伊藤嘉明の「人生万事振り切るが価値」

台湾発、充電の手間を省いた電動バイクメーカー「ゴゴロ」はやっぱり凄かった。

伊藤嘉明の「人生万事振り切るが価値」

“最強のよそ者”として、数々の業界でビジネスに変革をもたらし続けてきた伊藤嘉明が、“趣味も仕事もフルスイングする価値”について考える連載コラム『伊藤嘉明の「人生万事振り切るが価値」』。

伊藤嘉明の「人生万事振り切るが価値」連載一覧ページ

 

インフラごと供給する電動バイクメーカーの出現

  仕事の絡みで台湾にやって来ました。親日派が多いということに加え、日本と東南アジアをミックスした感じの雰囲気でなかなかいい感じ。久しぶりに来た台湾、すっかり気に入ってしまいました。今回は時間の無い中どうしても見たいものがあり、無理やり時間を作り、見に行きました。どうしても見たかったもの、それは何かというと「ゴゴロ」。ほとんどの方は聞いたことないと思いますが、台湾をベースとする電動バイクメーカーのショールームなんですねぇ! ということで、今回は台湾で出会った人生万事振り切るが価値!

「ゴゴロ」はHTCの元チーフ・イノベーション・オフィサー、ホラス・ルーク氏が2011年に立ち上げた台湾発のベンチャー企業。洗練されたデザインの電動バイクとバッテリー交換が課金式となるビジネスモデルで、雨後の筍のようにある東アジアの電動バイクメーカーでは、かなりの注目を集めている企業でもあります。グローバルデビューをした2015年のCESでは、ベスト・イン・ザ・ショー・アワードを受賞するなど、躍進ぶりは目覚しいものがあります。2014年8月の本格ローンチ以降、本国台湾では18カ月で4000台以上を出荷するなど、国際シーンでは話題に事欠かない状態です。

さて、この「ゴゴロ」、単なる電動バイクメーカーではありません。ユニークなのは、交換用バッテリーステーションが街のあちこちにあり、自分で充電する手間が省けるというビジネスモデルです。

ホラス・ルーク氏によると、台北市民の80%は駐車場へのアクセスがなく、あったとしても市営のものとなり、電動バイクの充電をするというプロセス自体が大変難しいとのこと。ならば、そのインフラを丸ごと「ゴゴロ」が提供しようではないか、という流れ。これはとても理にかなっている考えで、電動自動車や電動バイクが欲しくても、維持の手間を考えた場合にボトルネックとなる部分を、企業側が解決策を提供することで製品・サービスの両方が根付くわけです。

ここで問題になるのがバッテリーステーションの数ですが、ここ台北でもびっくりするくらいのペースでステーションを増やしています。初年度だけで145箇所を設置。これは台北市だけで見てもほぼ1.3キロごとにバッテリー交換ができるステーションがあるということになります。これは、バッテリーが無くなる、という不安感から完全に解放されることからも、今後の浸透が楽しみです。バッテリーステーションの拡充は駐車場を確保するのが難しい大都市圏では必ず問題になることなので、彼らが考える解決に向けた提案は世界中で受け入れられる土壌があるでしょう。現に発表以来、オランダのアムステルダムでの導入に続き、ドイツのベルリンでも導入が決定しています。

電動バイクの勢いは地球環境の危機に反比例

さて、ショールームに行ってびっくりしました。もともとバイク本体のデザインも中国のそれと比較してもずっと洗練されており、別格感を漂わせているくらいなのですが、ショールームはまるで「アップルストア」と「BMWMINI」のいいとこ取りのような雰囲気。店内は白で統一されており、店員も皆若くてカジュアルな感じ。社員証のタグもファッションも垢抜けています。オプション装備を満載したカラフルなバイクが数台置いてあるのはもちろん、オリジナルグッズもたくさん用意されています。これはショールームにいるだけでワクワクしますね。

さらに驚いたのはワークショップ。いわゆる整備をする場所ですが、ここも床までが真っ白で統一されていて、まるで未来の宇宙船内部のような雰囲気。宇宙船なんか見たこともないですけど、あくまでイメージです。整備エリアにありがちな汚れた感じは皆無。パソコンや時計の部品交換でもしてそうなクリーンなエリアでした。

