住宅

21世紀の高床式住居やー!木製脚部つきテント『SkyCamp』がなかなか快適そう

もう地面の凸凹を気にしなくてすみます。

アウトドアで夜を明かすとなるとテントの出番なのですが、テントを設置するための平地を探すのに意外と骨が折れることも。それに、地面が近いと虫や動物の被害といった問題もありますよね。それらをまるっと解決してくれそうなのが、カリフォルニアで活動するTepui Tentsによる高床式の居住空間『SkyCamp』シリーズ。テントサイズや種類の違いはありますが、2650〜3250ドル(約30万〜37万円)で販売されています。

フレーム+テントの新発想

上の画像は上位モデル『Kukenam 4』。SkyCampシリーズはどれも木製のプラットフォームと上部テントの組み合わせで構成され、下位モデルの『Autana 3』『Kukenam 3』で3人、上位モデルの『Autana 4』『Kukenam 4』なら4人が滞在可能。いずれも通年利用できるだけの耐候性があります。

大自然の中の、小さなお家?

『Autana 4』ではシートを下部に垂らすことにより、食事などが楽しめる簡易的な1階スペースを用意することもできます。販売元のTepui Tentsはスキーリゾートやサマーキャンプ、それにホテルゾートや趣味のベースキャンプとしての使い方を提案しているみたいですね。

なんだか歴史の教科書に載っていた高床式住居を彷彿とさせる『SkyCamp』。購入者が配送手段を用意すれば国際配送にも対応してくれるそうです。

文/塚本直樹

関連サイト

『SkyCamp』製品情報サイト(英語) 

弥生時代のサバイバル (歴史漫画サバイバルシリーズ)

The post 21世紀の高床式住居やー!木製脚部つきテント『SkyCamp』がなかなか快適そう appeared first on デジノ杜.

21世紀の高床式住居やー!木製脚部つきテント『SkyCamp』がなかなか快適そう

もう地面の凸凹を気にしなくてすみます。

アウトドアで夜を明かすとなるとテントの出番なのですが、テントを設置するための平地を探すのに意外と骨が折れることも。それに、地面が近いと虫や動物の被害といった問題もありますよね。それらをまるっと解決してくれそうなのが、カリフォルニアで活動するTepui Tentsによる高床式の居住空間『SkyCamp』シリーズ。テントサイズや種類の違いはありますが、2650〜3250ドル(約30万〜37万円)で販売されています。

フレーム+テントの新発想

上の画像は上位モデル『Kukenam 4』。SkyCampシリーズはどれも木製のプラットフォームと上部テントの組み合わせで構成され、下位モデルの『Autana 3』『Kukenam 3』で3人、上位モデルの『Autana 4』『Kukenam 4』なら4人が滞在可能。いずれも通年利用できるだけの耐候性があります。

大自然の中の、小さなお家?

『Autana 4』ではシートを下部に垂らすことにより、食事などが楽しめる簡易的な1階スペースを用意することもできます。販売元のTepui Tentsはスキーリゾートやサマーキャンプ、それにホテルゾートや趣味のベースキャンプとしての使い方を提案しているみたいですね。

なんだか歴史の教科書に載っていた高床式住居を彷彿とさせる『SkyCamp』。購入者が配送手段を用意すれば国際配送にも対応してくれるそうです。

文/塚本直樹

関連サイト

『SkyCamp』製品情報サイト(英語) 

弥生時代のサバイバル (歴史漫画サバイバルシリーズ)

The post 21世紀の高床式住居やー!木製脚部つきテント『SkyCamp』がなかなか快適そう appeared first on デジノ杜.

この小屋が約13万円で建てられるんだってさ! さあ秘伝のガイドブックを手に入れろ

雨風はきちんとしのげそうです。

海外の映画なんかには移動式のトーレーラーハウスに住んでいる人が登場したりしますけど、「人は土から離れては生きられないのよ……」という言葉にもあるように、やはり地面にしっかり根を下ろす住居を手に入れたいじゃないですか。それなら、たったの1200ドル(約13万円)、あるいはそれ以下で自作できるという手作りの小屋『Aフレーム・バケーションキャビン』の製作にチャレンジしてみるのはいかがでしょう?

