修学旅行

修学旅行、どこに行った? 全国1200名調査で圧倒的1位はやっぱり…

(MosayMay/iStock/Thinkstock)

学生時代最大のイベントといえば、やっぱり修学旅行。地域によって、目的地はさまざまだ。

そこで、しらべぇ編集部では、全国の20代~60代の修学旅行に行ったことのある男女1,277名に、「修学旅行にどこに行ったか」を調査。

結果をランキング形式で紹介しよう。

 

■第5位 沖縄県(4.2%)

第5位は沖縄県。

美しい海や首里城・国際通りなど、人気スポットの多い沖縄は、修学旅行地としても人気がある。

また、修学旅行で平和教育を行う学校も多く、ひめゆりの塔など太平洋戦争時の歴史を学ぶことができる点も選ばれる理由だろう。

 

■第4位 長崎県(4.6%)

こちらも南国で温暖な長崎県が第4位。

異国情緒溢れる町並みや、海も山も美しく、食べ物も豊富な点が支持されているのかも。

そして沖縄と同様、長崎県も平和公園や原爆資料館など、歴史を学ぶスポットが多数ある。

 

■第3位 北海道 (5.5%)

第3位は、観光地として人気の高い北海道。

札幌はもちろんだが、函館や旭川、『北の国から』で知られる富良野など、数多くの名所を持つ北海道だけに、修学旅行地としても人気のよう。

美味しいラーメンや海産物を食べ、スキーやスノボなど、ウインタースポーツを楽しんだ経験を持つ人もいるのではないだろうか。

 

■第2位 東京都(12.1%)

第2位は日本の首都・東京都。

関東地区以外の学生にとっては、憧れの場所でもあるだけに、修学旅行地に設定されることが多いようだ。

ちなみに、東京都を修学旅行で訪れた人を地域別に見ると、トップは東北地方。新幹線や飛行機など交通の弁が良く、比較的近いということも、票数が多い原因の1つかもしれない。

 

■第1位 京都府(30.6%)

2位に10ポイント以上の差をつけてダントツの1位となったのは、やはり京都府。

やはり金閣寺や銀閣寺、清水寺ほか見所も多く、日本の歴史を学ぶことができる京都は大人気だ。

長年修学旅行地として親しまれることで、受け入れ体制が整っていることも大きいだろう。

中には「海外旅行」という人もいる修学旅行。あの頃行った場所に再び訪れてみたら、新しい発見があるかも。

・合わせて読みたい→就職や転職時のネット書き込み 参考にする人の増加で企業も対応

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年8月25日~2017年8月28日対象:全国20代~60代の修学旅行に行ったことのある男女1,277名(有効回答数)