バイクのボディの一部もカラーパネルを張り替えることで、自分独自のオリジナルゴゴロを作れるわけです。少し無骨なヘッドランプカバーを選べばオフロードデザインにもなり、これは男女問わず自分好みのバイクにできる楽しみがあります。

 

ちなみにバッテリーは2本入れるタイプで、一つ6キロとそれなりの重さ。取っ手は蛍光グリーン、本体は黒、となかなかに洒落たデザインです。  

電動バイクメーカーは中国をはじめとして世界に数百社あると言われており、この数はまだまだ増えながらも同時に淘汰されていくでしょう。地球環境はかつてないほどの危機に面しており、経済発展や人口増からくる都市圏への人口流入、それによって引き起こされる渋滞、さらにそこからくる空気汚染、と負のスパイラルに加速がかかっているのが今。そのような中で、歴史のある大企業ではなく、新進気鋭のベンチャー企業が世界の新しいスタンダードを創っていく。これは応援しないわけにいかないです。しかも我らの友達、台湾のメーカーです。早く日本にも上陸して欲しいですね。海の向こうのアジアの友、振り切っている電動バイクメーカー、もとい、環境問題ソリューションプロバイダー、「ゴゴロ」万歳!

文/伊藤嘉明

伊藤嘉明(いとうよしあき):X-TANKコンサルティング 代表取締役社長。数々の外資系企業での事業再生、マネージメント経験を生かし、可能性のある組織や人材を有機的に結合させたり、資金を投入することで、日本国内はもちろん、生まれ故郷である東南アジアでイノベーションと変革を巻き起こす。著書に『どんな業界でも記録的な成果を出す人の仕事力』(東洋経済新報社)など。

『デジモノステーション』2017年11月号より抜粋

どんな業界でも記録的な成果を出す人の仕事力

The post 台湾発、充電の手間を省いた電動バイクメーカー「ゴゴロ」はやっぱり凄かった。 appeared first on デジノ杜.

中国人の躍進著しいカナダで、日本のサムライたちと出会った話

伊藤嘉明の「人生万事振り切るが価値」

“最強のよそ者”として、数々の業界でビジネスに変革をもたらし続けてきた伊藤嘉明が、“趣味も仕事もフルスイングする価値”について考える連載コラム『伊藤嘉明の「人生万事振り切るが価値」』。

伊藤嘉明の「人生万事振り切るが価値」連載一覧ページ

 

個々の民族や文化を尊重。カナダでの出会いの旅

底抜けに青い空のバンクーバー、この時期は一年で最も過ごしやすい季節ということもあり、平日というのにスタンレーパークはたくさんの観光客と地元民で賑わう。“人種のるつぼ”、アメリカのメルティングポッドからくる一つのアメリカを作りあげる、という文化に対して、カナダのそれは“モザイク”という、個々の民族や文化を尊重しながら共存するという考えで、それはそれで心地よい。世界一広いロシアに次いで広大な国土にわずか3400万人。東京都民の2倍強の人口が日本国の25倍の土地に住んでいる。厳しい気候のため、人口のほとんどがアメリカとの国境500キロ圏内に住んでいるとのこと。やはり寒いのが苦手な南国野郎な僕は住めないくらい寒いんだろうな……。ということで今回は前回に引き続き、北米の旅パート2、人生万事振り切るが価値!

