千葉県船橋市

千葉・少女生き埋め事件、22歳実行犯に「無期懲役」 不満と怒りも噴出

(AndreyPopov/iStock/Thinkstock)

2015年4月、千葉県船橋市にて当時18歳だった少女が、元同級生の少女とその知人男性らによって監禁・生き埋めにされ殺害されるという、あまりにもショッキングな事件が起こった。

この事件の実行犯の1人である、無職の中野翔太被告(22)に、今月10日付で「無期懲役」が確定となることが報じられた。

 

■18歳の少女に暴行、生き埋めに

事件が起こったのは、2015年4月19日の深夜。中野被告は、被害者の少女の元同級生で事件の首謀者とされる当時19歳の元少女と、同じく強盗殺人などの疑いで起訴されている井出裕輝被告、さらに当時17歳の少年の4名で、被害者の少女を車に乗せ両手足などを縛り監禁。

中野被告らは、被害者の少女をそのまま車で2~3時間ほど連れ回し、被害者の少女の口に靴下を詰め、口など頭部を粘着テープでぐるぐる巻きに。

少女から財布などを奪ったうえで、成田空港近くの井出容疑者の親族が所有する畑に、予め掘っておいた深さ約1メートルほどの穴に被害者の少女を生き埋めにした。

少女は、最期までもがき苦しみ続けていたことが伺えるような、正座したまま体が仰向けにのけぞったような不自然な体勢で、遺体となって発見。首謀者と被害者の間には金銭トラブルがあったと見られている。

 

■首謀者の元少女と実行犯に「無期懲役」

これまでに、首謀者の元少女に対して、今年2月の判決公判において無期懲役が確定している。

中野被告は、無期懲役の二審判決に対し上告していたが、最高裁がこれを棄却。報道によると、今月10付で無期懲役が確定するかたちになるという。

 

■犯人らに改めて怒り、判決に不満の声も

インターネット上では、中野被告の判決を受けて衝撃的な事件が蘇り、改めて犯人たちに対する怒りの声が相次いでいる。また、とても残酷なやり方で人を殺した犯人たちが、今後生きながらえることへの不満の声も少なくない。

・なんでこんなヤツを何十年も税金使って養わないといけないの? 3食、食わせる必要を感じない

 

・同じことをしてやればいいよ、生き埋めの刑。どんな気持ちになるか埋められたら分かるわ

 

・更生はないな。命の重さ…より重いものはない。無駄でしょ、無期懲役は甘い

 

・被害者と同じ刑でお願いします。何も問題ない

 

服役中の彼等のために、税金が使われることに嫌悪感を示す人も。

 

改めて被害者の少女の死を悼むと共に、もうこれ以上、少年少女たちによる残酷で悲しい事件が報じられないことを願うばかりだ。

・合わせて読みたい→女子大生アイドル刺傷事件に懲役14年6月 弁護士の見解は

(文/しらべぇ編集部・もやこ

東日本大震災の支援金が「職員のミス」で被災者に届かず ネット大炎上

(SKatzenberger/iStock/Thinkstock)

2011年3月11日、未曾有の大災害が日本を襲った。あれから6年が経った現在でも、原発事故などの影響により、思うように復興が進まない被災地の痛ましい現状がある。

そんな中、東日本大震災で深刻な液状化現象などに見舞われた千葉県船橋市において、耳を疑うような事態が発覚した。

 

■船橋市、生活再建支援金1,575万円を支払わず

千葉県船橋市は4日、職員の不適切な事務処理により、東日本大震災で住宅に被害を受けた被災者への「生活再建支援金」1,575万円が、申請者に支払われていなかったことを発表。

報道によると、昨年12月1日から今年3月15日の間に被災者から7件の申請を受け付けた30代の男性職員が、千葉県への手続きを怠っていたことが、申請者からの問い合わせによって発覚。

その後、上司らが男性職員の担当していた事務処理を確認したところ、他にも民生委員手帳代未払いなど計9件の「不適切な事務処理」が相次いで発見されたとのこと。

男性職員は「事務処理をしたものだと、思い込んでしまった」と話しており、同市は男性職員の処分を検討しているという。

また、同市は申請していた7世帯を訪れ謝罪。早急に支援金が支払われるよう手続きを進めている。

 

■「お役所仕事」に怒りの声

その名の通り、被災者の生活再建のための支援金が、1職員の「事務処理ミス」によって支払われなかったことについて、確認作業を怠った役所に対し、非難が殺到している。

・典型的な役所仕事だな、他人事としか思ってない証拠だよ

 

・一般企業なら、お宅訪問して、菓子折り持って、頭下げて深くお詫びする。なのに、税金職員は、すいませんの一言で終わり。なめてんのかよ

 

・案の定、仕事する気が全然ないな

 

・生活再建支援金がどういうものなのか、市もその男性職員も意味を知らないのではないか? 申請した相手がどんな思いで申請したのか…

 

・着服一歩手前だね。悪意を感じる

 

・怠慢だ…チェック機能はないのか!

 

「上席者が確認作業をしていれば…」など、そもそもの管理体制を疑問視する声が相次いでいる他、「公務員」と「一般企業」の対応を比較し、今回の船橋市の一連の対応を強く非難するような声も見られる。

 

■「ダメな上司」は会社員より公務員に多い?

しらべぇ編集部が全国20~60代男女、1,332名を対象に「ダメな上司に苦労した経験がある」人の割合を調査したところ、全体で54.4%と、じつに半数以上の人が「上司」について何らか苦労している現状が明らかとなった。

この調査データを職業別に見てみると…

会社員の割合を公務員が上回るという結果に。

ネット上では、今回のようなことは「氷山の一角にすぎない」といった意見も多く見られる。市民の生活と直結する仕事で、今回のような事態が2度と起こらないよう、徹底した管理体制の見直しをすべきだだろう。

・あわせて読みたい→失言から生まれた「#東北でよかった」 強くて優しさあふれる世界に感動

(文/しらべぇ編集部・もやこ

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年3月24日~2017年3月26日対象:全国20代~60代の男女1,332名(有効回答数)