別荘

その別荘に入らなくて本当に良かった

 

危うく霊に遭遇しそうになった話。

 

それは僕が大学生の時のこと、夏休みの前にゼミのメンバーがリゾート地でのバイトを見付けてきた。

 

リゾート地でのバイトといっても今は寂れてしまった避暑地で、「そこにある別荘の掃除をしてくれ」というものだった。

 

2泊3日で食事と宿付き。

 

僕らはゼミのメンバー5人(男3人、女2人)で行くことにした。

Aさんには見えていた・・・

最寄駅に着いたら別荘の管理人のおじさんが来ていて、車で別荘へ連れて行ってくれた。

 

別荘は古いものの、結構大きな洋館で、庭にプールもある立派な所だった。

 

しかし、「すげぇ~すげぇ~」と騒ぐ僕らをよそに、ただ一人、メンバーのAさんだけが黙っている。

 

普段から大人しいタイプではあったけれど、来る途中は皆と同じように楽しくはしゃいでいたのに。

 

どうしたんだろうと思っていると、突然Aさんの携帯が鳴った。

 

電話に出るAさん。

 

通話が終わった後、僕らと管理人のおじさんに向かって言った。

 

A「すみません。今ゼミの先生から電話があって、全員戻って来いって言われてしまいました。近々学会があって、ちょっと都合が悪くなってしまって・・・」

 

A「ここまで来て、すみません。バイトをキャンセルさせて下さい」

 

いきなりそんなことを言われても、と渋るおじさん。

 

「今日中に作業しなきゃいけないんだよ。誰か君たちの代理で来てもらえる友達はいないの?」

 

A「すみません。それも難しいと思います」

 

きっぱりと言い切るAさん。

 

どういうことなんだ、と僕が訊こうとすると、横にいたBが・・・

 

B「ああ、そうだ!俺ら、先生に作業を頼まれてたんだった!締切明日だから帰らなきゃ!」

 

A「すみません。本当にすみません。私達これで帰ります。駅までは歩いて帰るので、送って頂かなくても構いませんので」

 

Aさんはもう一人の女の子の手をグイグイ引っ張って歩き始めた。

 

B「んじゃ、すみません。俺らも帰ろうぜ!」

 

そうBが促すので、僕もお辞儀をして帰った。

 

ちらっと振り向くと、おじさんは別荘の方を見たまま突っ立っていた。

 

駅まで歩きながら、「ねえ、先生なんて言ってきたの?」とAさんに訊くと、「電車に乗ってから話す」と言って教えてくれない。

 

Bも黙って頷いていた。

 

電車に乗り、駅を2つほど過ぎた頃、やっとAさんが教えてくれた。

 

A「ごめんね。先生からの電話なんて本当は嘘なんだ」

 

A「ただ、あの別荘怖かったから、絶対に長居しない方が良いと思って・・・」

 

なんだそりゃ、と僕らが言うと、Bがボソッと言った。

 

B「お前ら、見なかったのかよ。ほら、プールの水の下にあっただろ?底に壺とかマネキンの手足が重しを付けてバラバラに転がっていたのを」

 

A「えっ?」

 

怪訝な声を出すAさん。

 

B「あれ?Aさん、それで断ったんじゃないの?」

 

A「違うよ。私が断ったのは、窓際のところに草刈鎌を持った女の人が居たからだよ・・・」

 

Aさんによると、窓には注連縄(しめなわ)みたいなものが何重にも張ってあって、中に居た女の人は白目を向いたまま、その注連縄を一心不乱に鎌で切ろうとしていたらしい。

 

僕らはそれを聞いた瞬間、別荘に入らなくて本当に良かった、と心底思った。

 

(終)

The post その別荘に入らなくて本当に良かった appeared first on 怖いもん通信.

