借金

『サワコの朝』林修先生が出演 過去の苦い経験を告白も「人生は今でしょ!」と熱弁

(画像はYouTubeのスクリーンショット)

11日に放送された、トークバラエティー番組『サワコの朝』(TBS系)に人気予備校講師・林修氏が出演。名言が飛び出し、ネットで話題になっている。

 

■過去には多額の借金…

2013年に「いつやるか今でしょ!」や「誰がやるか君だよ!」という東進ハイスクールのCMで注目を集め、テレビで引っ張りだこの林修氏。今では順風満帆だが、40歳まで多額の借金があったという。

そんな過去について林氏は…

「東大を卒業して銀行に就職したが、バブルのど真ん中でみんなが浮かれてて、これは潰れるなと思った。銀行を退職して色々な事業に挑戦したけどひどい目にあった。そこで借金を抱えて、返済には40歳くらいまでかかった」

 

と、日本中が儲けていたバブル期に多額の借金を抱えたエピソードを語った。

 

■過去の色を染めるのは今

『サワコの朝』では、ゲストの心にきらめく曲を流している。林氏が選んだのは、大嫌いだったと語るイーグルスの名曲『Hotel California』。林氏が語った選曲の理由は…

「学生の頃に暮らしていた寮で同じ部屋だった人が、かっこいいミュージシャンで夜中の1時にギターを弾いてた。それが頭にきて、この曲が大嫌いだった。だけど、この間、街でたまたま聴こえてきたときに悪い思い出はなかった。

 

過去を今の色に染める今は順調で、過去もその色に染まる。もし、今も借金を抱えていたら悪い思い出の曲だったかもしれない。なので、結局人生は『今でしょ!』だなと感じる」

 

と、秘められたエピソードを語った。

 

■ネット民は林先生を称賛

ネットでは「名言だ」など林氏を称賛する声が目立っている

過去の思い出は、今の色に染まる。by林修

どんな苦い思い出も、現在の心の在り方で、良きものに見えてくる。

まさに、「今」でしょ。

— グレコ (@gulecomi) November 10, 2017

林修「人は過去を今の色に染める」これはまた名言だな#サワコの朝

— まだ弱いオッサン:みんなでひとつ (@ossan_wug) November 10, 2017

林修さんがいい事言ってらした。過去は今の色に染められる、だって。大嫌いだった歌が今は心に響く事もある。♪いつか本当に笑いながら話せる日が来るから♪に通じるね。 #サワコの朝

— 冬萌来福 (ふゆもえ) (@fuyumoekita29) November 10, 2017

 

■タイムマシンで行くなら?

しらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,334名に「タイムマシンについて」の調査を実施。

「タイムマシンで行ってみたいのは、未来よりも過去だ」と答えたのは51.7%だった。未来と過去、人々の興味は真っ二つに分かれている。

年代別では、あまり変化は見られない。

過去に戻って人生をやり直したいと考える人もいるだろう。しかし、いちばん大事なのは人生をどんな色にできるかであり、いちばん大切なのは未来でも過去でもなく「今」なのかもしれない。

こんな人間とはつきあいたくない! クズと呼びたくなる行動4選

( kimberrywood/iStock/Thinkstock)

世の中には、「クズ」と呼びたくなるようなダメ人間がいる。芸能界でもそのように呼ばれるタレントが存在するが、あくまでも「キャラ」であり、じつは良い人なのではないかとの声が根強い。

しかし、生活していると「これはちょっと…」と思ってしまう人に出会うことも。そんな、「クズ」と呼びたくなるような人は、本当にいるのだろうか。

 

■周りに「クズ」と呼びたくなるようない人間がいる?

