入院

杉田かおる、母の介護疲れを告白 「心身ともに限界」

(画像は公式ブログのスクリーンショット)

母親の介護のため、芸能界から離れて生活している女優・杉田かおる(52)。

10日に更新されたブログで母の入院と現在の心境を語り、話題になっている。

 

■母の介護のため芸能界を離れた杉田

6歳下の夫と、肺気腫の悪化により介護が必要な母親と3人で、神奈川県の湘南エリアにあるマンションに暮らしている杉田。

酸素濃縮器が欠かせない母親のため、食事や入浴などの身の回りの世話や体調管理まですべてこなしている。さらに家事が加わり、とてもハードな一日を送っているようだ。

同日に放送された『有吉のダレトク!? 新装開店SP』(フジテレビ系)の取材では、杉田の日常に密着。「お母さんがいま苦しんでて大変だったら、それを支えるのが仕事」と母への思いを語っていた。

また、杉田の母もカメラの前では元気そうな姿を見せていた。

 

■母の入院に「悔しい」

しかし杉田は同日更新のブログで、母が入院したことを報告。「自分があともう少し若くて元気だったらと思うと、悔しいです。自分が情けない」と自分を責めた。

さらに、「心身ともに限界です。こんなにも自分も老いて親も老いていくというのはつらいものなのですね」とコメント。「主人には本当に感謝しています。優しい人に出会えて幸せです」と夫への感謝の気持ちを述べた。

そして母の入院にともない、「私も少し休憩します」とつづった。

道端アンジェリカ、右足を2度目の手術 術後のピースサインに安堵の声

(画像はInstagramのスクリーンショット)

昨年9月、転倒によって右足を脱臼・三果骨折し緊急入院、その後3時間半にもおよぶ手術を受けた、モデルの道端アンジェリカ。入院中、多くの著名人が彼女の病室を訪れたこともネットで話題となった。

そんなカリスマモデルの大怪我からおよそ1年、彼女は2度目の手術を無事に終えたことをインスタグラムで報告した。

 

■足のボルトとプレートを外す手術

今月25日、アンジェリカはインスタグラムで手術を受けるために入院したことを報告。1年前、骨折した右足に入れたボルトとプレートを取り外すため、2度目の手術を受けるという。

普段、SNSではオシャレな写真にポジティブなコメントが印象的な彼女だが、病室で撮影されたと思われる写真の投稿には「こわいなー」と正直な気持ちを書き込んでいる。

 

■終了後もインスタで報告

そして、手術当日の26日。無事手術を終えたアンジェリカは、手術直後に撮影したと思われる、手術着にマスク姿の写真と彼女の足を1年間支えたボルトとプレートの写真をアップ。

無事終了ー✨✨✨✨ スッキリした🤗

A post shared by 道端アンジェリカ (@angelica_michibata) on Sep 25, 2017 at 11:56pm PDT

無事に手術を乗り越えたアンジェリカ。「スッキリした」とのコメントを添えた写真からは、安堵した表情が伺える。

出川哲郎、初MCのクイズ番組 まさかの「出川不在」に視聴者混乱

かつて「抱かれたくない男」と呼ばれたリアクション芸人は、今や若い女性や子供から高い支持を受ける人気芸人・出川哲郎(53)として大活躍している。

そんな出川が19日深夜放送『初めての〇〇』(フジテレビ系)でクイズ番組のMCに初挑戦。

しかし番組収録時、出川が急性肝胆炎で緊急入院したため、「出川不在」という視聴者も混乱する不思議な状況に。

 

■代理は「前日に聞いた」千鳥・ノブ

番組冒頭、出川の入院が告知され、出川のパネルをMC席に設置。病室からVTRで出演した出川は「第2回が放送されるよう盛り上げてほしい」とコメント。

代理のMCを務めたのは、「(収録の)前日に知らされた」千鳥・ノブ(37)。「言わしてもらうけど、出来んよ」と混乱を見せながら番組は進んだ。

 

