先生

患者の健康には興味なし! ヤブ医者たちのドン引き行動3選

(Wavebreakmedia/iStock/Thinkstock)

命を預ける医者には、自身の健康状態について真剣に対応してほしいものだ。だが中には、面倒くさがっていい加減な対応をしたり、適当な治療でごまかしたりする医者もいるのだとか…。

 

①ろくに見もしないで薬だけ出して終了

「背中に湿疹ができて病院に行ったんですが、その箇所も見もせずに話だけ聞いて『それはじんましんですね。ストレスからできたんでしょう』と診断。

 

1分も掛からずに診察は終了されて、薬だけ処方されたんですが治らず、後日違う病院に行ったら帯状疱疹でかなり悪化しており、入院するはめに…」(男性・32歳)

 

②治ればいいと強い薬を処方してくる

「私は医療系の仕事をしていたので、薬の知識があるのですが、地元で名医なんて言われている医者は、病状に相応しくないような強い薬ばかりを処方してきます。

 

ステロイド剤でも抗生物質でも強ければ効きますが、体にとっては害に。患者の健康を考えず、強い薬ばかり出して『ほら治った。僕は名医でしょ』なんて許せない」(女性・38歳)

 

③治らなくても診断を曲げない

「1ヶ月近く、吐き気と腹痛に悩まされていて何度も病院に行っていましたが、『最近流行っているノロウイルスですね。長引いているんですよ』と診断されるだけ…。

 

違う病院に行って診てもらったら、胃の病気と診断されて治療が受けれることに。『1ヶ月もノロになんかなるわけないじゃんね…』と、そのお医者さんも呆れていました」(女性・28歳)

 

▪️ひとりの医者の診断を信じる人がほとんど?

しらべぇ編集部が、全国の20代〜60代の病院に行ったことがある人1,248名に、セカンド・オピニオンの経験について調査をしたところ、「受診経験がある」と答えたのは2割未満に。

なにもわからない患者の立場からすると、医者の言うことはすべて正しいように思ってしまうが、中にはいい加減な医者も少なからずいるようだ。

いつまで経っても病気が治らない…などという時には、自分の体を守るためにも違う病院に足を運んでみたほうがいいかもしれない。

マツコの「そらジローへの敬意」が素晴らしいと話題 ブーム到来か

(画像はTwitterのスクリーンショット)

歯に衣着せぬコメントが人気を博している、コラムニストでタレントのマツコ・デラックス。最近では、マツコが好感をもったアナウンサーがその後ブレイクを果たすなど、影響力が高いことでも注目を集めている。

そんなマツコが6日放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)にて、「先生」と仰ぐ最愛のキャラクターについて熱く語り、話題となっている。

 

■「先生」と仰ぐそらジロー

マツコは自身の「尊敬する人」について、日本テレビのお天気キャラクター『そらジロー』をあげ、「そらジロー先生だけは『先生』って呼んでいる」と語った。

これに対し「(そらジロー)はただ立ってるだけで何もしていない」とのツッコミが入ると「何を言ってるんだ!」と激怒。そらジローの素晴らしさについてマツコは

「ああいうものに心が動いたことはなかった。でもそらジロー先生を見たときに、思わず心が安らいだ自分がいた」とコメント。さらに「黄色ってところがいいのかもしれない」とも語った。

 

■そらジロー先生へ敬意を払うマツコ

スタジオにそらジローが登場することが伝えられると、マツコは「立って迎えないと」と1人席を立ち、そらジローを出迎えた。

しゃべくりメンバーから「そらジローとマツコのフォルムが似ている」というツッコミが入ると、「全く無駄のないフォルムなの。本当にかわいいでしょ」とそらジローへの深い愛情を滲ませた。

さらに、マツコの定番いじりと化している「結びの一番」では、次々と向かってくるしゃべくりメンバーにまぎれていたそらジローを投げてしまうという一幕も。

これについてマツコは「そらジロー先生を投げてしまった…」と落ち込んでいた。

 

