働き方改革

在宅勤務なら通勤時間ゼロ! 「メイクしなくていい」が嬉しい女子も

(vitchanan/iStock/Thinkstock)

デジタルツールや通信環境の変化もあり、仕事によっては場所を選ばず働ける人が増えてきた。

通勤にかかる時間や満員電車のストレスもゼロになる、在宅勤務を希望する人も少なくないだろう。

しらべぇ編集部では、全国の20~60代の有職者男女633名を対象に「在宅勤務したい」人の割合を調査した。

■半数以上が希望

全体では54.8%で半数以上が「在宅勤務したい」と回答。男性が50.2%に対し、女性は64.1%と14ポイント近く女性が上回る。

仕事と家事を両立している女性の場合には、「仕事の合間に、ちょっとした家事ならできそう」というのは、かなり便利な状況だ。

性別・年代別では

全ての年代で女性の方が高く、最多は50代女性の71.1%。一方で、40代男性は唯一、半数以下の40.9%となっている。

また、年収別データを見てみると、最も高いのは、「300万円未満」の62.5%。

そして最も低いのは、44.4%で「1,000万円以上」なのだが、「300万~500万円未満」も半数を割り込む48.7%で、年収レンジによってバラつきが出る結果となった。

 

■引き籠りそう

実際に「在宅勤務したい」人、「在宅勤務したくない」人、双方に話を聞いた。

<在宅勤務したい>

「職場から近ければいいのですが、子育てしやすい環境で、家賃もそこそこ…ってことで、片道1時間半の通勤時間が負担になっています。朝のラッシュも大変ですし。業務的にはある程度は家でできる仕事なので、会社が制度を導入してくれれば、在宅勤務を希望しますね。

 

そんな予定はないようですが、雑談レベルで『在宅勤務が可能になったら』という話になったことがあって、若い独身女性社員も『着ていく服に悩まなくていいし、メイクもしなくて済む!』と盛り上がっていました。確かに、そういう点もラクそうですよねぇ」(30代・女性)

 

<在宅勤務したくない>

「通勤の負担はありますが、会社に行って働くほうがいいですね。個別の仕事はどこでもできますが、社内のやり取りとかも顔を合わせて話すと早いですし。それに、オンオフの切り替えがつかないっていうか、メリハリがなくなるのもイヤかな。

 

あとは、元々出不精なんで、在宅で仕事するようになったら、きっと引き籠り生活になるだろうなぁ。会社に行っているから、その延長で夜に人に会うとかもしていますけど、家で仕事していたら都心部まで飲みにだけ行くのは億劫になって、友達も減る気がします。(笑)」(40代・男性)

 

在宅勤務は通勤の負担以外にも、女性ならメイクや服装選びの時間をコンパクトにできる点に、メリットを感じる人が多そう。

引き籠りの懸念があったり、出かける機会が減ったりする可能性もあるが、その分でできた時間で日々のゆとりができれば、休日の使い方も変わってくるはず。

「働き方改革」が話題になる中、今後はそうした選択肢が広がることに期待したい。

・合わせて読みたい→買い物も遊びもゆったり…みんなが働いている平日に休みたい願望

(取材・文/しらべぇ編集部・くはたみほ

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年8月25日~2017年8月28日対象:全国20代~60代の有職者男女659名(有効回答数)

あばれる君、教師の過酷な労働環境に「給与を倍に」と提案 ネットでは賛否

(画像は公式Twitterのスクリーンショット)

27日に放送された、フジテレビ系バラエティ番組『坂上忍と大激論!ニッポンの危機』であばれる君の教育現場に対する提案がネットで賛否を巻き起こしている。

 

■教師の給与を2倍に!

小・中学校で校長を務めた父を持ち、自身も教員免許を所持する、あばれる君が日本の教育問題に対して「教員の給料を2倍にしましょう」と持論を展開。その理由とは…

「父は中学の英語の先生だった、夜中の急な呼び出しに電話で平謝りしている姿も見てた。テストの採点も夜中までかけてやったり、風邪になってもマスクをして朝、出勤していく。僕はその姿をみて、『先生って大変だな』と思っていた。

 

先生は給与を増やしてほしいとは言えない。なぜなら『教育をお金のためにやってるの?』と言われると萎縮してしまう」

 

と、父の背中を見て教師の大変さを知っている、あばれる君ならではの意見を熱意を込めて語った。

 

■給与を増やすだけではダメ?

