夢を追う人はバカらしい? 「現実から逃げてるだけ」と批判も

(©ぱくたそ)

有名になりたい、好きなことで生きていきたい、大金持ちになりたい…と夢をもっている人は少なくない。夢に向かって努力する姿を見て、応援したいと思う人もいるだろう。

しかし一方で、「バカバカしい」「もっと現実を見るべき」と否定的に思う人も。

しらべぇ編集部は全国20〜60代の男女1,348名に「夢を追っている人」についての意識調査を行ったところ、全体の23.7%が「バカだと思ったことがある」と回答した。

 

■20代男性と30代女性からは厳しい評価

性・年代別で比較すると、20代男性の3割以上が夢を追う人に厳しい評価を下していることがわかった。就職を考える時期、もしくは就職したあとに、夢を追っている友人を見て「バカらしい」と感じるのだろうか。

また30代女性も約3割が否定的な意見のよう。主婦として、ひとりの女性として、もしくは子を育てる母親として現実を見据えるとき、夢を追っている人がバカらしく感じるのかもしれない。

その他、若い世代ほど夢を追う人に厳しいことが判明した。

 

■仮想通貨もちの人ほど夢追い人に厳しい

また、特徴別で比較すると…

ビットコインをはじめとした「仮想通貨」をもっている人の6割以上が、夢を追う人に否定的なことが判明。現実を直視する人ほど仮想通貨に興味があるようだ。

また、「ツイッター廃人」の4割以上も夢を追う人をバカらしく思っているよう。「ネットの声」の象徴のように扱われるツイッター民たちだが、現実を見ない人に厳しいようだ。だからこそ、厳しい意見が飛び出してくるのかもしれない。

そして、「再婚経験アリ」と回答した人の4割以上も夢追い人に否定的な傾向に。一度、離婚を経験しているからこそ、現実には人一倍厳しいのかもしれない。

 

■「現実から逃げてるだけ」の声

編集部では実際に話を聞いてみた。

「バカらしいと思います。ちゃんとした目標もあって、戦略もあって、それで実現可能なら理解はできますけど、ただ闇雲に『夢があります!』と言っている人って、ただ現実から逃げてるだけじゃないかと。

 

自己責任だし夢を追うのは自由ですけど、ちゃんと挫折したときのことは考えるべきだと思いますね」(20代・女性)

 

「私は夢を追う人を応援したいですね。自分は挫折してしまったクチなので…。20代ならまだ人生はどうにでもなるので、後悔しないためにも自分の道を進むべきだと思います。

 

何かとすぐに頑張ってる人をバカにするのは、自分の首を締めているだけなのでは」(30代・男性)

 

賛否両論分かれる問題だが、「バカだな」と思う人の中には、夢を追っている人に対しての嫉妬心も含まれているのかもしれない。

友人から借りた漫画

 

大学2年になってすぐの、ゴールデンウィーク前のよく晴れた日のことだったと思う。

 

午後の講義のために大教室へ入ると、友人のAが一番後ろの隅の席に座っていた。

 

相変わらず授業を真面目に受ける気がない奴だと思った。

 

私が声をかけると、顔を上げて「おう」とだけ言って、また元のように机に向かった。

 

何か読んでいるらしい。

 

覗き込んでみると、どうやら漫画のようだった。

 

「何それ?」そう私が訊くと、「岩田くんの冒険」と、ぶっきらぼうに言った。

 

人気の少年マンガだった。

 

「面白い?」

 

「愚問だ。中毒になるぞ」

 

「ふーん」

 

そんなに面白いものなのだろうか。

 

「もうすぐ読み終わるから貸してやるよ」

 

講義の後、私は「岩田くんの冒険」の第1巻を借り、大学の近くの土手に向かった。

迫り来る巨人の手の平

草っぱらに寝っ転がると、通る風が心地よい。

 

そのままウトウトしかけたが、学校でAに借りた漫画のことを思い出し、カバンから取り出して読み始めた。

 

内容は、林間学校で四国の山へ出掛けた小学生たちのうちの一人が、オリエンテーリング中に道に迷って山中の閉ざされた秘境の集落に入り込んでしまい、そこから出ることが出来なくなるというものだ。

 

その少年が岩田くんで、秘境の人々と一緒に暮らして友情を深めるという筋のようだ。

 

そして、岩田くんが秘境の人々と山から降りてきた巨人と戦い始めるシーンで1巻は終わっていた。

 

