変質者

上の住人と重なる生活音 2/2

前回までの話はこちら

そうこうするうちに3ヶ月が過ぎ、フリーにも飽きた頃、奴は明らかに風邪をひいていた。

 

ゴホゴホと散発的に咳をしている。

 

その日は確か、月曜日か火曜日で週の初めだった。

 

どうやら奴は病欠したようだ。

 

昼ぐらいまでウトウトしていて、ふと思った。

 

向こうの音がこれだけ聞こえるということは、こちらの音も多少ながら向こうに聞こえている訳で、ここで私が昼日中から家に居ることが分かると、奴の方ではどう思うだろうか?

 

当然、奴の方も驚くに違いない。

 

私が思っていたことが、これから奴の考えることになるのではないか?

 

人の目覚ましで起きていたり、同じ時間に風呂やトイレに入ったり、気味の悪い奴だと感じていたそれが、向こうから見れば私が「気味の悪い下の住人」という訳だ。

 

ああ、弱ったな。

 

身動きが取れない。

 

でも、風呂はともかくトイレには行かざるを得ない。

 

ゆっくりこっそり戸を開けて静かに用を足し、不自由に過ごした。

 

早く就職して、この不自由から脱出したい。

 

切に願った。

 

「パキッ」

 

すっかり夜更けになった頃、ベランダの方で音がした。

 

寝ぼけ眼で窓を見ると、街頭に照らされた植え込みの影がさざめいている。

 

掛けっぱなしのハンガーが風でガラスに当たったのだろう。

 

「コーンッ」

 

ベランダの外枠は金属で出来ている。

 

ハンガーが落ちたか?

 

さほど気にする気もなく、もう一度窓を見る。

 

なにか違和感が・・・。

 

もの凄い圧迫感がある。

 

なんだろう?

 

気味が悪い・・・。

 

時間は夜の9時。

 

しまった!見たい番組があったんだ!

 

バッと飛び起きて電気を点ける。

 

録画しなきゃ。

 

テレビのリモコンに手を伸ばした時、窓の淵で何かが動いたような気がした。

 

視界の端にチラッと感じたが、とりあえずテレビ。

 

そしてトイレへ。

 

戻って来た時、先ほどの窓の淵を見てゾッとした。

 

手の跡が付いている!

 

その跡は正確には手のひらではなく、指先がスライドしたような跡。

 

つまり、誰かが窓を開けようとして指先で押してすべった跡だ。

 

背筋がキューッと寒くなった。

 

ライトを持って来て、さらに確かめてみた。

 

反対側の窓の淵にも指の跡があった!

 

ゾクゾク背筋か寒くなる。

 

これはヤバイ!

 

誰かが進入しようとしている!

 

怖くてパニックになりオロオロしていると、これでもかというタイミングで電話が鳴った。

 

ビックリして本当に3センチぐらい飛び上がった。

 

番号表示機能が無い電話機だったので、誰か分からない。

 

留守電に切り替わるまで心臓をバクバクして見守るしかなかった。

 

「おらんのか?おーい、A子」

 

お父さん?!

 

なんというタイミング!

 

普段はウザイだのムカツクだの思っていた父親が、この時ほど偉大な守護神に思えたことは無かった。

 

夜中というのに、隣県から父親が来てくれた。

 

母親も一緒に来てくれた。

 

一晩、文字通り川の字になって寝た。

 

この時ほど両親がありがたい存在だと実感した時はなかった。

 

なんて自分は幸せだったのかと、そう思うと涙がこぼれて泣きながら爆睡した。

 

その夜、父親はトラップを仕掛けていた。

 

ビデオカメラで指跡の着いた窓を録画し続けたのだ。

 

すでにお分かりだろうが、そこに映っていたのは「上の住人の男」だった。

 

そう言えば、いつからか見かけなくなったパンツが何枚かあった事とか、風呂に入る度に外を人が歩いていく音を聞いたとか、思い出すとあれもこれもいろいろ不審な事象があった。

 

とりあえず一件落着した。

 

後日、警察へ行くことになるのだが、上の住人の男がどうなったかは想像に任せる。

 

(終)

The post 上の住人と重なる生活音 2/2 appeared first on 怖いもん通信.

