地域

もし自分が内定者なら…配属されたい都道府県ランキング

(TAGSTOCK1/iStock/Thinkstock)

昨今、10月は多くの企業で内定式が行われる時期であり、企業によっては式の後に、配属先を言い渡されるケースもあるそう。新人の頃、同じように勤務地の決定をドキドキしながら待った先輩も少なくないはずだ。

しらべぇ編集部では、全国20~60代の男女1,349名を対象に、もし今、自分が内定の出た新卒者なら、どの都道府県に配属されたいか、調査を実施した。

 

■配属されたい都道府県ランキング

結果、1位は「東京都」(32.1%)。およそ3人に1人が、新社会人生活のスタートは東京から始めたいと想像したようだ。現在都内に住んでいる人の52.4%が、やっぱり東京から離れたくないと答えている。

2位は「北海道」(7.4%)。地元民だけでなく、東北や東海より西の各エリアからも票が集まっている。

3位は「神奈川県」(5.4%)。北陸・甲信越に住む人たちからの指示が多かった。

4位は「大阪府」と「沖縄県」(4.4%)。近畿エリアの住民は、大阪と東京に票が分かれているため、大阪への票が伸びなかった。また、沖縄はどのエリアからも人気がある。

 

■東京か地元か、それともリゾート地?

配属は東京都がいいと考える人が圧倒的に多かった。都会の利便性や、人が集まっていること、また、本社所在地となることも多いためだろう。

一方で、住んでいる地元がいいと考える人も見受けられる。北海道や沖縄に関しては、北の大地や南の島へ憧れを抱いている人が目立つ傾向も見えた。

新人の時にどこの場所に配属されるかで、その後の生活は大きく変わってくるだろう。内定者みんなが希望の地域に配属され、来年4月の新生活をスタートできるように願いたい。

・合わせて読みたい→地方の人が抱く「東京のイメージ」に驚き…移住経験者が語る

(文/しらべぇ編集部・小河 貴洋

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年8月25日~2017年8月28日対象:全国20代~60代の男女1,349名(有効回答数)

もし自分が内定者なら…配属されたい都道府県ランキング

(TAGSTOCK1/iStock/Thinkstock)

昨今、10月は多くの企業で内定式が行われる時期であり、企業によっては式の後に、配属先を言い渡されるケースもあるそう。新人の頃、同じように勤務地の決定をドキドキしながら待った先輩も少なくないはずだ。

しらべぇ編集部では、全国20~60代の男女1,349名を対象に、もし今、自分が内定の出た新卒者なら、どの都道府県に配属されたいか、調査を実施した。

 

■配属されたい都道府県ランキング

結果、1位は「東京都」(32.1%)。およそ3人に1人が、新社会人生活のスタートは東京から始めたいと想像したようだ。現在都内に住んでいる人の52.4%が、やっぱり東京から離れたくないと答えている。

2位は「北海道」(7.4%)。地元民だけでなく、東北や東海より西の各エリアからも票が集まっている。

3位は「神奈川県」(5.4%)。北陸・甲信越に住む人たちからの指示が多かった。

4位は「大阪府」と「沖縄県」(4.4%)。近畿エリアの住民は、大阪と東京に票が分かれているため、大阪への票が伸びなかった。また、沖縄はどのエリアからも人気がある。

 

■東京か地元か、それともリゾート地?

配属は東京都がいいと考える人が圧倒的に多かった。都会の利便性や、人が集まっていること、また、本社所在地となることも多いためだろう。

一方で、住んでいる地元がいいと考える人も見受けられる。北海道や沖縄に関しては、北の大地や南の島へ憧れを抱いている人が目立つ傾向も見えた。

新人の時にどこの場所に配属されるかで、その後の生活は大きく変わってくるだろう。内定者みんなが希望の地域に配属され、来年4月の新生活をスタートできるように願いたい。

・合わせて読みたい→地方の人が抱く「東京のイメージ」に驚き…移住経験者が語る

(文/しらべぇ編集部・小河 貴洋

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年8月25日~2017年8月28日対象:全国20代~60代の男女1,349名(有効回答数)

まもなく「旅行の秋」 真の「温泉県」はどこなのか調査した結果…

火山列島の恵みとして、日本人が大好きな温泉。これから秋を迎え、温泉旅行で心と体の疲れを癒やす予定の人もいるだろう。

そんな中、大分県は2012年に「おんせん県」をうたって商標登録を試みたものの特許庁に却下され、その後「おんせん県 おおいた」として登録に成功した。

とはいえ温泉は、北海道から沖縄まで全国にあまたあるもの。実際に温泉イメージが強いのは、どの都道府県なのだろうか?

しらべぇ編集部は、全国20〜60代男女1,349名を対象に調査を実施。結果をランキング形式で発表しよう。

 

■8位:熊本県 9位:兵庫県

9位は、豊臣秀吉らにも愛された名湯・有馬温泉や、文豪・志賀直哉の作品でも知られる城崎温泉を擁する兵庫県。とはいえ、関西以外ではややイメージが薄いのか。

8位は、黒川温泉が観光的に成功している熊本県がランクイン。いまだに寝強い「温泉」のイメージや魅力が、震災復興にも有効な一手となるか。

 

■6位:静岡県 7位:長野県

7位は、野沢温泉や白骨温泉などがある長野県。6位は、熱海や伊東など、関東を代表する温泉地・伊豆が含まれる静岡県が3.0%の支持率でランクインした。

関東地方の人たちが出かける際は、候補になりやすい温泉地と言える。