まんまと引っ掛かった夏休みのバイト 2/2

前回までの話はこちら

昼飯中、馬場がボソっと呟いた。

 

馬場「面接も無しに即決だったのとか、やたら待遇が良いのとか、作業するのが俺達だけで監督する人も誰もいないのとか、要するにこれが原因じゃねぇの?」と。

 

確かにそうだ。

 

俺達は今更ながら、このバイトがやたら不自然で変な事に気が付いた。

 

安藤「今日だけ作業してさ、それで今日までの給料貰って帰らねぇか?」

 

俺「一応3泊4日の契約だろ?最後までやらなかったら給料払わないとか言われたらどうするよ。それに、『良く分からない何か変なものが居るからもう辞めます』なんて通用すると思うか?実害も無いのに」

 

安藤も馬場も「そうだよな」と言い、とにかく早く終らせてしまおう、そしてバンが来たら事情を訊こうという話になった。

俺達は、まんまと引っかかった

夕方、とにかく早くこの場を去りたい俺達は必死で作業を頑張り、2軒目の荷物もその日のうちにほぼ全て外に出した。

 

バンがやって来ると、乗っていたおじさんに俺達はそれとなくここで変な事がないか訊いてみた。

 

だが、どうもおじさんも頼まれて来ているだけで、ここのことは良く知らないらしい。

 

俺達は結局何の情報も得られないまま、最後の夜を迎える事になった。

 

今から考えると、名刺を渡されていたのだからサッさとそこに電話すべきだったのだが・・・。

 

その夜、とうとう事件が起きた。

 

俺と安藤がリビングでゲームをしていると、風呂に入っていた馬場が飛び出して来た。

 

馬場「おい、やべーよ!またあの音がするぞ!」

 

時間は夜の10時頃。

 

馬場が言うには、風呂から上がって服を着ている時に、脱衣所の窓から『ズル・・・ズル・・・』と昨日と同じ音が聞こえてきたらしく、大慌てでこっちへ逃げて来たらしい。

 

俺達は今度こそ音の正体を突き止めなければと、玄関にあった懐中電灯を片手に外へ出てみることにした。

 

怖さも勿論あったが、実害は今のところ無いし、恐怖心よりも好奇心の方が勝ったからだった。

 

しかし、これがいけなかった。

 

外に出るとやはり昨日と同じで、1メートルちょっとくらいの“何か”が動いている。

 

懐中電灯の灯りを向けようとすると、それはそのまま隣の別荘へとスッと入っていってしまい見えなくなった。

 

居なくなった方へ行くと、別荘の鍵は掛けたはずなのに、なぜか玄関のドアが開いていた。

 

とにかく、ここにこうしている訳にも行かないし、なにより鍵を閉めたはずなのに開いているのは事実なのだから、俺達3人は目配せすると、中に入って確認する事にした。

 

中に入ると、元からカビ臭い建物ではあったのだが、それ以外に何か生臭いような変な臭いが立ち込めている。

 

異様な雰囲気の中、俺は廊下の電気を点けようとスイッチを探してある事に気が付いた。

 

玄関の横、靴箱の上の壁に、花瓶が死角になって今まで見えていなかったのだが、明らかにそれと分かる“御札”が貼ってある。

 

電気を点けて調べてみると、そこだけではなく廊下の天井にも同じ御札が貼ってあるのが分かった。

 

俺達は、「やっぱそういうことかよ・・・」と顔を見合わせた。

 

するとその時、廊下の曲がった方の奥、あの瀕死の猫がいた辺りから、『ギィ・・・』と扉が開く音がした。

 

あの先には、鍵が掛かって開かなかった扉しかない。

 

そして、廊下の曲がり角から『ベチャ・・・ズズ・・ベチャ・・・ズズ・・』と何かを引き摺るような気持ちの悪い音がしてきた。

 

俺達は完全にビビってしまい、何も喋れず動けずその場で立ち尽くしていると、廊下の角からこちらを何かが覗き込んだ。

 

俺達は息を呑んだ。

 

それは、人間の子供くらいの大きさの“日本人形”だった。

 

日本人形の首だけが、無表情に廊下の角からこちらを覗き込んでいる。

 

俺「・・・え、ちょ・・・」

 

俺は、声にならない声を出しながら後退りし始めた。

 

安藤と馬場の2人も同じで、あまりにも不気味な光景に後退りしている。

 

人形は一度首を引っ込めると今度は体全体が廊下に出てきたのだが、その姿は身の毛もよだつという言葉がまさにピッタリくる異様さだった。

 

上半身は和服を着た大きめの日本人形なのだが、下半身は何か真っ黒なベタベタしたヘドロのような物体に埋まっている。

 