■番組放送後「そらジローかわいい」の嵐

マツコがそらジローの魅力を熱弁したことで、番組終了後インターネット上では「そらジロー」がトレンドの上位に食い込むなど、話題沸騰。

そらジロー見たさに早起きしたというユーザーも見られ「ブームの到来」を予感させる盛り上がりを見せている。

おはようございます☀昨夜の しゃべくり7をみて、朝一でそらジロー先生に会いたくなって「OHA!4」見てる ^^;実はまだ月次監査の計算が出来てないから、それをやりながら、だけど。

— みかん@CB (@mika_gos) November 6, 2017

やばい!そらジロー先生☆彡.。初めて可愛いって悶えてる私#しゃべくり007

— まゆ (@mayuta17) November 6, 2017

そらジローかわいすぎてグッズ欲しい

— Ⓜ︎ (@t__mango) November 6, 2017

そらジローのぬいぐるみ本気で欲しい……….誰か………

— まゆーゆ* (@niwakamayu_317) November 6, 2017

「そらジローグッズがほしい」「そらジローのぬいぐるみで癒やされたい」といった声も続々とあげられており、マツコの一声による大きな経済効果も期待できそうだ。

 

■大半の人が「キャラクターグッズ」に寛容

しらべぇ編集部が全国の20~60代男女1,387名に「大人になってもキャラクターグッズを使っている人」について調査を実施したところ、「ダサいと思う」と回答した人は全体で22.4%という結果に。

年代があがっていくにつれて割合が高くなっていく傾向にあるものの、大半の人はキャラクタグッズに対して寛容であることが判明した。

今後のびマツコとそらジローのコラボレーションに期待を寄せる声も多く、そらジローはますます忙しくなりそうだ。

『先僕』の「奨学金は借金」に反響続出 歌広場淳のツイートに注目も

嵐の櫻井翔が主演を務めるドラマ『先に生まれただけの僕』(日本テレビ系)の第2話が今夜22時から放送される。

「学校には、簡単に消せない問題が多すぎる。」というキャッチコピーの通り、学校教育の現場に存在するさまざまな問題に、毎回焦点が当てられていく本作。

第1話で取り上げられた「奨学金問題」が、早くも視聴者の間で大きな反響を呼んでいるようだ。

 

■奨学金の重さは高校生に理解できる?

ある日、生徒同士の喧嘩が勃発。最初に手を出してしまった生徒に話を聞くと、父親が病気で倒れて1年間は働くことができないと言われ、大学進学を諦めなければならない…と悩んでいることが判明する。

それを聞いた担任の真柴(蒼井優)は、奨学金をもらって大学へ行けばいいと助言する。

しかし、同席していた校長の鳴海(櫻井)は、父親を亡くし自身も奨学金で大学へ通っていた経験から、「奨学金は借金である」という事実をきちんと生徒に伝えるべきだと職員会議で主張。

他の教師たちに反対されながらも、鳴海は「利子を含めて600万近い借金になっており、毎月3万円の支払いがあと10年続く」という自身の経験と、よく考えた上で大学へ行き真面目に頑張ろう、というメッセージを生徒へ伝えた。

だが、それを聞いた生徒は「そんな怖い話聞きたくなかった!」と逃げ出してしまう…。

 

■ネットでも大きな反響

リアルさ溢れるこのエピソードは、ネット上で大きな反響を呼ぶことに。高校生だけでなく、その親世代からの意見も相次いでいる。

先僕見れた〜!

自分も今高校生と言う立場で、奨学金だったりとか借りようと考えてたりして、そんなにずっと長く返さなきゃいけないのかって思ったら本当に怖くて大変でやっていけるのかなとか考えたりした、、

でもいいドラマだなぁ、、

— あ や ぽ ん 固定ツイ読んでちょ (@piyo_piyorai175) 2017年10月18日

私も奨学金借りて大学進学する勢だから先僕すごいささったなぁーあんな丁寧に奨学金の話なんてしてなかったよ奨学金借りる人集合〜くらいでなんの説明もないよね親から聞くくらいだもん学校側から聞くことなかったな

— ゆめ(ぉ)ーれ (@_0617_kznr) 2017年10月15日

奨学金は借金。娘が通った高校は分厚い資料と共に生徒たちに説明会があった。あなたが背負う借金です。返済義務もあなたにあります。これだけ借りたら何年かかってこれくらい返します。よく考えてから申請書を受け取りに来るように言われたと。先僕をみて驚いた。説明されないところもあるのね。