あばれる君が給与の問題を熱く語る中、小倉優子は…

「先生の給与は増やしてもらいたい。けど、問題はそこなのかな? と疑問に思ってしまう。私は、やることが多すぎることが問題だと思う。なので、部活動は講師の先生にお願いしたり、給与だけでなく労働環境を変えることが必要」

 

と、「仕事の分担」に焦点あて、反対意見を語った。

坂上忍も激怒の「部活指導はタダ働き」 教育現場のブラックすぎる現状が話題に

( maroke/iStock/Thinkstock)

ブラックな働き方が問題視されているのは、なにも一般企業だけではない。

27日に放送された『坂上忍と大激論! ニッポンの危機』(フジテレビ系)で、教育現場の現状が紹介され、大きな反響を呼んでいる。

 

■教育現場のブラックな現状

番組内では、過労死ラインと言われる月80時間以上の時間外労働に、小学校教師の約30%、中学校教師の約60%が該当していると、教育現場のブラックな現状を報告。

また、現役の先生へのインタビューでは、「部活動の指導で支払われる金額は1~4時間だと300円で、地域によっては全く支払われないケースも」「プライバシーの観点から、校内新聞やホームページに掲載する写真を使用していいか、親に一人ひとり確認が必要」など、あまり知られていなかった教育現場の複雑すぎる裏側も明らかに。

 

■ネットでは同情の声が

番組を見ていた視聴者からは「めっちゃブラック」「かわいそう」と同情の声が多く寄せられている。

テレビでやってるけど教師めっちゃブラックやん

— のせくん (@nkun_monst) October 27, 2017

坂上のテレビ見てて思う俺も中学教師志望だからこういうブラックな所なんとかして欲しい

— 南雲機動部隊 (@nagumo_lineq) October 27, 2017

今放送してる番組を見て。日本の教師って大変だな。日本の最大のブラック企業の1つになってる気がする。教師がかわいそう。その内教師が誰もいなくなって日本滅びるんじゃね。もっと教師も反論してもいいと思う。それで辞めろと言われたら辞めればいいんじゃないかと。

— ひだまり乃莉スケ (@351030) October 27, 2017

先生ってさ、子どものためにって言葉に弱いんだよ。だって基本、子どものために頑張りたい人が先生になるんだもの。子どものために、子どものためにって仕事増やして、真面目な先生ほど体を壊してしまうんだよ。やりがい搾取だよ。教員の仕事量減らしてあげてほしい。 #坂上忍と大激論

— るーりんご (@sweetsweetlucy) October 27, 2017

#坂上忍と大激論運動部の顧問はしんどすぎる先生かわいそうやわ

— ぱるみら (@Fw2Rk) October 27, 2017

 

■教師は尊敬できない?

しらべぇ編集部が全国の20~60代の男女1348名に調査を行なったところ、男女ともにおよそ4分の1が「所詮、先生なんて『先に生まれただけの人』だと思う」と回答した。

番組では、「日本の先生は世界的に見て、労働時間が最も長いのに、授業にあてている時間は最も短い」と報告。

雑務が多すぎるため、子供のために注げる時間が少なくなり、その結果、「先生を尊敬できない」と考える人が少なくないのかもしれない。

現在、日本では働き方改革が推し進められているが、一般企業だけでなく教育現場でも早急に働き方の見直しをする必要がありそうだ。

・合わせて読みたい→先生は所詮、「先に生まれただけの人」? 思想の裏に悲しい体験も

(文/しらべぇ編集部・高萩陽平

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年8月25日~2017年8月28日対象:全国20代~60代の男女1348名(有効回答数)

共働きの妻に「残業」と嘘をつき… 「フラリーマン」の実態に主婦激怒

(joel-t/iStock/Thinkstock)

プレミアムフライデーの施行など、各所で「働き方改革」が進められている昨今、世のサラリーマンたちの生活は、どのように変化しているのだろうか。

19日放送の『おはよう日本』(NHK)では、そんな働き方改革によって誕生した、「フラリーマン」と称される人たちについて特集。

しかし、その実態が主婦層から大きな反感を買い、ネットが炎上する事態となっている。

 

■「フラリーマン」とは?

