体温調節

汗をかいてるのに痩せない!汗とダイエットの不思議な関係

モテ子: 汗と脂肪燃焼はいつもセットじゃないのよ。

photo by Fotolia.com

「夏の暑い時期だからこそ、汗をいっぱいかけばきっと痩せるはず!」と熱心にエクササイズに励んでいるにもかかわらず、なかなか結果が出なくて悩んでいませんか?

確かに、汗をたくさんかけば体重は減ります。しかし、汗をかいた後に体重が減るのは、体内の水分が減っただけであって脱水症状に近いので、むしろ身体にとってはキケンな状態。しかも、水分補給すればすぐに体重は戻ります。今回は、そんな汗とダイエットの深い関係についてまとめてみました。

汗には良い汗と悪い汗がある!?

汗が出る仕組みとして、「汗腺」というところから汗が分泌されているのはご存知のとおりですが、この汗腺が汗を2種類作り出していることをおさらいしておきましょう。

エクリン腺

汗腺の中で、エクリン腺から出る汗は、主に体温調節を目的とした汗のため、99%が水分といわれています。このエクリン腺から出る汗の特徴は、汗の粒が細かくサラッとしていて、なおかつ無臭。

この汗は、汗の中に少量の塩分を含んでいて、皮膚を酸性に保つ役割があることから、雑菌の繁殖を抑える効果もあるといわれています。さらに、すぐに汗が乾くので、汗が蒸発すると同時に、体温を下げてくれる効果も。

アポクリン腺

一方のアポクリン腺は、生まれつき全身にあるエクリン腺と違って、発達することが大きな特徴。特に、思春期になると脇や外陰部などの部分で発達するため、匂いがキツく感じてしまうのはこの汗が原因。アポクリン腺から分泌される汗には、たんぱく質や脂質、アンモニアを含んでいることから、これらが皮膚の常在菌や大気中の細菌に分解されることで匂いが発生するといわれています。

また、ベタベタしていたり汗がダラダラと流れたりするのも特徴的。そのため、汗も蒸発しにくく、体温を下げる働きが弱いというデメリットもありますが、汗をかくことで老廃物を一緒に身体の外に排出するといった、デトックス効果が期待できるのだとか。

デトックスで痩せる汗をかく方法

photo by Fotolia.com

デトックス効果を狙って汗をかく前に、まず知ってほしいのが、アポクリン腺からの汗は時間をかけて身体を温めないと出てこないということ。この方法に効果的なのが、ズバリ半身浴をすることです。ここからは、アポクリン腺から汗が出るような半身浴のポイントをご紹介します。

水分補給はこまめに

半身浴をすると汗をかく量も自然と増えるので、脱水症状にならないためにも入浴前はもちろん、入っている間、入浴後にそれぞれコップ1杯分の水分を取るようにしましょう。デトックス効果がある飲み物でもOK。

身体と浴室を保温する

身体が冷えると汗が出ないとは当然のこと。入る前には換気扇を止めて、熱めのシャワーで浴室をきちんと温めてから入るようにしましょう。半身浴の間もタオルを上半身にかけながら入ると効率良く身体が温まるのでおすすめ。

ぬるめのお湯でゆっくり浸かる

アポクリン腺を活発化させるには、じっくり身体を温めることが大切。少しぬるめだなと感じる38℃くらいのお湯に、最低でも30分ほど浸かるのがポイント。お風呂に長時間浸かることによって、身体の表面だけでなく身体の中まで熱が伝わりますよ。

汗が出てから身体を洗う

アポクリン腺は、毛穴から老廃物を水分と一緒に外に排出します。つまり、アポクリン腺から汗が出る時は毛穴が開いているので、身体や髪を洗うのはこのタイミングがベスト。毛穴の汚れをしっかり落とすことができます。

最後にもう1度身体を温める

すべて洗い終わった後は、再度湯船に浸かって、手や足に水をかけてから出るのがおすすめ。あえて手足を冷やすことで身体が熱を閉じ込めようとするので、お風呂上がりもポカポカし長時間湯冷めしにくくなります。

まとめ

よく“痩せるために運動して汗をかく”を思われがちですが、痩せる汗というよりいかに良い汗をかくかどうかが大切です。一日中エアコンがきいた室内にいて、汗をかく機会が減っていると感じている方は、半身浴などで積極的に痩せやすい汗をかいて代謝アップにつなげていきましょう。

The post 汗をかいてるのに痩せない!汗とダイエットの不思議な関係 appeared first on ガール配信局.