上の住人と重なる生活音 2/2

前回までの話はこちら

そうこうするうちに3ヶ月が過ぎ、フリーにも飽きた頃、奴は明らかに風邪をひいていた。

 

ゴホゴホと散発的に咳をしている。

 

その日は確か、月曜日か火曜日で週の初めだった。

 

どうやら奴は病欠したようだ。

 

昼ぐらいまでウトウトしていて、ふと思った。

 

向こうの音がこれだけ聞こえるということは、こちらの音も多少ながら向こうに聞こえている訳で、ここで私が昼日中から家に居ることが分かると、奴の方ではどう思うだろうか?

 

当然、奴の方も驚くに違いない。

 

私が思っていたことが、これから奴の考えることになるのではないか?

 

人の目覚ましで起きていたり、同じ時間に風呂やトイレに入ったり、気味の悪い奴だと感じていたそれが、向こうから見れば私が「気味の悪い下の住人」という訳だ。

 

ああ、弱ったな。

 

身動きが取れない。

 

でも、風呂はともかくトイレには行かざるを得ない。

 

ゆっくりこっそり戸を開けて静かに用を足し、不自由に過ごした。

 

早く就職して、この不自由から脱出したい。

 

切に願った。

 

「パキッ」

 

すっかり夜更けになった頃、ベランダの方で音がした。

 

寝ぼけ眼で窓を見ると、街頭に照らされた植え込みの影がさざめいている。

 

掛けっぱなしのハンガーが風でガラスに当たったのだろう。

 

「コーンッ」

 

ベランダの外枠は金属で出来ている。

 

ハンガーが落ちたか?

 

さほど気にする気もなく、もう一度窓を見る。

 

なにか違和感が・・・。

 

もの凄い圧迫感がある。

 

なんだろう?

 

気味が悪い・・・。

 

時間は夜の9時。

 

しまった!見たい番組があったんだ!

 

バッと飛び起きて電気を点ける。

 

録画しなきゃ。

 

テレビのリモコンに手を伸ばした時、窓の淵で何かが動いたような気がした。

 

視界の端にチラッと感じたが、とりあえずテレビ。

 

そしてトイレへ。

 

戻って来た時、先ほどの窓の淵を見てゾッとした。

 

手の跡が付いている!

 

その跡は正確には手のひらではなく、指先がスライドしたような跡。

 

つまり、誰かが窓を開けようとして指先で押してすべった跡だ。

 

背筋がキューッと寒くなった。

 

ライトを持って来て、さらに確かめてみた。

 

反対側の窓の淵にも指の跡があった!

 

ゾクゾク背筋か寒くなる。

 

これはヤバイ!

 

誰かが進入しようとしている!

 

怖くてパニックになりオロオロしていると、これでもかというタイミングで電話が鳴った。

 

ビックリして本当に3センチぐらい飛び上がった。

 

番号表示機能が無い電話機だったので、誰か分からない。

 

留守電に切り替わるまで心臓をバクバクして見守るしかなかった。

 

「おらんのか?おーい、A子」

 

お父さん?!

 

なんというタイミング!

 

普段はウザイだのムカツクだの思っていた父親が、この時ほど偉大な守護神に思えたことは無かった。

 

夜中というのに、隣県から父親が来てくれた。

 

母親も一緒に来てくれた。

 

一晩、文字通り川の字になって寝た。

 

この時ほど両親がありがたい存在だと実感した時はなかった。

 

なんて自分は幸せだったのかと、そう思うと涙がこぼれて泣きながら爆睡した。

 

その夜、父親はトラップを仕掛けていた。

 

ビデオカメラで指跡の着いた窓を録画し続けたのだ。

 

すでにお分かりだろうが、そこに映っていたのは「上の住人の男」だった。

 

そう言えば、いつからか見かけなくなったパンツが何枚かあった事とか、風呂に入る度に外を人が歩いていく音を聞いたとか、思い出すとあれもこれもいろいろ不審な事象があった。

 

とりあえず一件落着した。

 

後日、警察へ行くことになるのだが、上の住人の男がどうなったかは想像に任せる。

 

(終)

The post 上の住人と重なる生活音 2/2 appeared first on 怖いもん通信.