そこでしらべぇ編集部では全国の20代~60代の1,348名に、「クズ」についての意識調査を実施。

結果、20代の50.0%が「いる」と回答。30代も49.5%となっており、年代が上がるほど、その割合は反比例する。

どうやら、「若者」ほど、周りにクズと呼びたくなるような人が存在しているようだ。

 

■クズと呼びたくなるような行動4選

どのような行動を取る人間を「クズ」と呼びたくなるのだろうか。複数の人に話を聞いてみた。

①時間にルーズで謝罪しない

「待ち合わせ時間に遅れて来ておいて、『よっ』で終わりの友達。それが毎回続く。こちらは我慢して何も言わないようにしているけど、クズだと思う」(20代・男性)

 

②表では良い顔して裏で悪口

「表では友達ヅラしてるくせに、裏で悪口を言っている奴。『あの子あんなこと言ってたけど大丈夫?』と、別の友達から申告があって発覚したけど、会うと普通なんです。これはもう人間としてアウト」(20代・女性)

 

③借りた金を返さず借金を何度も頼む

「『一生のお願い』とか言って、何度も借金を頼んでくる友人。自分は貸しませんが、周り全てに借金を頼んでいるようで、貸してしまった人も。

 

案の定、お金を返すことはなく、しかも借りた金は遊びに使っているらしい。これこそ、クズじゃないですか」(40代・男性)

 

④既婚者のくせに遊びまくる

「既婚者のくせに合コンをセッティングして、お持ち帰りしまくってる友人。独身の私に女性を紹介するという名目で誘ってくるのですが、良いところは全部自分が持っていく。

 

こちらも利用価値があるからつきあってはいるけれど、騙される女性のことを考えるとやっぱりクズだと思う」(30代・男性)

 

「クズ」と呼ばれないよう、気をつけたいものだ。

・合わせて読みたい→礼儀を学べ! 家に泊まりにきた女友達がした非常識行動3選

(取材・文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年8月25日~2017年8月27日対象:全国20代~60代の男女1,348名(有効回答数)

『先僕』の「奨学金は借金」に反響続出 歌広場淳のツイートに注目も

嵐の櫻井翔が主演を務めるドラマ『先に生まれただけの僕』(日本テレビ系)の第2話が今夜22時から放送される。

「学校には、簡単に消せない問題が多すぎる。」というキャッチコピーの通り、学校教育の現場に存在するさまざまな問題に、毎回焦点が当てられていく本作。

第1話で取り上げられた「奨学金問題」が、早くも視聴者の間で大きな反響を呼んでいるようだ。

 

■奨学金の重さは高校生に理解できる?

ある日、生徒同士の喧嘩が勃発。最初に手を出してしまった生徒に話を聞くと、父親が病気で倒れて1年間は働くことができないと言われ、大学進学を諦めなければならない…と悩んでいることが判明する。

それを聞いた担任の真柴(蒼井優)は、奨学金をもらって大学へ行けばいいと助言する。

しかし、同席していた校長の鳴海(櫻井)は、父親を亡くし自身も奨学金で大学へ通っていた経験から、「奨学金は借金である」という事実をきちんと生徒に伝えるべきだと職員会議で主張。

他の教師たちに反対されながらも、鳴海は「利子を含めて600万近い借金になっており、毎月3万円の支払いがあと10年続く」という自身の経験と、よく考えた上で大学へ行き真面目に頑張ろう、というメッセージを生徒へ伝えた。

だが、それを聞いた生徒は「そんな怖い話聞きたくなかった!」と逃げ出してしまう…。

 

■ネットでも大きな反響

リアルさ溢れるこのエピソードは、ネット上で大きな反響を呼ぶことに。高校生だけでなく、その親世代からの意見も相次いでいる。

先僕見れた〜!

自分も今高校生と言う立場で、奨学金だったりとか借りようと考えてたりして、そんなにずっと長く返さなきゃいけないのかって思ったら本当に怖くて大変でやっていけるのかなとか考えたりした、、

でもいいドラマだなぁ、、

— あ や ぽ ん 固定ツイ読んでちょ (@piyo_piyorai175) 2017年10月18日

私も奨学金借りて大学進学する勢だから先僕すごいささったなぁーあんな丁寧に奨学金の話なんてしてなかったよ奨学金借りる人集合〜くらいでなんの説明もないよね親から聞くくらいだもん学校側から聞くことなかったな

