動物

地球上で最後の1頭となったオスのキタシロサイの画像が物語る「絶滅」

Filed under: , , ,

地球上で最後の1頭となったオスのキタシロサイの物悲しげな様子の写真が研究者のソーシャルメディアでシェアされ世界中に拡散、「絶滅」とはこうことだと世の中に知らしめた。 生物学者のダニエル・シュナイダー氏が自身のツイッターに投稿したサイのスーダンの画像は、去る4月、彼に伴侶を見つける世界的キャンペーンで使われたもの。その姿はケニアのオルペジェタ自然保護区の囲いの中で完全に落ち込んだ様子だった。 シュナイダー氏は以下のように投稿している。

Want to know what extinction looks like? This is the last male Northern White Rhino. The Last. Nevermore pic.twitter.com/o4obIQUpaR

- Daniel Schneider (@BiologistDan) 2017年11月6日 「絶滅とはどういうことなのか? これが最後のキタシロサイの姿だ。これが最後、次はもうない」 スーダンは現在、同自然保護区で同種の2頭のメス、ファトゥとナジンと暮らしている。密猟者から保護するために、この3頭は武装した警備員により24時間体制で護衛されているのだ。 残念ながら44歳になるスーダンは高齢で精子の数が減っていることから、同居している2頭のメスとの自然繁殖には至らなかった。 種の保存を試みる研究者たちは、体外受精の技術開発を急いでおり、スーダンの子孫を残し、絶滅させないよう力を尽くしている。 オルペジェタ自然保護区では、このプログラムへの寄付を受け付けているので、協力したいという方は同保護区のサイトのキタシロサイのページをご覧いただきたい。 ■参照リンクhttp://www.aol.com/

Permalink

『めざましテレビ』肩乗りアニマル特集 注目は動物よりも「半裸の男」? 

(SStajic/iStock/Thinkstock)

14日に放送されたフジテレビ系情報番組『めざましテレビ』のコーナー「ココ調」では、人間の肩に乗ることが好きな「肩に乗りアニマル」を特集。ところがネットでは、動物よりも人間のほうに注目が集まっている。

 

■どうして肩に乗る?

今、名古屋市港区の名古屋港水族館で暮らす、飼育員の肩に乗るペンギンがかわいいと話題だ。そこで、番組では「肩に乗りアニマル」を徹底調査すると全国74の動物園にアンケートを実施すると、19の動物園に存在していることが判明。

なぜ、多くの動物が人間の肩に乗りたくなるのだろうか、動物研究家のパンク町田氏は…

「動物が本来持って生まれた『本能と行動』と小さい頃、人間に飼われたという要因がある『愛情』。動物が好きなもので誘導したり、肩に乗ったら喜ぶことをすれば、家庭でも動物を乗せることができる」

 

と、熱心に語った。

 

■動物よりも町田氏に…

ネットでは終始、上半身裸で取材を受けるスタイルや途中で動物に逃げられる町田氏に注目が集まっている。

肩乗りアニマルよりパンク町田の方が衝撃強すぎるwwwww#肩乗りアニマル#めざましテレビ

— のりひこ (@norihaaaan_orz) November 13, 2017

めざましテレビにいま出てた動物研究家パンク町田さん。インパクトが半端ない。

— 塩野利明 (@toshi_shiono) November 13, 2017

パンク町田氏を初めて知ったが、これはなかなかの……

— げんげん (@genchan1869) November 13, 2017

彼の強烈な姿に衝撃を受ける人が多かった。しかし、町田氏は世界中の動物と触れ合い、研究施設も運営する動物の達人であるということを忘れてはいけない。

 

■裸で生活することがある?

しらべぇ編集部では全国20~60代の男女1,400名を対象に「家では裸で生活することがある」か、裸族の傾向もあわせて調査を実施。全体の12.1%が裸で生活することがあるとわかった。男女別では13.5%、女性10.6%と差は少ない。

年代別で集計すると男性は年代によってばらつきがあるが、女性は20代で2割近く、年代と反比例して下がっていく傾向。若いほど「裸で生活をすることがある」割合が高くなる。

朝の情報番組で上半身裸のおじさんが登場したら衝撃が走るのは当然だ。しかし、動物と少しでも近づきたいという気持ちから町田氏は上半身裸のスタイルで生活してるのかもしれない。

