大晦日

僕らはここで終わりなんだから

 

子供の頃に体験した、怖いというより不思議な話。

 

俺は子供の頃、小さな村に住んでいて、どこにでもあるような小学校に通い、いつも同じ5人組のグループで遊んでいた。

 

毎日がとても楽しくて、たまに夜の11時に帰った時には親にめちゃくちゃ怒られたりと。

 

男は俺を含めて4人、女は1人。

 

余談だが、女の子はそこそこ可愛くて、みんなが狙っていた。

 

ある年の大晦日、俺たちは「皆で年を越そう」となり、5人組の一人の家に集まっていた。

俺が見ていたのは幻だったのだろうか

うちの親は過保護だったが、珍しく泊まりに行くのを許してくれた。

 

必死にどう説得するか考えていただけに少し拍子抜けした。

 

だけど、そいつの家は今思えばおかしかった。

 

大晦日の夜だというのに、両親が家に居なかったのだ。

 

結局、夜中まで雪合戦などをしていたけれど、いくら家の庭だからといって、もうすぐ日付が変わりそうな時間なのに注意もされない。

 

そして、一人が腕時計を見て「あ!いよいよ年が変わるぞ!」と言った時、みんなで空を見上げた。

 

どうしてそんな事をしたのかは分からないが、幼いながら星空にロマンを感じていたのだろう。

 

「来年も楽しく過ごせるといいな」と、俺はぼそっと呟いた。

 

すると、グループで一番頭のいい奴が変なことを言うんだ。

 

「無理だよ。だって僕らはここで終わりなんだから」

 

その当時、何かの絵本でそんな言葉を見たことがあって、俺は何で今その言葉が出たのかと考えていた。

 

終いに俺は、本当にもう会えないのかと思って泣き出してしまった。

 

だけど、他の3人はみんな知っているような顔をしていた。

 

「みんな、どこか行くの?なら俺も・・・」

 

「だめ。K(俺)はお終い。次の子が待ってるから」

 

気が付くと、俺は地面に倒れていた。

 

どうも屋根の雪下ろしを手伝って転落したらしい。

 

雪がクッションになり、ちょっと気絶しただけで済んだ。

 

でも次の日から、村は俺の知る村ではなくなっていた。

 

学校の名前、通っていたそろばん塾、行きつけの駄菓子屋、全部が変わっていた。

 

クラスの奴らは変わっていなかったけれど、俺たちのグループの奴らは誰も居なかった。

 

他のクラスメートに訊いたら、「引っ越した」だの「死んだ」だの「誰だよソレ」だの様々な答えが返ってきた。

 

俺が見ていたのは幻だったのだろうか。

 

今でも俺は大晦日になると庭で星を見る。

 

そして、この事を思い出す。

 

けれど不思議なことに、今では「そういう奴らがいた」としか思い出せない。

 

思い出は残っているけれど、あいつらの顔や声がどうしても思い出せない。

 

(終)

The post 僕らはここで終わりなんだから appeared first on 怖いもん通信.