叱る

女児が80代男性に怒鳴られPTSDに 「父親の教育が悪い」と批判の声も

(MIXA next/Thinkstock)

埼玉県深谷市が主催する秋祭りで、女児(8)が輪投げの景品を勝手に触ってボランティアの80代男性に怒鳴られたことにより、心的外傷後ストレス障害(PTSD)を負ったとして、女児が同市に対して約190万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、9日に東京地裁が怒声が原因で障害を発症したと認め、約20万円の支払いを命じたことがわかった。

 

■怒鳴られ、口論をきっかけにPTSDに

判決などによると、2014年11月、当時5歳だった女児が秋祭りに家族と訪れ、母親が目を離した際に輪投げゲームの景品の駄菓子を触り、ボランティアの男性に大声で注意されたという。

女児は駆けつけてきた父親の前で泣き出し、父親とボランティア男性が口論する姿を見たよう。4ヶ月後、女児の様子がおかしいと感じた両親が連れて行ったクリニックPTSDと診断されたとのことだ。

報道によれば、女児はボランティア男性に叱られてから、両親から離れることに恐怖を感じたり、画用紙を黒く塗りつぶしたりしたこともあったという。

 

■「父親の教育に問題がある」の声

報道を受け、ネット上では女児に同情する声が数多くあがった。5歳という子供が赤の他人から大声で怒鳴られることや、両親が口論している姿は、心に深い傷を与えられるだろう。

しかしそもそもの原因である、両親が子供を見守っていなかったことに対して、女性向け匿名掲示板『ガールズちゃんねる』では怒りの声も。「親が目を離すのが悪い」「親の教育が悪い」との意見や、中には「モンスターペアレント」と批判する声もみられた。

・これ父親もおかしくない? 悪いことして注意されたならさ、娘が泣いててもひとまず謝るでしょ。口論にって……。娘よっぽど甘やかされて育ったんじゃない?

 

・口論に持ち込んだ父親が悪いよ。おこられたのは慰めれば忘れても目の前で怒鳴りあいの喧嘩されたら怖いに決まってる

 

・自分の子供が勝手にお菓子を取ったら、相手に謝って子供を叱るわ。父親は自分の娘が泥棒まがいの事をしたのに逆ギレして裁判まで起こすとかモンペDQNじゃん

 

・子供をしつけるのは大人の役目。親が出来てないからこんなことになるんでしょうが!

料理がまずくなる! 客の目前で新人を叱る飲食店の最悪行動3選

(Kavuto/iStock/Thinkstock)

怒鳴り声を聞きながら食べる料理は、不思議と味がまずくなるもの。しかし飲食店の中には、そんなことにも気づかずに、客の目前で新人を叱りつけるところもあるようだ。

 

①汚い言葉遣いで注意する

「新人の子がテーブルで料理の対応をしてくれたんですが、横でフォローについていたウエイターが『そうじゃねぇよ。ふざけんなよ』と、すごい言葉遣いで指導。

 

間違えてしまった新人の行動よりも、客の目前でそんな言葉遣いをする方がこっちは気分悪いし、問題だろ…。きっとパワハラな飲食店なんでしょうね」(男性・36歳)

 

②女性に怒鳴り声をあげて叱る

「女性店員が注文した品を置く時に、間違えて飲み物を倒してしまったら、出てきた店長が『おい、気をつけろよ! なにやってんだよ!』と、怒鳴り声をあげて説教。

 

女性相手にそんな叱ることないし、うちらが申し訳ない気持ちになって、テンションダウン。

 

楽しい気持ちでご飯が食べられませんでした」(女性・29歳)

 

③お店の真ん中で説教をする

「居酒屋で飲み会をしていた時に、お店のど真ん中でベテランっぽい人に新人の子がキツい口調で怒られていて半泣きになっていました。

 

皆からジロジロ見られて叱られた子も可哀想だったし、楽しく飲んでいたお客たちも重苦しい雰囲気に…。こんなの誰も得しないと思う」(女性・26歳)

 

▪️客の目前で叱らないのもサービスのひとつ!

ちなみにしらべぇ取材班が、全国20代~60代の男女1,358名に「味は良くても店員のサービスが悪い店には二度と行かない」のか調査したところ、およそ半数以上が「はい」と回答。

どんなに自分へのサービスがよくても、新人を恐い顔で叱っている姿を見てしまえば、客は一気に引いてしまうだろう。

新人を指導する時には周りに見えないように裏へ行く…なども配慮も、客への気遣いのひとつだと心してほしいものだ。

『サンモニ』張本勲が叱られた! 金田正一「ピッチャーを褒めてやりなさい」

15日に放送された、TBS系情報番組『サンデーモーニング』で張本勲氏がゲストの元プロ野球選手・金田正一氏に叱られ、話題になっている。

 

■張本氏が叱られた

7、8日に行われた、東京六大学野球秋季リーグ、東京大学対法政大学の試合のVTRを「週間御意見番」で放送。投打噛み合った、東京大学が2日連続で勝利を収め、15年ぶりに勝ち点を獲得した。

