加藤浩次

映画賞スピーチで涙した土屋太鳳 加藤浩次からの言葉が「名言」と称賛相次ぐ

(画像はInstagramのスクリーンショット)

18日に行われた『第9回TAMA映画賞』の授賞式で、本年度最も飛躍した女優、もしくは顕著な活躍をした女優に贈られる「最優秀新進女優賞」に、映画『トリガール!』など今年4本の映画に出演した女優・土屋太鳳が輝いた。

土屋が授賞式でのスピーチで、込み上げる思いから涙を流す一幕が話題となっている。

 

■「凸凹な心に…」スピーチで涙

土屋は、大きな花束を手にステージに上がると、今年の自身の活動を振り返りながら現在の心境について

「映画の扉を叩いてから12年。少しずつ必死にその扉をこじ開けた中で、たくさんの言葉に出会いました。温かい涙が心から溢れる言葉もあれば、冷たい何かが心をえぐる言葉もあって……。いつの間にか凸凹な心になっていましたけれど、ここに立てていることが本当に嬉しいです」

 

と、時折言葉を詰まらせ、目に涙を浮かべながらスピーチをした土屋。込み上げる思いを抑えながら、懸命にマイクに向かう彼女に、客席からは「頑張れ」という声と共に盛大な拍手が巻き起こった。

 

■加藤浩次が土屋にエール

20日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)では、土屋の「涙の理由」について取り上げられた。「冷たい、心をえぐる言葉」によって、「凸凹な心」になっていたと涙ながらに語った土屋。

そんな彼女を見て、「天の声」に扮する南海キャンディーズの山里亮太は「誰だ、そんな心無い言葉出した奴は。バカタレが!」と怒りを露わに。さらに、MCの加藤浩次は…

「凸凹になるということは、表面積が増えるということだから」

 

と、土屋に宛てて優しく語りかけた。すると、スタジオからも「なるほど」「名言だ」などと歓声があがり、他の出演者らも土屋を激励した。

 

■視聴者からも賞賛の声

土屋に宛てた加藤のコメントに、視聴者からも賞賛の声が続出。中には、加藤の言葉に「自分も救われた」という人も。

太鳳ちゃん泣きながらの「心が凸凹になってしまった。」に対して加藤さんが「でも凸凹になったって事は表面積増えてるって事だからね~」って言っててすごい、ほんとだ!その言葉で私も救われた感じする。すごい名言だと思う#スッキリ

— おちまさん (@otimusya_com) November 20, 2017

凸凹になるってことは、表面積が広くなるってことだから…

加藤さん、めっちゃ泣かせる良いコメントしたよ。太鳳ちゃんに届け!#スッキリ#土屋太鳳

— め~にゃん (@memetouma) November 20, 2017

ねぇちょっと素敵。スッキリの加藤さん!凸凹になった心は、デコボコになると面積が増えるからその分プラスになるみたいな事言っててキュンとした♡心の痛みを知ると、その分優しくなる。#スッキリ

— ぐりーん (@106405mix) November 20, 2017

人間関係において、些細な言葉に傷き、土屋と同じく「凸凹な心」になってしまった経験のある人は、決して少なくないはず。加藤の言葉は、土屋のみならず多くの人々の心に響いたようだ。

表面積が増えて、より表現力豊かに、そして優しく美しくなった土屋の、更なる活躍を期待したい。

『めちゃイケ』来春終了発表で22年の歴史に幕 岡村隆史も思わず「リアルなやつですか」

伝説のお笑い番組『オレたちひょうきん族』から継承、フジテレビ土曜20時のバラエティ枠を支えてきた『めちゃ×2イケてるッ!』(めちゃイケ)が、22年の歴史に幕を下ろす。

4日放送回で来春終了を発表。メインキャストのナインティナイン・岡村隆史(47)も驚きを隠せなかった。

(画像は岡村隆史Instagramからのスクリーンショット)

 

■終了報告に困惑

SMAPやEXILEと共演を果たし、話題を振りまいてきた人気企画・岡村オファーがきましたシリーズ。第15弾となる三浦大知(30)とのダンスパフォーマンスも大きな反響を生んだ。

