夏バテ

一生禁止されるなら「肉禁止」vs「酒禁止」どっちを選ぶ?

(golubovy/iStock/Thinkstock)

近頃では、夏の暑さやストレス、夏バテを解消する目的で、「暑気払い」や「残暑払い」と称した飲み会を聞くことが多くなった。

主に、体に溜まった熱気や暑さをうち払い、スタミナや体力を付けることを名目とした宴会を指すため、肉料理のような、精力をつける食べ物と共にお酒を楽しむ集まりとして、楽しみにしている人もいるだろう。

 

■「肉」vs「酒」一生禁止されるならどっちを選ぶ?

ここで究極の選択。もし、「肉」か「酒」のどちらかを一生禁止されてしまうとしたら、どちらを選ぶだろうか?

しらべぇ編集部では、全国20~60代の男女1,348名を対象に調査を実施した。

一生「酒禁止」を選んだ人は75.3%。4人に3人が飲酒を我慢すると答えている。一方で、「肉禁止」を選んだのは24.7%と大きく差が開いた。

 

■高所得者ほど「酒禁止」がツラくなる?

年代別では各年代で大きな差はないが、年収別では違いがハッキリ現れている。

年収300万未満で「酒禁止」よりも「肉禁止」がいいと答えたのは20.0%。年収が高くなるにつれて「肉禁止」を選んだ人の割合が増えていき、1,000万以上では45.9%と、25ポイントも多く、半数に迫る。

年収が高いほど酒禁止をいやがるのは、普段から、高所得者に飲酒や酒の席を大事にする傾向があるからだと予想できる。

 

全体的には、一生禁止されるなら「酒」を選んだ人が多数派。

肉食系男子が減ったと言われる昨今だが、お腹がペコペコの時や、活力が必要な時に食べたいお肉には、我慢ができないようだ。

・合わせて読みたい→佐藤二朗、お酒が原因で妻からクレーム 「離婚の念書」まで書かされた

(文/しらべぇ編集部・小河 貴洋

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年8月25日~2017年8月28日対象:全国20代~60代の男女1,348名(有効回答数)

夏疲れをオフ!納豆と夏野菜のすだちジュレそうめん

モテ子 めんつゆのジュレがそうめんや具材と絡まって、いつものそうめんがより一層美味しく楽しめるわよ。真夏は、めんつゆジュレを凍らせてシャーベット状にしても美味しそうだわ。

暦の上では9月に入ったとはいえ、まだまだ暑いので夏気分が抜けませんね。そんな時は食事でも思いっきり夏の余韻に浸りましょう。今回は、今年の夏大注目だった「すだち蕎麦」をヒントに、ジュレをのせて涼しさを感じながら、栄養満点の夏野菜をのせたそうめんのレシピをご用意しました!夏が旬のなす、ミニトマト、さらに優れた栄養バランスをもつ納豆をのせましたよ。肌と腸内環境を整えて、身体の内側から夏の疲れを取り除き、美しさを引き立ててくれる1品です。

材料の働きと効果

すだち

すだちは柑橘類の中でもビタミンCやクエン酸が豊富で、疲労回復効果やアンチエイジング効果、胃腸の働きを促進してくれます。また、すだちの香り成分のもととなっているリモネンは、リラックス効果があるといわれています。

納豆

古くから日本の食卓を彩ってきた「納豆」は、完全食品といってもいいほど優れた栄養バランスを持った食品の1つ。納豆に含まれるムチンは、食後の血糖値の上昇を抑えるほか、整腸作用や新陳代謝を高める効果があるので、便秘の解消や腸内環境の改善、肌の生まれ変わりをサポートしてくれます。

納豆と夏野菜のすだちジュレそうめん (1人前 494 kcal)

材料(1人分)

