埼玉県

女児が80代男性に怒鳴られPTSDに 「父親の教育が悪い」と批判の声も

(MIXA next/Thinkstock)

埼玉県深谷市が主催する秋祭りで、女児(8)が輪投げの景品を勝手に触ってボランティアの80代男性に怒鳴られたことにより、心的外傷後ストレス障害(PTSD)を負ったとして、女児が同市に対して約190万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、9日に東京地裁が怒声が原因で障害を発症したと認め、約20万円の支払いを命じたことがわかった。

 

■怒鳴られ、口論をきっかけにPTSDに

判決などによると、2014年11月、当時5歳だった女児が秋祭りに家族と訪れ、母親が目を離した際に輪投げゲームの景品の駄菓子を触り、ボランティアの男性に大声で注意されたという。

女児は駆けつけてきた父親の前で泣き出し、父親とボランティア男性が口論する姿を見たよう。4ヶ月後、女児の様子がおかしいと感じた両親が連れて行ったクリニックPTSDと診断されたとのことだ。

報道によれば、女児はボランティア男性に叱られてから、両親から離れることに恐怖を感じたり、画用紙を黒く塗りつぶしたりしたこともあったという。

 

■「父親の教育に問題がある」の声

報道を受け、ネット上では女児に同情する声が数多くあがった。5歳という子供が赤の他人から大声で怒鳴られることや、両親が口論している姿は、心に深い傷を与えられるだろう。

しかしそもそもの原因である、両親が子供を見守っていなかったことに対して、女性向け匿名掲示板『ガールズちゃんねる』では怒りの声も。「親が目を離すのが悪い」「親の教育が悪い」との意見や、中には「モンスターペアレント」と批判する声もみられた。

・これ父親もおかしくない? 悪いことして注意されたならさ、娘が泣いててもひとまず謝るでしょ。口論にって……。娘よっぽど甘やかされて育ったんじゃない?

 

・口論に持ち込んだ父親が悪いよ。おこられたのは慰めれば忘れても目の前で怒鳴りあいの喧嘩されたら怖いに決まってる

 

・自分の子供が勝手にお菓子を取ったら、相手に謝って子供を叱るわ。父親は自分の娘が泥棒まがいの事をしたのに逆ギレして裁判まで起こすとかモンペDQNじゃん

 

・子供をしつけるのは大人の役目。親が出来てないからこんなことになるんでしょうが!

ご当地ヒーロー『埼玉戦士さいたぁマン』 身投げ女性を救助し賞賛の声

(画像はTwitterのスクリーンショット)

「ゆるキャラブーム」と平行して、現在日本各地には様々な「ご当地ヒーロー」が誕生し、話題となっている。

そんな中、埼玉県公認のご当地ヒーローの「中の人」が、1人の女性の命を救ったとして賞賛の声が相次いでいる。

 

■女性の身投げを阻止した「中の人」

今月11日、埼玉県加須市麦倉にある埼玉大橋を、埼玉県在住の会社員で、ご当地ヒーロー『埼玉戦士さいたぁマン』としても活躍している男性が車で走行したいたところ、反対車線に停車した車を発見。

不審に思った男性がバックミラー越しに確認してみると、欄干から利根川に向かって身を乗り出している女性を発見。男性は橋を渡り終えたところに車を止めると、車が往来する中女性の元へ駆け寄った。

さらに、今まさに身投げをしそうな女性の様子を目撃した、別の会社員の男性も車を止めて駆けつけ、女性をつかんで飛び降りを阻止。

2人はすぐに110番通報、女性は身投げを思いとどまり、その後無事に保護されたという。咄嗟の勇気ある行動で女性を思いとどまらせた2人には、26日に埼玉県警より感謝状が贈られた。

 

■「本物のヒーロー」賞賛の声相次ぐ

ネットでは、ご当地ヒーローの「中の人」と、共に女性を思いとどまらせた男性の、身を挺した勇気ある行動を賞賛する声が相次いでいる。

・お二人とも素晴らしいヒーローですね

 

・二人の行動は素晴らしいと思う。あとは、その身投げ未遂の女性が同じことを繰り返さないように、ケアも誰かがする必要はありますよね

 

・ヒーローだね~咄嗟の判断と傍観者にならないことは大事。見習わないと

 

・不倫とかどうでもいいニュースじゃなくてこういう明るいニュースが増えればもっとみんな良い気持ちになれるのにな

 

男性たちを賞賛する声が多く寄せられる中、身投げをしようとした女性の今後のケアの重要性を訴える声も。

 

