勉強

ロンブー淳、フィリピン留学で英語力強化 「受験生のやり方でない」と指摘も

(画像は田村淳公式Twitterのスクリーンショット)

今年9月に『偏差値32の田村淳が100日で青学一直線~学歴リベンジ~』(AbemaTV)で青山学院を受験することを報告したロンブー淳。そこでは、これまでずっと学歴コンプレックスを抱えてきたために受験を決意したと話していた。

今受験勉強真っ只中の敦だが、あることが波紋を呼んでいる。

 

■英語力向上のためにフィリピンへ

それはツイッターに投稿された1枚の写真。そこには日本ではない、雰囲気漂うドラックストアの前で美女の等身大パネルと一緒に楽しそうに映る敦の姿が。

フィリピンに短期語学留学中モールで実践的な英語を教わってたら、シルク姉さんが!近づいたら別人でしたフィリピンの人たちはとても朗らかで居心地が良いです。特に「CNE1」のフィリピンの先生たちはとても丁寧に優しく教えてくれます。英語が大嫌いだっのが大好きになりました pic.twitter.com/VPpMMRGjbk

— 田村淳 (@atsushilonboo) October 20, 2017

この留学は2日間という短い期間であったが、人の優しさに触れ、とても充実した留学であったことを感じさせる1枚である。

 

■受験勉強で留学の意味はあるのかと指摘

受験勉強経験者は、こんな指摘をした。

・金にもの言わせていい講師雇ったり、留学行くのはいいけど実践的な英語とペーパーテストの英語は違うよ? 時間ないのに留学する意味少ないやろ。

 

・受かるとしたら元から英語ができたとか、そういうことでしょ 青学を舐めている

 

・受験で勝つ事を目的に英語の戦略を考えた場合、やはり英語を話せる人と会話するよりも学術的な手段がより有効だと思います。

 

あと90日しかないなか、「たった2日の短期留学の意味があるのか」「受験勉強には英会話は関係ないのでは」「ペーパー試験には必要ない」と厳しい指摘が経験者から見られた。

 

また、青学を舐めているのではないかという怒りの声もあがった。時間をかけて努力した人には、本来の受験生らしからぬその淳の英語の勉強方法は腑に落ちないようだ。

カフェで長居 学生で4割…お店の回転率を下げているとの声も

(©ぱくたそ)

コンセントを設置するなど、長時間の利用に対応しているカフェも増えている。

そこでしらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,348名に「カフェの利用について」の調査を実施。

その結果「ひとつの注文で3時間以上カフェにいたことがある」と答えた人は、全体で22.1%であった。

 

■女子はカフェでおしゃべり

性年代別では、ほとんどの年代で男性よりも女性のほうが高い割合になっている。

中でも、20代から30代の女性では3割を超える多さである。

「友達と話していると、気づかないうちにそれくらいの時間が経っている」(20代・女性)

 

女性のおしゃべり好きが、結果にも影響しているようだ。

 

■学生はカフェで勉強

世代間では男女ともに、20代が多い割合である。職業別で見ると、学生が4割近くもいることがわかる。

カフェで長居をするのは、学生ならではの理由がある。

「テスト前とか、カフェで勉強したほうが家より集中できる」(20代・男性)

 

「友達と一緒にカフェ行って、勉強しながら息抜きに話す感じ」(20代・女性)

 

休日のカフェで学生が勉強をしているのは、よくみかける光景だ。

 

■混雑時は譲り合いが重要に

カフェを活用している人がいる一方で、あまり長居を歓迎しない声もある。

「席がないほど混雑しているのに気にせず居座っている人は、お店の回転率を下げているだけだと思う」(30代・男性)

 

自分も仕事でカフェをよく利用する人は、譲り合って使うことが必要だと語る。

「長居をする場合はせめて人が少ない時間に行き、混雑してくると出るくらいの配慮はしたほうがいい」(30代・女性)

 

回転率が低いために、お気に入りのカフェがなくなってしまうのはつらいこと。客側のちょっとした気遣いも、大切にしたい。

・合わせて読みたい→スタバでMacを笑う人に反論「仕事をしているだけなのに…」

(取材・文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2017年8月25日~2017年8月28日対象:全国20代~60代の男女1,348名 (有効回答数)

「勉強でイライラしていたから放火」 兵庫の中学生に怒りの声

(Wavebreakmedia Ltd/Wavebreak Media/Thinkstock)

人生で最も多感な頃といえば、思春期の中学時代という人が多いだろう。「大人になりかけ」な時期だけに、良くも悪くも些細なことに反応してしまう。

愉快なことには心から楽しめる反面、上手くいかないことが続くと、フラストレーションが溜まりやすい。大人と違い、上手な発散方法を知らないこともあるだけに、ありえない方向に進むことも。

そんな中学生が、恐ろしい事件を引き起こした。

 

■すだれが燃える事件発生

事件が発生したのは、兵庫県播磨町。10日午後8時55分頃、民家の「すだれ」が燃えているところを住民の女性が発見。ただちに消化したため、住居に燃え広がることはなかったが、一歩間違えれば大惨事になるところだ。

現場付近では2月頃から約10件の不審火が発生しており、警察が警戒していた模様。捜査の結果、同町に住む14歳の中学生が捜査線に浮上し、逮捕された。

取り調べに対し少年は、容疑を認めているほか、連続不審火についても、関与をほのめかしているという。

 

■動機に怒りの声

14歳の少年がなぜ放火という重大犯罪に走ったのか? 犯行の動機について中学生は、「勉強でイライラしていたので気晴らしのつもりでやった」と供述しているという。

その身勝手な動機に、ネット民から厳しい声が。

「放火は常習性がある。この少年が更生するとは思えない」

 

「凶悪犯罪なのだから、厳しく罰するべき。現在の少年法では限界がある」

 

「親は何をしていたのか。親の責任が大きい」

 

「イライラするなら勉強なんかやめればよかったのに」

 

「人に迷惑をかけるな」

 

 

■大人はイライラしたらどうしている?

大人でも仕事や私生活が上手くいかず、イライラすることはある。そんなとき、どのように発散しているのだろうか?

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,357名を対象に「イライラしたときの行動」を複数回答で調査したところ、もっとも多かったのは「物にあたる」となっている。

ある程度年齢を重ねた人間でも、物にあたりたくなることもある。しかし、犯罪行為に走る人は極稀でであり、民家に火をつけるなどという行動は、許されるものではない。

逮捕された少年が深く反省し、更生することを願いたいものだ。

・合わせて読みたい→「裏では性格が悪そうな芸能人」ランキング 1位の美人女優にスタジオドン引き

(取材・文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年6月2日~2017年6月5日対象:全国20代~60代の男女1357名(有効回答数)