これは人気が出るのも分かるな、などと考えながら目を瞑っていると、急に周囲が暗くなった気がした。

 

不思議に思って目を開けると、ビルと同じぐらいの大きさの巨人がそこにいた。

 

一瞬、何が起こったのか分からなかった。

 

巨人はトラックほどもある巨大な手の平を、私目がけて打ち下ろしてきた。

 

私は必死に転がるように逃げた。

 

巨人は追って来て、なおも私を捕まえようとする。

 

その手の平と指の大きさは、指紋が木目のように波打つのがはっきりと見えるくらいだ。

 

息が上って動けなくなった私の頭上に、手の平が落下するように迫り、頭に触れた感じがした瞬間、目が覚めた。

 

全身に汗をかいていた。

 

変わらず春らしい風が吹いていた。

 

すぐ横には「岩田君の冒険」があった。

 

どうやら、読み終わってそのまま眠ってしまったようだ。

 

夢にしては妙にリアルで迫力があった。

 

実際、心臓が尋常ではない早さで脈を打っている。

 

それに、喉が異常に渇いていた。

 

水を飲もうと立ち上がろうとしたら、何か違和感のあるものが視界の隅に入った。

 

目を凝らして見てみると、カバンに野菜くずのような赤黒いものがこびり付いている。

 

潰れたてんとう虫だった。

 

とっさに手の平を見た。

 

おそらくてんとう虫の体液だろう、緑とドブ色の液体が混ざり合って付いている。

 

「さっきの夢は・・・」

 

私は岩田くんではなく、てんとう虫だったのだ。

 

(終)

The post 友人から借りた漫画 appeared first on 怖いもん通信.

友人から借りた漫画

 

大学2年になってすぐの、ゴールデンウィーク前のよく晴れた日のことだったと思う。

 

午後の講義のために大教室へ入ると、友人のAが一番後ろの隅の席に座っていた。

 

相変わらず授業を真面目に受ける気がない奴だと思った。

 

私が声をかけると、顔を上げて「おう」とだけ言って、また元のように机に向かった。

 

何か読んでいるらしい。

 

覗き込んでみると、どうやら漫画のようだった。

 

「何それ?」そう私が訊くと、「岩田くんの冒険」と、ぶっきらぼうに言った。

 

人気の少年マンガだった。

 

「面白い?」

 

「愚問だ。中毒になるぞ」

 

「ふーん」

 

そんなに面白いものなのだろうか。

 

「もうすぐ読み終わるから貸してやるよ」

 

講義の後、私は「岩田くんの冒険」の第1巻を借り、大学の近くの土手に向かった。

迫り来る巨人の手の平

草っぱらに寝っ転がると、通る風が心地よい。

 

そのままウトウトしかけたが、学校でAに借りた漫画のことを思い出し、カバンから取り出して読み始めた。

 

内容は、林間学校で四国の山へ出掛けた小学生たちのうちの一人が、オリエンテーリング中に道に迷って山中の閉ざされた秘境の集落に入り込んでしまい、そこから出ることが出来なくなるというものだ。

 

その少年が岩田くんで、秘境の人々と一緒に暮らして友情を深めるという筋のようだ。

 

そして、岩田くんが秘境の人々と山から降りてきた巨人と戦い始めるシーンで1巻は終わっていた。

 

これは人気が出るのも分かるな、などと考えながら目を瞑っていると、急に周囲が暗くなった気がした。

 

不思議に思って目を開けると、ビルと同じぐらいの大きさの巨人がそこにいた。

 

一瞬、何が起こったのか分からなかった。

 

巨人はトラックほどもある巨大な手の平を、私目がけて打ち下ろしてきた。

 

私は必死に転がるように逃げた。

 

巨人は追って来て、なおも私を捕まえようとする。

 

その手の平と指の大きさは、指紋が木目のように波打つのがはっきりと見えるくらいだ。

 

息が上って動けなくなった私の頭上に、手の平が落下するように迫り、頭に触れた感じがした瞬間、目が覚めた。

 

全身に汗をかいていた。

 

変わらず春らしい風が吹いていた。

 

すぐ横には「岩田君の冒険」があった。

 

どうやら、読み終わってそのまま眠ってしまったようだ。

 

夢にしては妙にリアルで迫力があった。

 

実際、心臓が尋常ではない早さで脈を打っている。

 

それに、喉が異常に渇いていた。

 

水を飲もうと立ち上がろうとしたら、何か違和感のあるものが視界の隅に入った。

 

目を凝らして見てみると、カバンに野菜くずのような赤黒いものがこびり付いている。

 

潰れたてんとう虫だった。

 

とっさに手の平を見た。

 

おそらくてんとう虫の体液だろう、緑とドブ色の液体が混ざり合って付いている。

 

「さっきの夢は・・・」

 

私は岩田くんではなく、てんとう虫だったのだ。

 

(終)

The post 友人から借りた漫画 appeared first on 怖いもん通信.

