モテ子: とりあえず見よう見まねでやってみればいい、ってものじゃないの。

さまざまなダイエットの方法がありますが、すぐに痩せるとイメージするもののひとつに「ファスティング(断食)」があるのではないでしょうか。たしかに、食べなければ体重は落ちるかもしれませんが、本来のファスティングは、専門家の元で行うもの。安易にただ食事を抜いたり、減らしたりするだけでは、かなり危険なこともあるのです。今回は、ファスティングの正しい知識と、そのリスクについてくわしくお伝えします。

ファスティングの本当の意味

ファスティングとは、古くから行われている民間療法のひとつで、別名「断食療法(だんじきりょうほう)」と、呼ばれることもあります。

photo by Fotolia.com

また、本来はダイエットのためではなく、精神修養の修行のためや何らかの病気の回復、予防の目的で行われていたものです。昔からある断食療法のやり方は、一定期間、水以外の食べ物はまったく口にしないなど、かなりハードなものでしたので、必ず専門家の指導の元に行われていました。

しかし、近年のファスティングは、体質改善、ストレス解消、気分転換、精神力や集中力アップ、美容、ダイエット効果など幅広くなり、より健康になることを目的としたものに変わっています。

基本的に今のファスティングでも、専門機関に泊まり込みで行われたり、医師の指導の元で管理されたりしながら行いますが、水だけではなく最低限必要なエネルギーを摂取しながら、行う形に変わっています。

ただし、ダイエット効果を安易にうたっているところもあるので、見よう見まねでファスティングもどきを試す方も多いのですが、本来は健康になるために、正しいファスティングを行った結果、体重や体脂肪が減ったという副産物の部分が、大げさにクローズアップされていることを覚えておいて欲しいのです。

正しいファスティングによる体内の変化

ファスティングは、普段の生活とはまったく違うリズムや状況を作り出しますので、身体の中ではさまざまな変化が起こります。

ファスティングを開始すると、体内のブドウ糖の量がどんどん減少していきます。ブドウ糖は生命を維持するために、必要不可欠な栄養素なので、無くなってしまえば意識を失うなど、危機的な状況におちいります。

そのため、体内では副腎皮質から分泌するコルチゾールが、筋肉の中のたんぱく質を利用して、ブドウ糖を作り出しますし、すい臓のインシュリン値も同時に下がり、最低限のブドウ糖値を維持するように働きだします。

さらにファスティングの期間が長くなりブドウ糖が不足した状態が続くと、脳や神経、内臓、筋肉などの活動を維持するために肝臓が体内の脂肪を代謝し、脳の第二のエネルギーといわれるケトン体を生成するので、体脂肪が減少していくのです。

また、オートファジー(自食作用)という、体内のリサイクルシステムのような働きのおかげで、体内の細胞がみずから不要なものをリサイクルして、きれいな細胞に生まれ変わったり、たんぱく質を合成させたりするための材料にもなります。

ファスティングは、このオートファジーが発生する環境を、人工的に作り出すことで、体内の細胞を浄化して、新しく再生させるという狙いもあります。

オートファジー…?という人はこちらもチェック

ファスティングの良い効果&失敗した時のリスク

正しいファスティングは、健康になるという意味では、良い効果もありますが、素人判断の間違ったやり方では、逆効果どころか健康を害する恐れもあります。

photo by Fotolia.com

本来の良い効果

  • 食事が入らないので、消化や吸収などの働きをする必要がないため、消化器系をはじめとする内臓を休息させることができる。
  • 体内に蓄積していた不純物コレステロール、化学物質などの有害物質、余分な脂肪、便などを排出させる。
  • 肺機能をアップさせ、酸素をたっぷり取り込むことができる。
  • 新しい細胞が作られるので、体全体を健康にし、免疫力がアップする。
  • 血液がサラサラできれいになる。
  • 五感が研ぎすまされ敏感になる。※特に味覚
  • 美容面では肌荒れ、アンチエイジング、体脂肪、体重減少などでも良い効果がある

リスク

  • 必要最低限の栄養が取れずに、体調を崩す、低血糖、貧血、脱水、栄養失調などが原因で、頭痛、腹痛、吐き気などが起こり、最悪の場合は意識不明や命の危険があることも。
  • 自律神経のバランスが乱れ、睡眠障害、イライラしたり怒りっぽくなったりする。
  • 女性の場合は、生理不順など婦人科系に異常がでることがある。
  • 内分泌ホルモンに異常が起こり、不調になる。
  • ファスティング中や後の空腹に耐えられず、暴飲暴食をしてしまい体重がさらに増える。
  • 美容面では、特に肌の老化、肌荒れ、にきび、湿しんなどの悪化、乾燥肌や敏感肌、くすみ、たるみがみられることがある。
  • そのほかに、体全体の老化が進行する場合もある。

終わりに

ファスティングは、軽い気持ちでトライできるものではないということが、おわかりいただけましたか。正しく行えば、もちろん良い効果もたくさんありますが、特に若い方の場合には、リスクが多すぎておすすめできません。できれば、しっかり栄養を取り、身体をたくさん動かすような、健康的なダイエットに取り組みましょう。

The post 素人判断のファスティングはなぜ危険!?そのリスクとは? appeared first on ガール配信局.