医師

患者の健康には興味なし! ヤブ医者たちのドン引き行動3選

(Wavebreakmedia/iStock/Thinkstock)

命を預ける医者には、自身の健康状態について真剣に対応してほしいものだ。だが中には、面倒くさがっていい加減な対応をしたり、適当な治療でごまかしたりする医者もいるのだとか…。

 

①ろくに見もしないで薬だけ出して終了

「背中に湿疹ができて病院に行ったんですが、その箇所も見もせずに話だけ聞いて『それはじんましんですね。ストレスからできたんでしょう』と診断。

 

1分も掛からずに診察は終了されて、薬だけ処方されたんですが治らず、後日違う病院に行ったら帯状疱疹でかなり悪化しており、入院するはめに…」(男性・32歳)

 

②治ればいいと強い薬を処方してくる

「私は医療系の仕事をしていたので、薬の知識があるのですが、地元で名医なんて言われている医者は、病状に相応しくないような強い薬ばかりを処方してきます。

 

ステロイド剤でも抗生物質でも強ければ効きますが、体にとっては害に。患者の健康を考えず、強い薬ばかり出して『ほら治った。僕は名医でしょ』なんて許せない」(女性・38歳)

 

③治らなくても診断を曲げない

「1ヶ月近く、吐き気と腹痛に悩まされていて何度も病院に行っていましたが、『最近流行っているノロウイルスですね。長引いているんですよ』と診断されるだけ…。

 

違う病院に行って診てもらったら、胃の病気と診断されて治療が受けれることに。『1ヶ月もノロになんかなるわけないじゃんね…』と、そのお医者さんも呆れていました」(女性・28歳)

 

▪️ひとりの医者の診断を信じる人がほとんど?

しらべぇ編集部が、全国の20代〜60代の病院に行ったことがある人1,248名に、セカンド・オピニオンの経験について調査をしたところ、「受診経験がある」と答えたのは2割未満に。

なにもわからない患者の立場からすると、医者の言うことはすべて正しいように思ってしまうが、中にはいい加減な医者も少なからずいるようだ。

いつまで経っても病気が治らない…などという時には、自分の体を守るためにも違う病院に足を運んでみたほうがいいかもしれない。

「謝るのは僕の家族だけ」 斉藤由貴と不倫・50代医師の釈明に批判殺到

(Hemera Technologies/AbleStock/Thinkstock)

8月上旬、女優・斉藤由貴に「文春砲」が炸裂し、50代医師の男性との不倫疑惑が報じられたが、斉藤はその後の記者会見にて不倫関係を否定した。

しかし、8月下旬に『週刊FLASH』(光文社)に不倫を決定付ける男性医師との「キス画像」が掲載され、事態は急展開。

そんな中、渦中の男性医師が11日放送の『スッキリ!!』(日本テレビ系)の独占取材に応じ、そのやや独創的なコメントに疑問の声や批判が相次いでいる。

 

■男性医師が「斉藤由貴との不倫」認める

7年前、家族の付き添いで医師のクリニックを斉藤が受診。アイドル時代から斉藤のファンだったという男性医師は、女優業と育児を両立する斉藤の姿に惚れ込み、2015年から2人は不倫関係に発展していったという。

患者と医師の一線を超えたことについて男性医師は「欲ではなかった。言語で語れるものではない」とコメント。

男性医師と出会った当初の斉藤は、うつむき加減で話す声もとても小さかったという。しかし、自分との交際を経て「女優」として賞賛される斉藤の姿に、男性医師は「そのプロセスに関われたことは贅沢以外の何物でもない」と語った。さらに一連の騒動に対して男性医師は…

「(謝るべき対象は)僕の大事な家族だけ。今でも斉藤由貴を守りたい、でも今の僕にはできない」

 

と心境を明かした。

 

■「独創的な釈明」に批判殺到

男性医師のインタビューを受けて、フリーアナウンサーの高橋真麻は、「『謝るのは僕の家族だけ』というのが気になった。斉藤さんのご家族やドラマスタッフ、スポンサーにも迷惑をかけているのに、『斉藤由貴を守りたい』と言うのは矛盾している」と批判。

ネットでも、男性医師のコメントに対する疑問の声や批判が相次いでいる。

うわー斉藤由貴と不倫した50代医師が認めてるけどなんなんやろこの態度。 家事育児と仕事を両立してる人なんて世の中いっぱいおるけど。だからって不倫していいわけないし、そんな人が何回も不倫せんやろ。この言い方、医師の奥さんが家事育児とかできてないみたいやん。#スッキリ

— ASaMi (@I_fam24) September 10, 2017

この50代医師。インタビュー・・・とても成功したとは思えない要らんことしてしまった感満載中。#スッキリ #斉藤由貴 #50代医師

— kako (@zenzail) September 10, 2017

おい50代医師!偉そうに綺麗事並べるのならモザイク無しで名を名乗れ!不倫は美談にはならねぇぞあとな、、何言われても…秘め事は、墓まで持ってけ!べらべら喋りやがって

斉藤由貴の立場無いじゃん!

ほんと、こういう人間大嫌い⚡

— kiyomax (@kiyomax3) September 10, 2017

なんなんだろう?50代医師、ダメな事しといて良い人やろうとしてるのすっごい腹立つ。家族に迷惑かかってるからって出てきたってさ、余計悪化するじゃないの?家族に誹謗中傷いくのはおかしいけど、謝るのは家族だけってさ?相手方はどうなんの?

— 流れにのまれてるだけ。 (@yamakazeawasete) September 10, 2017

不倫関係を認めるも、斉藤の家族や関係者らに対して謝罪する意思がないかのような発言が物議を醸し、にわかに炎上する騒ぎに。

これにより「50代医師」というワードがトレンド入りしてしまったことを受けて、中には「全国の50代医師の男性」への何らかの風評被害を懸念する声も。

 

■「不倫」は繰り返される…?

しらべぇ編集部が全国の20~60代男女1,342名を対象に「不倫をする人は、何度も不倫をしてしまうと思うか?」調査を実施したところ、男性よりも女性のほうが「不倫をしている人」に対して厳しい目をしていることが判明。

現に、斉藤の「既婚男性との不倫報道」は今回が3度目。「不倫に走ってしまう」体質の人というのは、現実問題として実在するのかもしれない。

斉藤側は「本人からのコメントは控える」としている中での、男性医師からの告白は今後の斉藤の仕事にどう影響してくるのだろうか。

クライマックス目前のTBS系ドラマ『カンナさーん!』など、彼女が出演する作品に大きな支障が出ないことを願いたい。

・合わせて読みたい→『カンナ』母と子を引き離す…姑・斉藤由貴の仕打ちに「見るのが辛い」

(文/しらべぇドラマ班・もやこ

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年6月2日~2017年6月5日対象:全国20代~60代の男女1,342名(有効回答数)

栄養ドリンクはいつから?子供にあげていけない理由は……

  風邪をひいてしまったとき、栄養が足りないとき、エナジードリンクや栄養ドリンクを与えたくなります。

投稿栄養ドリンクはいつから?子供にあげていけない理由は……lovemo(ラブモ):ママ&プレママ向け情報メディアの最初に登場しました。

The post 栄養ドリンクはいつから?子供にあげていけない理由は…… appeared first on ガール配信局.