ジェニファー・ガーナー、ペットのニワトリとのお散歩の写真をインスタグラムに投稿

Filed under: , , , , , , ,

米テキサス州出身のジェニファー・ガーナーが生粋の「南部生まれ」「南部育ち」である事は、よく知られている。 しかし、そんなジェニファーのファンも、先日、リードを付けて近所を一緒にお散歩するというペットのニワトリを紹介された時は、少々驚かされたようだ。

If there isn't a Chicken Lady Day 🐣, there really should be. Man, my life gets more exciting all the time. ----- Meet one of our ladies, 🐔Regina George. Regina loves long walks, dehydrated bugs, and kale. Regina hates....carbs. #shesanicechickenbutaMeanGirl #MeanGirlsthemovie #ithinkshehasaburnbook #cluckcluck

Jennifer Garnerさん(@jennifer.garner)がシェアした投稿 - 2017 11月 6 4:34午後 PST

「"チキン・レディ・デイ"っていう祭日が無いなら、絶対に作るべき。私の人生はいつも楽しい事の連続。この"レディ"の名前は、レジーナ・ジョージ。レジーナは長いお散歩や乾燥した虫とケールが大好き。そして、炭水化物が大嫌い。良い子だけど"ミーン・ガール(いじわるな女の子)"なの」 そう、レジーナ・ジョージといえば、レイチェル・マクアダムスが演じた、映画『ミーン・ガールズ』を代表するキャラクターだ。だが、こちらのレジーナ・ジョージは、「長いお散歩や乾燥した虫とケールが大好き」で「炭水化物が大嫌い」だという。 ジェニファー・ガーナーがインスタグラムを始めたのは、ほんの2ヶ月前の事だが、すでにちゃんと使いこなしているようだ。 ■参照リンクhttp://www.aol.com/

Permalink

犬の耳の中がトランプ大統領の横顔そっくりと話題!

Filed under: , , , , , ,

犬のビーグルの耳の中が、トランプ大統領の横顔にそっくりだと話題を呼んでいる。 北東イングランド在住の女性、ジェイド・ロビンソンさんは、2歳になる愛犬チーフの耳の中のできものを獣医に見せるため、寝ている間に写真を撮った。この写真を見た友人が、耳の内側がアメリカ大統領に似ていると指摘し、ロビンソンさんは写真をSNSに投稿。すると、瞬く間にネットで話題となった。

The moment you realise why your dogs ear hurts..... he has DONALD TRUMP IN IT!!!! 😂😂😂😂

Posted by Jade Robinson on Saturday, November 4, 2017 「愛犬が耳を痛がる理由が分かった。耳の中にドナルド・トランプがいた」 ロビンソンさんは、クラウドファンディングのJustGivingで愛犬のページを立ち上げ、獣医から適切な治療を受けられるための資金調達を始めた。 ロビンソンさんは、同サイトで次のように説明している。「ビーグルのことを知っている人なら、分かってくれるでしょう。ビーグルは賢く、活動的で、好奇心旺盛な犬で、チーフも例外ではありません。彼はとってもいたずら好きの子です・・・彼の耳はとても長いので、匂いを嗅ぐときに、地面をこすってしまいます。そのため、耳に汚れが溜まりやすいのです」、「昔から耳を清潔に保つために努力をしてきましたが、普通の耳掃除では間に合いません」。 「チーフは耳の内側を触られるのが嫌いなので、この写真は寝ている間に取りました。私はこの写真を20回以上も拡大、縮小して見ましたが、ドナルド・トランプを見つけられませんでした。鋭い友達が指摘して、初めて気づいたのです」 そして、見事、目標額450ユーロ(約5万9000円)が集まり、ロビンソンさんは資金提供者に対して感謝の意を述べている。

Thank you everyone 💙🐶🐾 pic.twitter.com/JmtUsI6fv5

- Jade Robinson (@JVR1992) 2017年11月12日 「皆さんどうもありがとう」 ■参照リンクhttp://www.justgiving.com/http://www.aol.com/