カナダ滞在中はリッチモンドというバンクーバーの隣町に宿泊していたのだが、街中に中国語の看板、店の中も外も完全に中国の人しかいない。逞しいなぁと脱帽。そんな中、スタンレーパークという公園に行って日向ぼっこをしていたところ、目の前に真っ赤なテント。「あー、アジア系の若者たちがホットドッグを売っているな」とぼんやり見ていたら、テントには大きく『ジャパドッグ』と書かれていた。店員は男女ともに爽やかでイケメン、可愛い美男美女。一生懸命にホットドッグを売っている姿は見ていて微笑ましい。売っているものも和風ホットドッグと、なかなかにユニークかつ美味そう。意思の弱い私は全然お腹も空いていないのに早速一本購入。話しかけてみたら、ワーキングホリデーでカナダに来た初々しい若人たち。僕は無知で知らなかったのだが、この『ジャパドッグ』、日本人が始めたカナダでも話題の屋台チェーンで、メディアでも頻繁に取り上げられている人気店。ググってみたところ、最初は2005年に一台の屋台から初めてここまで頑張って成長してきたというとても元気の出る話だった。海外でエネルギッシュに働いているアジア人は中国の人ばかりが目立つなか、久々にいい気分になり嬉しかった。ナイスな笑顔の彼らたちに別れを告げて、大学留学時代に住んでいたオレゴン州に向け、昔からの仲間に会うべく出発した。

リスクをエネルギーに開拓。タフな日本人たちは今もいる!

オレゴン州ポートランドは、西海岸の緑豊かな場所。ダウンタウンの真ん中に川が流れており、こじんまりとしたお洒落な雰囲気で、近年はスローライフやサステナブルな街として人気急上昇。ここ数年は全米で最も住みたい街ランキングトップとして、毎月500組以上が入植してくるなど、西海岸で最も注目されている。私が留学していた頃から美しい街ではあったが、今ほど注目があったわけでもなく、オレゴン?「ああ、オレゴンから愛」の?くらいしか話題にならなかったのに隔世の感である。

そんな数十年前からこの地でオーセンティックな日本料理屋を営んでいる侍がいる。その当時はまだJALや東京三菱銀行、日商岩井などの日本企業があったのでオーセンティックな日本料理屋さんもそれなりにはあったのだが、それぞれの企業の撤退と日本人人口の減少に合わせ、それら老舗日本料理屋は店をたたんでいる。唯一『こうじ大阪屋』を除いて。サムライであり、アメリカンドリームを実現したこうじさんが、多店舗展開を通じて美味しい日本料理をオレゴニアンに提供しているわけだ。最近は中国や韓国、果てはメキシコの人たちが日本料理屋を経営しているため、日本料理とは似ても似つかないシロモノを食べさせられることが多い中、『こうじ大阪屋』ではちゃんとした味のものをボリューム多く食べられるという、創業当時からのスタンスが変わっていない。何よりも、ポートランドにある3店舗を経営者兼料理長として切り盛りしている人が私の大学時代からの仲間、のぶさん。このサムライ、オレゴンの大学を出た後に日本で外資系企業で活躍をしたスーパービジネスマン。ある時、長年の夢を実現すべく今までの輝かしいキャリアを捨ててゼロスタート、修行を経て家族でアメリカに移住した。たくさんの苦労もあっただろうに、そんなことはおくびにも出さない爽やかな笑顔を持つサムライ。

リスクを物ともせず渡米し、夢を追う。同じ日本人として彼らをとても誇らしいと思った。考えてみると江戸前期にシャム国(今のタイ王国)に渡り、彼の地のアユタヤ王朝に仕え、数々の貢献から当時のソンタム王よりオークヤー・セーナピムックという政府高官のポジションを与えられた山田長政。異国で活躍したサムライ「山田長政」のフロンティア・スピリットは脈々と受け継がれているなぁと。『ジャパドッグ』の若者たち、こうじさん、のぶさん、共通しているのは、みんな底抜けに素敵な笑顔と爽やかさを持っていること。「北米のサムライたち」と会ってポジティブエネルギーを貰い、いざ日本覚醒!と覚悟を新たにした旅となりました。また来年サムライたちに会いに行こうっと。

文/伊藤嘉明

伊藤嘉明(いとうよしあき):X-TANKコンサルティング 代表取締役社長。数々の外資系企業での事業再生、マネージメント経験を生かし、可能性のある組織や人材を有機的に結合させたり、資金を投入することで、日本国内はもちろん、生まれ故郷である東南アジアでイノベーションと変革を巻き起こす。著書に『どんな業界でも記録的な成果を出す人の仕事力』(東洋経済新報社)など。

『デジモノステーション』2017年10月号より抜粋

どんな業界でも記録的な成果を出す人の仕事力

The post 中国人の躍進著しいカナダで、日本のサムライたちと出会った話 appeared first on デジノ杜.