— ま、どうぞよろしく (@msmars0410) 2017年10月15日

先に生まれただけの僕。奨学金の話、本当にグサッときた。奨学金が膨大な借金だとリアルに意識できたのは、請求額と、ズラーッと何十年先まで毎月の引き落とし日、金額が書かれた日程表見た時。気付いた時にはもう返済義務が。

— まほ (@bokkurimatsuko) 2017年10月14日

視聴者のツイートを確認していくと、手続き的な説明しかされない学校もあれば、自分の生活にどういう影響を与えるのかまで説明するところもあり、奨学金についての説明は学校によっても差があるようだ。

幼少期からお金の問題を子供に伝えている家庭もあれば、今回のドラマの生徒のように、突然親の収入が絶たれることで、初めてその現実に直面するという子供もいるだろう。

ドラマでは「学校側がどう伝えるべきか?」という側面に焦点が当てられたが、家庭の方針といったことも関係する複雑な問題だけに、さまざまな考え方が見られた。

今夜初回 櫻井翔『先に生まれただけの僕』がヤバすぎる3つの理由

(画像は『先に生まれただけの僕』公式サイトのスクリーンショット)

本日10月14日(土)夜10時より第1話が放送される、日本テレビ系ドラマ『先に生まれただけの僕』。

嵐の櫻井翔が元商社マンの高校校長という役柄を演じることや、2013年の『家族ゲーム』(フジテレビ系)以来4年半ぶりの連ドラ主演となることから注目を集めている。

今回は放送開始前ということで、本作の注目ポイントをピックアップしたい。

 

■第1話のあらすじを確認すると……

公式サイトであらすじをチェックしてみると……

総合商社・樫松物産に勤める鳴海涼介(櫻井翔)は、抜群の営業力で青森にある子会社の赤字経営を立て直した。ある日、彼は、東京に戻ってくるようにと上司に命じられる。次の役職はなんと、高校の『校長』。いわば左遷であった。

 

会社が経営する私立京明館高校が毎年赤字で、鳴海はその京明館高校の経営再建を任されたのであった。鳴海は戸惑うものの、サラリーマンとして会社の決定に従うしかなかった。

 

校長に就任した鳴海は副校長の柏木文夫(風間杜夫)とともに、教員たちと面談するが、彼らは誰ひとり危機感を持っていない様子。一方、真柴ちひろ(蒼井優)をはじめとした教員たちは、教育の現場を全く知らない鳴海に不信感を抱く。鳴海はこれまで経験してきたビジネスの論理で学校改革を目指すものの、さまざまな壁が立ちはだかり…。

 

■このドラマがヤバい3つのポイント

「元商社マンが高校の校長になり、さまざまな問題を解決していく」というストーリーの本作。しらべぇドラマ班がじっくり事前情報を確認したところ、3つの大きな見どころ(というかヤバいポイント)があると感じた。

①櫻井翔の知的な格好良さ

櫻井と言えば、今ではすっかりキャスターとしても認知される存在。慶應義塾大学出身という知的さは伊達でなく、『NEWS ZERO』(日本テレビ系)ではわかりやすく視聴者にニュースを伝えている。

本ドラマは、そんな櫻井の知的な格好良さが発揮される内容になりそうだ。

 

②それと対照的な教師陣のねちっこさ

一方、そんな櫻井の知的さ、爽やかさとは対照的なのが、教師役として出演する俳優陣である。まず、2年1組の担任で数学教師役の木下ほうかは、ねちっこい演技をさせたら天下一品の名バイプレーヤー。バラエティ番組で演じたイヤミ課長の「はい、論破!」で知っている人も多いのでは。

3年1組、2組の担任をそれぞれ演じる池田鉄洋と荒川良々の組み合わせも最強だ。ともに舞台出身のふたりは、一度見れば忘れない独特なビジュアルで、これまで数多くの作品に出演。彼らが放つ言葉は、短いセリフでも妙に印象に残るが、そんな個性派俳優がふたりもいるのだからヤバい。