引き摺っているように見えたのは、そのベタベタした黒い物体の後ろの方だった。

 

その黒いヘドロのような物体は、まさに俺達が昼間に見たそのものだった。

 

人形は尚もこちらに近付いて来る。

 

そして近付くにつれて、鼻をつくような生臭さが漂ってくる。

 

俺達は尚もズルズルと後退りし玄関から外に出たのだが、その時に俺はある事に気が付いた。

 

動揺していてそこまで気が回らなかっただけだと思うのだが、この人形、何かを歌いながら近付いて来ている。

 

耳を澄ますと、民謡の手毬歌(てまりうた)のような、でも良く聞いてみるとお経にも聞こえる。

 

不思議で不気味な詩の歌を歌いながら近付いて来ている。

 

かなり近くで聞いているはずなのだが、何故だか詞が分からない。

 

後退りして道の辺りまで出た時、「おい、やべーよ!」と、馬場は俺と安藤に森の方を見るよう促した。

 

森の方を見ると、あちこちの藪がガサガサと揺れている。

 

何か沢山の物がこちらに近付いて来るようで、その数はどんどん増えてきている。

 

さらに、そのガサガサという音に混じって、人形が歌っているのと同じ詩の歌があちこちから聞こえ始めた。

 

俺「やべぇよ!逃げるぞ!」

 

俺は大声で2人に言い、そのまま全力で道を走り出した。

 

俺達はそのまま全力で息が切れるまで走り続けた。

 

おそらく1キロメートルくらいか。

 

さすがに疲れた安藤が「ちょっと待って!」と、俺と馬場を呼び止め、その場にへたり込んだ。

 

安藤は息を切らしながら、「勢いで逃げて来たけど、どうすんだよ。俺達の荷物も置いたままだぞ」・・・と。

 

それに続いて馬場も、「訳も分からず逃げて来たけど、これからどうするんだ?」・・・と。

 

俺は2人に、「でも、これからまたあそこに戻るのか?」と訊くと、2人して無言で首を横に振った。

 

その時、森の中からまたあの歌声が聞こえてきた。

 

馬場が真っ青な顔で、「あいつら追って来やがった!」と大声で叫んだ。

 

俺達は疲れていたが、それでもそこに居るわけには行かず、再び真っ暗な山道を全力で走り出した。

 

それからさらにどれだけ走ったか分からないが、ドライブインらしき所に辿り着いた。

 

勿論、こんな時間にやっている訳がないのだが、それでも安心した気分になったのは確かだった。

 

そして、俺はふと携帯を見ると、なんと電波を示すアンテナが立っている。

 

俺は、貰った名刺の電話番号に急いで電話をしたのだが、さすがにこの時間では電話は繋がらなかった。

 

すると安藤が、自分の携帯でどこかに電話をし始めた。

 

安藤は電話越しに何かのやり取りしていたが、しばらくすると「とりあえず来てくれるって」と力無く答えた。

 

どこに電話したのか訊いてみると、どうやら警察らしい。

 

それから30分ほど、俺達はまたあの人形が追って来るんじゃないか、歌声が聞こえてくるんじゃないかとビクビクしながら待っていた。

 

すると、回転灯を回したパトカーがやって来た。

 

パトカーを見た時、俺はこれからどう事情を説明したものかとか考えるよりも先に心底ほっとして、その場にへたり込んでしまった。

 

何か完全に緊張の糸が解(ほぐ)れたという感じだった。

 

パトカーに乗せられ、俺達はとあえず近場のビジネスホテルまで送ってもらえる事になった。

 

道中に事情は一通り話したのだが、当然のように全く信じてもらえず、最終的には”単なる見間違い”という事にされてしまった。

 

まあ仕方無いと言えば仕方無いが・・・。

 

ホテルの前で降ろしてもらい、警官にお礼を言って見送った後、俺達は重大な事に気が付いた。

 

財布を別荘に置きっ放しだった・・・。

 

結局、俺達は日が高くなるまで近場の公園で野宿する事にした。

 

翌朝、名刺の番号に電話をして事情を話すと、初日に駅へ迎えに来たおじさんが、血相を変えて大急ぎで公園まで迎えに来てくれた。

 