あの偉人が所蔵する旧日本軍戦闘機『零戦』『隼』に会いに、アメリカへ行ってきた!

伊藤嘉明の「人生万事振り切るが価値」

“最強のよそ者”として、数々の業界でビジネスに変革をもたらし続けてきた伊藤嘉明が、“趣味も仕事もフルスイングする価値”について考える連載コラム『伊藤嘉明の「人生万事振り切るが価値」』。

伊藤嘉明の「人生万事振り切るが価値」連載一覧ページ

 

ポール・アレンは単なる マイクロソフト創業者じゃない

この夏休みにマイクロソフトの共同創業者にして超資産家である、ポール・アレンの『フライング・ヘリテージ&コンバット・アーマー・ミュージアム』を訪れました。個人的には彼をビル・ゲイツよりもすごい偉人だと思っています。

なぜなら彼がハーバード大学在学中のビル・ゲイツを口説いた張本人で、一緒に仕事を始めたからマイクロソフトがあるわけで。それだけでもものすごい武勇伝ですが、プロバスケットボールNBAのポートランド・ブレイザーズ、アメリカン・フットボールNFLのシアトル・シーホークス、メジャーリーグサッカーNSLのシアトル・サウンダーズも所有し、クラブ運営にまで関わっています。地元の超名門大学であるワシントン大学にも多額の寄付を何回も行っているし、脳科学研究所の設立、宇宙事業への出資、音楽事業への出資など、その功績を挙げ出したら枚挙に遑がありません。

でも、今回我々日本人が彼について知っておかねばならないことは、実はそこではありません――。

旧日本陸海軍が誇った 戦闘機『隼』『零戦』がいつでも発進できる!?

ポール・アレンは飛行機や船などの乗り物が大好きで、世界大戦時の戦闘機や戦車を多数個人所有するツワモノなのです。

旧日本帝国海軍の戦艦『武蔵』を8年かけて探索し、2015年3月にフィリピン/シブヤン海で発見したのもポール・アレン。日本の当時の最先端技術が結集し、世界で唯一ほぼフルオリジナルの完全動態保存状態にある旧日本帝国陸軍一式戦闘機『隼』まで個人所有しています。この『隼』、海軍の『零戦』(零式艦上戦闘機)の次に多く(5700機)製造され、戦中・戦後と世界中で活躍をした機体であります。当時の友好国であるタイ王国軍は、垂直尾翼にタイ王室の象徴である“白い象”のシンボルマークが描かれた『隼』を使用していたくらいですからね。

一式戦一型丙(キ43-1丙)、連合軍のコードネームはオスカー(Oscar)Ki-43 type-Ib。

この機体は当時、帝国陸軍第11戦隊に所属し、戦後、ラバウルの滑走路近くの密林で発見され、着陸時の事故でプロペラやエンジンにダメージがあったものを、日本兵たちが修復した跡があったそうです。機体発見後にオーストラリアへと送られ、複数オーナーの手に渡った後、1999年、ポール・アレンの運営する私設航空博物館に所蔵されたといいます。ただでさえ『隼』は数えるくらいしか現存しないのに、世界で唯一、オリジナルかつ稼動状態の『隼』がここには現存するのです。

ただし、世界に一機しか残っていないという希少性から、今後飛行させることはもうないだろうとのこと。収蔵されているハンガーの窓から見える青空を眺める姿が、なんとも悲しそうに見えたのは気のせいでしょうか。

なお、この博物館は、基本的には戦車も飛行機もすべて稼動状態で収蔵されています。展示中の個体のエンジン下には、滴るオイルを受けるオイルパンが敷いてあるのが何よりの証拠。ちなみに我らが誇る世界の名機『零戦』も当然稼動状態でありましたよ。ここにあるのは二十二型、1990年代初期に、ニューギニアで戦闘機ハンター(こんな職業やってみたい!)が発見した3機のうちの1機だとか。レストアのためにロシアまで運ばれ、ロシアの職人たちによって復元されたとのこと。その後、稼動状態にするため、カリフォルニア州の戦闘機レストアのプロたちの手により、アメリカン・ラジアルエンジンを換装。最終レストア工程はワシントン州にて行われ、2011年、再び大空を飛行したのです。