■番組は滞りなく進行

もともと「シンプルなクイズ番組」の予定だったため、番組は滞りなく進行。回答者の千鳥・大悟(37)、高橋真麻(35)、内田理央(25)らと共に盛り上がった。

番組終盤、出川から再びVTR出演。

「あまりにもノブが上手すぎると、第2回に自分がいないこともあるので、盛り上がりすぎているところはカットする」とコメントし、笑いを誘った。

井上和香、入院していた 病状明かさず「心と身体が弱っている」と示唆

(画像は公式ブログのスクリーンショット)

女優でタレントの井上和香が、13日更新のブログで入院していたことを報告。「すでに退院している」とのことだが、突然の報告に彼女を心配する声が広がっている。

 

■「入院していた」とブログで報告

『実は…』と題した13日更新のブログには、手首に病院のネームバンドをして、ベッドに横たわる井上の写真が。このブログ記事の中で、彼女は入院していたことを報告。

ネームバンドをする際、「入院するんだな、と実感した」と綴られているが、詳しい病状などは明かされておらず、現在は退院し、体調も快方へ向かっているようで「普通の生活がおくれるようになりました」と明かしてる。

 

■ファンからは心配の声

しかしながら、退院して久しぶりに再会した娘を抱き上げるのがまだ辛い、とも綴られており、文面では気丈に振る舞っているものの、彼女のSNSにはファンからの心身の状態を心配する声が寄せられている。

・早く元気になってね

 

・お身体ご自愛ください。お嬢さんの前では笑顔でいられますように

 

・大丈夫ですか? お大事にされてくださいね

 

直近のブログ記事では元気そうな様子であっただけに、驚きを隠せないファンも。

見えてしまった白衣の死神

 

私は高校生の頃にインフルエンザで高熱を出した。

 

意識が朦朧(もうろう)として、救急車で病院へ運ばれた。

 

結果、肺炎と分かり三日ほど寝込んだが、なかなか体力が回復せず、そのまま半月ほど入院していた。

 

定時に看護師が点滴を交換したり配膳したりで訪れたが、時々三十代半ばくらいの看護師が大した用事も無いのにふらりとやって来ては、こちらの顔を窺(うかが)うことがあった。

 

やっと食事がとれるまで回復し、看護師とも会話できるくらいになった。

 

そこで、時々見回りに来る『三十代半ばくらいの看護師』について訊いてみた。

彼女は一体何者なのか?

「あの人は何をしに来てるんですか?」そう訊くと、「そんな暇がある職員はいないよ。名前は?」と逆に訊かれた。

 

「白衣ではなく、薄緑色のナース服だった」と答えると、一瞬こわばった表情になってこちらを見た。

 

明らかに動揺しながら「最近も来たの?」と小声で話しかけられ、「この三日は来ていない」と答えた。

 

「何回来たか覚えている?」と訊かれ、「五~六回かな?」と返すと、「パートで頼んだ人だったかも・・・」と曖昧に口を濁し、それきり部屋を出て行った。

 

そして、その病院を退院した一年後の事だった。

 

足の指を骨折して再び訪れると、偶然にも『あの看護師の女性』と出くわした。

 

女性は急患受付の廊下に居て、担架で運ばれてきた老人の顔を無表情に覗き込んでいた。

 

私はその様子が変だと感じた瞬間、全身に鳥肌が立った。

 

視線を逸らすのが遅れた為に彼女はこちらに気付き、スゥ……と近付いてきた。

 

「あんた、私が見えるの?」

 

彼女は私に話しかけてきた。

 

思わず両手で顔を覆い、心の中で「消えろ!消えろ!」と何度も呟いた。

 

五分程そうして顔を上げると、もう彼女の姿は無かった。

 

幽霊と思しき者を見たのはそれっきりだが、もしかするとあの彼女は『死神』だったのかも知れない。

 

(終)

The post 見えてしまった白衣の死神 appeared first on 怖いもん通信.