内臓脂肪

夏なのに全然痩せない…。夏のダイエットを成功に導く4つのカギ

モテ子: 冬も「全然痩せない」って言ってなかった?

photo by GIRLY DROP

薄着のシーズン、真っ盛り。夏は海に行ったりプールに行ったりなど、水着を着る機会も多いので、今まで溜め込んだ脂肪を少しでも減らそうとダイエットに励んでいる人も多いはず。 「夏は気温が高くなるし、汗もかくから痩せやすいに違いない!」と思いながらも、なかなか結果が出なくて焦っていませんか?実をいうと、夏は太りやすい季節なんです。夏なのになぜ痩せにくいのか、その理由と成功するためのポイントをご紹介したいと思います。

夏ダイエットはなぜ効果が出にくいの?

夏はエネルギーの消費が冬より少ない

冬は当然のことながら寒いですよね。冬の寒さの中でも生命を維持しようとするため、人間の身体は適正体温になるまで体温を上げる働きをします。つまり、体温を上げるために、冬は代謝が活発になってエネルギーを消費しやすい時期といえます。

一方で、夏は気候が暖かいことから、体温を維持するためのエネルギー消費は少なくなりがち。そのため、冬よりも1日のエネルギー消費(基礎代謝)が少なくなり、食べたものがそのまま脂肪となってしまうのです。

冷たい食べ物やエアコンで身体が冷えている

photo by GIRLY DROP

夏バテになると食欲も減ってしまい、食べられるものといえばさっぱりとした冷たいものという方も多いのでは?夏に食べたくなるアイスやそうめん、氷の入ったドリンクなどの冷たい食べ物は身体を冷やすと同時に、内臓も冷やしてしまうので、むくみや便秘、内臓脂肪の増加につながる場合も。

また、エアコンの冷気も身体を冷やす原因になるので、注意が必要です。喉が渇いたら冷たい飲み物は極力控えて、温かい飲み物を摂ることも大切。食べられる物ばかり食べて栄養が偏ってしまうことで、痩せにくくなる要素をより高めてしまうので、夏の食生活には十分に気を配るようにしましょう。

夏でもヤセ体質に!成功するための4つの秘訣

①1日に最低1回は、外で汗をかく

暑い夏は、外に出るだけで汗をかきますよね。特に、女性は汗をかきたくないという理由で、つい運動不足になりがちです。でも、汗をかくということは、それだけダイエット効果が上がるということ。

激しい運動でなくてもウォーキングなどの軽いものでも十分!とにかく、運動でしっかりと汗をかいて代謝を上げつつ、老廃物を体外に排出してあげましょう。ただし、脱水症状にならない様に、くれぐれも水分補給を忘れずに。

②良質のたんぱく質を摂る

夏は食欲が落ちて、柔らかくて食べやすいものばかり摂ってしまいがちですが、健康的に痩せるためには、栄養バランスの取れた食事が何よりも大事。

ダイエット中は、肌荒れなどのトラブルも起こしやすくなるので、新しい肌組織を作るためにも良質なたんぱく質を意識して摂るようにしましょう。食品からの摂取量は、「体重×1.1~1.2g」が目安。脂肪分の少ない鶏肉や大豆、卵白などがおすすめです。

③2日に1度は入浴で体温を上げる

汗をたくさんかいた日は、湯船に浸からず、シャワーをサッと浴びるだけにすることも多いと思いますが、入浴には体温をグッと上げて、基礎代謝を高くキープする効果があるといわれています。

エアコンで冷えた身体は巡りも悪くなっているので、たとえ毎日は無理でも、できれば2日に1度は湯船に浸かり、体温をじっくり上げるようにしましょう。熱いお湯がどうしても苦手な方は、38℃くらいのぬるま湯に20分ほど浸かる半身浴でもOK。自分が好きなアロマオイルを活用すれば、リラックス効果も高まりますよ。

④夏ダイエットは筋トレ中心に

普段から筋トレにあまり馴染みがない方は少し抵抗があるかもしれませんが、筋トレは夏に行うとダイエット効果が一番得られやすいといわれています。夏は気温が高いことから、筋肉の温度も高くなり、身体全体の筋肉の緊張状態も弱まって柔軟性が高まるのだとか。

また、冬にくらべケガをするリスクも少ないのもメリットの一つ。身体に筋肉をつければ基礎代謝もアップできるので、結果的にダイエットにも成功しやすくなるというわけです。トレーニング初心者や女性でも安心してできる「ハーフスクワット」は、下半身はもちろん、全身の引き締めに効果絶大なのでおすすめです。

まとめ

夏のダイエットを成功させるためには、痩せにくい身体をいかに痩せやすい体質に変えるかということがポイント。暑いからといって身体を冷やすクーラーのかかった室内でダラダラと過ごさず、基礎代謝を上げる習慣を意識して少しずつ取り入れてみましょう。

The post 夏なのに全然痩せない…。夏のダイエットを成功に導く4つのカギ appeared first on ガール配信局.