そうめん100g なす1/2本 ミニトマト適量 ブロッコリースプラウト適量 すだち2—3個(お好み量) めんつゆ(ストレート)250cc ゼラチン2.5g お湯大さじ1 ミニトマト適量 油適量 ゆで卵(卵黄のみ)1個 納豆1パック

作り方

1 鍋にめんつゆと、湯としっかり混ぜ合わせたゼラチンを入れて火にかけ、沸騰したら火を止めます。冷蔵庫で3時間ほど冷やすか、冷凍庫で1時間ほど冷やし、ジュレ状に固めます。 2 そうめんは表示通りに茹でて水で洗ってザルにあげておきましょう。 3 なすは2㎝幅の輪切り、ミニトマトは4等分、ブロッコリースプラウトは根を切ってほぐします。すだちは薄く輪切りにします。 4 油を熱したフライパンになすを入れて、こんがり焼き色がつくまで焼きます。 5 器にそうめん、なす、すだち、納豆、ミニトマト、ブロッコリースプラウトをのせて、めんつゆジュレをかけます。 6 仕上げに、卵の黄身をすりおろし器ですりおろし、彩りを添えたら完成☆

ポイント

なすは油との相性が良く、多めの油を使って高温で手早くこんがり焼くと美味しく仕上がります。お湯で溶かしたゼラチンは、冷めた状態のめんつゆにしっかり混ぜ合わせてから火にかけることで見た目も綺麗なジュレに仕上がります。

The post 夏疲れをオフ!納豆と夏野菜のすだちジュレそうめん appeared first on ガール配信局.

レンチンで簡単☆メインにもなる豆腐バーグのオムレツ風

モテ子: 豆腐とひき肉のさっぱりした食感に、卵とケチャップが合うわよ。

今年の夏も暑いですね。すっかり夏バテ気味で、食事が大事だとわかっていても作る気力を無くしていませんか?そこで今回は、包丁を一切使わずに、混ぜてレンジでチンするだけでメインのおかずになる簡単おいしいダイエットレシピをご紹介します。美容効果はもちろん、夏バテ解消にも一役買ってくれる食材がこれ1品でOK!朝からしっかりたんぱく質がチャージできるので、朝、時間がない人の朝食にもおすすめです。

材料の働きと効果

豚ひき肉

豚肉にたっぷり含まれているビタミンB1は、糖質を体内でエネルギーに変える働きをもっています。さらに、疲労回復の働きがあるため夏バテ予防にぴったりの食材の1つ。今回は、このビタミンB1の消化吸収をサポートしてくれるねぎを加えているので、体内での働きの効率がアップしますよ。また、豚肉にはヘム鉄が多く含まれ、血行を良くして、冷房で冷えがちな身体をあたためてくれます。

たまごは野菜と比べて日持ちする上、完全食品と呼ばれるほど、栄養価の高い食材。良質な動物性たんぱく質の定番ですが、そのほかにもコラーゲンの元になる必須アミノ酸やビタミン・ミネラルなども豊富。また、卵黄には記憶力を高める働きがあるといわれるコリンが含まれ、その量は大豆の3倍だとされています。

豆腐バーグのオムレツ風(1人前 259 kcal)

材料(2人分)

木綿豆腐70g 豚ひき肉120g 卵1個 ねぎ適量 ブロッコリースプラウト適量 【A】 鰹節大さじ1/2 しょうゆ大さじ1 みりん大さじ1

作り方

1 豆腐はしっかり水切りします。ねぎは小口切りにし、スプラウトは根を切り落とし、ほぐしておきます。 2 卵は、卵黄と卵白にわけて、卵白のほうは電動泡立て器でしっかりツノが立つまで泡立て、そこへ卵黄を加えてサッと混ぜ合わせます。 3 ビニール袋に木綿豆腐、豚ひき肉、【A】の材料をすべて入れて、手で揉んで混ぜ合わせます。 4 2を耐熱皿に薄く広げ、ふんわりラップをかけて、600wのレンジで3分~4分加熱します。 5 レンジから取り出し、出てきた水分を捨てます。 6 4に2の卵をのせ、再び600wのレンジで1分30秒加熱します。 7 ケチャップをかけ、スプラウトを散らしたら完成~♪

ポイント

工程2で卵白はしっかりツノが立つまで泡立てましょう。卵白がしっかり冷えているとツノが立ちやすいです。お好みで卵を増やすとボリュームUPできますよ。

The post レンチンで簡単☆メインにもなる豆腐バーグのオムレツ風 appeared first on ガール配信局.

