地下

図書館の地下を徘徊する足音

 

凄く怖かった体験談を。

 

うちの大学の図書館には地下があり、わりと自由に入れる。

 

古い書物が保管されていて、閲覧席もある。

 

しかも普段は空いていて、ちょっと涼しい。

 

だから混雑する試験期間も重宝する、お気に入りの場所だったが・・・。

もう図書館の地下は使わないだろう

6月の初めに講義の中間テストがあった。

 

他の授業でも中間やらレポート提出やらがある時期だから混んでいた。

 

そんなある日の午前、授業が無かったので地下で勉強をしていた時のこと。

 

もうすぐお昼という頃に、ふと『足音』が耳に・・・。

 

ペタペタと右の本棚からこっちへ来るようだった。

 

私の右の席に座るのかなと、カバンをずらそうと右側に目をやると誰も居ない。

 

なのに足音はペタペタとこちらへ向かってくる。

 

足音はそのまま目の前の机を通過して、左の廊下へと消えていった。

 

その時は無性に怖くなり、その場を去って学科の控え室に逃げた。

 

友達にも話したけれど、「疲れてるんだよ」という結論が出た。

 

そのうち私も、寝不足で幻聴が聞こえたと思うようになった。

 

7月になって試験期間が近づくと、図書館が混むように。

 

試験も近いというある日の午後、私は地下で机に向かっていた。

 

その日は「夕飯を一緒に食べよう」と、彼氏と約束していた。

 

気づいたら約束まで後10分という時間で、「早く終わらせなきゃ」と焦った。

 

「3分くらいで終わらせよう」と思って気合を入れた時、また『あの足音』が聞こえた。

 

右側からペタペタと来て、目の前を通り過ぎて左へ向かう。

 

ところが、今度はまた左から右へとやってくる。

 

ずっと目の前をペタペタ歩かれて、正直鬱陶しかった。

 

ちょっとイライラして、「うるさいなあ」と呟いた。

 

すると、足音が一旦止んだ。

 

ヤレヤレと思ったけれど、違った。

 

今度は私の周りを回るように足音がし出した。

 

ペタペタペタペタペタペタ・・・と。

 

ノートから顔を上げるのも怖くなり、しばらく顔を下に向けたまま「ごめんなさい、ごめんなさい」と、ずっと心の中で謝っていた。

 

それでも足音は止まらなくて、どうしたらいいのか分からなくて泣きそうになった時、「○○(私)、どうしたんだ?」と彼氏の声が聞こえた。

 

約束の時間を過ぎても来ないから、地下へ探しに来てくれたようだった。

 

すると、足音がピタリと止まって聞こえなくなった。

 

私はホッとして、「ごめんね。早く行こう」と荷物をまとめて階段へ向かった時、背後から「ハハハハハッ!ハハハッ!」と笑い声が聞こえた。

 

振り返っても、誰も居ない・・・。

 

彼氏と二人して怖くなり、図書館を飛び出したのは言うまでもない。

 

そして先週、学科の人と飲み会をして、その話をネタとして話した。

 

・・・しかし、ある先輩が、「ああ、あの図書館、足音は結構するみたいね。人影を見たって人も何人かいるわ」と話してくれた。

 

どうして出るのかは分からないみたいだけれど。

 

いずれにせよ、もう図書館の地下は使わないだろうと思う。

 

(終)

The post 図書館の地下を徘徊する足音 appeared first on 怖いもん通信.