はっきりとした夢を見ると

 

始めに、俺には霊感は無いし、もちろん霊体験の類も経験したことが無い。

 

それが初めて起こったのは高校生の時なんだけれど、その日は珍しくはっきりとした夢を見た。

 

朝礼は普通だった。

 

一限は数学だったけれど、前回の続きをやっていた。

 

普通に学校へ行って、普通に授業を受ける夢だったけれど、目が覚めたら授業開始の時間が過ぎていた。

 

つまり、実際は寝坊で遅刻だ。

 

とりあえず慌てて準備をし、学校には「今から行きます」と連絡を入れ、二限にはなんとか間に合った。

もし、『俺』に会っていたら・・・

学校に着いてからはまず職員室へ行き、担任に「すみません。寝坊で遅刻しました」と言った。

 

すると、担任は「はぁ?朝礼おったじゃろ?」と言う。

 

「いや、寝坊して今来たばかりです。一限も出てないです」と言って、とりあえずその場はそれで済んだ。

 

一限が終わってから教室に入り、友達に「俺、朝礼の時おった?」と訊くと、「はぁ?一限受けとったじゃん。その後なんか知らんけど、カバン持って出て行ったじゃん」と言われた。

 

そんな訳は無いので、「いやいや、俺寝坊して今来たばっかだし」と言って、その友達と一緒に何人かと話してみた。

 

すると、それは間違いなく『俺』だったし、確かに一限の授業には居たという事だった。

 

気味が悪いのでその話をやめて、一限の数学の授業内容を訊いてみた。

 

それが、一限の数学でやったところも、夢と全く同じだった。

 

もう考えたくなくて何も言わなかった。

 

俺が見た夢は一体?

 

この出来事が何なのか、まるで分からない。

 

夢で見たのは一限の授業を受けるまで。

 

でも、クラスメートが見た『俺』は、一限が終わって教室から出ていくところまで見ているらしい。

 

担任を始め、クラスの人間から遅刻した罰に担がれた、とその時は考えていた。

 

しかし、なぜかこのような現象が、それから一年に一度くらいある。

 

条件は、「はっきりとした夢を見る事」らしい。

 

一番最近では、今は一人暮らしをしているんだけれど、実家でテレビを見てる夢をみて、目が覚めたら妹から「今どこおるん?」と電話がかかってきた。

 

当然「こっちの家におるよ」と答えたら、「はぁ?ついさっきまでこっちにおったじゃん」と言われた瞬間、「あぁ、またか」と思った。

 

生霊なのか、ドッペルゲンガーなのか、未だにそれの正体は分からない。

 

ただ、一番最初にそれが起こった時、俺は一限終了少し前に学校に着いて、そのまま職員室へ行って、先生と話しをして、一限後の休憩に入ってから教室に向かった。

 

教室に居た『俺』が去ったのは、一限の終了後。

 

もしあの時、授業が終わる前に教室へ行ってたら、『俺』はまだ居たのだろうか。

 

もしも、その『俺』がまだ居て、会ってしまってたらどうなっていたのか。

 

そう思うと、心底ゾッとする。

 

(終)

The post はっきりとした夢を見ると appeared first on 怖いもん通信.

