大阪

ケンドーコバヤシも絶賛! 大阪・新世界「香港」のカニ炒飯&餃子が激ウマ

しらべぇ餃子マニア記者による連載「亜希子の餃子まみれ」。

大阪市浪速区の繁華街「 新世界」は、日本有数のディープなエリアとして知られている。

同エリアは、串カツやどて焼きといったB級グルメが豊富だが、他にも、この地でしか味わうことができない食べ物がある。

記者オススメは、通天閣の足下から西へ徒歩1分ほどに位置する隠れた名店、「香港」の炒飯と餃子だ。

 

■炒飯を注文すると…

新世界にありながら、なぜ香港という名前なのかというと、先代が香川県の小豆島出身のため「香川の港町っで育ったから」という理由らしい。

同店舗の「カニ玉炒飯」 (700円/税別)は芸人のケンドーコバヤシも、著書 『ケンドーコバヤシのたまらない店』で京阪神のイチオシグルメとして紹介している。

一見すると普通の炒飯だが、食べ進めていくうちにカニの身の多さに衝撃を受ける。

入っているカニの一部をスプーンに寄せ集めると、こんな感じ。

身がふっくらとしてほのかに甘く、上品な味わい。

そこへ玉ねぎとニンジン、ネギの歯ごたえがやってきて、最後に卵のふわっとした柔らかさが加わる。

しっとりとしているのに、パラパラと炒め上げた食感も感じられ、そのバランスは絶妙だ。

あまりのウマさに、店主に感想を伝えてみても、特別な調味料は使っていないし、大きく手を加えたりもしていないと笑いながら返される。

調理の様子を見せてもらっても、ご飯と具を炒めながら卵を少しずつたらしこむようにして混ぜ、塩・コショウや醤油などでシンプルに味付けをしているだけだ。

それなのに、どういうわけだか、旨い。熟練だからこそ成せる業なのだろうか。

 

 ■炒飯と同じくらい激ウマ

餃子も絶品。記者は餃子番組に出場するほどのマニアだが、関西の餃子通の知人から「香港の餃子は食べておけ」と言われていた。

ざっくばらんに並べられた焼餃子は、炒飯同様にシンプルな見た目。

お酢とラー油で食べるのがオススメだというので、そのとおりに餃子の側面を浸して食べる。

キャベツ・白菜・ニラ・にんにくと、ミンチは豚肉で構成されている餡にはしっかりと味が付いており、深みがある。

皮は、焼き目はカリッとしているが全体的にモッチリ。見た目以上に深みが感じられる味わいだ。

 周辺に観光の際は、ぜひ足を運んでみるべきお店だろう。

【香港】営業時間:17:00~23:45場所:大阪府大阪市浪速区恵美須東1-19-12

クワオハ・くわばたりえに「非常識!」の声 「証明写真機で雨やどり」に賛否

ママタレントとしても活躍する、女性コンビ・クワバタオハラのくわばたりえ(41)が7日放送の『踊る! さんま御殿!!』(日本テレビ系)に出演。

くわばたが語ったエピソードに、視聴者から賛否が巻き起こっている。

(画像はアンミカInstagramからのスクリーンショット)

 

■証明写真機で雨やどり

ズケズケ関西女として登場したくわばたは、「理解してほしい、関西のこと」を語りだす。

雨の中、友人と待ち合わせをしていたくわばた。「座って待ちたい」と考えたが、植込みのフチなど座れそうなところは濡れている。そこで、近くにあった証明写真機に入り、座って友人を待つことに。

しかし到着した友人に「何やってるの、考えられない。こんな所に座っちゃダメだよ」と注意された、と明かした。

 

■否定されて反論

空いているからといって、本来の用途ではない使い方をすれば、他者からすれば迷惑でしかない。

しかし、住吉美紀(44)やアンミカ(45)ら一部の出演者は、「効率重視の関西人の考え方、大好き」「撮ろうか悩んで出ていくのと一緒」とくわばたの行動に賛同。

司会の明石家さんま(62)が「おかしい。商売道具やで」と否定するも、「立っているより全然楽だし。外をチェックして、誰か来たらどいてあげようって気持ちはある」とくわばたは納得しない。

「写真を撮るならいい」と説得したが、「お金がかかる。撮るぐらいなら喫茶店に行く」と反論した。

大阪・新世界名物『元祖ミックスジュース』 ワンコインで超贅沢

大阪・新世界名物といえば、串カツや「どて焼き」といったグルメをイメージする人も多いのでは?

しかし、それだけではなく、大阪人にとって身近な飲み物であるミックスジュースもまた、この地が発祥だ。

地下鉄動物園前1号出口より徒歩2分に位置する、千成屋珈琲。

ここは今から約70年ほど前、前身の果物屋が創業された際、初代店主の恒川一郎氏によりミックスジュースが発案された店舗だ。

 

■さまざまなフルーツの味わいが…

昨年、3代目店主が体調不良のため一時閉店したが、今年春、昔から同店のミックスジュースのファンだったという4代目店主を外部から迎え、営業を再開。

再び、元祖の味を体験できることになった。注文後まもなく、オレンジの風味がしっかりしたミックスジュースが運ばれてきた。

バナナ・リンゴ・ミカン・白桃・黄桃などをミキサーにかけてキラキラと輝く液体は絶妙で、上品な香りが漂う。

ミカンの程よい酸味とバナナの強い甘みが、口のなかで一緒になってとろける。

さらにミキサーですりおろされたリンゴのシャリシャリとした食感が加わり、スムージーのような独特な喉越しだ。

さまざまなフルーツの美味しさが宝石箱のように集められており、飲む瞬間ごとに味が変化するのが楽しい。

このミックスジュースは、元々「熟れて店頭に並べられない果物をどうにかできないものか」という、果物を大切に思う気持ちから生まれたとう。

食べ物を無駄なく最後まで使いたいという「エコな精神」から、こんなに美味しいジュースが生み出されるなんて…。

 

■これだけの贅沢が500円で味わえるぞ

ミックスジュースは、スタンダードなサイズが500円(税込)、もっとたくさん飲みたいという人には大サイズ720円(税込)も。

ほかにも「ミックスフルーツサンド」(1,250円/税込)や「鉄板ナポリタン」(750円/税込)といったグルメも人気だという。

「元祖ミックスジュース」の底力を体験してみたいという人は、ぜひ行ってみては?