この話題に張本氏は…

「法政に『喝!』激励の喝だ。法政は強いチームなんですよ90年続く六大学野球で44回優勝してる。このゲームも選手のほとんどが甲子園を経験してる。東大は一人もいない。これはダメですよ東大に負けたら」

 

と、負けた法政大学を激励。一方、ゲストの金田氏は東大のピッチャーに注目する。

「法政が負けたっていうより、東大のピッチャーを褒めてあげなさいよ。素晴らしいですよ、手首の使い方も柔らかくて、使い方もうまい。いいピッチャーだから卒業後はプロでやってもらいたい」

 

法政の負けだけを語る張本氏を叱りつつ、東大のピッチャーを褒め称えた。

 

■ネット民は金田氏を称賛

ネットでは「カネやんを見習えよ」と金田氏を称賛する声が目立っている。

東大に「あっぱれ」あげなよ、張りー(-_-;)金やんナイス!#サンデーモーニング

— aya☆ニャンコ先生 (@exe4388) October 14, 2017

負けた法政じゃなく、勝った東大を褒めてやれよ、張本爺は。侍ジャイアンツでお馴染みの金やんを見習えよ笑。 #サンデーモーニング

— 神春 (@kamiharuru) October 14, 2017

東大野球部に勝ち点取ったニュースに法政大学を悪く言う張本。東大なんかに負けて、なんてよく言うよなって思ってたら、東大のピッチャーを褒めなさいよ。と一喝した金田!さすが!すっとしたわ。

— みや (@komikanamimi) October 15, 2017

 

■張本は良いコメントもしてる?

たびたびその発言が物議を醸し、一部から「老害」などと揶揄される張本氏だが、野球理論については「一理ある」と感じている人もいるようだ。

しらべぇ編集部が全国の20代から60代の『サンデー・モーニング』を見たことがある人878名に張本氏のコメントについて意識調査を実施したところ、「いいことも言っている」と感じている人が3割存在

多くの炎上コメントが目立つことからか、評価は低くなっている。

ほぼ毎週と言ってもいいほど炎上コメントをしている張本氏は、今回のように大物に叱られる場面も必要なのかもしれない。

・合わせて読みたい→『サンデーモーニング』張本が完全に飲まれた? 千葉真子のパワーが凄まじい

(文/しらべぇ編集部・嘉手川裕太 イラスト/ミキシマ

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年2月24日~2017年2月27日対象:全国20代~60代のサンデー・モーニングを見たことがある人878名(有効回答数)

うちの子を怒るなんて! ママ友の子供を叱った時にされた仕返し行動

(yongtick/iStock/Thinkstock)

一昔前であれば、他人の子供といえど、悪いことをしたら周りの大人が自分の子供のように叱ったものだ。しかし近年では、他人の子供を叱ることはトラブルの元凶になることも…。

しらべぇ取材班は、母親女性たちに「ママ友の子供を叱った時にされた最悪行動」を調査してみた。

 

①子供を怒られたら無視する

「ママ友の息子がおもちゃで娘をしつこく殴ってきてたんですが、ママ友は一切注意せずに、会話に夢中…。仕方なく私が『人を殴ったらダメ』と怒りました。

 

息子が人に暴力をふるっている時は無視なのに、その途端にママ友が『ただ遊んでいただけじゃない』と逆ギレ。またその日以降、会っても無視されるようになりました」(女性・33歳)

 

②「うちの教育方針で育てます!」

「叱らない教育をされている子がいたんですが、そのせいもあってか、かなり好き勝手に振る舞い、周りの子供たちを奴隷のように扱ったりイジメたり…。

 

あまりにもヒドい時には、周りのママ達で『それはやめようね』と注意していたら、その子の母親に『この子はうちの教育方針で育てます!』と、怖い顔で言われました」(女性・37歳)

 

③嫌味を返してくる

「ママ友と子供が遊びにきた時に、その子がリビングに置いていた夫の仕事バッグを勝手に漁ってきました。『人のものには勝手に開けるのは失礼』ということを注意したら…。

 

ママ友が『自分の子にはたいした教育してないのに、人の子供には達者だね』と、嫌味たっぷりに。

 

さすが子供が目の前で人のバッグを漁っても注意しない母親だけありますね」(女性・36歳)

 

▪️最近の親のモラルは低下気味?

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,342名に「親のモラルは低下していると思うか」について調査したところ、全体では「そう思う」が7割という結果に。

近年は、子供を叱らない親が増えているといわれ、子供のしつけのなさ…などがよく問題となっている。

誰だって可愛い子供を叱りたくないものだが、叱って正しいことを教えようとしてくれるということは嫌な役目をかってくれているということ。

正当な理由があり、我が子に注意をしてくれた時には、不快な気持ちになるのではなく、感謝の気持ちを持ったほうがいいかもしれない。

・あわせて読みたい→二度と呼びたくない! ママ友家族とのイラっとした食事会3選

(取材・文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年7月14日~2017年7月17日対象:全国20代~60代男女1342名(有効回答数)