出産

出産祝いに現金を包むのは失礼? 斜め上を行く新米ママの発言が物議

(st-palette/iStock/Thinkstock)

「出産祝い」には赤ちゃんの衣服やおむつ、おもちゃなどを贈る人もいれば、夫婦との関係性によっては現金やギフト券を贈る場合もあるだろう。

そんな中、兄弟間での「出産祝いの内容」に悩まされているという女性が、女性限定匿名掲示板『ガールズトーク』にて現状を打ち明け、話題となっている。

 

■「出産祝いに現金」は失礼?

投稿者は、弟夫婦に赤ちゃんが誕生したという女性。出産祝いとして「現金3万円とオムツ」を贈ったところ、義妹から「現金でのお祝いは赤ちゃんへの気持ちがこもってない」と指摘されてしまった。

そこで、具体的に欲しいものや必要なものを尋ねると「赤ちゃんへの贈り物なのだから、それはそちらでちゃんと考えて下さい!」と言われてしまう始末。

義妹は姑にあたる投稿者の母にも同様の発言をしていたらしく、投稿者の母も同じく頭を抱えている状況なのだそう。

投稿者は義妹とは3回しか会ったことがなく、好みや趣味が分からない他、肝心の弟は義妹の言いなり状態で頼りにならない存在。

ちなみに、投稿者が出産したときには1人目のときに5,000円を貰い、2人目のときは何もお祝いを貰っていないという。

 

 

■「あげなくていい!」と厳しい指摘も

「どうしたらいいと思いますか?」と、意見を求めている投稿者の元には、義妹への厳しい批判が相次いでいる。

・気持ちを無下にする失礼な人にはもうお祝いあげなくていいと思います。付き合いも最低限で

 

・お祝い金で好きなもの買えよって思うねぇ…出産でネジ飛んじゃったのかな?

 

・じゃあ、商品券で…めんどくさい人だなー

 

・自分が頂いた物と同様で良いと思いますが? 5,000円には5,000円で返す。シンプル イズ ベスト

 

・現金なんて一番嬉しいのに義妹さんもったいないことしたなぁー

 

出産を経験したユーザーからは「現金がもらって1番嬉しい」といった意見も寄せられた他、「貰ったものと同じ5,000円を贈ったらどうか」という意見が多くの共感を得ている。

 

■年齢が上がると金銭トラブルも増える?

しらべぇ編集部が全国の20~60代の男女1,348名に「お金が原因で、家族や友達との仲が悪くなった経験がある人」の割合について調査した結果、年代が上がるとともに割合が高くなる傾向が判明。

中でも、50代男性が3割を超える高い割合を占めた。身内間でのトラブルは極力回避したいもの。しかしながら「贈り物」を考えることはなかなかに難しい…。

「妊婦や産休育休社員ばかり優遇される」と不満の女性 「逆マタハラ」に賛否両論の声

(monkeybusinessimages/iStock/Thinkstock)

妊娠、出産に関して女性が不利益取扱いを受けないよう、マタニティハラスメント(マタハラ)を防止する措置が義務付けられている昨今。子育て支援制度を利用することで問題が解決する女性も多いが、いまだにマタハラの被害に遭う女性は少なくない。

しかし一方で、それら制度のしわ寄せを受け、困る人たちも。女性向け匿名掲示板『ガールズちゃんねる』のとあるトピックが話題になっている。

 

■シフトに影響も…「逆マタハラ」に悩み

職場に妊娠中の女性がいるという投稿者。その女性はつわりなどの体調不良により、週に1〜2日しか出勤できないという。医師から安静を命じられているわけでもなく、診断書もないことから、女性に対して不満を抱いているようだ。

職場はシフト制のため、女性が欠勤すると残りの少ない人数で倒れそうになりながら働くか休みを返上するよう会社から連絡が来るなど、女性のフォローを強制されていると語った。

「妊婦や産休育休社員ばかり優遇されて、残りの社員へのしわ寄せの救済がないのはおかしくないですか?」

と、投稿者は「逆マタハラ」の悩みを訴えた。

 

■「迷惑」「お礼くらい言ってほしい」の声

投稿を受け、ネット民からは共感の声が。「妊婦」という状況は仕方ないとしつつも、「代わりに働かされる身にもなってほしい」「状況が長く続くと迷惑」との本音も垣間見えた。

また、仕事を休む女性の態度も影響しているようだ。

・分かる! 正直言って凄く迷惑なんだよね。私の会社の妊婦はちっとも悪びれた様子もないから余計にムカつく

 

・私の会社にも性格悪い妊婦がいる。やってもらって当然、って態度で…対応が遅れるとこれだから貴女は…って文句言うし。せめてお礼くらい言ってほしい

 

・育休産休は制度上いいと思いますが、産休までの期間に主さんの言う通り何度も何度も欠勤が続くのはどうかと思う。体調次第だから仕方がないと言われればそれまでだけど

すべてのお産は奇跡だと思う? 『コウノドリ』サクラ先生も驚く結果に

(NorioNakayama/iStock/Thinkstock)