「自己採点は100点」と満足感をのぞかせた岡村は、オファーシリーズに関して「年を追うごとに会場の反応が変わってきた。こんなに笑ってくれるんだ。楽しかった」と感想を口にする。

過去を振り返る岡村に、ここでスタッフから「『めちゃイケ』が来週で終了する」と発表。余韻に浸っていた岡村は「リアルなヤツですか? ビックリしてますけど…」と困惑を見せた。

 

■岡村「後悔はない」

「僕自身も整理できていないけど…。今回のオファーは取り憑かれたように練習した。それは、笑いの神様が『(後悔しないように)やっとけ』って。僕の意思よりも、笑いの神様が勝手にやらせていたのかもしれない」

 

少しずつ事態を把握しながら、岡村は想いを口にする。

「今回のオファーをやり切ってよかった。(これまでの道のりを振り返って、忘れ物や後悔は)ありませんね」、そう締めくくる岡村に「終了までの半年間であるプロジェクトを始めたい」と相談、快諾した。

「メチャクチャにされたい」 欲求不満の鈴木奈々、あの芸人との不倫願望を告白

芸人顔負けのリアクションやハイテンションなぶっちゃけトークで人気を博す、タレントの鈴木奈々(29)が、20日深夜放送『有吉ジャポン』(TBS系)に出演。

欲求不満気味だと明かし、「プライベートで初めて遊んだ芸人」「もし不倫するならあの芸人」と赤裸々に告白し、話題となっている。

(画像は鈴木奈々公式Instagramからのスクリーンショット)

 

■初めてプライベートで遊んだ芸人は?

番組では、ギャランティを女性に支払う飲み会「ギャラ飲み」を特集。鈴木は「ギャラ飲みはない。あまり男性と遊ばない」としながら、「初めて男性芸人と遊んだ」と告白。

鈴木が遊んだのは、出川哲郎(53)とロッチ・中岡創一(39)。有吉弘行(43)らが「チームドッキリのメンバー。ロケだろ」とはやし立てる。

お互いのリアクションを褒めあったそうだが、「男性としてどうか」尋ねられると「無理。キモイ」と切り捨てた。

 

■あの芸人に連絡先を聞かれた

結婚4年目の鈴木は「たまには遊びたい。口説かれたい」本音をポロリ。

連絡先を聞かれたことのある芸人として、この日も隣に座っていた平成ノブシコブシ・吉村崇(37)と暴露。「昔はカッコよかったのでうれしかった」と当時の心境を語る。

しかしその後、「勝手に楽屋に入ってきたり、濡れた股間を見せてくる」吉村に幻滅。「今はすっごく嫌い」と告げた。

加藤浩次、子供のいじめ原因に「親が悪い」「親も絶対に連帯責任」

(画像はTwitterのスクリーンショット)

今も消えぬ学校のいじめ問題だが、いじめた子供だけでなく、その親も責任があるとの意見もみられる。

20日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)での極楽とんぼ・加藤浩次(48)の発言が話題を呼んでいる。

 

■いじめた子供の親が責任

子供のいじめ問題について番組では、アメリカ・ニューヨーク州のノーストナワンダ市で1日に施行した条例をとりあげた。

その内容とは、子供がいじめを行った場合、その親が罰金、または勾留されるというもの。16歳未満の子どもが90日間にいじめを2度行った場合、その親が250ドルの罰金、または15日間の拘留を科せられるようだ。

この条例について、番組ではアンケートを実施。賛成が3万1,109票、反対が1万1,913票との結果になった。

 

■いじめの原因は家庭内にあると主張

スタジオでも意見が割れる中、賛成派の加藤は持論を展開。「いじめる側といじめられる側。これは明らかに(責任が)100対0です。いじめられてる側はひとつも悪くない。いじめてる側が100%悪い」と断言した。

さらに、いじめが起こる原因について「家庭の中で『いじめがOK』のような会話がすすんでいる」と主張。「あそこのママ、だめよ」といった、両親たちの悪口を子供が聞く環境こそ、子供が学校で悪口を言う原因、そしていじめに発展するきっかけになると推測した。