夏こそ薬膳!夏バテ防止の簡単薬膳料理とその効果

モテ子: 難しく考える必要はないわよ。

最近の夏は、異常に気温が高くて日差しもとても強いですよね。健康な方でも、こんなに暑くては「夏バテ」してしまうし、お肌も身体も心もクタクタになってしまいます。ほとんどの人が、食欲も落ちてしまいますが、こういうときこそ食事はとても大切です。今回は、夏バテ防止におすすめの薬膳料理や食材についてお伝えします。

薬膳とは?

photo by Fotolia.com

薬膳とは、中医学のなかにある治療法のひとつです。普通の食事とは違い、中医学の考え方に基づいて食材そのものが持っている効果や力を、いろいろと組み合わせて料理をするだけではなく、その食べ方にもこだわりがあるのが特徴です。

食材そのものの特性・効果や働きで分類する考え方

  • 五味(ごみ)…酸味、苦味、甘味、辛味、鹹(かん/塩辛い味)のこと。それぞれ、順に中医学にある五臓六腑の五臓「肝・心・脾・肺・腎」につながり調子を整える効果があると考えられている。
  • 五性(ごしょう)…熱、温、平、涼、寒という独特の呼び名をつけ、食材による身体の温度変化を表現すること。

食べ方についての考え方

  • 薬食同源(やくしょくどうげん)…普段から食事の内容に気を配ることで、自然治癒力を高めこと。
  • 一物全食(いちぶつぜんしょく)…食材を余すところなくまるごと食べること。
  • 身土不二(しんどふじ)…自分の住んでいる土地でできた旬の食物を食べること。

とても、簡単にまとめましたが、なんとなく薬膳のイメージは湧きましたか?このように薬膳は中医学の考え方を取り入れ、体調や体質、季節などに合わせて料理が作られています。

夏バテに効果的な薬膳の考え方と食材

旬の食材を食べる

旬の食材は、季節に応じた効果を持っているものが多く、夏の場合は体温を調節したり、水分代謝を良くしたりします。

  • ナス、きゅうり、トマト、レタス、冬瓜、かぼちゃ、とうもろこし、オクラ、ししとう、パプリカ、枝豆、ズッキーニ、バナナ、マンゴー、すいか、メロン、ぶどう、桃、なし、など。

にがいもの(苦味)を食べる

にがいものは、身体から熱を逃がしてくれます。

  • ゴーヤ、ピーマン、セロリ、ごぼう、モロヘイヤ、ミョウガ、山菜、緑茶、紅茶、コーヒー、ビール、など。

疲労回復効果のあるものを食べる

  • お米、そば、豆類、芋類、豚肉、とり肉、レバー、山芋、にんにく、うなぎ、朝鮮人参、なつめ、クコの実、など。

なるべく食材を温めて食べる

冷たいものばかり選んでしまいがちですが、1品でもあたたかいものを添えて食べるようにしましょう。

夏におすすめの簡単薬膳レシピ

photo by Fotolia.com

夏野菜たっぷりの「夏おでん」

温かくても冷やしても、どちらでも食べられます。普段のおでんの具を、夏野菜(トマト、とうもろこし、オクラ、ナスなどお好きなもの)に変えるだけ。また、和風だしをコンソメスープに替えると、洋風の味付けでも楽しめます。