■真面目でお茶目なさいたぁマン

今回、「中の人」の活躍によって一躍脚光を浴びている、さいたぁマン。埼玉県のことを県外に広め、人々を笑顔にするご当地ヒーローで、公式サイトによると、好物は埼玉県の特産品。

特殊能力で人々を困らせる『アクダーマ』と戦いながら、一人旅をしているそうだ。

さいたぁマンは埼玉県内外の様々なイベントで活躍しており、埼玉県民でなくてもさいたぁマンの活躍の様子はツイッターやユーチューブで見ることができる。

今年も行田市田んぼアートに参加してきました!みんなで楽しく田植えができました(^_^)おいしいお米ができるといいな。ちなみに稲は埼玉県ブランドの米、彩のかがやきだ! pic.twitter.com/TDiBmrpw2F

— 埼玉戦士さいたぁマン (@saitaamam) June 19, 2017

埼玉県行田市の「田んぼアート」の田植え作業にも参加したさいたぁマン。白いコスチュームを泥だらけにしながら、懸命に田植え作業に励んでいる。

ユーチューブでは、ホームビデオを彷彿とさせる雰囲気ながら、イベントで活躍するさいたぁマンや、季節のイベントにちなんだオリジナルムービーなども。

さいたぁマンはしゃべることができるそうだが、人前で食事をすることは控えているのだそう。

さいたぁマンと共にダンスを踊っているのが、宿敵・アクダーマ。手作り感のあるコスチュームにスニーカーと、親近感が沸くなんとも愛らしいご当地ヒーローだ。

なお、2人の男性の功績を報じた『埼玉新聞』には、さいたぁマンの「中の人」として実名と顔写真が公表されており、感慨深い。

2人の男性によって救助された女性が、今後の人生を歩んで行けることを願いたい。

・合わせて読みたい→夏菜、泥酔して埼玉の山奥の駅で捜索願い騒ぎ 「バカにするな!」と埼玉県民が激怒

(文/しらべぇ編集部・もやこ)

ご当地ヒーロー『埼玉戦士さいたぁマン』 身投げ女性を救助し賞賛の声

(画像はTwitterのスクリーンショット)

「ゆるキャラブーム」と平行して、現在日本各地には様々な「ご当地ヒーロー」が誕生し、話題となっている。

そんな中、埼玉県公認のご当地ヒーローの「中の人」が、1人の女性の命を救ったとして賞賛の声が相次いでいる。

 

■女性の身投げを阻止した「中の人」

今月11日、埼玉県加須市麦倉にある埼玉大橋を、埼玉県在住の会社員で、ご当地ヒーロー『埼玉戦士さいたぁマン』としても活躍している男性が車で走行したいたところ、反対車線に停車した車を発見。

不審に思った男性がバックミラー越しに確認してみると、欄干から利根川に向かって身を乗り出している女性を発見。男性は橋を渡り終えたところに車を止めると、車が往来する中女性の元へ駆け寄った。

さらに、今まさに身投げをしそうな女性の様子を目撃した、別の会社員の男性も車を止めて駆けつけ、女性をつかんで飛び降りを阻止。

2人はすぐに110番通報、女性は身投げを思いとどまり、その後無事に保護されたという。咄嗟の勇気ある行動で女性を思いとどまらせた2人には、26日に埼玉県警より感謝状が贈られた。

 

■「本物のヒーロー」賞賛の声相次ぐ

ネットでは、ご当地ヒーローの「中の人」と、共に女性を思いとどまらせた男性の、身を挺した勇気ある行動を賞賛する声が相次いでいる。

・お二人とも素晴らしいヒーローですね

 

・二人の行動は素晴らしいと思う。あとは、その身投げ未遂の女性が同じことを繰り返さないように、ケアも誰かがする必要はありますよね

 

・ヒーローだね~咄嗟の判断と傍観者にならないことは大事。見習わないと

 

・不倫とかどうでもいいニュースじゃなくてこういう明るいニュースが増えればもっとみんな良い気持ちになれるのにな

 

男性たちを賞賛する声が多く寄せられる中、身投げをしようとした女性の今後のケアの重要性を訴える声も。

 

■真面目でお茶目なさいたぁマン

今回、「中の人」の活躍によって一躍脚光を浴びている、さいたぁマン。埼玉県のことを県外に広め、人々を笑顔にするご当地ヒーローで、公式サイトによると、好物は埼玉県の特産品。