世界中のいろんな国の人たちが、当時の日本の最高傑作である技術品、いや、芸術品を後世に残そうと一生懸命、めまいがするくらいの時間をかけて努力してきたわけです。こういったプロセスに、ぜひ日本の資産家たちにも参加していただきたいと心から願います。

終戦から72年の時が経とうとしている今、憎き敵国の象徴だった戦闘機『零戦』『隼』を、私財を使い後世に残すポール・アレンよ、あなたはやっぱり偉大です!

文/伊藤嘉明

※『デジモノステーション』2017年9月号より抜粋

いとうよしあき/X-TANKコンサルティング 代表取締役社長。数々の外資系企業での事業再生、マネージメント経験を生かし、可能性のある組織や人材を有機的に結合させたり、資金を投入することで、日本国内はもちろん、生まれ故郷である東南アジアでイノベーションと変革を巻き起こす。著書に『どんな業界でも記録的な成果を出す人の仕事力』(東洋経済新報社)など。

どんな業界でも記録的な成果を出す人の仕事力

The post あの偉人が所蔵する旧日本軍戦闘機『零戦』『隼』に会いに、アメリカへ行ってきた! appeared first on デジノ杜.

ファットバイクがあまりにも好きすぎてシンガポールまで行ったら沢山の面白ガジェットに出会えた話

伊藤嘉明の「人生万事振り切るが価値」

“最強のよそ者”として、数々の業界でビジネスに変革をもたらし続けてきた伊藤嘉明が、“趣味も仕事もフルスイングする価値”について考える連載コラム『伊藤嘉明の「人生万事振り切るが価値」』。

伊藤嘉明の「人生万事振り切るが価値」連載一覧ページ

 

ファットバイクが好きすぎて シンガポールを突然訪ねる

本連載Vol.11でも報告した超お気に入りの新しいオモチャ、ファットバイクブランドCoast Cyclesの『BUZZRAW』。あまりにも気に入りすぎてしまい、週末用ならぬゾンビ終末期に備えて、日々の通勤快速として愛用している……という話。普通であればここで話が終わるのだが、ガジェット大好き上級者ランキング常連の私は、そんなところでは終わらせない。

先日の出張時、香港のビジネスパートナーとの打ち合わせを終わらせ、シンガポールまで経由してみることにした。……って、どう考えても全然立ち寄るルートじゃないじゃん! というツッコミは当然聞く耳持たず。あのカッコいい自転車を作ってくれた気鋭のスタートアップのメンバーに会いたい! と、一心不乱にシンガポールまで会いに行ったのだ。え? マジですか? はい、いたって真面目です。こんなカッコいい自転車を作ってくれた人たちに、まずはお礼を言いたい。新製品の話が聞けるかもしれない! できれば自分の考えもインプットしよう、と。これぞ、人生万事振り切るが価値!

気の良いこだわり派が集まる Coast Cycles

シンガポール市内より東へタクシーで郊外まで走ること20分強、観光客のいない住宅街へ。コンクリート打ちっ放しの洒落たカフェのような佇まいのガレージ兼ショップは、ビーチから自転車で5分程のところにあった。彼らは日本からの突然の来客を快く歓迎してくれた。

ショールームには’60〜’70年代にアメリカで大流行したミニバイクを彷彿とさせる色とりどりの『BUZZRAW』たち。自分の愛車と色違いのものが並ぶだけで気持ちが上がる。さらに『BUZZRAW』の兄弟機で、デザインアワードを総なめにした『QUINN』が展示されていた。この『QUINN』もかなりユニークで、パソコンバッグなどを足の間に収納できるような機能的デザインになっている。チェーンもベルトドライブが採用していたり、作りも素晴らしいクオリティに仕上がっている。さすが世界の強豪を抑え、数々の国際的なデザインアワードを獲得しただけある。