上の住人と重なる生活音 1/2

 

5~6年前の話になる。

 

一人暮らしをしていた頃、アパートの真上の住人の生活音がうるさかった。

 

強がりの弱虫な私は、徐々にエスカレートする生活音にイライラしていた。

 

歩いたり、戸を開けたり、そんな音ならお互い様と思っていたのだが、何ヶ月も時間が過ぎると「生活のリズムが似ている」ことに気が付いた。

 

と言っても、上の住人も社会人らしかったから、朝起きる時間や寝る時間が近いのは当たり前なのだが、風呂の時間やトイレの時間まで重なるとかなりイヤである。

 

しかも、結構な確率で重なる。

 

タイミングをあえて外したりずらしたりしていたのだが、狭いアパートで全室同じ造りだからか、動線が似てくることはあるかも知れない。

 

ひょっとして上の住人も同じように考えてずらしたりしていたのだとしたら、結局タイミングが重なってしまう。

 

裏の裏はまた裏、いや表と見せかけてまた表、くだらない動線ずらしの果てに、同じタイミングで風呂に入ったりしていた。

 

あえて気にするからそうなるのだと思い、努めて気にしないようにしてはいたのだが、上の住人と同じ考えだったのか、やはり重なる。

上の住人の正体

ある時、祭日振り替えの平日休みがあった。

 

プレステでゲームをしていたら、咳き込む音がした。

 

「上の住人も休みだったのか?!」とちょっと驚いた。

 

と言うのも、その日は休日振り替えの祭日ではなく、私の務める会社が祭日返上営業した振り替えの休日だったからだ。

 

つまり、同じ会社の人間だけの休みなのだ。

 

「いや、同じ様な休みを取った会社ならいっぱいあるだろう」と思われるかも知れない。

 

それが祭日の翌日、翌々日だったらありえる事だ。

 

一週遅れで暇な日を見つけて休日にした会社だったら、確率は下がるのではないか?

 

それでも、たまたま上の住人が風邪でもひいて、休んだ日が重なったんだと思えば偶然でしかない。

 

その時は、「珍しいこともあるもんだ」と、それしか言いようがなかった。

 

それから半年が経ち、めったに風邪をひかない私が寝込んだ。

 

結構な熱が出て、お昼にテレビを見ながらうつらうつらしていると、上の部屋からバタンッ!と戸が閉まる音がし、ドスドス歩く音がした。

 

目が点になった。

 

今日は祭日でもない金曜日。

 

上の住人は、お昼のこの時間に帰って来たのか?

 

忘れ物でも取りに帰ったのかと思っていたが、一向に出て行く気配が無い。

 

あれ?やっぱり帰って来たのか?

 

あるいは、上の住人は大学生かなにか、会社員とは違う人種なのかと。

 

それからまた半年ほど経った頃。

 

その日、朝寝坊してしまった。

 

仮病で「休ませて下さい」と嘘をつき、ズル休みをした。

 

名目上は風邪なので、おとなしくプレステでゲームをやろうとした。

 

アパートの住人は隣のばあさんを除いて、会社員か類するものばかりだから、何もない平日には人の気配が無い。

 

・・・はずだった。

 

なんと、上の住人が居る!

 

長い間、奴の生活音を苦にしていると、それが奴か奴でないかは分かる。

 

この時は、プレステに伸ばした手が硬直するほど驚いた。

 

どうやら、奴は慌てたらしい。

 

ガタガタやってドアを開けて走っていく音が聞こえた。

 

窓から見ると、スーツ姿の男が遠ざかっていく。

 

もしかしたら、上の住人はいつも私の目覚ましで起きていたのか?