Permalink

エリザベス女王、競馬のオーナーとしての賞金総額がスゴいと話題に

Filed under: , , , , ,

英国王室のエリザベス女王は、自身の馬のこととなると真剣だ。 『People』誌によると、91才の女王は4才から馬を所有し、初めてオーナーとして競馬で勝ったのは1949年の23才の頃だという。 自分で馬を操るわけではないが、競馬の愛好家である女王は過去数十年にわたり、競馬で莫大な財産を蓄えた。英国の競馬専門メディア「MyRacing.com」によると、エリザベス女王はオーナーとして、昨年は735,540ドル(約8,385万円)の賞金を獲得、今年は現在545,600ドル(約6,220万円)の賞金を獲得し、この30年ほどの間に得た賞金の総額は、8,843,817ドル(約10億1千万円)に上るという。 エリザベス女王は、過去30年を調べたオーナー番付では平地競走分野で11位に位置しており、所有している馬はおよそ25頭で、そのほとんどは、英国ノーフォーク州にある英国王室所有の別邸サンドリンガムで飼育しているという。 今回調査を行った「MyRacing.com」のSean Trivassさんは『People』誌にこのように語っている。「女王は競馬の全てが大好き。ですが、競馬のレースよりも自身の馬のほうがもっと大好きなようです」 エリザベス女王は今年、英国の歴代君主の中で最も長い、在位65周年を迎えた。 ■参照リンクhttp://www.aol.com/

Permalink

ハロウィンの間、飼い主が愛犬の安全のために注意すべき5つのこと

Filed under: , , ,

10月31日のハロウィン本番まであとわずかだが、この日は、ペットが行方不明になる数が米国の祝日の中で2番目に多い日でもある(1番多い日は7月4日の独立記念日)。ハロウィンの飾り付けや衣装、訪問客が鳴らす玄関のベルに犬たちは怯えてしまうので、飼い主たちは、愛犬の仕草や行動にいつも以上に目を配って、気持ちを理解してあげようとする努力が必要だ。 以下、ペットシッター派遣サービス、Rover.comのマネージャー、キャスリン・リスコさんによる、ハロウィンの間に大切な愛犬が危険な目に遭わないため、飼い主が注意しておきたい5つの事をご紹介しよう。1. チョコレートやキャンディを遠ざける チョコレートや、シュガーフリーのお菓子に入っているレーズン、それに人工甘味料のキシリトールも犬にとっては毒となるので、お菓子は愛犬の届かない所に置いておくことが肝心だ。キッチンのカウンターだって大型犬であれば届いてしまい安全ではないので、お菓子は戸棚の中にしまっておこう。訪問客が来ている間は、愛犬をペット用ケージに入くのも良いだろう。2. 飾り付けに注意 しっぽを振ってキャンドルを倒したり、飾りのかぼちゃを食べたりする事も考えられるが、特に噛むのが好きな犬の場合は、家の中だけではなく、家の外も含めたすべての装飾や電飾コードに触れる事が出来ないようにするのが大切だ。3. ドアを開ける時は注意 ハロウィンには、スーパーヒーローやポケモン、お化けなどに扮装した子供たちが頻繁に家を訪れるが、これは、犬にとってとてもストレスになる。あなたの愛犬が繊細、もしくは、よく逃げるタイプならば、ケージに入れておくか、お気に入りのおもちゃや犬のお菓子と一緒に離れた部屋に入れておくのが良い。万が一、逃げてしまった時のために、ペットのIDタグとマイクロチップの情報は最新の物にアップデートしておこう。4. 散歩に連れていくのは日中に済ましておく ハロウィンという不気味なお祭りに犬たちは怯えがちだ。あなたの愛犬がハロウィン好きでないなら、暗くなる前に散歩に連れていく事。お祭り騒ぎが始まる前に、たくさん運動させておいてあげよう。5. ストレスから遠ざけよう 玄関のベルが鳴りやまないことが犬たちにとってどんなにストレスか、理解しておくのが大切だ。ハロウィンの前に愛犬が玄関のベルやノックの音に慣れるよう、練習しておくのも良いだろう。また、犬の中には、コスチュームを付けたがらない子だって必ずいるはずなので、あなたの愛犬が嫌がっているようなら、無理に衣装を着せるのはやめてあげよう。 ■参照リンクhttp://www.aol.com/

Permalink

マッチョ消防士と動物たちがコラボした2018年版「消防士カレンダー」が素敵

イケメン×マッチョ。これだけでも心躍るのに(笑)、さらに、動物を抱きしめるという…3つの胸キュン要素を詰め込んだオーストラリアのカレンダー。これが「ドキドキが止まらない!」「こんなの反則!素敵すぎる!」と海外を中心に話題沸騰!多くの女性を虜にしていたので紹介したいと思います。

衝撃!6メートルの巨大パイソンにまたがって遊ぶ3歳の男の子【映像】

Filed under: , , , , ,

ベトナム北部の道端で、小さな男の子が6メートルの巨大パイソンにまたがって遊んでいる衝撃の映像がネットで話題になっている。 https://www.facebook.com/DailyMailAust/videos/2034906973411029/