おじさんは車の運転中に、「ほんとごめん。ちゃんと事情くらいは話しておくべきだったね・・・。とりあえず事務所で全部話すから」と、平謝りに謝り続けたので、俺達は何か気まずくなってしまい怒るに怒れなくなってしまった。

 

事務所に着くと、どうも先に誰かが俺達の荷物を取りに行っていたらしく、あと20分ほどで荷物を持って戻って来るらしいとの事だった。

 

そして、おじさんが事情を話し始めた。

 

予想通りというかなんというか、あの2軒の別荘は、あの“日本人形”が出てくるようになったので持ち主が手放してしまった物件らしい。

 

そして、取り壊す事になって荷物を運び出し始めたところ、次々と“怪現象”が起こった。

 

しかも、噂が広まってしまった為、近場の人は誰もあそこで作業をしてくれなくなってしまったのだという。

 

それが1年前の事。

 

それで困ってしまい、近所のお寺に相談し、結構なお金をかけて御祓いをし、もう大丈夫だろうという事で、地元から離れたうちの大学に求人を出したというのが事の顛末だった。

 

そうして俺達が“まんまと引っかかった”というわけだった。

 

おじさんの話によると、元は昼夜問わず怪現象や人形が目撃されたらしいが、御祓い以後は、昼間に行っても何も起きなかったので、もう大丈夫だと勝手に思い込んでいたらしい。

 

その結果が今回の事件な訳だが・・・。

 

「ほんとごめんね。給料は4日分全部払うし、交通費も今から払うから」

 

おじさんはやたら腰が低いので、俺達はもう何か完全に肩透かしにあってしまい、それに怒る気も起きず、4日分のバイト代と帰りの分の交通費を貰って帰る事にした。

 

最後に、俺はおじさんに一つ質問をした。

 

俺「おじさん、結局あの人形は何なの?」

 

すると、おじさんはこう答えた。

 

「さあ?」

 

(終)

The post まんまと引っ掛かった夏休みのバイト 2/2 appeared first on 怖いもん通信.

まんまと引っ掛かった夏休みのバイト 1/2

 

去年の夏休みに経験したバイトの話。

 

去年の夏休み前、俺と友人の安藤と馬場が大学構内の掲示板を見ていると、変わったバイトの募集チラシがあった。(名前は仮名)

 

その内容は、『日給8000円、避暑地の別荘の引越し作業、3泊4日の泊り込みで食費と交通費は別途支給』というものだった。

 

俺「これ、結構おいしくね?」

 

安藤「チラシの感じだと宿泊先もこの別荘だよな?楽そうだし電話してみね?」

 

馬場「別荘地で過ごせて金も貰えるのか!おいしいじゃん」

 

・・・と、3人してノリノリで、大して深く考える事もなく、早速連絡先に電話してみる事になった。

 

電話をすると、そこは別荘地の管理事務所のような場所で、なぜか俺達は面接も何も無しに“即採用”された。

 

この時に、少し怪しいと感じるべきだったのかも知れない・・・。

初日の夜に異変は起き始めた

当日、俺達は早朝に出発し、午前中のうちに待ち合わせ場所の最寄り駅に到着した。

 

到着すると既に迎えの車が待っており、中には人の良さそうな40代くらいのおじさんが乗っていた。

 

道中、おじさんが色々と作業内容などを説明してくれた。

 

場所は別荘地からは少し離れたところにある2軒の別荘。

 

老朽化と立地の悪さから持ち主が手放す事になり、どうせ買い手も付かないだろうという事で、取り壊すために中の物を全て運び出すという事らしい。

 

ちなみに、荷物の受け取りに毎日夕方にバン(車)が来るが、作業そのものは俺たち3人だけでやるとの事だった。

 

それと、食事はそのバンが毎回持って来てくれるので気にすることはないという。

 

別荘は2軒とも、電気やガスに水道も繋がっている。

 

携帯の電波は届かないが、備え付けの電話があるので不便は無い、との事だった。

 

また、俺達の寝床はどこでも好きな部屋を使って良いらしいが、後々運び出す事を考えると、入り口近くの方が良いんじゃないかとも言っていた。

 

今から考えると、それは”完全隔離状態”になるのと同じ事で相当怪しいのだが、当時の俺達は全くそこまで頭が回らなかった。

 