ガイドブックを読んで理想の小屋を作ろう

『A-Frame Cabin』は、小屋そのものではなく製作ガイドブックを販売するという風変わりな商品。購入者はこれを読みながら自分でパーツを集めて自作するわけですね。ちなみに1200ドルというのは市販の木材を使った場合の建設コストで、廃材やリサイクル材などを利用すれば1000ドル以下でも同等の小屋を建てられるそうですよ。

小屋のサイズは幅約3×奥行き約2.4mと、ぶっちゃけかなり手狭な感じ。でも片方の屋根を跳ね上げて開放すれば、足を伸ばせる広々としたオープンスペースが出現します。ここには蚊帳を設置できるので、虫が気になる環境でも安心して利用できます。

小さくたって、内部は快適

屋内を見回すと、ちょっと腰掛けられるような収納ボックスや、小物を置ける棚がありますね。ドアと部屋の奥には大きな窓が設置され、採光性も良さそう。別バージョンとして内部スペースを拡張したもの、バスルームや大きなロフトを備え付けたものも作れるのだといいます。

公式サイトからは、オンラインバージョンの製作ガイドブックを29.95ドルでダウンロード可能。印刷バーションのガイドブックも40ドル〜45ドルで販売されているのですが、残念ながらこちらはアメリカとカナダ以外には配送していないそうです。

文/塚本直樹

関連サイト

『A-Frame Cabin』情報サイト

木製工作キット 世界の家づくりシリーズ 竪穴式住居 200289

The post この小屋が約13万円で建てられるんだってさ! さあ秘伝のガイドブックを手に入れろ appeared first on デジノ杜.

もっと一人っきりになる!新型『ぼっちてんと』は暗さと通気性が向上

一人でするアレやコレやが、ますます捗る!?

2014年にビビラボから発売され、「自宅のデスクを個室にする」という概念を広めた初代『ぼっちてんと』が、この度リニューアル。さらに暗さと通気性を向上させた『ぼっちてんと(BT1-110/130)』として発売を開始しました。Amazon.co.jpでの価格は幅110cmモデルが1万811円、幅130cmモデルが1万581円となっています。

遮光性の高まった個室空間

新型の『ぼっちてんと』では初代モデルよりも遮光性の高い生地を採用。メーカーの実験によると、明るさ約300ルクスのオフィスで全ての窓を閉じた状態での家庭用の照度計の数値が「21」から「0」に低減されるなど、圧倒的な暗さを実現しています。

デスクがすっぽり入るサイズながら、持ち運びも簡単

本体サイズは横幅130/110×奥行き130×高さ150cmで、多くの家庭用のデスクに適合。同メーカーが展開するオフィスチェアブランド「バウヒュッテ」のデスクシリーズでも利用できるようです。

ポップアップ式で簡単に設置でき、利用しないときはクルクルっと丸めて手持ちサイズにまで小さくなります。本体重量は幅110cmタイプが2.7kg、幅130cmタイプが2.85kgと軽量で、持ち運びも楽々。

便利に使える気遣いも

本体の4隅はケーブルホールになっているので、内部のPCや照明用の電源ケーブルの取り込みも簡単です。

メッシュ窓が大型化したことにより、通気性が向上。たとえ狭い個室内であっても、快適な作業ができるよう配慮されています。

文/塚本直樹

関連サイト

『ぼっちてんと』製品情報ページ

BIBILAB (ビビラボ) デスク用テント ぼっちてんと BT1-110-BK

The post もっと一人っきりになる!新型『ぼっちてんと』は暗さと通気性が向上 appeared first on デジノ杜.

サイヤ人の宇宙船っぽい!津波や台風、地震に『サバイバルカプセル』で備えろ

ドラゴンボールで生き返れない世界に住む僕らに。

地球上にはさまざまな災害がありますが、地震が頻発し周囲が海に囲われ降水量も多い日本は、世界的に見ても自然災害の多い場所と言えるでしょう。そんな日本人の危機的状況を横目に、海外ではアルミ製の頑丈なボディで作られたサバイバル用の避難ポッド『サバイバルカプセル(Survival Capsule)』の開発が進んでいます。自然災害が起きても、逃げ込めるカプセルが身近にあれば救える命があるかもしれない……。

落ちても転がってもへっちゃら(らしい)頑丈仕様

見るからに頑丈そうな『サバイバルカプセル』ですが、そのはフレームと外壁は航空機グレードのアルミで製作されています。この本体素材は頑丈かつ軽量で、さらに外部の温度変化を内部に伝えにくいという特徴もあるんだとか。