そして、「そういう意味で親も絶対に連帯責任だと思う。親が悪いと思う、小さい頃はね。中高とかなった時には子どもの意思は働くのかもしれないけど」と語った。

LINEで異性に「ウソの告白」 中学生らの悪戯に加藤浩次「許しません!」

(maroke/iStock/Thinkstock)

突然、異性からLINEやメールで告白を受けたら…? 今、中学生たちの間で、人の気持ちを弄ぶ、笑えない罰ゲームが流行しているという。

4日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)では、現在中学生たちの間で流行しているという「ウソ告」なるものを特集。そのあまりにも悲惨な事態に、MCの加藤浩次が熱弁を奮う一幕が。

 

■「ウソ告」はほとんど罰ゲーム

同番組が取り上げた「ウソ告」とは、異性の友人にLINEでウソの告白をすることで、そのほとんどが遊びで負けたときの「罰ゲーム」なのだそう。

そんな「ウソの告白」が流行した結果、「(LINEなどでの)本当の告白が信じてもらえない」といった弊害も発生している模様。この事態に加藤は、「LINEでの告白は全部ウソ! 中高生でLINEで告白されたら全部ウソだと思えばいいんだよ」と一刀両断。

さらに、2人の娘の父親でもある加藤は…

「面と向かって告白してこない男の子なんて、私は許しませんよ! 娘の親として許しませんよ!」

 

と、声を荒げ、カメラに向かい真剣に訴えた。

 

■ネットからも怒りの声

人の心を弄ぶ「ウソ告」が、思春期真っ只中の中学生たちの間で流行している実情について、ネット民からも怒りの声が相次いでいる。

ウソ告だと?今時の中学生はしょーもないことが流行ってんなぁ(笑)何が楽しいんだか🤷‍♀️そもそも告白はLINEでするんじゃないよ‼︎せめて手紙にしなさいよ‼︎ 笑。#昭和女

— chiharu396 (@chihacchaaaan) October 4, 2017

中学生でウソ告(罰ゲームで告白)が流行ってるらしいけど、相手がウソ告によってストーカーに発展して自分が被害者になったとしても自業自得だから誰も守ってくれない。と、教えるべき。だって人の痛みに鈍感なんだから、自分に被害があるよって言わないと聞かないよ #スッキリ

— 山羊子 (@ARARE15) October 4, 2017

思春期にLINEでウソ告なんてされたら性格が性格だったら、その後の人格成形に大きく影響を与える。女にはそいつのその後の人生を狂わせるほどの覚悟があるのか?これは殺人と同義だよ。

— TMDくん (@tmDtech_nolife) October 4, 2017

中学生の年代と言えば、友人や家族など、周囲の人との関わりから、人間関係において大切なことを学んでいく時期。

そんな子供たちの間で悪質な行為が流行することに、「本当の告白が信じてもらえない」よりも深刻な弊害が潜んでいる可能性を指摘する声も。

 

■湘南乃風・SHOCK EYEも言及

同番組の「ウソ告」特集について、湘南乃風のメンバー・SHOCK EYEも、ツイッターで言及している。

ウソ告なんてやめなさいよw#スッキリ

— SHOCK EYE (@SHOCK_EYE_) October 4, 2017

『純恋歌』や『睡蓮花』など、恋愛をテーマにした数々のヒット曲を生み出している湘南乃風。人々の恋愛やそれによって生じる様々な感情に向き合ってきた彼にとって、「ウソ告」が流行する現状を嘆かわしく思ったのかもしれない。

こちらのツイートには、ファンから賛同のコメントが多数寄せられている。

・同じ番組見てます! ウソ告は絶対ダメ。もし、好きな人なら傷つくし、トラウマになる

 

・私もそう思いました! ウソ告、キツいわ…

 

・スッキリ見てビックリです。そんなことが流行っているなんて。ウソ告白もですが、LINEで告白もビックリです。時代なのでしょうか? 41歳のおばちゃんには理解できません

