外付けBDドライブ

【アイオーデータ】USB-Cケーブル同梱の外付けBDドライブ

アイオーデータ社から、ポータブルブルーレイドライブ「BRP-UT6Cシリーズ」が販売されます。BD-XL対応のドライブで、もちろん、高信頼のM-DISCにも対応しています。Windows用のアプリケーションはダウンロードして使用する形式で、Mac用のアプリは付属しません。BD再生とBD-XLの書き込み以外は標準のアプリで対応できるので、特に問題はなさそうですが。最近の流行として、USB-A/USB-Cのケーブルが同梱されるので、旧来のUSB-A端子しか持たないPCでも、USB-C端子しか無い機種でも接続可能になっています。ケーブル同梱でUSB-C対応と謳えるので、ちょっとお手軽な気もしますけど。USBバスパワーでも動作しますが、旧機種では電力が不足する事もあるため、別売で電源アダプタが用意されます。本体色としてはホワイト/ブラック/レッドの3色が用意されますが、この配色はここの所の同社の外付け光学ドライブの定番カラーです。アルミ合金ボディのノートPCには、あまり合わない気がしないでもないですけれど。9月末の出荷が予定されており、オンラインストアでの販売価格は15984円です。参照:USB 3.0/2.0対応 ポータブルブルーレイドライブ「BRP-UT6Cシリーズ」

The post 【アイオーデータ】USB-Cケーブル同梱の外付けBDドライブ appeared first on デジノ杜.

【ロジテック】USB-A/C両対応の薄型BDドライブ

ロジテック社から、UHD BD対応の薄型ドライブ「LBD-PVA6UCVBK」が販売されます。最近の潮流からか、USB-A/USB-Cの2本のケーブルが付属しているので、現行のほとんどの機種に接続が可能になっています。また、バスパワーでも動作はしますが、外部電源アダプタの接続が可能になっているので、バスパワーハブに接続した場合でも問題はなさそうです。ドライブ本体には9.5mm厚の製品が採用され、本体厚みが14mm、重量が230gと薄型/軽量化されています。これでUHD BD対応なので、4KTV対応のコンテンツも楽しめます。ただし、再生ソフトは別売ですが。添付ソフトはWindows対応で、DVD中心のものになり、かろうじてバックアップのみBDの利用が可能です。Macでもほぼ同じ条件が標準ソフトで実現されているので、そのまま利用が可能です。Macだと光学ドライブ無いですからね。長期保存メディアであるM-Disc/M-Disc BDに対応し、BD-XLの利用も可能ですから、バックアップ等には適しているかと思います。対応OSはWindows 7/8/8.1/10,MacOSX 10.5以降で、オンラインでの販売価格は18250円(税抜き)です。参照:LBD-PVA6UCVBK

The post 【ロジテック】USB-A/C両対応の薄型BDドライブ appeared first on デジノ杜.