水分不足だと逆にむくむ!?意外と知らない水の常識

モテ子: 「私の血はビールでできている!」とかいってビールばっかり飲んでちゃダメよ。

いよいよ夏本番ですね。暑い時期には、特に意識して、しっかりと水分補給をすることが大切です。水は私たちの身体の巡りを整えるために欠かせない要素。体内に十分な水分があると体調が良くなるだけではなく、ダイエットや美容の面でも、嬉しい効果が得られるのです。

水は美と健康のもと

photo by Fotolia.com

水をしっかり摂取すると、体内で滞っていた老廃物が排出され、栄養が身体の隅々まで供給されます。この結果、お肌のターンオーバーが正常に整い、栄養が行き届いて美肌が作られます。また、血液やリンパの流れが良くなることで内臓や筋肉の働きも良くなり、代謝が上がって痩せやすい身体になることができるのです。水は健やかで美しい身体作りの要といっても過言ではないでしょう。ただ、とにかく水を飲めばいいというわけではなく、水を飲む際には気をつけるべきポイントがいくつかあります。水の飲み方によっては、逆に健康や美容に悪影響を与えてしまうことさえあるので要注意です。そこで、今回は健康と美容に良い水の飲み方をご紹介します。

水分補給のコツ

1日に補給すべき水の量は1.5L~2L程度

むくみに悩んでいる人の中には、水分はあまり摂らないようにしている人もいるでしょう。確かに、一度に大量の水を飲むとむくむことはあるのですが、基本的に余分な水分は尿となって排出されるため、水分摂取によるむくみの多くは一時的なものです。むしろ、水分不足の方がむくみを引き起こすことが多いので要注意。水分不足になると、体内の水分や老廃物がスムーズに排出されなくなるので、逆にむくみやすくなってしまいます。人間の身体から1日で排出される水分の量は約2.3Lといわれています。汗や呼吸、皮膚からの蒸発、尿、便などを通して、身体からはどんどん水分が失われていっているのです。ですから、失われた水分の分はしっかり補ってあげる必要があります。水分は食物にも含まれていますし、体内で産生される水もあるので、その分を差し引いても1日約1.5Lは水を飲んだ方が良いでしょう。特に、スポーツをするなどして、たくさん汗をかいた日は、普段より多めに水分を摂る必要があります。

こまめに飲む

photo by Fotolia.com

のどがカラカラに乾いてから、水を一気飲みするのは身体によくありません。身体は一気に水を吸収することはできないため、水の摂りすぎになって、むくんでしまいます。それだけではなく、熱中症になりやすい時期は、のどが乾いたと感じた時には、身体はかなり脱水状態になっているので、それから水分補給をしても遅い場合があります。そこで、のどが乾く前に、こまめに水分補給をする習慣をつけると良いでしょう。コップ1杯の水を数回に分けてちびちびと飲むようにすると、無理なく水分が身体に吸収されていきます。また、運動などをして汗をたくさんかいた場合は、塩分の補給も必要です。この場合の水分補給は塩分を含む経口補水液で行うと良いでしょう。市販のスポーツドリンクでもいいのですが、砂糖が多く含まれていることがあるので、ダイエット中の方は注意してください。

利尿作用がある飲み物を飲む時は水分も一緒に摂る

カフェインやアルコールを含む飲み物は利尿作用があるため、体内の水分の排出を促してしまいます。排出された分を補うために、一緒に水も飲むことを忘れないでください。

常温の水かぬるま湯がおすすめ

暑い時期は冷たいものを飲みたくなりますよね。でも、冷たいものは内臓を冷やし、代謝が落ちてしまうので、できれば避けた方が良いでしょう。なるべく夏でも常温、冬ならぬるま湯程度の温かさで飲むのがおすすめです。冷たいものを飲むなら、なるべく身体がしっかり温まっている時に。そして一気飲みはせず、ゆっくりと飲むようにしましょう。

まとめ

普段何気なく飲んでいる水ですが、少し飲み方に気をつけるだけで、すっきりとした身体やきれいな肌を作るのに役立ちます。難しいことは一切ないので、さっそく今日からでも実践してみてくださいね。

The post 水分不足だと逆にむくむ!?意外と知らない水の常識 appeared first on ガール配信局.