たしかに堅牢そうではありますが、もし転がってひっくりかえった場合、内部がどうなっちゃうのかちょっと気になります。

サバイバルのための仕組みが満載

内部には水や5日分の生活必需品を収納できるストレージを完備。長時間の滞在にも耐えられます。また位置情報を発信するGPSビーコンを装備しているため、大災害の後に誰も見つけてくれない……なんて事態も防げそうです。カプセル内部にはライトが設置され、換気のためのベンチレーションも装備。さらに、各個人用に酸素タンクも搭載しています。

ところで、この装備を見る限り、数日間はカプセル内で生活することが想定されているっぽいのですけど、肝心のトイレが見当たらないのが気がかりです……。オプション装備でサラウンド対応のオーディオシステムが用意されているようですが、その前に備えるべきものはもっとあるのではないでしょうか。

人数にあわせて選べるモデル

カプセル内部には4点式シートベルトを備えたシートが備え付けられています。画像は2人用モデルのものですが、より大型な4人用、6人用、8人用、10人用などのモデルもラインアップ。6人用以上のモデルでは出入りのためのドアが2つに増えます。

公式サイトには『サバイバルカプセル』の価格が記載されていないものの、現在でも仮予約を受け付けているようです。個人で手を出せるレベルのプロダクトなのかは不明ですが、公共施設などが万が一の事態に備える際、選択肢のひとつになるのかもしれませんね。

文/塚本直樹

関連サイト

『サバイバルカプセル』公式サイト(英語)

フィギュアライズメカニクス ドラゴンボール サイヤ人の宇宙船ポッド 色分け済みプラモデル

The post サイヤ人の宇宙船っぽい!津波や台風、地震に『サバイバルカプセル』で備えろ appeared first on デジノ杜.

思い通りのカタチに手曲げできる!ぐにゃぐにゃLEDランプ『Art Lamp』に興味津々

確かにアートな雰囲気を感じます。

世界にひとつだけの照明を手に入れるには、どうしたらいいのでしょう。職人さんにオーダーするのもいいですし、自作するのも一つの手なのかもしれません。手で曲げてぐにゃぐにゃっと形を変えられる卓上LEDランプ『Art Lamp』なら、あなたのセンスを活かした作品がよりお手軽に作れるかも。こちらはクラウドファンディングサイトのIndiegogoで資金調達に成功したプロダクトとなっています。

グニャグニャっと、思い通りの形に

ブナ材から作られたスタンドの上に透明なチューブで構成されるシンプルな『Art Lamp』。スタンド部分には0.75WのLEDライトが2つ内蔵されており、スタンドの穴に差し込んだチューブを明るく発光させます。このチューブが簡単に手で曲げられることで、自由な形のランプが作れるというわけ。バッテリー駆動により、ケーブルレスで点灯させられるのも魅力です。なお、製品には充電用ケーブルが付属するとのこと。

目に優しい調光機能付き

操作系はボタン1つが設置されているだけのシンプルさ。ランプのオン/オフのみならず、ボタンを長押しすれば徐々に明るさを上げたり下げたりできる調光機能付きです。薄暗い部屋でもちょうどいい明るさに調節できそうですね。

あなたのデスクの上にも、一ついかが?

スタンドの大きさは縦横100×高さ45mm。狭いスペースでも設置可能です。すでにクラウドファンディングのプロジェクトが成立している『Art Lamp』、現時点では29ドル(約3100円)からの出資で入手が可能となっています。製品は2017年10月の出荷予定。3ドルの送料を追加すれば日本への発送にも対応してくれるようですよ。

文/塚本直樹

関連サイト

『Art Lamp』プロジェクトサイト(英語)

BPOLER ビーポーラ 蛍光ブレスレット10色50本 光る サイリウム

The post 思い通りのカタチに手曲げできる!ぐにゃぐにゃLEDランプ『Art Lamp』に興味津々 appeared first on デジノ杜.

ボス、ブラインドの紐に取り付けるだけで自動開閉できるアイテムがありますよ!

あのジャラジャラした紐の操作を自動化!

