免許

運転中にキレる「ロード・レイジ」 ビートたけし「井手らっきょに黒服を着せれば…」

今年6月、東名高速道路の追い越し車線で進路を妨害受け、停車した際にトラックが追突し静岡市に住む夫婦が死亡する事故が起き、11日に進路妨害を行った容疑者が逮捕された。

そこで、14日に放送された、TBS系情報番組『新・情報7daysニュースキャスター』で運転中にキレる「ロード・レイジ」を特集し、ネットで話題だ。

 

■ロード・レイジって何?

運転中の路上トラブルは、日本だけでなく世界中で増えているという。運転中の怒りは世界共通のようだ。

なぜ人は運転中に怒りを感じてしまうのか、怒りの心理などを研究する筑波大学准教授の湯川進太郎氏は…

「車の運転は人が怒りやすい、キレやすい状況がそろっている。自分が大きくなった気になる、相手が見えないから感情をぶつけやすい。そして、緊張している。この条件がそろうとカーッとなって怒りが爆発しやすい」

 

と語った。こうした人たちから身を守るに「ドライブレコーダー録画中」と書かれたステッカーや「入れ墨柄のアームカバー」が発売されている。

 

■たけしは井手らっきょに…

「入れ墨柄のアームカバー」を装着することで文句を言われることが減ったという話を聞いたビートたけしは、過去のエピソードを語った。

「入れ墨じゃなくて、井手らっきょがサングラスをかけてスキンヘッドだから黒服を着せて運転させたら誰も文句言ってこなかった」

 

たしかに相手より強そうに見せることは、抑止効果がありそうだ。

高齢ドライバー事故防ぐには?免許返納では生活成り立たないとの声も

(kazoka30/iStock/Thinkstock)

ブレーキの踏み間違いなど、高齢ドライバーが起こす交通事故がニュースになることは多く、しらべぇでもよく取り上げている。

実際に、高齢者の運転に怖い思いをした経験がある人は、どれくらいいるのだろうか。

 

■高齢者の運転にヒヤッとした経験ある?

しらべぇ編集部では、全国20~60代の男女1,348名を対象に、高齢者の運転にヒヤッとした経験があるか、調査を実施した。

全体の61.2%が「ある」と回答。6割以上の人が、危険を感じたことがあるようだ。

エリア別では、北関東(75.6%)と、九州・沖縄(73.1%)で、平均よりも10ポイント以上高くなっている。

 

■国や警察の対策は?

警視庁によると、75歳以上の高齢運転者による死亡事故比率は、平成17年の7.4%から10年で12.8%まで増加している。社会問題となっている高齢者の交通事故について、もちろん、国や警察は対策を行なっている。

現状では、70歳以上に高齢者講習を義務付けているほか、75歳以上は免許の更新時だけでなく、信号無視などの交通違反をした際に、認知機能の検査が必須だ。

もちろん、免許の自主返納も促しており、返納した人が申請できる「運転経歴証明書」を提示すると、特典を受けることができるバスやタクシー、美術館なども多くある。

 

一方、少子高齢化の中、過疎地など、車がないと買い物にも病院にも行けない地域は多く、生活に困る高齢者が出てくるだろう。高齢者向けに、究極的には、自動運転車の導入が待たれるが、実現の目処はなかなか立っていない。

買い物には、通販や配達をうまく利用できればよいが、人の移動には乗り合いタクシーやコミュニティバスの普及が鍵になりそう。

ただ、運転が難しい高齢者の移動を支えるドライバーも、給与が安いなどの問題もあり、60代以上のシニア層が中心になっている現実も。

解決法は一筋縄ではいかない面もあるが、自分や周囲の安全のために、何が最適なのか考えなければならないだろう。

・合わせて読みたい→坂上忍が高齢者の免許剥奪に賛同「車ってやっぱり凶器」

(文/しらべぇ編集部・小河 貴洋

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年8月25日~2017年8月28日対象:全国20代~60代の男女1,348名(有効回答数)

非モテに朗報!「車庫入れの上手い異性」が好きな人の割合が異常

(mrak_hr/iStock/Thinkstock)

異性に「惚れる瞬間」は、数多くある。代表的なものとして、仏頂面の人がふいに見せる笑顔や、真剣に仕事をしている姿などが挙げられるだろう。

世間ではそんな瞬間を「胸キュンポイント」などと呼び、目撃するとアニメや漫画のように目が「ハート」の形になってしまうこともあるとか。

 

■車庫入れの上手い人は異性にモテる?

胸キュンポイントのなかでも、かなり評価が高いといわれる行動が、自動車の車庫入れ。手際よく自動車をバックさせる姿に「かっこいい」「ステキ」などと惚れるらしい。

ただ、車庫入れが上手い人はたくさんいるし、それだけでモテるなんて都市伝説という気もする。

そこで、しらべぇ編集部では全国の20代~60代の男女1,343名に「車庫入れの上手い異性」について意識調査を実施。

結果、「好き」と答えた人は驚異の80.1%。「車庫入れの上手さ」は、やはり異性を引きつけるポイントになり得るようだ。

 

■40代女性の割合に驚愕

「車庫入れが上手い異性が好き」と答えた人を性世代別で見ると、さらに面白い傾向がでた。

なんと40代女性の90.2%が好きと回答しているのだ。10人中9人がときめくならば、40代女性に恋愛している男性は、気合を入れて車庫入れをするべきかも。

 

■好きな人に聞いてみると…

車庫入れが上手い男性が好きというBさん(40代・女性)に聞いてみた。

「車庫入れの上手い男性はやっぱりかっこいい。助手席に手を掛けて、後ろを見ながら駐車する際の横顔と腕の感じが最高。もちろん、1回で決めるのが条件ですよ。

 

逆に何度もやり直してると冷めますね。ちなみに私の旦那も、車庫入れが上手」

 

非モテに悩む人は、今すぐに車庫入れの練習をしたほうがいいかも。

・合わせて読みたい→帰省シーズンのケンカの元?車の運転に口出ししてしまうのはこんな人

(取材・文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年7月14日~2017年7月17日対象:全国20代~60代の男女1.343名(有効回答数)