ショールームを一通り見せてもらった後に、特別に2階にあるデザインスタジオに入れてもらった。そこで目に入ったのは! ドローンみっけ! Coast Cyclesの代表ヤンセン氏、最近ハマってるのがドローンレース、やはり相当のオタク、いや、凝り性らしく、こちらが反応したのを見ると嬉しそうに愛機たちの説明をしてくれた。聞くところによると、ドローンが流行るずっと前から、CCDカメラをジェット機のラジコンに搭載し、空撮をしたりしていたツワモノ。そのラジコンジェット機、かなり上空(雲の上!)を飛ばしていた時に制動距離を大幅に超えてしまった後、マレーシア方面に消えて行ったという。面白すぎる、なんて振り切っているんだヤンセン!

さらにスタジオの奥に行くと陳列棚にはラジコンの数々! たくさんのホイールや部品など、そこらのラジコン模型屋さんより在庫あるんじゃないかというくらいの品揃えに興奮する。やはり相当の凝り性、こだわり派とみた。どうりでこのCoast Cyclesの製品群、異常なまでに性能と品質へのこだわりが垣間見えるわけだ。全てはこのヤンセン氏の哲学。ますます気に入った!

ラジコン、ドローン・レーサー、プロモトクロスレーサー、最近はやめてしまったけど、ドリフト・キングとして草レースでも名を馳せていたというヤンセン氏。そこで知り合ったというモーター・ジャーナリストのトニー・タン氏とはもう15年以上の付き合いになるそうで、そのモータージャーナリストのタン氏は、今ではCoast Cyclesのマーケティングと広報全般を担当してくれているという。若者たちばかりで立ち上げたファットバイクブランドに、彼のようなプロフェッショナルがチームの重鎮としてサポート。なんとも理想的なベンチャーだ。

電動BUZZRAWは 開発中だが超絶速い!

散々楽しい話をした後にヤンセン氏、いたずらっ子のような顔をし、「まだ開発中だけど、『BUZZRAW』電動バージョン乗るか??」と聞いてきた。素晴らしい! トニー・タン氏からも『BUZZRAW』電動バージョンのプロジェクトの話は聞いていたので、当然二つ返事で試乗させてもらった。日本で一般的な電動自転車はいわゆるペダルアシストでしかないが、このプロトタイプ、ヨーロッパへ展開するつもりで開発しているいるので、いわゆる電動バイクと同じ仕組み。スロットルを押すとジェットスキーやオートバイのように推進する。静かな住宅街を何周かさせてもらったのだが、とにかく速い! パワーがある! 目立つ! そして何より楽しい! ワクワク感を感じられるこのオモチャ、最高です。

のんびりとした南国の空気の中、静かな住宅街を電動『BUZZRAW』で颯爽とライディング。電動だけにウィーンと軽い音しかしないから、風や鳥のさえずりまで聞こえて気持ちいい。結局この日は9時間近く彼らと一緒にいて、夜ご飯までご馳走になってしまったのだが、この試乗体験以降のもっぱらの妄想は、モーターキットを彼らから購入し、日本で電動バイク『BUZZRAW』として登録して、本気で乗ろうかなと検討しています。そしてサプライズ! 私の友達となったヤンセン氏から、このコラム読者だけに特別プレゼントをもらいました。彼らのサイト「CoastCycles」で自転車を購入し、プロモコードに“CCDIGIAKI”と入れれば特別オプションをくれる、と! なんて良いやつなんだ! というわけで、私も2台目として『QUINN』を購入しようか、真剣に検討中です。

文/伊藤嘉明

※『デジモノステーション』2017年8月号より抜粋

いとうよしあき/X-TANKコンサルティング 代表取締役社長。数々の外資系企業での事業再生、マネージメント経験を生かし、可能性のある組織や人材を有機的に結合させたり、資金を投入することで、日本国内はもちろん、生まれ故郷である東南アジアでイノベーションと変革を巻き起こす。著書に『どんな業界でも記録的な成果を出す人の仕事力』(東洋経済新報社)など。

どんな業界でも記録的な成果を出す人の仕事力

The post ファットバイクがあまりにも好きすぎてシンガポールまで行ったら沢山の面白ガジェットに出会えた話 appeared first on デジノ杜.