夏こそ薬膳!夏バテ防止の簡単薬膳料理とその効果

モテ子: 難しく考える必要はないわよ。

最近の夏は、異常に気温が高くて日差しもとても強いですよね。健康な方でも、こんなに暑くては「夏バテ」してしまうし、お肌も身体も心もクタクタになってしまいます。ほとんどの人が、食欲も落ちてしまいますが、こういうときこそ食事はとても大切です。今回は、夏バテ防止におすすめの薬膳料理や食材についてお伝えします。

薬膳とは?

photo by Fotolia.com

薬膳とは、中医学のなかにある治療法のひとつです。普通の食事とは違い、中医学の考え方に基づいて食材そのものが持っている効果や力を、いろいろと組み合わせて料理をするだけではなく、その食べ方にもこだわりがあるのが特徴です。

食材そのものの特性・効果や働きで分類する考え方

  • 五味(ごみ)…酸味、苦味、甘味、辛味、鹹(かん/塩辛い味)のこと。それぞれ、順に中医学にある五臓六腑の五臓「肝・心・脾・肺・腎」につながり調子を整える効果があると考えられている。
  • 五性(ごしょう)…熱、温、平、涼、寒という独特の呼び名をつけ、食材による身体の温度変化を表現すること。

食べ方についての考え方

  • 薬食同源(やくしょくどうげん)…普段から食事の内容に気を配ることで、自然治癒力を高めこと。
  • 一物全食(いちぶつぜんしょく)…食材を余すところなくまるごと食べること。
  • 身土不二(しんどふじ)…自分の住んでいる土地でできた旬の食物を食べること。

とても、簡単にまとめましたが、なんとなく薬膳のイメージは湧きましたか?このように薬膳は中医学の考え方を取り入れ、体調や体質、季節などに合わせて料理が作られています。

夏バテに効果的な薬膳の考え方と食材

旬の食材を食べる

旬の食材は、季節に応じた効果を持っているものが多く、夏の場合は体温を調節したり、水分代謝を良くしたりします。

  • ナス、きゅうり、トマト、レタス、冬瓜、かぼちゃ、とうもろこし、オクラ、ししとう、パプリカ、枝豆、ズッキーニ、バナナ、マンゴー、すいか、メロン、ぶどう、桃、なし、など。

にがいもの(苦味)を食べる

にがいものは、身体から熱を逃がしてくれます。

  • ゴーヤ、ピーマン、セロリ、ごぼう、モロヘイヤ、ミョウガ、山菜、緑茶、紅茶、コーヒー、ビール、など。

疲労回復効果のあるものを食べる

  • お米、そば、豆類、芋類、豚肉、とり肉、レバー、山芋、にんにく、うなぎ、朝鮮人参、なつめ、クコの実、など。

なるべく食材を温めて食べる

冷たいものばかり選んでしまいがちですが、1品でもあたたかいものを添えて食べるようにしましょう。

夏におすすめの簡単薬膳レシピ

photo by Fotolia.com

夏野菜たっぷりの「夏おでん」

温かくても冷やしても、どちらでも食べられます。普段のおでんの具を、夏野菜(トマト、とうもろこし、オクラ、ナスなどお好きなもの)に変えるだけ。また、和風だしをコンソメスープに替えると、洋風の味付けでも楽しめます。

雑穀ごはんで食感も楽しい「うなぎのちらし寿司」

普段のお米に雑穀(きび、あわ、ハトムギ、もち麦など)をいれるだけでも、水分代謝が良くなり、疲労回復効果が期待できます。炊きあがったら、酢飯にして、細かく切ったうなぎ、おくら、きゅうり、薄焼きたまごなどを混ぜるだけです。コーンを入れると子供向け、ミョウガや青シソを入れると大人向けの味になります。

栄養たっぷり「ドライカレー」

合いびきミンチ、ピーマン、トマト、タマネギ、オクラ、ナスなどの夏野菜をみじん切りにして、バター、カレー粉、塩こしょうで炒め、最後にごはんを入れてさらに炒めてできあがりです。クコの実やアーモンド、レーズンなどを入れても美味しいですよ。

終わりに

夏の薬膳料理は、いかかでしたか?アバウトな分量でも、簡単に作れるメニューばかりなので、いろいろと応用してみてくださいね。薬膳は夏バテだけではなく、美容面にも効果抜群です!あとは、しっかりと睡眠をとって、夏バテに負けないようにしましょう。

The post 夏こそ薬膳!夏バテ防止の簡単薬膳料理とその効果 appeared first on ガール配信局.

