公務員

米倉涼子主演『ドクターX』 公務員からの支持が高い理由とは

(画像はYouTubeのスクリーンショット)

医局に属さない、フリーランスの凄腕外科医の活躍を描いたテレビ朝日の人気ドラマシリーズ『Doctor-X 外科医・大門未知子』。

大門未知子を演じる米倉涼子の代表作を更新したとも言える本作は、主人公が放つ「私、失敗しないので」「致しませーん」などのセリフも人気に。

10月から第5シリーズが始まるのを前に、しらべぇではファン層について調査を行なった。

 

■日本人の3人に1人が『ドクターX』のファン?

しらべぇ編集部が全国の男女20~60代に調査を行なったところ、「米倉涼子主演『ドクターX』のファンだ」と答えた人は全体の32%。およそ3分の1という結果だ。いかに人気なのかがわかる。

前作は平均視聴率が20%を超え、大ヒット作品となっていたが、新シーズンも高い数字が期待できそうだ。

 

■60代以降は『水戸黄門』的な目で観ている?

性年代別でみていくと、60代以上の人からの支持率が凄まじい。いい意味でパターン化したストーリーや決め台詞など、「水戸黄門化している」と評されることも多い本作だが、この層は時代劇も好きだろう。

作品の成功要因がはっきりとわかるデータと言える。

 

■納得? 公務員支持が高い理由

職業別で見ていくと、公務員の半数がファンなのに対し、自由業からの人気は低い。フリーランス凄腕外科医として、色んな問題を解決していく主人公の姿に、自分にはないものを公務員たちは重ねているのだろうか。

 

ドラマ『ドクターX』の、放送が待ち遠しい。

・合わせて読みたい→13歳の国民的美少女グランプリ・井本彩花に直撃 「度胸はバレエで磨きました」

(文/しらべぇドラマ班・クレソン佐藤

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年8月25日~2017年8月28日対象:全国20代~60代の男女1348名(有効回答数)