雑穀ごはんで食感も楽しい「うなぎのちらし寿司」

普段のお米に雑穀(きび、あわ、ハトムギ、もち麦など)をいれるだけでも、水分代謝が良くなり、疲労回復効果が期待できます。炊きあがったら、酢飯にして、細かく切ったうなぎ、おくら、きゅうり、薄焼きたまごなどを混ぜるだけです。コーンを入れると子供向け、ミョウガや青シソを入れると大人向けの味になります。

栄養たっぷり「ドライカレー」

合いびきミンチ、ピーマン、トマト、タマネギ、オクラ、ナスなどの夏野菜をみじん切りにして、バター、カレー粉、塩こしょうで炒め、最後にごはんを入れてさらに炒めてできあがりです。クコの実やアーモンド、レーズンなどを入れても美味しいですよ。

終わりに

夏の薬膳料理は、いかかでしたか?アバウトな分量でも、簡単に作れるメニューばかりなので、いろいろと応用してみてくださいね。薬膳は夏バテだけではなく、美容面にも効果抜群です!あとは、しっかりと睡眠をとって、夏バテに負けないようにしましょう。

The post 夏こそ薬膳!夏バテ防止の簡単薬膳料理とその効果 appeared first on ガール配信局.

旬の野菜でひんやり美肌!ナスのさっぱり煮浸し

モテ子 仕上げに鰹節をふるから、煮汁はまるでだし汁を使っているかのような味わいよ。冷やして食べるのも美味しいわ。

なすが美味しい季節になりましたね!煮る・焼く・揚げる、どんな風に調理しても美味しくいただけてさらにお味噌汁に入れてもOK、と本当に万能な夏野菜です。今回は、そのなすを素焼きにして本来の美味しさを味わえるレシピをご紹介します。揚げずに作れるので低カロリーなうえ、味付けは酢をいれてさっぱり仕上げます。薬味がなすの美味しさをよりいっそう引き立ててくれる夏らしい1品ですよ。

材料の働きと効果

なす

なす独特の紫色の皮にはポリフェノールの一種である「ナスニン」が含まれています。そのため抗酸化作用から美肌効果・アンチエイジング効果が期待できます。またナスニンは、眼精疲労にも効果的だといわれています。さらに、なすはカリウムも多いため、むくみ解消や血圧の安定をサポートしてくれます。

ねぎ

ねぎ特有の香り成分である硫化アリルは、ビタミンB1といっしょに摂ることで疲労回復の効果が発揮され、夏バテ予防にも効果が期待できます。今回は、もち麦や卵といっしょに食べることで疲労回復に効果的です。また、アリシンにはコレステロールを減少する働きがあることも報告されています。

ナスのさっぱり煮浸し(1人前 142 kcal)

材料(2~3人分)

なす2本 もち麦(ゆでて水切りしたもの)大さじ2 水300cc 生姜適量 ゆで卵2個 ねぎ適量 花鰹適量 【A】 みりん大さじ1 砂糖大さじ2 黒酢大さじ1/2 しょうゆ大さじ3-4

作り方

1 なすは縦半分に切って水につけてアクぬきをしたら、グリルで素焼きにします。 2 片面約7分ずつ焼いたあと、冷めきらないうちに皮と身をはがします。 3 生姜は細切り、ゆで卵は輪切り、ねぎは小口切りにします。 4 鍋に、水を入れて火にかけて沸騰したら、もち麦と調味料【A】をすべて入れて再度沸騰させます。 5 鍋に2のなすを加えて、弱火で10分ほど煮込みます。 6 お皿に5.のなすを盛りつけ、仕上げにゆで卵、ねぎ、生姜をのせて、花鰹をふりかけたら完成♪

ポイント

なすを、皮と身にわける作業は熱いうちに行うのがポイント。やけどに注意して、スプーンなどを使って行うと皮がはがれやすく作業しやすいですよ。できあがったらすぐに盛りつけず、鍋の中で2~3時間置いておくと味がしみて、よりいっそう美味しく頂けます。冷やして食べるのもおすすめです。

The post 旬の野菜でひんやり美肌!ナスのさっぱり煮浸し appeared first on ガール配信局.

