受験

梅宮アンナが子供の壮絶な受験事情を激白 「しまむらはイジメられる」

(画像はInstagramのスクリーンショット)

「少しでも良い学校に入れたい」との思いから、幼い子供に名門校を受験させる家族は多いだろう。そこでは、子供だけでなく親も周りから審査の目で見られることがあるようだ。

13日放送の『バラいろダンディ』(TOKYO MX)でモデル・梅宮アンナ(45)が明かした「お受験事情」が話題になっている。

 

■名門校通いはステータス

番組では、ママタレントたちが自らの格を上げるために子供を受験させるとの記事が紹介された。ママタレントにとって子供が名門校に通うことは、高級外車や豪邸に次ぐセレブの証なのだという。

これについて梅宮は「10年前にこれを経験してるけど、まあすごい」と語る。どうやら、子供を有名私立校に入れるためにはさまざまなものを持っていないといけないとし「お金も、物も、車も」と、当時を淡々と振り返った。

 

■「普通」でもバーキン

さらに服装について聞かれると、「完全無欠のお受験服で毎日行く幼稚園もあれば、普通の格好をしていいところもある」と言いながらも、「普通でもまあバーキンしていくみたいな…」と明かす。

漫画家・倉田真由美(46)から「しまむらで上下は?」と聞かれると「しまむらさんで行ったら…ちょっといじめられる」と服装にも厳しかった世界だと語った。

こういった状況について梅宮は「お母さんたちがそういう世界を作り上げちゃう。凄まじい世界です。やっぱり、ステータスなんですよね」と明かし、スタジオは騒然としていた。

 

■「ママ友いじめ」は1割

子供同士は何気なく通っている学校や幼稚園も、ママ友たちの間では熾烈なマウンティングが繰り広げられ、ときにはいじめに発展することも。

しらべぇ編集部が全国20〜60代の子供がいる既婚女性に「ママ友いじめ」について調査したところ、約1割が「経験アリ」と回答した。

梅宮自身も「スーパーお受験」を経験したが、「私の時代よりもはるかにヒートアップはしてると思う」と語る。やはりそれだけ、子供が親のステータスになるということだろうか。

ロンブー淳、フィリピン留学で英語力強化 「受験生のやり方でない」と指摘も

(画像は田村淳公式Twitterのスクリーンショット)

今年9月に『偏差値32の田村淳が100日で青学一直線~学歴リベンジ~』(AbemaTV)で青山学院を受験することを報告したロンブー淳。そこでは、これまでずっと学歴コンプレックスを抱えてきたために受験を決意したと話していた。

今受験勉強真っ只中の敦だが、あることが波紋を呼んでいる。

 

■英語力向上のためにフィリピンへ

それはツイッターに投稿された1枚の写真。そこには日本ではない、雰囲気漂うドラックストアの前で美女の等身大パネルと一緒に楽しそうに映る敦の姿が。

フィリピンに短期語学留学中モールで実践的な英語を教わってたら、シルク姉さんが!近づいたら別人でしたフィリピンの人たちはとても朗らかで居心地が良いです。特に「CNE1」のフィリピンの先生たちはとても丁寧に優しく教えてくれます。英語が大嫌いだっのが大好きになりました pic.twitter.com/VPpMMRGjbk

— 田村淳 (@atsushilonboo) October 20, 2017

この留学は2日間という短い期間であったが、人の優しさに触れ、とても充実した留学であったことを感じさせる1枚である。

 

■受験勉強で留学の意味はあるのかと指摘

受験勉強経験者は、こんな指摘をした。

・金にもの言わせていい講師雇ったり、留学行くのはいいけど実践的な英語とペーパーテストの英語は違うよ? 時間ないのに留学する意味少ないやろ。

 

・受かるとしたら元から英語ができたとか、そういうことでしょ 青学を舐めている

 

・受験で勝つ事を目的に英語の戦略を考えた場合、やはり英語を話せる人と会話するよりも学術的な手段がより有効だと思います。

 

あと90日しかないなか、「たった2日の短期留学の意味があるのか」「受験勉強には英会話は関係ないのでは」「ペーパー試験には必要ない」と厳しい指摘が経験者から見られた。

 

また、青学を舐めているのではないかという怒りの声もあがった。時間をかけて努力した人には、本来の受験生らしからぬその淳の英語の勉強方法は腑に落ちないようだ。