加害者

盗撮した加害者が「被害者」に? 「盗撮ハンター」について弁護士が警鐘

「盗撮ハンター」という言葉を聞いたことがあるだろうか? 卑劣な犯罪である盗撮を取り締まってくれる警察官などなら、ありがたい存在ではあるが、どうやら事情が違うらしい。

そこで、しらべぇ編集部は、盗撮ハンター問題にくわしいレイ法律事務所の河西邦剛弁護士に実情を聞いた。

 

Q.盗撮ハンターとは?

河西弁護士:街中で盗撮している人物を見つけて、「被害者は俺の彼女だ。警察に行くか、ここで示談金を払うか決めろ」などと言って、盗撮犯から示談金名目に金銭を騙し取る人たちのことを言います。

 

盗撮ハンターと呼ばれるのは、警察のような公的な存在ではなく、しかも金銭を騙し取る犯罪者たちなのだ。

しかし、盗撮している人自身が「盗撮という犯罪行為」をしているように思われるが、痴漢冤罪とは違うのだろうか。

河西弁護士:痴漢冤罪はあくまで「冤罪」なので、犯罪行為はしていません。他方、盗撮ハンターの被害者は自分自身が盗撮という犯罪行為をしていることになります。

 

Q.盗撮している人からお金をとる行為は犯罪?

河西弁護士:盗撮ハンターは、実際には被害者とは何の関係もないのに「被害者は俺の彼女で、今別の場所に保護している」と言ってくることがあります。しかし、これは嘘であり被害者の女性とは何らの関係もないわけです。

 

こういった騙して金銭を要求する行為は詐欺罪や、場合によっては恐喝罪になります。

 

実際に河西弁護士が担当した事件でも、お金を渡してしまった被害者がいるのか聞いてみると…

河西弁護士:警察に行きたくないあまり、多くの人はハンターにお金を渡してしまいます。心の中では「怪しいな…」と思いながらも、警察に行くよりはマシということでハンターにお金を渡す人もいますね。

親がこれだから! いじめ加害者の親がした最悪行動3選

(deeepblue/iStock/Thinkstock)

自分の子供がいじめの加害者になっても、我が子が可愛いゆえに擁護してしまうのが親心なのかもしれない。

そのため自分の子を守ることに必死で、いじめられた子にたいしてとんでもない行動をしてくる親もいるようだ。

しらべぇ取材班は、「いじめ加害者の親がした最低行動」を調査してみた。

 

①いじめられた子にも謝罪させる

「いじめに遭い、学校で保護者を含めた話し合いになった時に、相手の親が『あなたにも問題があったはず。だからうちの子だけじゃなく、お互いに謝ろうね』と…。

 

自分はいじめられた側なのに『ごめんね』を言い合うことを強要されて、言わされました。当時は小学生でしたが、子供心にすごく悔しかったのを覚えています」(男性・26歳)

 

②電話してきて個人的に問い詰める

「中学生の時にいじめに遭い、学校に相談。その話が先生側から、相手の保護者に通達されたのか、夜分遅くにいじめっ子の親から私の携帯に電話があり…。

 

そこで『うちの子はいじめてないって言っているけど? 証拠あんの?』と、問い詰められました。大人にキツい口調で責められて、怖かったです」(女性・30歳)

 

③子供がいじめをしたことに反省なし

「子供の学校でいじめで怪我をした子がいて、緊急の保護者会が開かれました。そこに加害者の父親が参加したんですが、社長をされているとかでかなり横柄な人。

 

担任の経緯説明には『これくらいでいじめだなんておおげさ』と反省はないし、被害者の両親には『治療費いっぱい払います』と笑いながら。同じ親としてムカつきました」(女性・38歳)

 

▪️いじめられた経験者は…?

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,365名に「学生時代のいじめ」について調査。その結果、60代は2割、そのほかの世代はおよそ4割が「いじめられた経験がある」と回答した。

「この親にして、この子ありだな…」と思われないためにも、子供がいじめをした時にはしっかりと教育したいものだ。

・合わせて読みたい→最強の味方! 学校でイジメられた時に親にされて嬉しかったコト

(取材・文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2016年4月22日~2016年4月25日対象:全国20代~60代の男女1,365名(有効回答数)

我が子でも許さない! いじめ加害者の親がした素晴らしい行動

(yongtick/iStock/Thinkstock)

近年は、自分の子供がいじめをしても「うちの子は悪くない」「相手の子にも問題があった」などと逆ギレをしてくる親も多いといわれる。

だが中には、我が子といえどいじめをする者を許さず、心を鬼にして子供にぶつかる親もいるようだ。しらべぇ取材班は、「いじめの加害者の親がした素晴らしい行動」を調査してみた。

 

①きちんと反省するまで学校へ行かせない

「小学校にいる娘のクラスでいじめが判明した時に、加害者の親が自分の子に『いじめは最低! ちゃんと反省するまでは学校へ行かせない!』と、激怒…。

 

口先的なものだと思っていたら、本当に3ヶ月ほど学校に来ませんでした。そして戻ってきた時にはきちんとおとなしくなり、いじめた子にもみずから謝罪を。

 

普通の親ならいじめたことを怒っても、勉強が遅れるのを気にして学校には行かせるのに、長期間休ませてでも反省させる決断をするってすごいな…と尊敬しました」(女性・33歳)

 

②いじめられた子のことを第一に考える

「子供が集団いじめに遭い、軽い不登校に。学校が聞き取りをしたら、いじめっ子の親は『うちの子はいじめたつもりはなかった』『こういう調査は子供の心によくない』と否定的。

 

でもその中でひとりだけまともなお母さんがいて、『うちの子がいじめをしたなんて申し訳ない。徹底的に調べてください』と、放課後も休日も、何度も子供を学校へ連れてきては調査を受けさせていました。

 

また我が家にも両親とお子さんで来て、謝罪をし、定期的に『息子さんの調子はどうですか?』と電話まで。いじめはしたけれど、この家のお子さんは立派な子に育つだろうと思いました」(女性・42歳)

 

▪️いじめられた経験者はこんなに多い!

しらべぇ編集部は20代~60代の男女1,381人に「過去に1度でも、いじめられたことがあるか」を調査したところ、約半数もの人が「ある」と回答。

自身の子供がいじめを楽しむような卑劣な人間に育たないためにも、子供がいじめ加害者になったら「絶対にしてはいけない」ということを、しっかり教えたほうがいいだろう。

・合わせて読みたい→いじめられていた女性が加害者と再会 興奮して泣き叫ぶ修羅場に

(取材・文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2015年10月23日~2015年10月26日対象:全国20代~60代の男女1,381名