別荘に到着した時、俺達3人はちょっと引いてしまった。

 

老朽化していると聞いていたが、予想よりもかなり古いし荒れている。

 

2軒とも大きな建物で、普通の家と変わらない大きさのログハウス風なのだが、木の壁は黒ずんでいて日の当たっていない場所や下の方には苔(こけ)が生えている。

 

しかも、庭は何年も放置していたようで荒れていて、植木は枯れるか枝が伸び放題。

 

さらには雑草が生い茂り、あちこちに蔦(ツタ)が絡まっている。

 

俺達が立ち尽くしていると、おじさんが「ま、まあ外見はあれだけど中は結構キレイだよ」と、手前側の建物から中を案内し始めた。

 

なるほど、確かに外見と違い、中の方は小奇麗だった。

 

どうも先に少し片付けが進んでいたようで、玄関を入ると横には棚や段ボール箱が無造作に置かれている。

 

それ以外は特に気にするような物もなく、「別荘といっても普通の家と大して変わらないな」と思いながら室内の案内や作業の段取りの説明を聞いた。

 

次に、隣のもう一つの方の説明になったのだが、玄関を入ると少しカビ臭い。

 

それに、妙に陰気な感じもする。

 

おじさんは気にせず説明し始めたのだが、最後に1階の廊下の奥の方を見ながらこう説明した。

 

「あの奥はやらなくて良いよ。以前雨漏りしてね。それ以来、床がモロくなっていて危ないんだ。奥の部屋には大した荷物も無いし、そのまま取り壊すから」

 

ということらしい。

 

なるほど、カビ臭いのはそのせいか、と納得した。

 

一通りの説明が終ると、おじさんは俺達に名刺を渡し、「じゃ、よろしくね」と言い残して帰っていった。

 

初日は午後からの作業ということもあり、ある程度片付いている最初に説明してくれた奥側の建物の2階の荷物を1階に降ろす作業をした。

 

夕方にやって来たさっきとは別のおじさんのバンに荷物を乗せ、1日目の作業を終らせた。

 

俺達はカビ臭い方の建物に泊まる気はなかったので、さっき作業をした方の建物のリビングに寝泊りすることにした。

 

夕食をとって風呂に入ると、疲れていたこともあり早めに寝てしまった。

 

翌朝、朝食を食べていると馬場が変なことを言い出した。

 

馬場「昨日さ、夜に変な音とか聞かなかったか?」

 

安藤「変なって?」

 

馬場「いや、夜ちょっと目が覚めてトイレに行ったんだけどさ、その時に外から何かを引き摺(ず)るような変な音が聞こえてきたんだよ・・・なんか気味悪くてさ」

 

俺は、馬場が俺と安藤を怖がらせようとしてるんだなと思い、「またまた~」と笑いながら言うと、馬場は真顔で「ネタじゃねぇって!マジで聞いたんだって」と言い返してきた。

 

俺は予想外の返事にちょっと面食らっていると、「じゃあ、ちょっと作業の前に周りを確認してみるか?」と安藤が提案した。

 

飯を食い終わった俺達は、安藤の提案通りに別荘の周辺をちょっと散策してみる事にした。

 

周辺を散策してみたが、草が生い茂っていて先に進めない場所などもあったにはあったが特に何も無く、「動物の歩く音でも聞いたんじゃないか?」という馬場の意見で落ち着いた。

 

その日はそのまま奥側の建物の片付けをし、もう1日くらい掛かるんじゃないかと思ったが、意外と早くその日のうちに全て運び出せ、作業を完了することが出来た。

 

そしてその日の夜、隣で寝ている馬場が俺を起してきた。

 

馬場は安藤も起したらしく、「こんな夜中に何なんだよ!」と迷惑そうに訊くと、「耳澄まして外の音を聞いてみろ」と、馬場は小声で言った。

 

俺と安藤は「何なんだよ・・・」と思いながら聞き耳を立ててみると、『ズズ・・ズズ・・』と何かを引き摺るような音が聞こえる。

 

俺と安藤は顔を見合わせ、「・・・何あれ?」と馬場に訊いてみると、「俺に分かるわけねぇじゃん!だから言ったろ?」と返してきた。

 

