大喜利

春風亭昇太が司会の『笑点』をどう思う? 視聴者の答えは…

(©写真AC)

今年で放送51年目を迎える演芸番組『笑点』(日本テレビ系)。現在も、高い人気と視聴率を持つ番組である。

そんな同番組は、2016年の放送開始50周年をきっかけに、それまで司会を勤めていた桂歌丸が勇退。回答者だった春風亭昇太が後継者となったことは、ご存知のとおりだ。

 

■賛否両論の春風亭昇太司会の『笑点』

司会の昇太は林家たい平以外のメンバーよりも歳が若いだけに不安の声もあったが、フタを開けてみると違和感がなく、高評価を与える人が続出。

また、大喜利メンバーも三遊亭小遊三・三遊亭好楽・林家木久扇・六代目三遊亭円楽・林家たい平は健在で、大喜利の質は落ちていない。

一方で、「物足りない」「これまでの『笑点』と変わりすぎて戸惑う」などの声も聞こえてくる。春風亭昇太の『笑点』が始まり1年半、視聴者の評価はどうなっているだろうか?

 

■春風亭昇太司会になってからの『笑点』をどう思う?

そこでしらべぇ編集部では全国の20代~60代の『笑点』を知っている人1,280名に、春風亭昇太司会になってからの『笑点』についてどう思うか調査を実施。

結果、「大好き」が4.8%、「まあまあ好き」が43.3%で、好意的に見ている人は合わせて50.1%。一方、「あまり好きではない」が39.7%、「嫌い」が10.2%。否定的な意見を持っている人が49.9%となっている。

どうやら昇太司会の『笑点』については、意見が真っ二つに割れているようだ。

 

■ファンに聞いてみた

複数の『笑点』ファンに意見を聞いてみた。

「昇太は『若手大喜利』で司会を担当していたので、違和感なく見られます。1年半経過して、すっかり見慣れたという感じですね」(30代・男性)

 

「司会者がイジられるという新しいスタイルは新鮮。昇太も先輩が多いなかで、物怖じせずよくやっていると思いますよ。

 

噂されていたタモリや立川志の輔などの外部招聘者では、軋轢なども出てきしまうでしょうし、円楽が司会に回っては面白くない。今がベストなのでは」(20代・女性)

 

「昇太の司会は五代目圓楽、桂歌丸の流れからすると、ちょっと軽いイメージがある。彼は57歳で、五代目圓楽が司会者に就任した年齢よりも上だけれど、重厚感がない。もう少し威厳がほしい」(50代男性)

 

さまざまな声があるが、視聴率は安定している『笑点』。日本屈指の長寿番組として、これからも我々視聴者を楽しませてくれそうだ。

・合わせて読みたい→やっぱり面白くない? 『笑点』回答者抜擢から1年の林家三平の評価は…

(取材・文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年8月25日~2017年8月27日対象:全国20代~60代の『笑点』を知っている人1,280名(有効回答数)

ノンスタ井上のイケメン気取り投稿が大喜利に! 相方がツッコミ発動も

(画像はTwitterのスクリーンショット)

「『ほら、早くしないと置いてくぞ』なうに、使っていいよ。」

少し前に話題になった、お笑いコンビNON STYLEの井上裕介(38)が8月30日に投稿した、イケメン気取りな写真のツイート。改めて見たが、なんてイラっとするツイートなんだ…。

イラっとする内容とは裏腹に、現段階で約9,000リツイート、約2万9,000いいねを獲得しているのは、井上の「カッコつけているのが、イケてない」キャラがウケていると共に、このツイート自体で、ファン(?)たちがネタを楽しんだことも大きいもよう。

 

 

■写真で一言ネタにピッタリ

多くのユーザーが、振り返った時の顔画像や「『ほら、早くしないと置いてくぞなう』に、使っていいよ。」のコメントを文字り、完全に大喜利状態で盛り上がる。

この後ろを振り返るようなポーズと憂いを帯びた顔から、

寝違えた彼氏がまっすぐ歩けてないなう pic.twitter.com/cWXS6DYABp

— 🤹‍♀️まなてゃん🤹‍♂️ (@Ma__aka23) August 30, 2017

テッテレー!どっきり大成功 pic.twitter.com/fUkVomhnyd

— よねたけ。 (@yone_take0924) August 30, 2017

ま〜きの♡ pic.twitter.com/nnSGJoENGU

— り ょ う ら い す (@Mr_R6from_idiot) August 30, 2017

芸人違いのネタまで出てきたほか、

「寝違えた彼氏がまっすぐ歩けてないなう」

「『おーい、イケメン!』と呼んだら勘違いした人が振り返ってきたなう」

「犬のウンチ踏んじゃった助けてなう」

「彼氏に車出してくれないの?って聞いたら、悲しげに振り向いてきたなう」

 

など、どれもおもしろい…。もしかして井上本人より、おもしろかったりして…。

こうした展開に対し、

すごい加工!!RT @criminal9_: @inoueyusuke 彼ぴっぴが映画に出たなうに使っていいよ❤️4部構成らしいよ第1章『この唇 NO ACCESS』第2章『悪口のmillefeuille』第3章『ハートの防弾pic.twitter.com/htugrNsbm3

— 井上裕介 (@inoueyusuke) August 31, 2017

こちらをはじめ、いくつもノリノリでリプライするなど、井上自身も楽しんでいる様子だ。

さまざまな有名人が「〜に使っていいよ」の投稿をしているが、これほど多くの質の高い「イジり」が展開されるのは、スバラシすぎるぞ。

 

 

■相方・石田も参戦!?

また、多くのユーザーが盛り上がっただけでなく、リアルに本職でもある相方・石田明(37)も大喜利に参戦。

彼氏がこれから自首なう。に使ってもいいよ https://t.co/iGjn6766RG

— NON STYLE 石田 明 (@gakuishida) August 30, 2017

Twitter上で絡むことも多い、仲良しコンビな二人だが、この状況で井上に対して「ツッコミを入れる」プロである石田が参戦したことで、さらに大きく盛り上がるネットユーザー。

井上がカッコつけていることに毒づく、いつものコントを彷彿とさせるだけでなく、かつての不祥事をそこはかとなく匂わせるなど、攻めた方向だ。

これに対し、厳しいところをあえて笑いに変える姿勢に、「コンビ愛を感じた」という声も少なくないようだ。

 

 

■カッコつけている人をどう思う?

井上のキャラがあってこその盛り上がりではあるが、実際に世間は「カッコつけている人」に対して、どう思っているのか?

しらべぇ編集部では、全国の20~60代の男女1,357名を対象に「カッコつけている人をどう思う」か、意識調査を実施した。

「自分もそうだ」「共感する」「理解はできる」を合わせた、「カッコつけている人容認派」は、全体の53.8%。半数以上が、カッコつける人に対して抵抗感がないもよう。

 

「ただし、イケメンに限る」が幅を利かせるご時世に、「カッコつけているけど、イケてない」をやりきるのは勇気がいるが、井上のこの盛り上がりを見ると、キャラとして確立すれば、むしろ「愛されキャラ」に昇華できるのかも…。

・合わせて読みたい→ノンスタ井上、佐藤聖羅やモデルとの関係激白に「羨ましい」の声

(取材・文/しらべぇ編集部・ステさん

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2017年6月2日~2017年6月5日 対象:全国20代~60代の男女1,357名(有効回答数)