— ゆめ(ぉ)ーれ (@_0617_kznr) 2017年10月15日

奨学金は借金。娘が通った高校は分厚い資料と共に生徒たちに説明会があった。あなたが背負う借金です。返済義務もあなたにあります。これだけ借りたら何年かかってこれくらい返します。よく考えてから申請書を受け取りに来るように言われたと。先僕をみて驚いた。説明されないところもあるのね。

— ま、どうぞよろしく (@msmars0410) 2017年10月15日

先に生まれただけの僕。奨学金の話、本当にグサッときた。奨学金が膨大な借金だとリアルに意識できたのは、請求額と、ズラーッと何十年先まで毎月の引き落とし日、金額が書かれた日程表見た時。気付いた時にはもう返済義務が。

— まほ (@bokkurimatsuko) 2017年10月14日

視聴者のツイートを確認していくと、手続き的な説明しかされない学校もあれば、自分の生活にどういう影響を与えるのかまで説明するところもあり、奨学金についての説明は学校によっても差があるようだ。

幼少期からお金の問題を子供に伝えている家庭もあれば、今回のドラマの生徒のように、突然親の収入が絶たれることで、初めてその現実に直面するという子供もいるだろう。

ドラマでは「学校側がどう伝えるべきか?」という側面に焦点が当てられたが、家庭の方針といったことも関係する複雑な問題だけに、さまざまな考え方が見られた。

パートナーとの金銭トラブル 彼女に貸した金が戻ってこない人の末路

(AH86/iStock/Thinkstock)

愛する者同士、互いに独立して、経済面でも安定しているのが理想的。

だが、世の中には、恋人との間で「お金の問題」が発生した経験のある人もいるらしい。

 

■20代男子の割合が高い

しらべぇ編集部では、全国20〜60代までの交際経験のある男女1,074名を対象に「パートナー間で『金銭トラブル』を経験したことがあるか?」調査を実施。

その結果、全体で17.3%の人が「ある」と回答。性年代別にみると、

20代男性の割合がもっとも高く、約3割の男性が「トラブル経験者」の結果に。同世代の女性と比べると、約10ポイントの差があった。

若さゆえ、パートナーから借りたお金を返さず問題に発展した人もいるのだろうか。

 

■バンドマンは要注意?

特徴別にみると

バンド経験がある人は、そうでない人に比べて約20ポイント、揉めた人が多い結果に。

どこまで本格的に音楽活動をしていたかは、人それぞれ。だが、プロのミュージシャンとして生計が立てられず、パートナーに借金をしたり、生活費が工面できず相手に依存してしまった人もいるのかも。

また、「募金をするほうだ」という、善良な心を持った人も、あまりしない人に比べ約17ポイント、トラブル経験者だという結果に。

思いやりのつもりで、パートナーにお金が貸したが戻ってこない――という被害者側のケースもあるのかも。

 

■キャバ嬢の彼女が急に…

編集部では、トラブル経験者から話を聞いた。

「キャバ嬢だった元カノは、収入が不安定だったため、 僕が住居の保証人にもなり、生活費などあわせて100万ほど貸していました。

 

食事をご馳走してあげたりプレゼントでバックを買ってあげるときと違い、お金を貸すときは、きちんと『このお金は返してね』と念押ししていました。

 

数ヶ月後、彼女が他に男を作り、LINEもブロックされて連絡がつかなくなりました。当然、今まで貸していた分は返してもらわないと気がすまないので、共通の知人を介して何度も連絡がとれるようにアタックしましたが、居留守を使われて…。

 

もう返してもらうのを諦めようとしましたが、 最後は『今のままだと、実家や職場に連絡せざるをえない』と連絡して、無事に返してもらうことにしました」(35歳・男性・経営者)

 

愛する人と金銭面で揉めてしまうのは、誰にとっても辛いこと。お互いに迷惑をかけないよう、クリーンな関係でいたいものだ。

・合わせて読みたい→毎日が憂鬱! ドケチと結婚した女性のつらすぎる極貧生活3選

(文/しらべぇ編集部・瀬戸内レモン

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年8月25日~2017年8月28日対象:全国20〜60代までの交際経験のある男女1,074名

