる。

悪いことだと思っていても、こうした事件に加担してしまうのは、職場の上司や先輩に背けば、会社の中での立場が悪くなる――といった恐れから来ているのだろう。

職場のモラルが低かったり、モラルのない人がいたりしても、自分は自分と割り切って行動していくことが大切だ。

集団の中にいても存在感がない…おとなしい人をどう思う? 

(DAJ/Thinkstock)

どこのクラスでも控えめでおとなしい人が、一人はいたのではないだろうか。学校だけでなく、社会に出てからも同じ職場やコミュニティなど、おとなしい人と接点を持つことがある。

おとなしい人は、周囲と距離を置きがちで、他人とあまり関わりを持たない印象があるため、心理がイマイチわかりにくく、接しづらいなぁと感じている人もいるだろう。

 

■集団の中でおとなしい人をどう思う?

しらべぇ編集部では、全国20~60代の男女1,354名を対象に、集団の中でおとなしい人をどう思うか、調査を実施した。

結果、「共感する」は18.2%、「理解はできる」は57.6%と、合わせると4人中3人で、「違和感がある」と答えたのは16.2%、「おかしいと思う」は8.0%となっている。

男女別では大きな差がなかったが、年代別では、20代で「共感する」と回答した人は32.3%と3割を超える一方、60代では8.1%と1割以下に。

年代が高くなるほど割合が低くなっており、歳を重ねるほど、おとなしい性格に共感できる人が減っている。これはライフステージが変化する中で、「おとなしさ」を克服する人が多いのかもしれない。

 

■おとなしい性格は悪いことではない

おとなしい人は、話が苦手でも、自分の意見を求められたら、ちゃんと意思が伝えられるように努めておくだけで、印象は変わるだろう。

おとなしさが原因で、感情表現が苦手、声が小さい、存在感がない…など、悪いイメージに取られてしまうことが多い。

しかし、おとなしい性格は、必ずしも悪いことではない。寡黙さと真面目さはアピールポイントになり、沈着冷静で落ち着きがあり、集団の中で和を乱すことも少なそう。

ただ、寡黙過ぎるとネガティブな印象を持たれてしまうケースもあるので、注意したいところだ。

そこまで落ち込まなくても…叱られ慣れていない人をどう思う? 

(amanaimagesRF/Thinkstock)

よく、今の若い世代について、仕事のミスに対して注意を受けたことで深く落ち込んだり、アルバイトなどで怒られるとすぐに辞めてしまったりと、打たれ弱い人が増えていると言われている。

また、誰でも一度くらいは「自分は褒められて伸びるタイプだから」と話している人を見かけたことがあるだろう。

実際に、叱られ慣れていない人について、どのような印象を持っている人が多いのだろうか。

 

■叱られ慣れてない人をどう思う?

しらべぇ編集部では、全国20~60代の男女1,354名を対象に、叱られ慣れていない人をどう思うか、調査を実施した。

結果、「共感する」は9.2%、「理解はできる」は39.4%の一方で、「違和感がある」と答えたのは36.2%、「おかしいと思う」は15.3%と、賛否ほぼ五分五分となっている。

男女別では割合に変化はなかったが、年代別では意識に大きな違いがあると判明した。

 

■20代と50代で最大の差

20代で「共感する」「理解はできる」を合わせると64.7%。しかし、年代が高くなるほど理解派は少なくなっており、50代男性では36.0%と、30ポイント近くも下がっている。

 

怒られるのが苦手な若者の中でも、人前で怒られたり、理不尽なことで怒られたりするのがツラいと思っている若者は多そうだ。叱る側の下手さも問題である。

また、調査結果から、自分だけが叱られ慣れていないと思えれば、気がラクになれる人もいるかもしれない。打たれ弱いことは特に恥ずかしいことではないはず。

メンタルがもっとタフになりたいと思っている人もいるだろうが、多くの経験を積んで、成長することが大切なのだろう。

行き当たりばったりにイラッ! 計画性がない人をどう思う? 