夏なのに全然痩せない…。夏のダイエットを成功に導く4つのカギ

モテ子: 冬も「全然痩せない」って言ってなかった?

photo by GIRLY DROP

薄着のシーズン、真っ盛り。夏は海に行ったりプールに行ったりなど、水着を着る機会も多いので、今まで溜め込んだ脂肪を少しでも減らそうとダイエットに励んでいる人も多いはず。 「夏は気温が高くなるし、汗もかくから痩せやすいに違いない!」と思いながらも、なかなか結果が出なくて焦っていませんか?実をいうと、夏は太りやすい季節なんです。夏なのになぜ痩せにくいのか、その理由と成功するためのポイントをご紹介したいと思います。

夏ダイエットはなぜ効果が出にくいの?

夏はエネルギーの消費が冬より少ない

冬は当然のことながら寒いですよね。冬の寒さの中でも生命を維持しようとするため、人間の身体は適正体温になるまで体温を上げる働きをします。つまり、体温を上げるために、冬は代謝が活発になってエネルギーを消費しやすい時期といえます。

一方で、夏は気候が暖かいことから、体温を維持するためのエネルギー消費は少なくなりがち。そのため、冬よりも1日のエネルギー消費(基礎代謝)が少なくなり、食べたものがそのまま脂肪となってしまうのです。

冷たい食べ物やエアコンで身体が冷えている

photo by GIRLY DROP

夏バテになると食欲も減ってしまい、食べられるものといえばさっぱりとした冷たいものという方も多いのでは?夏に食べたくなるアイスやそうめん、氷の入ったドリンクなどの冷たい食べ物は身体を冷やすと同時に、内臓も冷やしてしまうので、むくみや便秘、内臓脂肪の増加につながる場合も。

また、エアコンの冷気も身体を冷やす原因になるので、注意が必要です。喉が渇いたら冷たい飲み物は極力控えて、温かい飲み物を摂ることも大切。食べられる物ばかり食べて栄養が偏ってしまうことで、痩せにくくなる要素をより高めてしまうので、夏の食生活には十分に気を配るようにしましょう。

夏でもヤセ体質に!成功するための4つの秘訣

①1日に最低1回は、外で汗をかく

暑い夏は、外に出るだけで汗をかきますよね。特に、女性は汗をかきたくないという理由で、つい運動不足になりがちです。でも、汗をかくということは、それだけダイエット効果が上がるということ。

激しい運動でなくてもウォーキングなどの軽いものでも十分!とにかく、運動でしっかりと汗をかいて代謝を上げつつ、老廃物を体外に排出してあげましょう。ただし、脱水症状にならない様に、くれぐれも水分補給を忘れずに。

②良質のたんぱく質を摂る

夏は食欲が落ちて、柔らかくて食べやすいものばかり摂ってしまいがちですが、健康的に痩せるためには、栄養バランスの取れた食事が何よりも大事。

ダイエット中は、肌荒れなどのトラブルも起こしやすくなるので、新しい肌組織を作るためにも良質なたんぱく質を意識して摂るようにしましょう。食品からの摂取量は、「体重×1.1~1.2g」が目安。脂肪分の少ない鶏肉や大豆、卵白などがおすすめです。

③2日に1度は入浴で体温を上げる

汗をたくさんかいた日は、湯船に浸からず、シャワーをサッと浴びるだけにすることも多いと思いますが、入浴には体温をグッと上げて、基礎代謝を高くキープする効果があるといわれています。

エアコンで冷えた身体は巡りも悪くなっているので、たとえ毎日は無理でも、できれば2日に1度は湯船に浸かり、体温をじっくり上げるようにしましょう。熱いお湯がどうしても苦手な方は、38℃くらいのぬるま湯に20分ほど浸かる半身浴でもOK。自分が好きなアロマオイルを活用すれば、リラックス効果も高まりますよ。

④夏ダイエットは筋トレ中心に

普段から筋トレにあまり馴染みがない方は少し抵抗があるかもしれませんが、筋トレは夏に行うとダイエット効果が一番得られやすいといわれています。夏は気温が高いことから、筋肉の温度も高くなり、身体全体の筋肉の緊張状態も弱まって柔軟性が高まるのだとか。

また、冬にくらべケガをするリスクも少ないのもメリットの一つ。身体に筋肉をつければ基礎代謝もアップできるので、結果的にダイエットにも成功しやすくなるというわけです。トレーニング初心者や女性でも安心してできる「ハーフスクワット」は、下半身はもちろん、全身の引き締めに効果絶大なのでおすすめです。

まとめ

夏のダイエットを成功させるためには、痩せにくい身体をいかに痩せやすい体質に変えるかということがポイント。暑いからといって身体を冷やすクーラーのかかった室内でダラダラと過ごさず、基礎代謝を上げる習慣を意識して少しずつ取り入れてみましょう。

The post 夏なのに全然痩せない…。夏のダイエットを成功に導く4つのカギ appeared first on ガール配信局.