動物の音にしてはなんだか規則的すぎるし、そもそもあんな音を立てるような動物は全く想像がつかない。

 

俺は少し怖くなってきていたが、「窓から外を確認してみないか?」と提案した。

 

安藤と馬場も怖かったみたいだが、音の正体は気になるので、窓の方へと3人で移動し、カーテンを少しずらして外を見てみた。

 

すると、もう一つの建物の玄関のところに“何か”がいる。

 

薄暗い月明かりしか無いので何なのかは良く分からないが、大きさ1メートルちょっと、子供くらいのサイズの”何か”がゆらゆらと揺れながら黒っぽいものを引き摺っているのが見えた。

 

俺達が声も出せずじっとそれを凝視していると、ソレは『ズリズリ・・・』と何かを引き摺りながら建物の影へと消えていった。

 

完全に見えなくなってから3分ほど過ぎた頃、「なんだあれ・・・」と安藤が声を発した。

 

俺「人・・・か?」

 

馬場「あんな小さい人って子供か?子供がこんな山奥に、しかも深夜にいるか?ありえねぇよ」

 

それもその通りだった。

 

じゃあ、あれは何なのか・・・。

 

安藤「一応、確認しに行くか?」

 

俺「いや、どうせ明日あっちの建物の片付けするんだし、その時にでも一緒に確認すればよくね?」

 

完全にビビっていた俺は、やたら早口に即答した。

 

他の2人も内心ではビビっていたらしく、全員がそうしようという事でその場は寝る事にした。

 

翌朝、疲れとは明らかに違う理由で俺達の足は重かった。

 

重かったが、さすがに今は昨夜のアレについて確認しないわけにはいかない。

 

俺達は近くに落ちていた棒を持ち、恐る恐るに昨夜アレがいた辺りの藪を突付き始めた。

 

しばらくそうしながら別荘の裏側の藪を調べていると、棒の先に何か柔らかい物が当ったのが分かった。

 

俺「おーい!こっちに何かあるっぽいんだが!?」

 

藪を掻き分けて見ると、それはヘドロ状というかなんというか、ドロドロしたなんだか良く分からない黒い色の物体。

 

良く調べてみると、そこにあるだけでは無く点々とあちこちに落ちていて、後を辿ると別荘の裏の壁にも『ベチャッ』という感じで貼り付いていた。

 

さらにその物体の跡を辿ってみると、どうも別荘の縁の下の方にも跡が続いているように見えた。

 

・・・が、それ以上は何も無い。

 

縁の下の方も見てみたのだが、入り口の辺りにドロドロした物体があるだけで、奥の方には無さそうだった。

 

俺達はなんだか妙に期待外れというのかグダグダになってしまって、微妙な空気のまま引越し作業の続きをする事にした。

 

昼過ぎ、2階部分がある程度片付き始め、「そろそろ休憩しとくか」と馬場と話していると、1階にいた安藤が「ちょっとこっち来てくれ」と俺達を呼んだ。

 

1階に下りていってみると、雨漏りがして床が腐っているという廊下の手前辺りに安藤は居て、俺達を手招きしている。

 

馬場「どうした?何かあった?」

 

安藤「この奥で何かガサガサと音がするんだが、何かいるんじゃねぇか?昨日のアレとか・・・」

 

安藤は真顔で言っている。

 

俺は一瞬ゾクッっとしたが、ビビっていることを悟られないように「じゃあ確認してみるか?」と、行きたくはないが廊下の奥の方へと歩いて行こうとした。

 

すると、奥の方から『ガサッ!ゴトッ!ガサガサ!』と、何かが蠢(うごめ)く音が聞こえてきた。

 

全員がビクついていると、「動物でも入り込んでんじゃねぇの?」と馬場が明らかに自信無さそうに言っている。

 

昨日の今日なので、さすがに怖い。

 

しかし、”確認して安心したい”という気持ちもある。

 

そこで、3人で勇気を振り絞り、薄暗い廊下の奥へと行ってみる事にした。

 

『ミシ・・・ギシ・・・』

 

床は湿気で相当モロくなっているらしく、歩く度にイヤな音がする。

 

それに、奥の方の『ガサガサ』という音も消える気配が無い。

 

それでも勇気を振り絞って進んでいくと、廊下の奥の暗がりに音の正体があった。

 