自分で稼いだ金だけど…金遣い荒い自覚ある人「印象悪い」との意識も

(Wavebreak Media/Wavebreakmedia Ltd/Thinkstock)

物欲に弱かったり、あればあるだけ使っちゃう性格だったり…単に「貯金ができない」といったことだけでなく、「金遣いが荒い」と非難される人がいる。

しらべぇ編集部では、全国の20~60代の男女1,343名を対象に「金遣いが荒い人をどう思う?」か、意識調査を実施した。

 

■厳しい目で見るのは

全体では「自分もそうだ」2.5%、「共感する」3.9%、「理解はできる」39.4%で、「金遣いが荒い人に寛容」なのは45.8%。

一方、「違和感がある」37.0%、「おかしいと思う」17.2%で「金遣いが荒い人」にネガティブな印象を持つ人は、過半数の54.2%だった。

男女別では

「自分もそうだ」「共感する」「理解はできる」の「金遣いが荒い人に寛容」な人の割合は、男性が50.5%に対し、女性は41.0%と10ポイント近く女性が下回る。

家計をやり繰りするなど、節約志向が強い女性にとっては、「ダメでしょ!」なタイプのひとつといえそう。

 

また、「金遣いが荒い」人はお金がないイメージもあるが、借金をしてまで…という深刻な領域はさて置き、やはり使うお金があってこそ。

そこで、「金遣いが荒い人に寛容」な人の年収別データを見てみると、

「300万円未満」は40.6%と低めで、「自分もそうだ」「共感する」も最も少なかった。

続いて低いのは、比較的年収が高めの「700万~1000万円未満」45.1%。こちらは「300万円未満」と異なり、「自分もそうだ」「共感する」人は割と多めなのだが、この結果に。

このくらいの年収だと、より上のクラスの人とのつき合いも多くなる層でもあり、「高年収者と同じようには、できないな」と感じる分、ブレーキがかかりやすいのかもしれない。

 

■悪い印象も気になる

実際に「金遣いが荒い」という人、身近に「金遣いが荒い人がいる」という人に、話を聞いた。

<金遣いが荒い>

「自分でも良くないとは思うんですが、金遣いが荒い自覚がありますね。借金はしないにしても、ギャンブルも嫌いじゃないですし、車の買い替え頻度なども一般的に見たら早いと思います。

 

その分稼いでいるから…という気持ちもありますけど、そういう派手な使い方で悪い印象を持たれることもあるので、なかなか切り替えられない部分があるとはいえ、少しは考えた方がいいですよね」(40代・男性)

 

<金遣いが荒い人が身近にいる>

「父親が、そういうタイプです。さまざまな投資に成功して、それなりの資産はあるようですが、ちょっとどうかと思うこともあります。

 

昔から外面が良く、気前よく振る舞いたいのはいいのですが、タカリ屋みたいな人も多くて、娘から見ても人間関係が褒められたものじゃないというか…。

 

母親がしっかりしているので、晩年困るようなことはないと思いますが、心配に思うことの方が多いです」(30代・女性)

 

「気前がいい」というのはポジティブな言葉だが、確かに同じ状況を「金遣いが荒い」と感じる人もいそう。消費活動は大事だが、ネガティブに見えるのは、ちょっと避けたいかも…。

・合わせて読みたい→高年収は衝動買いするけど散財しない?プチプラの落とし穴も…

(取材・文/しらべぇ編集部・くはたみほ

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年7月14日~2017年7月17日対象:全国20代~60代の男女1343名(有効回答数)

ホスト依存症の症状と3つの原因・3つの治療法まとめ【借金で破滅の末路】

ホスト依存症という依存症を知っているでしょうか?ホスト依存症になると、借金をしてでもホストクラブに通ってしまって、最終的には身の破滅を招いてしまいます。 ホスト依存症の症状や原因、治療方法などをまとめました。最...

The post ホスト依存症の症状と3つの原因・3つの治療法まとめ【借金で破滅の末路】 appeared first on ガール配信局.