泣き叫ぶ声はどこから

 

去年入院した時に遭遇したほんのり怖い体験。

 

3日間意識がなく、目覚めて初日の深夜に人生初の金縛りに。

 

体が急に強張ったような感覚と共に硬直し、若干パニックになりつつも、「これが金縛りか・・・」などとのんきに構えていた。

 

だが、白いモヤが足元からゆっくりと覆い被さって来ていた。

私がいた病棟は・・・

「あら幽霊さん初めまして。私は○○です」なんてフレンドリーに頭の中で呟きつつも、視界がどんどん白く塗り潰されていき、これはそろそろ気絶するという直前、見回りの看護士がドアを開け、その瞬間に白んだ視界や金縛りが嘘のように消えた。

 

それからは興奮冷めやらぬで寝れずにいたのだが、昼前から強い睡魔に襲われた。

 

昼寝にはうってつけの日和だったので、横になるとすぐに眠りに落ち、夢を見た。

 

それは明晰夢というもので、昔の古き良き日本家庭の夢だった。

 

※明晰夢(めいせきむ)

自分で夢であると自覚しながら見ている夢のこと。

 

私は小さな女の子になっており、なんとなくこの子の記憶を見ている気がした。

 

数十分で起きるのだが、すぐにまたまどろみ、夢を見る。

 

その都度違う場面なのだが、私の視点はいつも着物を着た女の子だった。

 

木造の家の中で男の子と遊んで笑っていたり、縁側で足をぶらぶらさせていたり、兄と思われる青年におんぶされながら綺麗な林道を眺めていたり・・・。

 

この夢に不思議に思いつつも、とても穏やかで心地よい日常の景色に夢中だった。

 

そのまま夜が更け、目覚めて二度目の夜。

 

昼に寝続けたせいかなかなか寝付けなく、横になりながら天井をボーっと眺めていると、小さく何かの声がした。

 

耳を済ませてみると上の階かららしく、自分から”左斜め上”から聞こえる。

 

さらに耳に意識を向けると、女の子の泣き叫ぶ声がした。

 

その瞬間だった。

 

目の前、頭の中に真っ赤なイメージが次々と沸き上がってきた。

 

あえて表現するなら、血みどろの内臓の中をドロドロになったヒトの群れと一緒にもがいている感じ。

 

とにかくグロテスクで、不気味で、気持ち悪く、泣き叫ぶ声が大きくこだましていた。

 

もう訳が分からなくて、頭が焼き切れそうに熱くなり、気付いたら朝だった。

 

あの夜は一体なんだったのか不気味に思いつつも、あの泣き叫ぶ声が気になった。

 

看護士に上の階に女の子の入院患者がいるのかと訊いてみたところ、ちょっと不思議そうな顔をしながら「うん、いるよ」と軽く答えてくれた。

 

なんだ、夜泣きしたところを自分で変なイメージにしちゃって混乱したのかと納得し、その夜からは何事もなく眠れるようになった。

 

2週間が経過して無事退院することになり、看護士たちにお礼を言って病棟から出た。

 

目が覚めて初日の夜、あの夢のことなどを考えながらエレベーターで1階に降りたところで、はたと気付いた。

 

私がいた病棟は”最上階”だった。

 

私が聞いたあの泣き叫ぶ声はどこから聞こえてきた?

 

あの時、看護士は上の階に女の子の患者がいると言ってなかったか?

 

鳥肌が一気に総立ち、あの看護士に詳しく訊きたかったが、迎えの家族に手を引かれながら帰宅した。

 

それからは特に何事もなく過ごしている。

 

(終)

The post 泣き叫ぶ声はどこから appeared first on 怖いもん通信.

故人が夢に出てきた理由

この記事の所要時間: 約 2分33秒  98年10月、台風10号が中国地方を直撃しました。 事の起こりは台風通過の翌日18日の夜、私が見た夢。 夢の中にかつて私が「師匠」と呼んで慕っていた恩人で、2年前に亡くなったKさん […]

The post 故人が夢に出てきた理由 appeared first on 怖いもん通信.

「チャイム」大学一年の夏の夜に体験した怖い話

この記事の所要時間: 約 2分37秒 大学一年の夏の話。 その頃ちょうどバイトクビになってて、毎日暇で寝てるだけの生活だった。 その日はいつも以上に蒸し暑く寝苦しい日だったのを覚えてる。 おれはよく夢を見るんだが、その日 […]

The post 「チャイム」大学一年の夏の夜に体験した怖い話 appeared first on 怖いもん通信.

立て続けに霊体験をして参ってた小学校4年生の頃の思い出話

この記事の所要時間: 約 2分45秒 今じゃ霊感ゼロの俺だけど、小学校4年生の頃だけ立て続けに霊体験をして参ってた。 林業を営んでた叔父は、仲間が切った大木が顔に直撃して亡くなったんだが俺はその瞬間を前日に夢で見てた。 […]

The post 立て続けに霊体験をして参ってた小学校4年生の頃の思い出話 appeared first on 怖いもん通信.