それは、腹の辺りからドクドクと血を流している猫だった。

 

まだ微かに生きているらしく、もがいて動き回るので『ガサガサ』と周囲に脚が当って音がしていたらしい。

 

俺達はそれを見た途端、叫び声を上げてその場から逃げ出した。

 

別荘の外まで逃げ出し、しばらく放心状態でいた。

 

安藤「あの猫、きっともう死んでるよな・・・何であんなところに・・・」

 

俺「そもそも何であんなところに大怪我した猫が?おかしいだろ」

 

馬場「とりあえず、もう一回確認に行った方が良くないか?」

 

確かに、あのままにしてはおけないので、俺達はもう一度廊下の奥へ行ってみる事にした。

 

・・・が、行ってみると、さっき猫がいた場所には何も居ない。

 

血らしいシミはあるのだがそれだけで、あれだけドクドク流れていた血すら無い。

 

お互い顔を見合わせ周囲を探してみたのだが、やはり居ない。

 

廊下の奥には扉が1つあったのだが、鍵が掛かっているらしくビクともせず。

 

そこに居るとも思えないので、俺達は一先(ひとま)ず戻る事にした。

 

俺達は訳が分からなかったし不気味だったが、作業は終っていない上に、もう日も高くなってきていたので、怖さを紛らわすように荷物を運び出す作業を始めた。

 

(続く)まんまと引っ掛かった夏休みのバイト 2/2

The post まんまと引っ掛かった夏休みのバイト 1/2 appeared first on 怖いもん通信.

山頂の廃墟別荘で肝試しのつもりが

 

今まで生きてきた中で一番怖かった体験を話したい。

 

もう10年以上前の出来事になるが、当時の俺は都内で学生をやっていた。

 

地元はとある田舎だが、その地元には気心知れた友人が何人かいて、休みになると地元に帰っては朝まで飲んだりナンパしたりコンパしたりと楽しい時間を過ごしていた。

 

そんな夏休みの最中だった。

人間は本当の恐怖を味わうと・・・

いつものように友人達と夜中に遊んでいて、引っ掛けた女達とカラオケをやって盛り上がっていたが、女達はカラオケが終わると「次の日バイトがあるから~」とかで帰ってしまった。

 

暇になった俺達は、誰ともなく「じゃあ、肝試しでもやんねぇ?」という話になり、山の上にある廃墟と化した別荘に行くことになった。

 

今だったら絶対に行かないが。

 

男だけで肝試しって何が楽しいやら・・・。

 

でも当時は車の免許も取ったばかりで、何をやるにも楽しかった。

 

その別荘は今では取り壊されてしまって無くなったが、地元ではかなり有名な所だったらしく、『誰それがそこで殺された』だとか『夜中に窓から女が覗いている』だとか、色んな噂が流れていた場所だった。

 

まあ、俺は特にそこで何があったのかとか全然知らなかったし、一緒に行く友人が4人もいたのでかなり余裕な感じで振舞っていた。

 

初めて行く場所だったし、怖さよりウキウキ感の方が強かったのだろう。

 

カラオケで大分時間を過ごしていたので、そこに到着したのはもう深夜0時を回っていた。

 

そして着いてビックリ・・・。

 

「なんでこんな山奥に別荘があるの?」という感じで、周りには何も無い。

 

試しに車のヘッドライトを消してみたら本当に真っ暗で、”暗黒”というのはこういうことを言うのだろうと思った程だ。

 

かなりビビってはいたが、仲間もいるし廃墟の中に入ってみることになり、皆でバリケードをブチ壊して中に。

 

中は埃とカビ臭く、割れたガラス等が散乱していて雰囲気を醸し出していた。

 

珍走団も来るらしく、”誰々参上”等とスプレーで書いてあり、そっちの方でもかなりビビっていた。

 

まあでも、俺はからっきしダメだが、友人の中には格闘技をやっている奴もいたので、かなり大人数じゃない限り襲われても平気かな、みたいな感じもあった。

 

幸い珍走団も来ず、しばらく廃屋の中で探検や何かを物色したり壊したりと、色々やって遊んでいたがしばらくすると飽きてしまい、俺達は車に戻った。

 

