作詞

作詞家・松本隆、『サワコの朝』で音楽業界に「分業を考えたほうがいい」と指摘

(画像はYouTubeのスクリーンショット)

18日に放送された、『サワコの朝』(MBS/TBS系)に作詞家・松本隆が出演。

松本は『赤いスイートピー』や『ルビーの指環』など、数々の名曲を世の中に送り出した功績が讃えられ、3日に紫綬褒章を受賞した。そんな名作詞家が現代の音楽に物申した。

 

■これからの作詞家は?

音楽業界で47年間、作詞に携わり日本の音楽シーンを牽引してきた松本に阿川が「これから作詞家を目指す人は何をしたらいい」のか質問すると…

「ずっとシンガーソングライターの時代が続いちゃったからね。今までは、みんな自分で書いてるからやめたほうがいいと言っていた。

 

でも、冷静に考えるとシンガーソングライターでいい歌詞を書いてる人は10人くらいしかいない。それ以外の人は埋めているだけ。それだと、この先もたないと思う。また、分業を考えたほうがいいと思う」

 

と、作詞、作曲、歌う人の分業化が今後の音楽にも必要なようだ。さらに「それくらいしか、音楽に残された救済手段がない」と苦言を呈した。

 

■大人向けの音楽を

世の中の移り変わりとともにダウンロード配信などがメインになり、CDが売れないなどの問題が音楽業界でも叫ばれるようなってきた。そんな世の中に松本は…

「今の音楽は若者向け。昔はピラミッドがあって、高齢者が少なくて若者が多かったけど、今は逆三角形になっている。

 

それなのに三角形の小さい部分をターゲットにしてるから売れない。一番大きいところをターゲットにしなければ意味がない。僕らの世代はお金を持ってるわけですよ、CDの一枚くらいすぐに買う」

 

と、語った。CDを買わないのは面白くないから買わないのであって、狙うターゲットを変えれば売れるチャンスは多くあるようだ。

 

■ネット民も納得

ネットでは松本の意見に納得する声が目立っている。

サワコの朝、松本隆先生を見て思った。これからは作詞家が、言葉が求められる時代だと思う。言葉への愛、こだわり、繊細さを大切に、日常的なものに命を与えられるよう、心を燃やして生きたい。

— ハガハナエ (@36hanae69) November 18, 2017

「逆三角形の、上の部分、ぼくらの世代の娯楽になるようなものをつくんないと」サワコの朝の松本隆さん。年齢を重ねて初めて見える景色や色もある。還暦過ぎるのが楽しみになってきた。

— おとじ (@otozie) November 18, 2017

#サワコの朝 松本隆もっと大人が楽しめる音楽を作ったら売れる。年寄りが多い世の中だしお金持ってるし。今はティーン向けの音楽ばかりだから。(確かに)作詞作曲する人で歌詞がいい人は数えるほどしかいない。それ以外の人は埋めてるだけだからそれじゃ保たない。分業を考えた方がいいよ(なるほど)

— キャトリーヌ (@chanchanagunes) November 18, 2017

 

■歌詞は気にする?

そこでしらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,357名に「音楽を聴くのに歌詞の意味はあまり興味がない」と思うかどうかの調査を実施。

全体で見ると、歌詞の意味に興味がないことに「自分もそうだ」や「共感する」と答えた人は少ない。

しかし「理解はできる」と答えた人は39.5%もおり、歌詞の意味を重視しない人の気持ちを尊重する傾向もあるようだ。

最近では、ポップでリズミカルな曲が流行し、歌詞を気にしない若者も増えている。しかし、しっとりしたメロディで歌詞を楽しむフォークのような曲を作ることで音楽業界もさらに成長発展できるかもしれない。

水星星座でみるヒット曲のつくりかた。あの人の作詞スタイルはこんな星座が効いていた!【占星術ブログ】

前回、「水星星座でみるコミュニケーション能力と相性【占星術】」という記事をかきました。

そこで予告したのですが、今回はヒット曲をつくるシンガーソングライターや作詞家の人のホロスコープ・チャートでどんな感じで水星力が発揮されているのか!?を検証していきたいと思います。