出産を題材とし、医療従事者と患者の心の交流を優しく、温かく描いたTBS系ドラマ『コウノドリ』。2015年に放送されると、その感動的な内容が多くの人々の涙腺を崩壊させた。

そんな本作は、10月13日(金)から続編が放送開始となる。そこで、しらべぇ編集部では出産にまつわるいくつかの調査を実施した。まずは、作品の根幹を支える「すべてのお産(出産)は奇跡」という思想についての調査結果紹介したい。

 

■「すべてのお産は奇跡」は4割弱に

しらべぇ編集部が全国の20~60代の男女1348名に調査を行なったところ、「すべてのお産は奇跡だと思う」と答えた人は全体の37.4%。

男女では大きな差が見られ、女性が約半数の47%がそう考えていたのに対し、男性は28%に。出産に関する捉え方は、男女で大きく異なっていることがわかる。

 

■身近に感じるゆえ? 30代女性が高い

制年代別で細かく見ていくと、30代女性の数値がもっとも高い。その次は20代女性で、40代以降の女性は4割前後に。

出産に関する出来事が自分の周囲で多く起こる年代は、より「奇跡」と捉えやすいことがわかる。

男性を見ていくと、20代がもっとも高い結果に。40代、60代が2割程度と低い数値になったことと比較すると、昨今の若者は出産を「パートナーだけでなく、自分にも大きく関わる、とてもかけがえのない出来事」と考える人が多いのかも。

 

■2年が経ったペルソナは?

ファンにとって、続編が待ち遠しすぎたこの2年間。作中でも、リアルと同じように2年の月日が流れた状態で再開するようだ。公式サイトを確認すると……

あれから時が経ち、産婦人科医としてベテランの域に入った鴻鳥サクラ(綾野剛)はかつての恩師である荻島勝秀(佐々木蔵之介)がいる離島の病院へ行く。

(中略)

一方、研修医だった下屋(松岡茉優)と新生児科の白川(坂口健太郎)もそれぞれ専門医となりペルソナで精力的に働いている。

 

医師として、彼らはどんな風に成長しているのか? そんなところにも注目しながら、繰り広げられる「奇跡」を見守っていきたい。

《これまでに配信した『コウノドリ』記事一覧はこちら

・合わせて読みたい→『コウノドリ』星野源が四宮先生になる瞬間 「知らなかった」の声も

(文/しらべぇドラマ班・クレソン佐藤 参照:『コウノドリ』公式サイト

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年8月25日~2017年8月28日対象:全国20代~60代の男女1348名(有効回答数)

すべてのお産は奇跡だと思う? 『コウノドリ』サクラ先生も驚く結果に

(NorioNakayama/iStock/Thinkstock)

出産を題材とし、医療従事者と患者の心の交流を優しく、温かく描いたTBS系ドラマ『コウノドリ』。2015年に放送されると、その感動的な内容が多くの人々の涙腺を崩壊させた。

そんな本作は、10月13日(金)から続編が放送開始となる。そこで、しらべぇ編集部では出産にまつわるいくつかの調査を実施した。まずは、作品の根幹を支える「すべてのお産(出産)は奇跡」という思想についての調査結果紹介したい。

 

■「すべてのお産は奇跡」は4割弱に

しらべぇ編集部が全国の20~60代の男女1348名に調査を行なったところ、「すべてのお産は奇跡だと思う」と答えた人は全体の37.4%。

男女では大きな差が見られ、女性が約半数の47%がそう考えていたのに対し、男性は28%に。出産に関する捉え方は、男女で大きく異なっていることがわかる。

 

■身近に感じるゆえ? 30代女性が高い

制年代別で細かく見ていくと、30代女性の数値がもっとも高い。その次は20代女性で、40代以降の女性は4割前後に。

出産に関する出来事が自分の周囲で多く起こる年代は、より「奇跡」と捉えやすいことがわかる。

男性を見ていくと、20代がもっとも高い結果に。40代、60代が2割程度と低い数値になったことと比較すると、昨今の若者は出産を「パートナーだけでなく、自分にも大きく関わる、とてもかけがえのない出来事」と考える人が多いのかも。

 

■2年が経ったペルソナは?

ファンにとって、続編が待ち遠しすぎたこの2年間。作中でも、リアルと同じように2年の月日が流れた状態で再開するようだ。公式サイトを確認すると……

あれから時が経ち、産婦人科医としてベテランの域に入った鴻鳥サクラ(綾野剛)はかつての恩師である荻島勝秀(佐々木蔵之介)がいる離島の病院へ行く。

(中略)

一方、研修医だった下屋(松岡茉優)と新生児科の白川(坂口健太郎)もそれぞれ専門医となりペルソナで精力的に働いている。

 

医師として、彼らはどんな風に成長しているのか? そんなところにも注目しながら、繰り広げられる「奇跡」を見守っていきたい。

《これまでに配信した『コウノドリ』記事一覧はこちら

・合わせて読みたい→『コウノドリ』星野源が四宮先生になる瞬間 「知らなかった」の声も

(文/しらべぇドラマ班・クレソン佐藤 参照:『コウノドリ』公式サイト

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年8月25日~2017年8月28日対象:全国20代~60代の男女1348名(有効回答数)