盛り付け野菜で美容効果UP!オリジナル冷やし中華☆

モテ子: 冷やし中華のタレが簡単に作れるわよ。練りごまとマヨネーズが入っているからとってもまろやかで食べやすい味わいだわ。夏バテになったときにもおすすめね。

これからの時期、暑さによって食欲が衰えたときにサラリと食べられて、大活躍の麺類。その麺類の中でも、冷やし中華は幅広い世代から人気の高い夏の定番料理です。冷やし中華は具材を変えるだけで、たくさんのアレンジ料理を楽しむことができますよね。今回は、手作りタレでさっぱり食べやすく、美容効果の高い野菜を彩豊かに盛り付けた冷やし中華のレシピをご紹介します♪

材料の働きと効果

きゅうり

きゅうりは約90%が水分ですが、利尿作用やむくみの解消に効果的なカリウム、イソクエルシトリンが豊富に含まれています。また、たっぷりの水分に加え、ミネラルとビタミンB群をバランスよく含んでいるので夏バテ解消にも一役買ってくれます。

ミニトマト

トマトと比べてミニトマトは、ビタミンC、βカロテン、葉酸ともに約2倍の量を含み、トマトよりも栄養価が優れています。特にβカロテンは、皮膚や粘膜を強くして免疫力を高め、ガン予防やアンチエイジング効果が期待できます。

オリジナル冷やし中華☆(1人前 322kcal)

材料(2人分)

中華麺(生)2人分 鶏ムネ肉80g きゅうり1本 ゆで卵1個 ミニトマト適量 スプラウト1/3パック 生姜1/2個 油適量 【A】 練りごま大さじ2 すりごま大さじ1/2 醤油大さじ2 きび砂糖大さじ2 黒酢大さじ1 マヨネーズ大さじ1/2 水大さじ3~5

作り方

1 鶏ムネ肉は、油を熱したフライパンで両面をこんがり焼き、中まで火が通ったら包丁で1㎝幅に切ります。 2 きゅうりは斜め薄切りにしてから細切りに、ゆで卵とミニトマトはそれぞれ半分に切ります。スプラウトは根を切ってほぐし、生姜は皮をむいて千切りにしておきましょう。 3 小鍋にAの材料を入れたら混ぜ合わせて火にかけ、沸騰したら火を止めて人肌程度に冷まし、冷蔵庫に入れて冷やします。 4 中華麺は袋の表示通りの時間でゆで、ザルにあげたら冷水でしめて水気を切ります。 5 お皿に中華麺と具材を盛り付け、3のタレをかければ完成!

ポイント

材料Aは、しっかりかき混ぜてから火を通し、きび砂糖の溶け残りがないようにします。中華麺は、ゆでたらすぐに冷水につけることで、歯ごたえのある麺に仕上がります。

The post 盛り付け野菜で美容効果UP!オリジナル冷やし中華☆ appeared first on ガール配信局.

その日に欲しい効果をダイレクトin!美容効果を高める薬味って?

モテ子: そうめんを単体で食べるのはおすすめしないわよ。

夏は暑さと湿気で食欲が落ちてしまうもの。スルスルッと食べられる冷たいそうめんは、手軽に食べることができて便利な夏の定番ですよね。そんなそうめんですが、一緒に食べる薬味を変えるとさまざまな効果が期待できるのをご存知ですか。そこで、そうめんを食べる時におすすめする薬味とその効果についてご紹介していきたいと思います。