(maroke/iStock/Thinkstock)

仕事・勉強・ダイエットなど、何か目標を決めたとき、几帳面に予定を立てて、常に計画性をもって行動するタイプがいる。

一方で、計画性がまったくなく、行き当たりばったりな人も多い。物事がなかなか決まらなかったり、段取りが悪くなったりするなどで、計画性がない人に、周囲がイラッとしてしまこともあるだろう。

 

■計画性がない人をどう思う?

しらべぇ編集部では、全国20~60代の男女1,354名を対象に、計画性がない人についてどう思うか、調査を実施した。

結果、「共感する」は5.7%、「理解はできる」は31.7%の一方で、「違和感がある」と答えたのは38.9%、「おかしいと思う」は23.7%。全体の3人に1人は理解があるようだ。

年代別では、年代が高くなるほど違和感があると回答しており、60代男性で「違和感がある」「おかしいと思う」と答えた人を合わせると76.9%と8割近い。

 

■経営者や会社役員からの印象は

また、職種別では、経営者・会社役員の中で計画性がない人に「共感する」「理解できる」と回答した割合が46.9%と、全体平均より10ポイント近く高くなっている。

通常、企業の中では、計画を立てて実行し、設定した目標を超えることができる人を評価するが、リーダーには、実行力に加えて行動力を求められることが多い。

誰でも何かに挑戦したり、知らない分野に飛び込んだりするときには、不安を感じてしまい、行動に移すまで時間がかかったり、途中であきらめてしまったりすることがある。

だが、行動力が人一倍強い人は、計画を立てるよりも、とにかくやってみようとする。

このような点で、経営者や会社役員には、計画性がないタイプにも、寛容な人が多くなるようだ。

「聞いてなかった」も重なるとイラッ! 話を聞かない人をどう思う? 

(Tg-pint/iStock/Thinkstock)

人付き合いをしていく中で、話を聞かなかったり、理解してくれない相手に出会うことがあるだろう。最初は「うっかりしていたのかな?」と思いつつも、何度も続くとイライラしてしまうことも。

逆に、子供のころ、親に「なんで言ったことを聞いてないの?」と怒られた経験がある人も少なくないはず。

 

■話をよく聞かない人、どう思う?

しらべぇ編集部では、全国20~60代の男女1,354名を対象に、他人の話をよく聞かない人をどう思うか、調査を実施した。

結果、「共感する」は4.9%、「理解はできる」は27.0%の一方で、「違和感がある」と答えたのは43.5%、「おかしいと思う」は24.6%だった。全体の3人に1人は理解があるようだ。

年代別では、年代が高くなるほど違和感があると回答しており、60代男性で「違和感がある」「おかしいと思う」と答えた人を合わせると80.6%と8割を超える。

 

■高所得者は寛容

また、年収別では、700~1,000万で38.7%、1,000万以上で40.0%と、高所得者の中で人の話を聞かないことに寛容な人が増えている。

 

他のことをしていたり、疲れていたりすると、集中力が落ちて、話を聞いていない場合がある。

また、人の話は最後まで聞くべきだとわかっていても、感情が高ぶったり、自分の話に持っていきたくなると、ついつい相手の言葉を遮ってしまうような、自覚のないタイプも多い。

一方、「話を聞いてもらえないな」と思った相手とは自然に距離を取りがちだが、何か原因があると察して、伝え方や自分の行動も見直してみる必要があるのかも。

・合わせて読みたい→自己中! 自分の話ばかりする人を注意した時にされた最悪行動3選

(文/しらべぇ編集部・小河 貴洋

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年9月29日~2017年10月2日対象:全国20代~60代の男女1,354名(有効回答数)

楽しいけれど軽さが気になる…ノリが良すぎる人をどう思う? 

(Ryan McVay/Photodisc/Thinkstock)

男女ともにノリが良い人は、誰からも好かれる人気者。「チャラ男」や「パリピ」を連想する人も多いだろう。

場を盛り上げるのも上手、会話のキャッチボールもすぐに反応が帰ってきて、頭の回転が早い印象を持つ。

しかし、一方的にしゃべったり、あえて空気を読まなかったりするお調子者など、チャラついて軽薄すぎる――と、苦手意識がある人も少なくない。

ただし、「ノリの軽い人は嫌い」と言っている女子は少なくないが、実際には、なぜかそんな人ほどモテているように思えてしまう。

 

■ノリが良すぎる人をどう思う?