日々お世話になっているブラインドにはたいていジャラジャラと引っ張る紐がついていると思いますが、あれって結構重かったり動きが悪かったりして操作するのが面倒くさいですよね。そんなブラインドの紐をオートメーション化して、自動で上げ下げしてくれるガジェット『Blind Engine』が、クラウドファンディングサイトのKickstarterに登場しました。

もう手で動かさなくていいんです

『Blind Engine』の構造は単純で、本体上部の丸い部分が回転する仕組みです。ここにブラインドの紐を引っ掛けて、窓枠に固定したり、あるいは壁に貼り付けたりして利用するというわけ。設置したあとは、本体の上下ボタンやスマホからの指示でブラインドの上げ下げが行えるように。ちなみに、電源は付属のACアダプターから供給します。

あんなブラインドにも、こんな紐にも

『Blind Engine』を利用できるブラインドはロールタイプから水平や垂直な板状のもの、そしてカーテンタイプと、紐さえついていればOK。さらに、内部に引き込む紐の太さに応じて、2種類のギアが用意されているので、対応するブラインドはかなり多そうです。ただし、途中にコネクタがあるような特殊な紐には対応していないそうなので注意が必要。

スマホ利用でリモートコントロールも

Wi-Fi経由でスマホと連携すれば、離れた場所から専用アプリでブラインドを上げ下げできます。専用アプリはiOS向けとAndroid OS向けが用意されるとのこと。タイマーを設定したり、複数のブラインドを管理したり、あるいは家主が家に近づいたらブラインドを上げたり、なんていう設定も可能です。それだけでなく、『Amazon Echo』や『Google Home(現在機能の開発中)』によるボイスコントロールでの操作もできるんですって。

自宅にブラインドを設置している方にはなかなか便利そうな『Blind Engine』。プロジェクトはすでに資金調達に成功しており、89ドル(約9600円)の支援で一つ入手できます。製品の出荷は2017年11月予定。全世界へ発送対応してくれるようです。

文/塚本直樹

関連サイト

『Blind Engine』プロジェクトサイト(英語)

西部警察 PARTⅠセレクション 大門BOX 1 [DVD]

The post ボス、ブラインドの紐に取り付けるだけで自動開閉できるアイテムがありますよ! appeared first on デジノ杜.

家さえ超越したクルマ!ガレージつきバス『ARIO Signature 1200』がゴージャスすぎる

地方巡業にいかがでしょう?

日本ではあまり馴染みがなさそうですが、国土の広いアメリカなどで各地を回るショービジネスに携わる人々は、巨大なキャンピングカー……いやバスで、地方をめぐることがあるそうです。それには各地でいちいち宿を確保する必要がないというメリットもあるんでしょうね。そんな地方巡業にも使えそうな巨大バス『VARIO Signature 1200』が、ドイツのボームテに本拠地を置くVARIOmobilから発表されました。驚愕すべきは、バスの下部にクルマ1台を格納できるガレージまで備えているということ。車両価格は77万3500ドル(約8400万円)〜と、見た目に違わぬビッグプライスです。

ベース車両はメルセデス・ベンツのバスなのです

メルセデス・ベンツのバス『Actros 2553 LLL』を改造して製作したというこの『VARIO Signature 1200』。ご覧のように、車体後部には乗用車を収納できるカーガレージが用意されており、この巨大なバスで地方の拠点まで移動し、現地では乗用車を利用するなんて使い方ができるのです。

車体サイズは全長12×車幅2.55×車高3.99メートルで、車重は26トン。530馬力のディーゼルエンジンを搭載し、燃料タンクは500リッターとなっています。

まるで高級ホテルのような車内

車内にはあらゆる設備が整い、なおかつ高級感溢れる内装に仕上げられています。リビング、テーブル付きのキッチン、コンロやシンクなどの水回り施設……と、長期滞在型ホテルのよう。なお、車内には必要に応じて合計4〜6個のベッドを設置できるそうです。

購入前にはぜひ実物を……

残念ながらもう終了してしまいましたが、このゴージャスな『ARIO Signature 1200』は、2017年8月25日〜9月3日にドイツのデュッセルドルフで開催されたキャンピングカー見本市「キャラバンサロン」で展示されていたそうです。日本へとこの車両を導入する際にどのようなハードルがあるのかは不明ですが、なにしろ車両の値段も値段ですから、購入前にはぜひ本社のあるドイツで車両を見学することおすすめします。

文/塚本直樹

関連サイト

『VARIO Signature 1200』製品情報ページ(英語)

スタジオジブリ作品 となりのトトロ マトリョーシカ

The post 家さえ超越したクルマ!ガレージつきバス『ARIO Signature 1200』がゴージャスすぎる appeared first on デジノ杜.