 

今までの奇妙なリンクはそれかも知れない。

 

そう考えると合点がいくようだ。

 

フタを開けると他愛もないからくりだった訳だ。

 

そして2年が過ぎ、色々あり転職することにした。

 

まあ簡単に言えば、「後のことを考えず辞表を出した」のだが、後のことを考えてなかったのでしばらくは無職だった。

 

最初の1ヶ月ぐらいは自由を謳歌していた。

 

昼まで寝た。

 

朝までテレビを見た。

 

自堕落な生活を楽しんでいた。

 

先の予想通り、上の住人は私の目覚ましで起きていたようで、その1ヶ月は慌てて出勤する姿をよく見かけた。

 

しばらくすると慣れてきたのか、私が起きるのが遅いのか、慌てる奴を見かけなくなり、夜10時や11時過ぎに帰ってくるようになった。

 

2ヶ月を過ぎると奴の生活リズムが狂い始め、夜中の2時や3時にトイレに行く音が聞こえるようになった。

 

(続く)上の住人と重なる生活音 2/2

The post 上の住人と重なる生活音 1/2 appeared first on 怖いもん通信.

暗闇から聞こえてきたもの

 

その時は確か冬でした。

 

こたつの中で寝てしまった私を、家族はそのままにして各々寝床についていました。

 

疲れて寝てしまったとはいえ、半端な時間に寝れば、起きるのも半端になります。

 

起きたのは夜の1時過ぎだったと思います。

 

暗くて時計は良く見えませんでしたから。

 

「参ったな・・・宿題やってないや」と思って布団をめくり、起き上がる前に何か異変を感じました。

 

「ニャア」という、猫の鳴き声がしていたのです。

気味の悪い、ただの悪夢?

私は少し訝しみましたが、猫がさかっているのだと思い、暗い外に目だけを向けました。

 

すると、薄暗闇に何か大きな影が見えました。

 

それは、じっとこちらを向いています。

 

そして、その影から断続的に「ニャア」という声が聞こえるのです。

 

カーテンの開いたガラス戸から覗くその影は、暗くて表情が見えませんでした。

 

ですが、それは間違いなく『人間』でした。

 

発する声を除けば、ですが。

 

「ニャア、ニャア、ニャア・・・」

 

声は何かを訴えるような抑揚も無く、ただ一定に鳴いているだけでした。

 

向こうは灯火と月の光で明るく、こちらは暗い室内。

 

こちらからそいつが見えても、向こうはガラスが鏡のようになって中を覗うことは難しいはずです。

 

気付くことが無いはず。

 

それでも怖い。

 

私は身動きが取れませんでした。

 

しかし、10分20分と経っても、それは変わらずにそこに居続けました。

 

仮に障害者だとしても執拗で、変質者としては静か過ぎる。

 

ただ鳴くだけで、それだけなのです。

 

「ニャア、ニャア、ニャア・・・」

 

気味が悪いけれど単調な声であるせいか、身動きが取れない私は思考がどんどん鈍化し、眠くなってしまいました。

 

今思えば変な話です。

 

つい先程まで寝ていたのに、それに緊張しきっている自分がこうも簡単に寝入ってしまうなんて。

 

でも、そのままプツンと意識は途切れ、私はそいつを見失いました。

 

翌日、朝起きればその場所には何も無く、家族に訊いても誰も気付いてはいませんでした。

 

庭の芝に特に異変はなく、雨も降っていなかったので足跡の類も見つかりません。

 

親には「夢を見ていたのだろう」と諭され、渋々頷いたのを覚えています。

 

ひょっとすると本当に、ただの夢だったのかも知れません。

 

気味の悪い、ただの悪夢。

 

でも、今も思い出してしまいます。

 

あの「ニャア」という鳴き声を・・・。

 

そのせいか、猫のさかる声は今も苦手です。

 

(終)

The post 暗闇から聞こえてきたもの appeared first on 怖いもん通信.