そして、教師役ではないものの、主人公がもともといた総合商社の専務役、高嶋政伸にも期待がかかる。前クールに放送されていた『黒革の手帖』(テレビ朝日系)では、奇怪すぎるエロ親父っぷりを披露し、お茶の間をざわつかせた彼だが、本作でも怪演を見ることができるのだろうか。

 

③「多すぎる、でもそこがいい」な生徒たち

 また、本作の公式サイトを見て驚くのが、生徒役の人数の多さだ。全員の顔写真と名前が「生徒名簿」として公開されており、しらべぇドラマ班が数えてみたところ総勢211名もの役が名前付きで存在している。

徹底的にリアリティにこだわる姿勢がヤバい。全校集会シーンをエキストラで済ませなかったのか、気になるところだ。

(画像は『先に生まれただけの僕』公式サイトのスクリーンショット/こういう感じで211名の顔写真が並んでいてかなり壮観)

その一方で、公式ツイッター・インスタグラムでは「#先僕動画」というハッシュタグをつけた動画を生徒役のキャストが投稿。そのリツイート数で競うという企画を行なっている。

こうしてSNSの反応に応じて順位づけをする企画は最近のモデルオーディションなどでよく見られるが、ドラマが公式に行うのは珍しい。決して名の知れた役者ばかりではないものの、未来のスターを発掘するような気持ちで注目してみるのも面白そう。

しかしながら、これだけ多くの生徒にそれぞれ役名をつけるというのは、かなり大変な作業だったのではなかろうか?

 

 

■先生なんて所詮「先に生まれただけ」の人?

『先に生まれただけの僕』というタイトルは、キービジュアルからも「先生」を表現していることがわかる。しらべぇ編集部では、そんなタイトルにちなんだ調査を行なった。

調査によると、高収入であるほど該当する人が多い結果に。先生より学歴が高くなることも起こりうるため、軽視する傾向にあるのかも。

商社マンである本作の主人公も高収入に該当すると思われるが、どんな「先生」観を持って校長を務めていくのだろうか?

 

生徒と教師の物語ではなく、教師の人間関係を中心に描いた「オリジナル社会派エンターテインメントドラマ」と銘打たれている本作。豪華キャスト陣がどのようなドラマを見せてくれるのか楽しみだ。

・合わせて読みたい→「企画じゃなくて本気」櫻井翔に激怒した山口達也の農業にかける思いが話題に

(文/しらべぇ編集部・菜箸ヨーコ 参照:『先に生まれただけの僕』公式サイト

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年8月25日~2017年8月28日対象:全国20代~60代の男女1348名(有効回答数)

先生は所詮、「先に生まれただけの人」? 思想の裏に悲しい体験も

嵐の櫻井翔が元商社マンの高校校長を演じることで、放送前から大きな注目を集めているドラマ『先に生まれただけの僕』(日本テレビ系)。

公式サイトを見ると、キービジュアルの中で「先」「生」「僕」が大きく描かれており、「先に生まれただけの僕=先生」という、タイトルに込められた意味がわかる。

時折、用いられるこの表現について、しらべぇ編集部では調査を行なった。

 

■男女ともに4分の1が該当

しらべぇ編集部が全国の20~60代の男女1348名に調査を行なったところ、男女ともにおよそ4分の1が「所詮、先生なんて『先に生まれただけの人』だと思う」と回答。

多数派ではないものの、マイノリティと言うには多すぎる結果だろう。

 

■20代男性がもっとも高い数値に

性年代別で見ていくと、20代男性がもっとも高い結果に。その後、30代、40代にかけて数値はグッと下がっていくが、50代以降で盛り返している。

若者を脱し、「先生もあのとき、ああいう気持ちで叱ってくれていた」「口うるさく接してくれていた」と一時は思うようになるものの、中年に差し掛かると「そんなでもなかったな」「考えすぎだったわ」と思い直すのだろうか。

ホグワーツ魔法魔術学校?ハリポタ好きの先生がリメイクした教室が素敵だと話題に

ハリーポッターを愛してやまない中学校教師が、新入生たちのテンションを上げる為、およそ70時間かけ、教室をハリポタ風にリメイク。これが「最高の先生だ!生徒たちが羨ましい!」「素敵!これはテンションが上がるわ!」とFacebookを中心に話題沸騰!「The Daily Mail」や「abc news」な