幽霊の目撃談がある場所にて

 

今年の夏、幼なじみの家に遊びに行った。

 

その道すがら体験した話。

 

幼なじみの家は自転車で15分くらい。

 

うちの地元は田んぼが多くて、しかも街灯が少ないから夜はめちゃくちゃ暗い。

 

道のりに新幹線の高架下を通るのだが、そこがいつも気持ち悪くて・・・。

 

近所ではちょっと有名な場所なんだ。

 

目撃談もそこそこあるようで。

俺にとっての初めての心霊体験

俺は気持ち悪いのはイヤだし、暗くて怖かったから、イヤホンで聴いていた音楽を歌いながら自転車を漕いでいた。

 

そして、高架下をなるべく意識しないように通過。

 

安心していると、前方にTシャツにジーンズ姿の男の子が街灯の近くに立っていた。

 

田んぼを眺めている感じだった。

 

歌を歌っているのを聞かれるのが恥ずかしかったので、声を小さくして男の子を左手に見て通り過ぎた。

 

「やべぇ、聞かれちゃったかな」と、少しはにかみながら。

 

だけど、「あれ?」とあることに気付いた。

 

俺の左って、田んぼの用水路しかないんだ。

 

それも、結構深めの。

 

男の子はちょうどその辺りに居たような・・・

 

そう思い、バッと振り返る。

 

誰も居ない。

 

おかしいな・・・と思い、前を向き直す。

 

すると、すぐ目の前にさっきの子と思われる男の子がこっちを向いて立っていた。

 

「ぶつかる!!」と思い、急にハンドルを切ったら激しく転んでしまった。

 

転んでいる最中に、男の子の顔が見えた。

 

それが異様で、今も忘れられない。

 

鼻が無かった。

 

上唇も無かった。

 

上の歯だけが見えている状態。

 

本当に異様。

 

何だったんだと振り返ると、もうそこには何も居なかった。

 

とにかく離れなきゃと思って自転車にまたがると、左後方から「あそぼう」という声が聞こえた。

 

足擦りむいたりして血が出ていたけれど、必死に自転車を漕いだ。

 

もう歌う余裕は無かった。

 

とにかく必死に漕いで幼なじみの家へ一目散。

 

途中ペダルが妙に重くなったと感じた時間もあったが、知っているお経をぶつぶつ唱えながら半泣きで幼なじみの家に行った。

 

幼なじみの家で塩を撒いてもらい、一応それからは異常はなかったけれど、あれはなんだったんだろうか。

 

未だに分からないまま夏は過ぎた。

 

それが、俺にとっての初めての心霊体験だった。

 

(終)

The post 幽霊の目撃談がある場所にて appeared first on 怖いもん通信.

この先ずっと同じ季節で過ごすなら「夏」vs「冬」どっちを選ぶ?

(liza5450/iStock/Thinkstock)

少しずつ気温が下がり、季節は夏から秋へ移り変わっている。外に出たら日焼けして、「暑い…」と愚痴をこぼし、不快な虫が発生する夏も、過ぎてみると名残惜しく感じるもの。

ここで究極の選択。もし、自分の住んでいる地域が一生同じ気候になってしまうとしたら、「夏」と「冬」のどちらを選ぶだろうか?

 

■一生同じ気候になるなら「夏」vs「冬」

しらべぇ編集部では、全国20~60代の男女1,348名を対象に調査を実施した。

結果、「ずっと夏」を選んだのは49.0%に対し、「ずっと冬」は51.0%と僅差で冬を選んだ人が多かった。

大きな特徴が現れたのは、地域別の調査。北海道や北陸・甲信越は、夏を選んだ人が6割。冬寒そうな地域でも、雪深いイメージのあるエリアが目立っている。

一方、九州・沖縄は冬を選んだ人が6割と、自分の住んでいる地域で、短い季節を選ぶ傾向があるようだ。

 

■高所得者は冬が嫌い?

年収別では、700万以下では夏がわずかに冬を下回っているが、700~1,000万で夏と答えたのは65.7%、1,000万以上でも64.9%と、700万を境目に夏が優勢となる。

夏の魅力は、バーベキューや花火、お祭りなどのイベントや、海や山へ、アウトドアでわいわい楽しむことができること。また、服も厚着しなくていいので面倒くさくない。

一方で、外に出ればキーンと張りつめた空気が気持ちよく、家の中に入れば、ぽかぽかしながら鍋などの食べ物が美味しいのは、冬の魅力である。

四季のある日本で、夏派と冬派がほぼ互角だったのは、興味深い結果だ。

・合わせて読みたい→夏なんて大嫌い! でも終わると寂しいと思う人は約4割も

(文/しらべぇ編集部・小河 貴洋

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年8月25日~2017年8月28日対象:全国20代~60代の男女1,348名(有効回答数)