私を襲った4年越しの恐怖

 

私が小学4年生の頃の事です。

 

学校の授業が終わってランドセルを家に置いた私は、家が近くて学年が二つ下の仲が良かった女の子と近所の公園で遊んでいました。

 

まだ辺りは明るかったので、夕方の3時から4時頃だったと思います。

 

いつものように滑り台で遊んでいると、学ランを着た男の人に「こんにちは」と声をかけられました。

 

制服ではありましたが顔が幼かったので、高校生というより中学生のお兄さんだと思った事を覚えています。

 

私たちが「こんにちは」と返すと、学ランのお兄さんは「○○中学校ってどこにあるか分かる?」と訊いてきました。

私の事を覚えていなかったかも知れませんが・・・

○○中学校は、私たちの通っている小学校の生徒のほとんどが進学する中学校で、小学校から徒歩で10分圏内にあります。

 

直接行ったことはなかったのですが、場所はなんとなく分かっていたので、「なんとなくなら知っています」と答えました。

 

するとお兄さんは、「用事があるから行きたいんだけど場所が分からないんだ。君たち連れて行ってくれない?」と言ってきました。

 

困っている人は助けなくてはいけない、という変な正義感をもとに、私たちは「いいですよ」と、そのお願いに答えることにしました。

 

3人で他愛もない話をしながら公園を出て並んで歩き始めたのですが、少しするとお兄さんが先頭になって私たちが後ろを付いていくという順番になっていました。

 

(どうして道を知らないお兄さんが先頭を歩いているのだろう・・・)という違和感に気付いた瞬間から、(このまま誘拐されてしまったらどうしよう・・・)という恐怖が私を襲いました。

 

急に黙った私たちに気付いたのか、お兄さんは「大丈夫?ちょっと小学校で休憩していこうか?」と提案してきました。

 

ちょうど目の前に小学校があったので、「ここなら先生もいるし安心」と思った私は、「そうしましょう」と答えました。

 

小学校の構内に入り、座って少し話しをしていると、お兄さんは「友達になってくれる?」と言って、私を抱きしめてきました。

 

そして全身を触り始めたので、勇気を振り絞って「イヤです!」と言って、友達の手を引いて逃げました。

 

走りながら後ろを振り返ってもお兄さんは追って来なかったので、安心しつつもその日は真っ直ぐ帰宅しました。

 

しばらくはその出来事が頭から離れず、公園で遊ぶ事は減ってしまいましたが、時間が経つにつれてその時の恐怖感などは薄れていきました。

 

時が経って、中学1年生になった私はテニス部に入りました。

 

毎日部活があるので、中学校を出るのは大体夕方の6時頃でした。

 

いつもは家が近い同じテニス部の子と帰っているのですが、たまたま一人で帰っていた日の事です。

 

後ろから「すみません」と、男性に声をかけられました。

 

振り向くと、なんとなく見覚えのある顔の、学ランの男性が立っていました。

 

「○○中学校ってどこにあるか知っていますか?」

 

・・・と言う、その男性の言葉を聞いて鳥肌が立ちました。

 

見覚えのあるその男性は、私が小学4年生の頃に同じように声をかけてきて、小学校で抱きついてきたあの男性だったのです。

 

心臓がバクバクいっているのを感じましたが、周りには同じように部活帰りの生徒がちらほらいたので「分かりません」と無愛想に答え、早足で歩き出しました。

 

歩き出して数分が経った頃に恐る恐る振り向くと、その男性は私と逆方向に歩いていました。

 

その男性は私の事を覚えていなかったかも知れませんが、4年越しで『同じ男性』に『同じ手口』で声をかけられたことにはゾッとしました。

 

そういった変質者が出たという話は聞かなかったですし、その後に出くわすこともなく過ごせているのは救いですが、とても怖かった体験でした。

 

(終)

The post 私を襲った4年越しの恐怖 appeared first on 怖いもん通信.