【千成屋珈琲】住所:大阪市浪速区恵美須東3丁目4番地15営業時間:9:00~21:00(ラストオーダー20:00、ドリンクラストオーダー20:30)

貝のエキスたっぷり! 大阪・新世界の新星『ひでよし』の貝餃子がウマい

しじみや帆立、牡蠣といった貝類を鶏ガラスープと合わせ、ラーメンにする店舗は多い。だが、貝類をメインにした餃子が食べられる店は、あまり見かけない。

大阪市浪速区の繁華街・ 新世界エリアに、そんな世にも珍しい餃子屋がある。その名は、『餃子専門店 新世界 ひでよし』だ。

同店舗は、今年7月に開店したばかり。「3種の貝出汁で作った自家製餃子」と大きく書かれた看板が目印だ。

 

■2種をオーダー

周辺にさまざまなB級グルメの店舗が立ち並ぶ中、同店は天然の貝エキスをたっぷり使った自家製餃子6種のみで勝負している。

「プレーン餃子(にんにく無し)」(ニンニク有無選択可/320円税込)と、トムヤムクンをベースにした「エビエビトムヤム餃子」(480円税込)の2種を注文してみることに。

 

■プレーンの味は…

はじめに運ばれてきたプレーン餃子は、薄くて繊細な羽根を付けて登場。

箸でサクサクと羽根を割り進め、1つ持ち上げてみると、こんな感じ。

どんな貝が使われているのか? その疑問は、食べ進めていくうちに段階を踏んで分かってくる。

はじめに帆立のコクが感じられ、そのあとアサリの旨み、牡蠣の磯の香りがふんわりと漂う。

餡には、ほかにもキャベツ、玉ねぎ、ニラといった野菜が混ぜ込まれており、豚はバラ肉をミンチ状にするところから仕込んでいるという。

全体的に上品な味わいだが、自家製のニンニクラー油を付けて味変すると、一気にワイルドで男性好みの味に。

大阪・昭和町「餃子の店もも」 すだちと塩で食べる一口餃子がやみつきに

食い倒れの街・大阪には、「天平」や「南平」「点天」といった、一口餃子専門店が多い。

どの店舗も人気だが、テレビ東京系バラエティ『イチゲンさん』番組内「餃子マニアNo.1決定戦」で準優勝した経歴を持つ記者が、イチオシするのは「餃子の店もも」だ。

この店には、すだちと塩で食べる、一風変わった餃子がある。

 

■入店すると、自動的に焼き始められる

御堂筋線昭和町駅から徒歩3分ほどに位置する同店は、7つのカウンター席が配置されている。

着席した途端、店主が「焼きますね〜」と自動的に餃子を焼き始めてくれる。

焼き上げている間も、サービスでピクルスなどをサッと出してくれるのが温かい。

 

■自慢のビールでスタンバイ

日本酒や焼酎などアルコールのメニューも豊富だが、記者オススメは本場ドイツの黒ビール。

文豪ゲーテが愛したという「ケストリッツアー」は、ビターチョコレートのようなコクとまろやかさにクリーミーな泡、ほどよい苦味が特徴だ。

グラス半分ほど飲み終えた頃、餃子を迎える準備は万端に。

 

■すだちをキュッと絞って…

お待ちかねの餃子(1人前10個/500円税込)は、1個がハマグリほどの大きさで扇形。

すだちが添えられており、食べる直前に餃子表面にサッと絞ると、爽やかな香りが広がる。

醤油やラー油で食べることも可能だが、いちばんオススメの食べ方は、小盛りの塩を別オーダーし、すだちと一緒にふりかけて食べるスタイルだ。

こんなに小さい餃子なのに、食感は驚くほど歯ごたえ抜群。

キクラゲ、ニラ・キャベツに少量のにんにく、豚肉で構成されている餡はしっかり味が付いており、充分な深みを感じることができる。

 

■お酢で味変

パクパクと進んでしまう箸をグッと堪え、後半5個は、すだち酢入りのお酢で酸味を強めて「味変」しても良い。

焼き目が香ばしく裏はしっとりとした皮は、専門の業者に依頼して作ってもらっているそうだ。

さっぱりとした餃子とクリーミーなビールのマリアージュは、この店でしか経験することができない。

程良い温度感で接客してくれる店主は、時々プチアイスやチーズなどをサービスで出してくれることも。

(あくまで店側の優しさのため、忙しさによってはこういったサービスがないことも)

下町に、ひっそりと佇む名店「もも」。

そのシンプルな美味しさを提案する餃子は、きっと誰しもやみつきになってしまうレベル。大阪に行く機会がある人には、絶対にオススメだ。

【餃子の店 もも】営業時間:17:00~23:00場所:大阪府大阪市阿倍野区阪南町1-46-8

・合わせて読みたい→長野県民は餃子の王将より好き? 『みんなのテンホウ』が激ウマ

(文/しらべぇ編集部・大木亜希子