同番組が密着したある「フラリーマン」の男性は、定時に仕事を終えるとすぐに家には帰らず「残業用に」と妻が持たせてくれたおにぎりを食べながら、ひとり公園で読書を始めた。

おにぎりを食べ終えると、無料Wi-Fiが使えるという喫茶店へ入り、ゆったり落ち着いた空間でスマホゲームを楽しむ。

さらにその後、バッティングセンターへと移動し、気持ちよく汗を流したところで午後8時過ぎに妻の待つ自宅へと帰った。

共働きで、結婚2年目だという彼は、妻に「残業」と偽ってまですぐに帰宅しない理由について、

「僕が早く帰ると、妻が夕飯を支度する時間がなくなってしまう(急かしてしまう)。家事を手伝ったこともあったが、『下手ね』などと言われてしまったので、全て妻に任せることにした」

 

と語った。「フラリーマン」とは、様々な理由で真っ直ぐ帰宅せず、「仕事終わりに自分の時間をこっそり楽しんでいる」人たちだった。

 

■主婦層の怒り爆発、大炎上へ

「サラリーマンには自分の時間が必要」といったナレーションも入り、ストレス社会で働くサラリーマンたちの、「ひとつのストレス解消法」といったようなニュアンスで紹介された、フラリーマン男性の密着VTR。

朝7時過ぎの放送時間ということもあり、出演者らから「やや男性目線の内容になってしまいましたが…」といった咄嗟のフォローが入ったものの、主婦層の反感を買い、放送後すぐさまネットが炎上する事態となった。

フラリーマンとか意味不明。しかも取材されてるこの人、共働きで、早く帰ると妻からご飯できてない、って言われて洗濯物取り込むと下手と言われるから、いっそ妻に任せる、って。自分だったら離婚だな。

— 希多 (@kita_301) September 18, 2017

仕事してる母親が気分転換に寄り道して遊んで晩ご飯作らないと「母失格」と見られるのに、男の人だとフラリーマンと名前がついて「いろいろ背負ってるから仕方ないよね」と見られるのってどうよ。

— kayoko_ogu (@ogukayo2405) September 18, 2017

テレビでフラリーマンというのを取り上げてる。共働きの妻に家事を押し付けて寄り道、妻に育児押し付けて寄り道だってさ。私もフラリーマンになりたい。保育園のお迎えに走って帰ってそのまま寝るまでずっと座る暇ない私からすると極上の贅沢。休日も後追いの娘の世話で自分の時間なんてずっとない。

— 渋谷はち子 @10ヶ月 (@oniyome_no1) September 18, 2017

仕事終わっても帰らずふらっと遊んで、その時間共働きの妻が食事や家事をした家に、帰る。これはナチュラルに腹たちますわ。フラリーマンとか名前つけてる場合じゃない。 #nhk

— さとひ(あるいは渡辺裕子) (@satohi11) September 18, 2017

子供はいないものの、共働き世帯の夫が、仕事を終えて買い物に炊事と妻が目まぐるしく家事をこなしている間、嘘まで吐いて自分の時間を謳歌していたという実態に、女性ユーザーらは激怒。

「子供がいる家庭で同じことをやっていたら大問題」といった声が相次いでいる。

 

■5人に1人は「男は仕事、女は家事」

しらべぇ編集部が全国の20~60代男女1,332名に「家庭での男女の役割」について調査を実施したところ、「男は仕事、女は家事をすべき」と回答した人は全体でおよそ2割という結果に。

約8割の人が「家事も家庭内で分担すべき」という意識であるものの、共働き世帯が急増する時代背景を踏まえても尚「家事は女性に一任すべき」とする人は、一定数存在しているようだ。

ストレス社会で働くサラリーマンにとって、「ひとりの時間を作ること」はとても大切なことかもしれない。しかし、それは家事や育児をこなす女性にとっても同じこと。

家事や育児の分担は各家庭によって様々だが、「働き方改革」によって生まれた時間をどう生かすのか、一度夫婦で話し合ってみるのもいいかもしれない。

・合わせて読みたい→「電動アシスト付ベビーカーは車道へ」 経産省の発表が「再検討を」と炎上

(文/しらべぇ編集部・もやこ

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年3月24日~2017年3月27日対象:全国20代~60代の男女1,332名(有効回答数)