体臭予防の工夫!良い汗をかくための汗腺トレーニング

モテ子: どうせかくなら良い汗にするわよ

夏の暑い時期には、普段よりも汗をたくさんかくし、「私ニオってないかな」など、体臭のことが気になりませんか。汗をかくことは、健康のためには良いことなのですが、くさいニオイは女性として困っちゃいます。今回は、体臭予防のひとつとして、汗は汗でも良い汗をかくためのいろいろな工夫をお伝えしていきます。

photo by Fotolia.com

汗には良い汗と悪い汗がある 汗をなめてみると、しょっぱいですよね。これは、汗の成分のほとんどが、塩化ナトリウム(塩分)だからです。 しかし、そのほかにもマグネシウム、カルシウム、鉄分、重炭酸、亜鉛など、生きていくうえで大切なミネラル分が含まれており、これは、血液に含まれている「血漿(けっしょう)」と同じ成分です。このことからわかるように、汗はただの排泄物ではないのです。

では、いったい汗ってどんな役割をしているのでしょうか

人間は食べ物を体内で分解したり合成したりして、生きるために必要なエネルギーを作っています。これを代謝といいますが、実は大変な熱をともなうのです。ただし、通常は体温が43度以上になると、生きていくことはできないので、体温を調節する働きがあります。

この体温調節作用に汗が大活躍で、体温が上がると、汗がどんどん出てすばやく蒸発することで体温を下げ、またその際にも必要以上に体温を下げず、一定に保つようにもなっています。

このように、汗は体温調節作用には欠かせない重要な役目があるので、良い汗は、素早く蒸発できるように、ベストバランスの成分でできておりサラサラしているのです。

その反対に悪い汗は、成分バランスがくずれ、ベタベタとしているため、蒸発しにくくなっています。

良い汗をかくための工夫 〜普段の生活編~

良い汗であれば、たとえたくさんかいたとしても、サラサラしているし蒸発も早いため、いやな体臭の原因にはなりません。 ただし、ベタベタとした悪い汗の場合は、なかなか蒸発がしにくいので、肌の上の汚れや雑菌など混ざり合い、体臭の原因になりやすいのです。 だからこそ、日頃から汗腺の働きが衰えないように、良い汗をかくための工夫が必要なのですよ。

photo by Fotolia.com

【良い汗をかくための毎日の工夫】

  • できれば冷房の効きすぎた室内に一日中いないようにする。
  • 時々外に出たり身体を動かしたりして、自然な汗をかくこと。
  • 冷房の設定温度は、外気との温度差が5℃以内にしましょう。
  • 2〜3時間おきに、温かい飲み物をとり、汗を出すこと。
  • 運動は有酸素運動がおすすめです。
  • 入浴後は、すぐに衣類を着用せずに、自然に汗を蒸発させること。
  • 自然に出る汗は、無理に止めないほうがよい。
  • 衣類や肌着も、汗を蒸発させやすい素材にすることナイロンなどは避ける

良い汗をかくための工夫 〜入浴編~

毎日の入浴をひと工夫することで、さらに良い汗がかけるようになります。1カ月くらい続けると良い汗がかけるようになりますよ。

1.高温で手足のみ温める

いきなり全身を湯船につけずに、まず手と足のみを温めます。手足を温めることで、全身の汗腺の働きが活発になります。

  1. 浴槽に熱めのお湯43℃〜45℃くらいを、20cmくらい溜めます。
  2. 浴槽の中に入り、ひざ下とひじのみお湯の中に入れます。四つんばいになるか、お風呂用のイスを入れて前かがみになっても良いです。できれば、10分から20分くらい温めましょう。※四つんばいの入浴がむずかしければ、ひじをつける時に、大きめの洗面器をお風呂のフタに置くか、ひざ下のみでも大丈夫です。

2.続いて微温浴をする

手足を高温で温めた後に、水を足してかなりぬるめ(36℃前後)のお湯にします。全身もしくは半身でもいいので、15分以上ゆっくりとつかりましょう。

その際、コップ半分ほどの酢をいれると、さらに汗腺機能を回復させる効果が高まります。手足を高温で温めていたので、交感神経が高ぶっていますから、微温浴をすることで副交感神経を優位に導き、リラックス効果があります。

3.入浴後は、タオルで水分をふきとり、しばらく衣類をつけずに汗を蒸発、乾燥させます。

吸湿素材のガウンなどをはおり、水分補給をしながらゆっくりとくつろぎましょう。

終わりに

良い汗をかく工夫は、ちょっとばかり面倒くさいものもありますが、体臭で悩まされることを考えれば、事前対策をがんばったほうが良さそうです。気になる方は、ぜひ試してみてくださいね。

The post 体臭予防の工夫!良い汗をかくための汗腺トレーニング appeared first on ガール配信局.