働くママ

ひどすぎる! 専業主婦がワーキングママに言われた暴言3選

(liza5450/iStock/Thinkstock)

外に働きにでながら家事や子育てをしているワーキングママの中には、社会に出ているという自負もあってか、専業主婦にたいして見下げる発言をする人もいるようだ。

しらべぇ取材班は、専業主婦の女性たちに「働いているママ友に言われて傷ついた言葉」を調査してみた。

 

①「なにかあった時に自分や子供を守れないよ」

「働くママであることを誇りを持っている人がいるんですが、人にも働くことの良さを押しつけてきます。私は専業主婦でいいと、やんわり流していたら…。

 

『でももし旦那さんが死んだらどうするの? なにかあった時に自分や子供を守れないよ』と、激怒。そんな不遇話まで考えさせて働く側に引き込もうとするって意味不明」(女性・31歳)

 

②「私なら専業主婦なんてムリだな」

「私の周りではワーママは多いんですが『ずっと家にいるなんてつまらなくない? 私なら絶対にムリだな』と、鼻で笑われるように言われたことが何度もあります。

 

ほんとうに働くことが好きな人もいるんでしょうが、『外で働いている私のほうが偉い』と人を見下して優越感に浸っているのを見ると、仕事でストレス溜まってるんだろうな…と逆に気の毒に感じます」(女性・33歳)

 

③「専業主婦ってニートでしょ?」

「一番言われてビックリしたのは『専業主婦ってニートでしょ?』です。大手企業で役職を持っているワーママに言われて、家事と育児しているけれどと反論したんですが…。

 

『そんなの私だって仕事と両立してやっているし、世の中のひとり暮らしの独身者だって家事くらいしているよ。仕事にならないよ』と。そういう目で見る人もいるんですね」(女性・34歳)

 

▪️専業主婦に憧れる人は…?

ちなみにしらべぇ編集部では全国の男女1,125名を対象に、「専業主婦(夫)になりたいか」を調査したところ、およそ4人にひとりが「なりたい!」と回答。

専業主婦にも外に出て働いている人にも、それぞれ良いこともあれば大変なことはあるもの。

どちらが「優れている」「劣っている」ではなく、お互いに尊敬しあえれば、もっと住みやすい社会になるだろう。

・あわせて読みたい→「離婚したくない!」 夫からの離婚提案を拒否している投稿が話題に

(取材・文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん)

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2016年5月20日~2016年5月23日対象:全国20代~60代の専業主婦でない男女1,125名(有効回答数) 

子供のそばにいろ! 働くママが周囲にされて傷ついた言葉3選

(violet-blue/iStock/Thinkstock)

近年は、結婚をして子供がいてもバリバリと働く女性も多くなってきた。しかし中には、子供を預けてまで社会に出ることにたいして、ヒドい言動をする人も。

しらべぇ取材班は、働いている母親女性に「周囲に言われて傷ついた言葉」を調査してみた。

 

①子供のそばにいろと言われる

「子供を保育園に預けて、仕事に復帰したらママ友から『あなたにしかできない重要なポストじゃないんだから、小学生になるまでは家にいてあげたらいいのに』と言われたことがあります。

 

私と夫は20代前半での早婚だったので、経済的に厳しく共働きしないといけなかった状況。

 

優雅なあなたとは違うし、仕事も自分の能力も子育ても、すべてを否定された気分でムカつきました」(女性・33歳)

 

②専業主婦にさせてくれる夫を選ばなかったことを責める

「子供を預けて働きにでると話したら、専業主婦な自分は勝ち組と思っている女友達から『なんで専業主婦にさせてくれる夫と結婚しなかったの!』と言われました。

 

私は前職から復帰を頼まれ、自分もやりたかったので戻ったのであって、夫に働くことを強制されたわけでもない。

 

皆が皆、専業主婦に憧れるなんて思わないでほしかったです」(女性・30歳)

 

③経済的に苦しいのだろうと哀れまれる

「私は仕事が好きで、出産後も働きだしたんですが、『そんなにすぐ働かないといけないなんて大変なのね…』と、経済的に苦しいと思われて、哀れまれたことが。

 

世の中では、子供がいるのにすぐに母親が働きにでるって言うと、やれ生活が苦しいとか経済的に問題があるとか思われますが、仕事が好きな女性もいます」(女性・36歳)

 

▪️結婚後の女性=専業主婦はもう古い?

ちなみにしらべぇ取材班が、全国の20代〜60代の男女1340名を対象に「恋人が専業主婦(夫)になりたいと言われると別れるか」を聞いたところ、男性でも一定数いるという結果に。

近年は、女性の社会進出は政府からも望まれていることだ。「女性は専業主婦で家庭を支える!」という考えは、これからどんどん古くなっていくのかもしれない。

・あわせて読みたい→お前はさだまさしか!「亭主関白」気取りなウザい男3選

(取材・文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2016年1月22日~2016年1月25日対象:全国20代~60代の男女1,340名