しらべぇ編集部では、全国20~60代の男女1,354名を対象に、ノリが良すぎる人についてどう思うか、調査を実施した。

結果、「共感する」は5.4%、「理解はできる」は35.5%。一方で、「違和感がある」と答えたのは42.9%、「おかしいと思う」は16.2%と、ノリが良すぎる人について、よく思っていない人が6割近い。

年代別では、男女とも年代が高いほどノリの良い人への理解派が減る傾向にあった。

 

■年収別では700万で境界線が

また、年収別では、700万円を境目に違和感を覚える人が全体平均より10ポイントも少ない。

ノリの良い人は、話の中身が薄く見られてしまうこともあるが、コミュニケーション能力に長けている。

周りからの支持を得たり、チームリーダーとしてうまく機能することもある点で、高所得者に理解者が増えているのかも。

ただ、友達として付き合うのは楽しそうだが、恋人として付き合うと苦労しそうだ。

・合わせて読みたい→オリラジ藤森にNEWS手越…「チャラ男はモテる」説は本当なのか

男と女でどう違う? パートナーの行動に愛が冷める瞬間

気がつけば、紅葉シーズン。カップルたちは、お出かけする機会が増える時期でもあります。

でも、そんな時に怖いのが…「喧嘩」。私は、喧嘩すると言い過ぎて後悔しちゃうタイプ、中村愛でーす。

喧嘩から、彼氏に急に冷められるなんてことも、過去に経験があり…。

そんな風には、みなさんにはなってもらいたくないとの思いを込めて、しらべぇ編集部が、全国20~60代の男女1,349名を対象に、パートナーに冷める瞬間はどんな時か、調査を実施。

「怒ってばかりの時」「言葉遣いが悪い時」「ダラシない格好ばかりの時」「束縛が激しい時」「嘘をつかれた時」「ネガティヴ発言ばかりの時」「悪口や愚痴ばかりの時」の7つから1番冷めるものを選んでもらいました。

 

■女性がパートナーに冷める瞬間

“悪口”や“愚痴”ばっかりだと、冷めてしまう女性が多いことがわかりました。

 

■女性が悪口&愚痴を言うパートナーに冷める理由

・たまにだったら許せるけど、毎回誰かの悪口や愚痴を言っていると、本人に直接言えない彼氏にうんざりしてしまうから。それに、そんな話を聞いても楽しくないから。(30代女性・経理)

 

・聞いているこっちがストレス溜まって仕方がないし、悪口で盛り上がる人間にはなりたくないから。(40代女性・美容)

 

・彼の悪口や愚痴を聞いていたら、彼自身が「プライドが高い」ことや「仕事ができない人だ」ということに気付いてしまったので。(20代女性・事務)

 

納得できる理由ばかりでしたが、年齢別では少し結果が違っています。

20代では第1位が「怒ってばかりの姿」、第2位は「束縛」となっています。

 

■男性がパートナーに冷める瞬間

では、逆に男性が冷める瞬間はどんな時なのでしょう。

第1位は「悪口や愚痴ばかりの時」。まさかの、男女ともに変わらない結果になりました。

ただ、女性の冷める瞬間で第6位となった「ダラシない格好ばかりの時」という理由が、男性の冷める瞬間は第3位までランクアップしています。

一緒に住み始めたりすると、どうしてもダラシなくなってしまうかもしれませんが、女性はいつまでも隠し通した方が良いのかもしれません。

恋を終わらせないためにも、相手から冷められないように努力していきましょう。

 

恋が冷める瞬間も、数字で出来ている。

・合わせて読みたい→彼や彼女の経験人数の理想は何人? 男女で全く違う結果に

(文/ゲスドル・中村愛

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年8月25日~2017年8月28日対象:全国20代~60代の男女1,349名(有効回答数)