特殊能力で人々を困らせる『アクダーマ』と戦いながら、一人旅をしているそうだ。

さいたぁマンは埼玉県内外の様々なイベントで活躍しており、埼玉県民でなくてもさいたぁマンの活躍の様子はツイッターやユーチューブで見ることができる。

今年も行田市田んぼアートに参加してきました!みんなで楽しく田植えができました(^_^)おいしいお米ができるといいな。ちなみに稲は埼玉県ブランドの米、彩のかがやきだ! pic.twitter.com/TDiBmrpw2F

— 埼玉戦士さいたぁマン (@saitaamam) June 19, 2017

埼玉県行田市の「田んぼアート」の田植え作業にも参加したさいたぁマン。白いコスチュームを泥だらけにしながら、懸命に田植え作業に励んでいる。

ユーチューブでは、ホームビデオを彷彿とさせる雰囲気ながら、イベントで活躍するさいたぁマンや、季節のイベントにちなんだオリジナルムービーなども。

さいたぁマンはしゃべることができるそうだが、人前で食事をすることは控えているのだそう。

さいたぁマンと共にダンスを踊っているのが、宿敵・アクダーマ。手作り感のあるコスチュームにスニーカーと、親近感が沸くなんとも愛らしいご当地ヒーローだ。

なお、2人の男性の功績を報じた『埼玉新聞』には、さいたぁマンの「中の人」として実名と顔写真が公表されており、感慨深い。

2人の男性によって救助された女性が、今後の人生を歩んで行けることを願いたい。

・合わせて読みたい→夏菜、泥酔して埼玉の山奥の駅で捜索願い騒ぎ 「バカにするな!」と埼玉県民が激怒

(文/しらべぇ編集部・もやこ)

そのトイレに鏡が無い理由とは

 

もう10年も前の学生の頃の話です。

 

私は埼玉県のとある4年生の大学に通っていた男です。

 

外国語に強いその大学は穏やかな校風で、部活に勉強にとキャンパスライフを楽しんでいました。

 

『2棟のトイレに鏡が全く無い理由を知っているかい?』

 

そんな質問を先輩からされたのは2回生の校内合宿の時でした。

明らかにもう一人の・・・

その大学の学部棟は6棟まであり、確かにその2棟だけがトイレに鏡が無いのです。

 

先輩によると、鏡が無い理由は『鏡越しに見えてしまう人が続出したから』・・・とのことでした。

 

他にも『2棟の壁を上半身だけの女性がよじ登っていた』等、何故か2棟だけにそんな噂が数多くあるのです。

 

男女入り乱れての合宿での肝試しなんて、男にとっては色々と理想的な状況です。

 

早速、深夜の『2棟』を探検することになりました。

 

ミッションは、”2棟の各階のトイレに入り、女子に借りた手鏡で周囲を見回す”、というものに決まりました。

 

スタートは私のグループから。

 

深夜の校内はもちろん気持ち悪くはありましたが、人数が4人居たこともあり、恐れていた程ではありませんでした。

 

下の階から順調にミッションをこなしていき、最後に4階のトイレでのミッションを終えるとトイレから出て、後は帰るだけだと安堵した時でした。

 

階段を降りていく途中、妙なことが気になりました。

 

(あれ?足音的に・・・こんなに大人数だったかな?)

 

直後、最悪の事態が頭をよぎりました。

 

無理矢理に心を落ち着かせ、前を向いたままグループメンバーに自然なふりで声を掛けながら降りていきます。

 

全員に声を掛け終わった後、みんなが居たことに安堵して振り返ると、最後尾を歩いていたメンバーのすぐ後ろには明らかにもう一人の髪の長い人影が・・・。

 

私のすぐ横にいた女子も気が付いたようでした。

 

「逃げろー!!!」

 

そう叫んだ後は、よく覚えていません。

 

私は最後尾のメンバーの手を引き、階段を駆け下りたのだと思います。

 

当然、以降のグループの肝試しは中止に。

 

私と私の横で一緒に見た女子は、どうしてもその夜を学校で過ごすことが出来ず、深夜にタクシーで帰宅しました。

 

ちなみに今ではその『2棟』は取り壊され、新しい建物に変わっています。

 

恐ろしかったのですが、幽霊も楽しげな雰囲気に誘われて来てしまったのかなとも後で感じたその出来事は、同時に少し寂しくもある思い出です。

 

(終)

The post そのトイレに鏡が無い理由とは appeared first on 怖いもん通信.