This three-year-old boy is riding a deadly PYTHON😨🐍

Posted by Daily Mail Australia on Saturday, October 14, 2017 映像では、3歳の男の子、トロンくんが、まるで馬か何かに乗るかのように大蛇にまたがり、洪水であふれた泥水の中を進んでいる。報道によると、どうやらこの蛇は、ベトナム・タインホア省に暮らすトロンくんの一家のペットとのことだ。 トロンくんの伯母は『The Daily Mail』にこう語っている。「この子は3歳で、パイソンは80kgよ。4年前からペットとして飼っている。とても優しい蛇よ。この日は雨が降って庭が水浸しになってしまったから、パイソンを出して遊ばせていたの」。 どうやら伯母は、トロンくんが80kgを超える大蛇と遊ぶ事に何の抵抗もないらしい。しかし、動画を見た人々の多くは、男の子の安全を心配しているようで、「もし蛇がこの子を捕えれば、6人がかりでも助けられない」、「蛇は腹が減るまでは無害に見えるもの」といったコメントが寄せられた。 ■参照リンクhttp://www.aol.com/

Permalink

夜の動物園に潜入できる「ナイトZOO」絶対デートで行くべき

動物園といえば、世のカップルたちにとって定番のデートスポット。

記者も利用したことがあるが、「動物の可愛さにより、自分も数割増で可愛く見える」という法則を見つけて以来、鉄板のコースとなった。

全国のなかでも、記者がとくにオススメするのは、大阪市の「天王寺動物園」である。

ここの動物たちは、とにかく個性派揃い! 取材当日も、人気者のコアラ・アーク父ちゃんが、ユーカリの木の上から出迎えてくれた。(※夜は屋内展示場に帰ります)

ぽってりとした体型が、キャワイイ…。

日本初「水中透視プール展示」を取り入れているカバ舎では、カバたちの貴重な水中での様子を楽しむこともできる。

このブースから眺める、メスのカバ・ティーナのぷかぷかとしたお尻の愛くるしいこと…。ハァ、悶絶。

同園では、この秋4日間の「ナイトZOO」が開催されるが、これが見応えたっぷり。

通常の開園時間は9時30分~17時だが、この期間は20時まで滞在することができる。

動物たちの夜の姿を覗き見することができる、レアな機会。一体どんなイベントなのか、ご紹介しよう。

 

■まるで、サバンナの野生動物

園内の「アフリカ・サバンナゾーン」を、昼夜で見比べてみると…

昼間は、動物がくつろぐ奥に超高層ビル「あべのハルカス」がのぞく、雄大さと都会さがミックスされた光景だが

ナイトZOOの時間帯には、ハロウィンをイメージしたライトアップに!

同園は、動物たちの本来の生息環境を可能な限り再現する「生態的展示」を取り入れており、肉食動物と草食動物がサバンナを模したエリアで同居しているように見える。

ライオンの向こうにキリンが闊歩する光景を目にすれば、次第に大自然に迷い込んだような気持ちになる。

ライオンのガオウ君も昼はリラックスモードだったが

夜は、一気にキリッとした表情に。

キリンだって、迫力満点。

運が良ければ、職員が動物を近くまで誘導してくれることも。

涼しくなった今の時期は、キリンやシマウマといった草食動物のほうが、夜の動きは活発らしい。

 

■園長のハロウィンコスもガチ

探検中に、ハロウィン仕様にコスプレした牧園長に遭遇したらラッキー。

「トリックオアトリート!」と言えば子供にはお菓子を、大人には動物園オリジナルのカードを1枚くれるぞ。(※数に限りがあります)

休憩時には、今月リニューアルしたばかりの「アニマルショップ」でお土産を見たり、隣接する「ズーレストラン」でひと休みしても良し。

記者は、レストランで発売中のハロウィン限定パンプキンソフト(350円/税込)が超オススメ。

かぼちゃの果肉がミックスされたクリームをひと口食べれば、濃厚な甘みが広がる。

「ひと口舐める? やっぱダメッ!」とか、彼氏とふざけあいながら駆け引きしてぇぇぇ…。(願望)

才能の塊!ラテアート歴10ヶ月の現役女子高生が作る3Dラテアートが可愛すぎる

授業で知った「ラテアート」に心奪われ、その日を境にラテアートの世界へ!その後、試行錯誤を繰り返し、1年も経たずして、シンガポールでも有数のラテアート職人となった女子高生が、現在、インスタグラムを中心に話題となっているので紹介したいと思います。