火の星座のヒットソングメーカーと言えば、彼。

まずは日本を代表するヒットソングメーカー、秋元康さん。

秋元康の仕事学

水星は火の星座、おひつじ座にあり。

おひつじ座は12星座中1番最初の星座。はじまりの星座です。

秋元さんの言葉の使い方は、新たな価値観をつくることに長けているのかもしれませんね。

しかも、真向かいのてんびん座の位置から、拡大と発展の星である木星のエネルギーが注ぎ込まれてる水星。

てんびん座の華やかさがアイドル的センスとなって、水星の強力な後押しをしてくれてるのでしょう。

続きまして、同じく火の星座のヒットソングメーカー、最近またメディアで見る機会が多くなってきた小室哲哉さん。

小室さんの水星は射手座の位置にあります。

射手座も火の星座で、チャレンジとか冒険とか、外国なんかも象徴する星座です。あと射手座はパーティー好き。(社交界ではなく渋谷六本木パーリィナイトの方)

やはりクラブで踊れる風な海外っぽい曲をつくるのが上手なのでしょう。

以前、マツコの知らない世界に小室哲哉さんが出演された時、マツコDXさんが「昨日は朝までYOU TUBEで小室祭でした」って発言されてたんですけど、

気持わかる…。

90年代のglobeとかTRFとか安室ちゃんとか、ハマり始めるとエンドレスでみてしまう…。

でも修行の星である土星がピタリと水星に同じような角度で位置してるので、本人的には歌詞をつくることにどこか苦手意識みたいなものあったのかも。

現実感のある歌詞を書くのは地の星座

90年代は向かう所敵なしだった小室哲哉さんですが、宇多田ヒカルさんがデビューした時に、その楽曲センスに打ちのめされたと公言してます。

そんな宇多田ヒカルさんの水星は、地の星座、やぎ座です。

なんか、具体的な数字とか曜日とか飛び出してくるのは地の星座っぽい細かさと堅実さを感じます。

「7回目の電話のベル」とか、「仕事にも精が出る金曜の午後」とか。

歌詞の世界観が夢物語とか空想の世界じゃなくて、すぐ目の前に起きてそうな現実感がある気がします。

個性的な歌詞をかけるのはこの星座

逆に現実感のない浮遊感とオリジナリティが溢れる歌詞を書くのは中田ヤスタカさん。

Crazy Crazy (feat. Charli XCX & Kyary Pamyu Pamyu)

きゃりーぱみゅぱみゅさんとかPerfumeさんに楽曲を提供されてます。

KPP BEST 初回限定盤(きゃりーぱみゅぱみゅ超限定リアルお顔パッケージ)

やはり水星は、オリジナリティと反逆精神を司る星座、水瓶座にありました。

さらにキラッキラのワクワク感を演出する金星とかなり近い角度でくっついてます。(コンジャンクション)

革命の星、天王星が60度の位置から良い感じのサポートもしてる。 (セクスタイル)

なんか無駄に楽しそうでよくわかんない歌詞の世界はこんな水星が力を発揮してくれてるのでしょうー。

泣ける歌詞をかけるのは水の星座

 

火、地、風の星座の水星のお話をしたので、最後は水の星座と水星の組み合わせのお話で締めくくりたいと思います。

ほんと水の星座っぽくて湿っぽい歌詞だな−と思うのは、やはり西野カナさんでしょう。

会いたい会いたい逢いたくてしかたない、会いたくて会いたくて震えるあの御方です。

水星が魚座なので、妄想に歯止めがかからない感じがします。

そこに山羊座にある海王星と土星が良い感じで関わって(60度のセクスタイル)、「現実感」のエッセンスを良い具合に加えてくれてるので、妄想が広がりすぎずにちゃんと周りの共感も得られるような歌詞に仕上がってるのかも。

人から深く共感してもらえて、なおかつ泣ける歌詞を書けるのは水の星座(さそり座、かに座、魚座)がピカイチ。

はい、そんな感じで、今日は私も1人小室まつりを開催しながら眠りにつこうと思います。眠。 globe/15YEARS -BEST HIT SELECTION-

The post 水星星座でみるヒット曲のつくりかた。あの人の作詞スタイルはこんな星座が効いていた!【占星術ブログ】 appeared first on ガール配信局.