 

女性ファンからの「もし自分がウソの告白をされたら、きっとトラウマになる」といった声も多く見られる。

意中の相手に思いを告白する…そんな尊いことを、面白半分で「罰ゲーム」にしてしまう。それによって、相手がどれほど傷ついてしまうのか、「若気の至り」では済まされない。

・合わせて読みたい→近藤春菜も激怒 高橋真麻の「罰ゲーム扱いされた過去」が酷すぎる

(文/しらべぇ編集部・もやこ

近藤春菜も激怒 高橋真麻の「罰ゲーム扱いされた過去」が酷すぎる

(画像は公式ブログのスクリーンショット)

10月1日の放送より、日本テレビの水卜麻美アナが加わったことで話題となっている情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)。

そんな、水卜アナがデビューする記念すべき1日の放送で、フリーアナウンサーの高橋真麻が、衝撃的な体験談を告白し、ネットが騒然となっている。

 

■「罰ゲームのネタ」にされた過去

同番組が行った「衝撃を受けた男性の告白」という街頭インタビューで、半年間交際していた彼から、ある日「じつは罰ゲームとして、(あなたに)告白したんだ」と告げられたエピソードを語った女性が。

これを見た真麻アナは、自分も高校時代に同じような経験をしたことがあると切り出した。女子校に通っていた真麻アナは、ある日他校の男子生徒から、電話で突然告白を受け、交際を申し込まれたという。

これが、人生で初めての異性からの告白だったという真麻アナは、彼との交際を真剣に考えたそうなのだが、後日その告白は「罰ゲームだった」と告げられてしまったのだそう。

真麻アナは「腹が立ったというより、ショックのほうが大きかった。恋愛のトラウマになってしまった」と当時の心境を明かした。

 

■近藤春菜も激怒

真麻アナのエピソードを聞いて声を荒げたのは、ハリセンボンの近藤春菜。「人を傷つけるような罰ゲームは絶対ダメ」と力強く訴え、「罰ゲームはすっぱいジュースを飲むだけで充分」とした。

また、極楽とんぼの加藤浩次は、高校時代に思いを寄せていた女性について、彼女と同じ中学校出身の友人に相談していたところ、後日友人から「俺、(彼女と)付き合ったから」と伝えられたことがあったのだそう。

これについて加藤は「あれはショックだった、失禁したもんね」とコメントし、笑いを誘った。

狂犬・加藤浩次が怖い? 『スッキリ』新レギュラー・水卜ちゃんが本音激白

お昼の人気バラエティ『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)を卒業、朝の情報番組『スッキリ』に出演する、人気女子アナウンサー・水卜麻美(30)が、『おしゃれイズム』にゲストとして登場。

『ヒルナンデス』への想いと『スッキリ』への意気込みを語った。

(画像は『ヒルナンデス』公式Instagramからのスクリーンショット)

 

■『ヒルナンデス』を卒業

水卜アナにとって、6年半出演した『ヒルナンデス』は全てだった

最後の1週間は彼女の想いに応えるように「水卜ちゃん卒業スペシャル週間」と題して水卜アナを中心に番組は進行、放送中に何度も涙ぐむシーンがあった。

『ヒルナンデス』卒業後、すぐに『おしゃれイズム』の収録に来たという水卜アナは最後に「一生分、号泣した」と語りながらも、「いっぱい食べたこと」が一番の思い出だと周囲を笑わせた。

 

■狂犬・加藤浩次が怖い?

『スッキリ』の司会・加藤浩次(48)との共演はほとんどなく、「一視聴者として狂犬のイメージが強い。勝手に怖いって(思っている)」水卜アナ。

くりぃむしちゅー・上田晋也(47)は「スッキリの加藤さんはそんなことない」とツッコんだが、そんな「怖い」加藤に、「週に1回は言い返す」ことが水卜の裏テーマ。

「議論が白熱した方がいろんなものが生まれる。もし、『何が?』と言われたら『申し訳ありません』と言う準備は出来ている」と、若干、後ろ向きな決意も語った。