そして車に戻る際、運転手の友人がドアを閉めた時に肘がドアロックに当たり、偶然にも全ドアにカギが掛かった。

 

俺は助手席だったのでそれを見ていたが、後にこれが俺達を助けることになった。

 

その後はその場から離れず、エンジンをかけたまま車内で音楽を聴いたり会話を楽しんでいた。

 

しばらくすると山頂付近から光が見えた。

 

どうやら車らしい。

 

「こんな夜中に山から下りてくる車って何だよ?」

 

俺達にもちょっとした緊張が走る。

 

今まで散々不法侵入して遊び倒しているから逃げようかとも思ったが、何故かその時の車内の雰囲気が「友達同士舐められたくねぇ」みたいな感じで、誰も逃げようと言わなかった。

 

そして、あれよあれよという間に車が目の前までやって来た。

 

一本道だったので当然の成り行きだが、何故かその車はタクシーだった。

 

「今の時間に山頂で何を?」

「こんな山奥に何故タクシー?」

 

そう俺達は思った。

 

そのタクシーは俺達の車の数十メートル後ろで停車すると、後部座席から二人を降ろし、そのまま俺達の車を追い抜いて行ってしまった。

 

人が降りたので、「やべぇ、ここの別荘の持ち主か?」と思っていると、タクシーを降りた二人はしばらく俺達の方を見た後、ゆっくりとこちらに向かって来る。

 

しかも、一人は女らしい。

 

真っ赤なワンピースを着ている。

 

もう一人は明らかに男でスーツ姿だった。

 

年齢は全く分からないが40前後と感じた。

 

顔も暗くて良く見えない。

 

俺達は微妙に非現実的な出来事に、呆気に取られていたと思う。

 

そんな俺達をよそに二人は車に近付き、男が運転席側、そして女が助手席側に回り込むや、いきなりドアを引っ張りだし、物凄い勢いで俺達の乗る車の中に進入しようとしてきた。

 

「ヤバイ!!!」

 

先に述べた通り、偶然カギが掛かっていた為にドアは開かない。

 

でも彼ら二人はそんなのもお構いなしに、ドアを半端ないくらいガチャガチャとやっている。

 

ビビるしか出来ない俺達。

 

車も凄い勢いで揺れている。

 

正気に戻った誰かが「逃げろ!!」と叫ぶと、運転手の友人はすぐさま車を発進させた。

 

「うぉー!怖ぇー!!」

・・・・・・

・・・・・・

 

車の中は大騒ぎ。

 

気が付くと、皆が恐怖のあまり泣いていた。

 

近くのファミレスに車を止め、皆で「なんだったんだ、アレ?」みたいな事をギャーギャーと話した。

 

「一番涙目になってた奴は誰だ?」

「俺じゃねぇよ!」

「お前が一番涙目だったわ」

・・・・・・

 

俺は友人達がバカで明るい奴らで助かったと思った。

 

大分落ち着いてから格闘技経験者でイケイケの友人に、「なんでお前出て行かなかったの?」と訊いてみた。

 

こいつはかなり気性が激しい奴なので皆が不思議がったのだ。

 

ちなみにこいつが運転手。

 

そいつはドリンクを飲みながら一言。

 

「たぶん俺じゃ勝てないから・・・」

 

「おぉ?いつも自信満々なのに今回はえらく控え目だねぇ」

 

誰かが茶化す。

 

するとそいつはムキになり、「あのさ、俺の車1トン以上あるんだよ?ドア引っ張るだけでなんであんなに車が揺れるんだよ。あいつら力半端ねぇよ。・・・つか、お前らあいつらの顔、見てねぇのかよ?目がな、ヤバ過ぎてとても出て行けねぇって。だって黒目しかねぇんだもん。アレ、絶対人間じゃないよ」

 

男女の顔を良く見ていない俺達は、その言葉にガツンと落とされた。

 

彼は嘘を言うタイプの人間ではない。

 

そうしてファミレスで朝まで過ごした。

 

今だから言えるが、あの時に俺は涙は出なかったが小便が少し出ていた。

 

人間は本当の恐怖を味わうと、小便を漏らすことをその時に初めて知った。

 

(終)

The post 山頂の廃墟別荘で肝試しのつもりが appeared first on 怖いもん通信.