夏はそうめんでおいしくダイエット

photo by Fotolia.com

ご飯を主食にした場合、ある程度のおかずが必要になるのに対して、そうめんは、ほかの食材をたくさん食べなくても一回の食事としてカウントできますよね。そうめん1人前(100グラム)を茹でたカロリーは、約127kcalほど。さらに糖質量もご飯一膳よりも少ないので、これにつゆと薬味のカロリーを足しても、ご飯とおかずを足した時よりもはるかにカロリーを抑えることができます。さらに、そうめんは水分を多く含んでいるので、適度な満腹感が得られるのも特徴の一つ。少量でもお腹いっぱいになれるので、夏にダイエットを考えている人は、そうめんを賢く活用してみてはいかがでしょうか。

しかし、毎日同じものを食べ続けると、どうしても飽きてしまうもの。そこで、簡単にプラスする食材として注目したいのが薬味です。さまざまな種類がある薬味ですが、それぞれ異なる効果が期待できるとしたら、こちらも賢く活用したいですよね。その食材とは何なのか、薬味の効果についても深堀していきましょう。

薬味の効果

photo by Fotolia.com

ネギで血行を促進

薬味の定番中の定番といえば、食感が楽しいネギです。薬味としては長ネギや万能ネギ、あさつきやわけぎなど、ネギの種類によっても味わいが変わってきますよね。ネギには独特の匂いがありますが、これは「アリシン」という物質で、血液の流れを良くしてくれる効果が期待できるため、ネギを食べることで血行が促進され、冷えやむくみ解消の効果が期待できます。

身体を温めるショウガで代謝UP

生のショウガに含まれる「シンゲロール」は身体を温めてくれるほか、血液の流れが良くなり代謝がUPするので、痩せやすい身体をサポートしてくれます。ショウガを入れると香りと味の変化が楽しめるので、代謝UPを目指してちょい足ししてみてはいかがでしょうか。

オクラは食物繊維が豊富

オクラのネバネバは「ペクチン」と「ムチン」と呼ばれる食物繊維です。この2つの成分には整腸作用があるので便秘の解消に一役買ってくれますよ。ほかにも夏バテの予防に役立つビタミンB群も豊富。だしとオクラがよく絡み、食感も良いのでぜひ試してみてくださいね。

わさびで血液サラサラ

わさびといえば蕎麦、という人が多いかも知れませんが、そうめんの味も引き立ててくれます。わさびには血液をサラサラにする成分が含まれているので、血行促進が期待できますよ。また、わさびのツンとした香りは、食欲を高め、消化も促進してくれるので夏バテ気味の人にもおすすめ。さらに美容効果の高いビタミンCやビタミンEも豊富。実は女性に嬉しい効果がたくさん期待できる食材だったのですね!

夏バテにはみょうが

6月から旬を迎えるみょうがは、新陳代謝を活発にしてくれるビタミンB群やビタミンCなど美肌効果が期待できる栄養素が含まれています。また、発汗を促し体温を下げる働きがあるので夏の暑さ対策にもピッタリ。夏バテ気味かもと思ったら、みょうがを足してみてはいかがでしょうか。

大根おろしで消化を促進

天ぷらなどの揚げ物と一緒に食べる時には大根おろしを入れる人も多いかもしれませんが、これは、大根に含まれる「アミラーゼ」と呼ばれる消化酵素が消化を助けてくれるためです。また、大根にはビタミンCも豊富に含まれているんですよ!冷たい麵には、油ものを一緒に合わせて食べる人も多いもの。そんな時にはぜひ大根おろしも混ぜて食べてみてくださいね。

まとめ

いかがでしたか。いつもそうめんを食べる時には当たり前のように入れていた薬味も、それぞれ大事な働きをしてくれています。薬味を入れるとこれらの効果が得られるのはもちろんですが、食感や味も変わるので、気分によって薬味を変えても楽しいかも。そうめんを食べる時には、薬味選びも楽しみの一つにしてみてくださいね。

あわせて読みたい

The post その日に欲しい効果をダイレクトin!美容効果を高める薬味って? appeared first on ガール配信局.