曲面だっておまかせ。『Rollbe』は転がして長さを測る円盤状の超小型測定ツール

ころころっと、曲面の長さを計測。

クラウドファンディングサイトのKickstarterに登場した円盤型の小型メジャー『Rollbe』は、円盤を対象の上で転がすだけで、まっすぐなところから曲面まで様々な場所の長さを計測できる便利グッズ。ちょうど工事現場などで見かける距離測定器「ウォーキングメジャー」の卓上版に近いと言えるでしょうか。こちら、すでに資金調達プロジェクト成立済みの人気商品となっています。

シンプル故に使いやすいデザイン

『Rollbe』はステンレス製の円盤と真鍮製の持ち手から構成されています。測りたいものの上で円盤をなぞらせると、カチカチっというクリック音で円盤が何周したのかを教えてくれるんです。あとはクリック音の鳴った回数と円板の外周をかけ合わせ、端数を足せば正確な長さが計測できるというわけ。

たとえばソファーの背もたれの長さや、衣類の刺繍の長さなど、曲線・曲面部分を測りたいという機会は意外と存在するはず。そんな時にこの円盤型メジャーが役立ってくれます。そうそう、上の画像は目盛の単位が「インチ」の4インチモデルですが、メートル法表記のモデルも存在するのでご安心を。

すみっこはどうやって測るの?

円盤ということで、「壁などの端っこは測れないんじゃないの?」という疑問も当然あるはず。しかし円盤には壁との接点までの長さが記載されていて、それを計測結果に足せば壁からの長さが導き出せるようになっているとのこと。もっとも、壁が垂直でなければ正確には測れないと思いますが……。また、円盤には滑り止めの溝が刻み込まれており、布や革などの滑りやすい素材の上でも安心して利用できるとされています。

持ち運びやすさもポイント

『Rollbe』には外周が10cm(4インチ)の『Rollbe S』と、外周が20cm(8インチ)の『Rollbe L』がラインナップされています。メートルとインチの間で円周に若干の誤差がある気はしますけれど、どうなんでしょうね。

いろいろツッコミ所もあるこの製品。持ち運びに便利なキャリングケース付きの『Rollbe S』は20カナダドル(約1750円)、『Rollbe L』はカナダ23ドル(約2017円)の支援で入手可能だったのですが、残念ながらクラウドファンディングはすでに締め切り済みとなってしまいました。

文/塚本直樹

関連サイト

『Rollbe』プロジェクトサイト(英語)

STS(エスティーエス) デジタルウォーキングメジャー DWM-190P DWM190P

The post 曲面だっておまかせ。『Rollbe』は転がして長さを測る円盤状の超小型測定ツール appeared first on デジノ杜.

湾曲したアクリル板から均一な光を放つ、独特な形状がオシャレなデスクライト『Glowide Wood』

思わず触れたくなるデザインと仕組み

デスクライトにもさまざまなデザインの製品がありますが、こんな形のライトは初めてみたかも。プラムサイエンスは、LEDと透明アクリル板を組み合わせたデスクライト『Glowide Wood』を販売しています。Amazon.co.jpでの製品の販売価格は4万2980円です。

Glowide Wood LED デスクライト GW1000N-W (ナチュラルウッド・ウオールナット)

見やすい光をアクリル板から照射

『Glowide Wood』は台座部分に21個の日亜製高照度LEDを内蔵。そしてLEDから放たれた光が透明アクリル板の中を移動し、その先端から放たれてデスクの上を明るく照らしてくれます。台座部分には見た目にも美しいウオールナット(くるみ)素材を利用。明るさはボタンで3段階の調整が可能です。

もう少しこのライトの仕組みを見てみましょう。透明アクリル板の先端には光を2方向に屈折する「デュアルエッジ屈折技術」を採用しているとのこと。これにより、デスクの上をムラなく均一に照らし、目の疲労を低減してくれるそうです。デスクを照らす範囲は横60×縦40cmほど。また光源の範囲が広いので、手や腕の影も軽減できるんだとか。わずか6Wの消費電力で150Wの白熱電球に相当する明るさなのも、このLED照明を使うメリットと言えそうです。

価格を抑えたアルミ台座モデルも

製品バリエーションとして、ウッドスタンドではなくアルミ製スタンドを採用したモデル『Glowide』も登場しています。こちらはAmazon.co.jpでの販売価格が2万9800円と、いくぶんお求めやすくなっていますよ。

Glowide LED デスクライト GW1000-W (ミルキーホワイト)

文/塚本直樹

関連サイト

『Glowide Wood』製品情報ページ 『Glowide』製品情報ページ

The post 湾曲したアクリル板から均一な光を放つ、独特な形状がオシャレなデスクライト『Glowide Wood』 appeared first on デジノ杜.