地獄

繰り返された虐待の果て

 

俺には安達(仮名)という名の友達がいた。

 

小学生の頃はよく一緒に遊んだ。

 

安達は良いやつだった。

 

何歳の頃だったか覚えていないが、誕生日会に呼ばれた。

 

リビングに通されると、何故か部屋の中が暗かった。

 

安達は泣きそうな顔だった気がする。

 

安達のお母さんがリビングのカーテンを開けた。

 

すると、一部分だけ濡れた布団がベランダに干されていた。

 

安達は母親の袖を引いて泣き喚いていたが、当の母親はニタニタと笑っていた。

 

安達がおねしょをする度にどれだけ大変か、その誕生日会は安達の母親の自慢話大会となった。

 

その翌日から、安達は『オネション』というあだ名をつけられた。

生きている限り・・・

またある時に遊びに行くと、安達の母親が突然部屋に怒鳴り込んできた。

 

その手には、殆ど『○(まる)』がついた答案用紙がある。

 

俺なんて半分は『×(ばつ)』だったから怒鳴られるくらいは慣れっこだが、安達は俺の目の前で往復ビンタをされた。

 

安達の母親は、やはりニタニタと笑っていた。

 

「川本君(仮名)はこんな些細な間違い、しないわよね?」

 

俺は首を横に振った。

 

ちょうどその日に小テストがあったので、その答案用紙の惨憺たる有様を見せた。

 

※惨憺(さんたん)

いたましく、見るに忍びないほどであるさま。

 

「川本君のお母さんはどういう教育をなさってるのかしら」

 

勝ち誇ったような笑みだった。

 

安達はよく体育を休んだ。

 

喘息の俺が最後尾を走っている姿すら、羨ましそうに見ていたところをよく見かけた。

 

安達は頭が良いやつだった。

 

良い点を取るとにっこり笑っていたが、段々とそれも無くなってきた。

 

誰かへの当てつけのように、白紙の答案用紙を提出して校長室に呼び出されることも増えてきた。

 

中学二年くらいになると、安達にとって友達と言えるのは俺だけになった。

 

安達は夏場でもよく長袖を着ていた。

 

俺は安達の身に何が起こっているのかを気付いていた。

 

校長室に度々足を運んでは、「安達を助けてくれ!」と教師達に懇願した。

 

そんなある日、安達の母親が学校に怒鳴り込んできた。

 

俺のクラスまでやって来ると、俺はいきなり首を絞められた。

 

「嘘つき!」と連呼されながら気が遠くなっていった。

 

何故か問題にはならなかった。

 

その日を境に、安達は俺にも声をかけなくなった。

 

俺からは挨拶をしていたのだが、安達は返事もしなくなった。

 

学校には安達の母親が度々来るようになった。

 

俺は途中までは頑張って戦った。

 

だが、安達自身が「虐待は無い」と証言した。

 

俺こそが嘘つきであると言ったのだ。

 

安達が起こした事件がテレビを賑わせた頃、テレビの中で安達の母親がこう答えていた。

 

「然るべき罰を受けるべき」

 

俺はその場で気を失うほど怒り狂った。

 

迷わずテレビ局に電話をかけ、安達の弁護士の連絡先を教えてもらい、俺は安達側の証人として立つことを決めた。

 

現役を退いた当時の校長先生なども来ていた。

 

安達の父親ですら、我が息子のために証言台に立った。

 

安達に加えられていた虐待の内容が法廷で全て明らかになっていった。

 

唯一無二と言える友達とも絶縁せざるを得なくなった。

 

安達の悲しい子供時代が皮肉にも安達を救った。

 

恒常的な性的暴行に、公衆の面前で我が子を辱めることも多々。

 

常に完全であることを要求し、出来ないと暴行を加えることも多々。

 

安達の住まう家は地上に現れた”地獄”だった。

 

それを行っていた悪魔は一体何を考えていたのだろう。

 

安達の母親の罪状が明らかになった。

 

安達の母親は表向き被害者へ詫びるとして”自殺”した。

 

しかしその実態は、自らの時効を迎えた犯罪暦が公判記録として公のものとなったからに違いない。

 

安達が病院に収容されて数年が経つ。

 

あいつは病室のベッドからろくに降りもしないでいる。

 

筋肉が衰えて、もはや立つことも出来ないらしい。

 

ガリガリでひょろひょろの体だ。

 

極稀に正気に見える時がある。

 

その時は決まって自傷行為を始める。

 

「おんなじ!おんなじ!」

 

加害者になってしまった自分が許せないという意味だと思う。

 

被害者のご遺族からの手紙に『許す』という言葉があることを何度教えてやっても、あいつは決して喜ばない。

 

生きている限り、あいつは償わなくてよくなった罪を償い続けるのだろう。

 

地獄の家は崩壊したが、本当の地獄はあいつの心の中にある。

 

(終)

The post 繰り返された虐待の果て appeared first on 怖いもん通信.