天然石

徹底解説!マクラメ編みのペンダントヘッドにライオン編みでフレーム装飾する方法【天然石マクラメ編み】

先日、フレーム編みをした天然石にさらにもうひとまわりフレームを装飾する方法を記事にしました。 過去記事:「マクラメ石包み(フレーム)編みにもう一まわりフレームを装飾する方法。写真多め&図解あり」 今回はまた別の方法で、見...

The post 徹底解説!マクラメ編みのペンダントヘッドにライオン編みでフレーム装飾する方法【天然石マクラメ編み】 appeared first on ガール配信局.

マクラメ編み動画アップしました!石包み(フレーム編み)でペンダントヘッドをつくるベーシックな方法【マクラメ天然石】

「マクラメ石包み(フレーム編み)アクセサリーのつくり方をわかりやすく説明。写真多め&図解あり【天然石アクセサリー】」という記事を以前公開したのですが…。 それに合わせて、今回は動画をYoutubeにアップしました! 動画...

The post マクラメ編み動画アップしました!石包み(フレーム編み)でペンダントヘッドをつくるベーシックな方法【マクラメ天然石】 appeared first on ガール配信局.

マクラメ石包み(フレーム)編みにもう一まわりフレームを装飾する方法。写真多め&図解あり【天然石アクセサリー】

タイトルがややこしくてすみません…。

今回ご紹介するマクラメ編みのテクニックは何かといいますと。

以前フレーム編みをしたマクラメ編みのペンダント。

ちなみに、このペンダントヘッドの詳しい作り方はこちら↓ 過去記事: 【マクラメ石包み(フレーム編み)アクセサリーのつくり方をわかりやすく説明。写真多め&図解あり【天然石アクセサリー】】 【幅広のバチカンのつくりかた。写真多め&図解あり【マクラメ天然石アクセサリー】

今回ご紹介するのは、このペンダントの周りに、もう一周フレームを編み込んで取り付けていくテクニックです。

今回のマクラメ編みに必要な用具はこちら

毛糸用の針。100均の縫い針セットに入ってます。

ワックスコード(ロウびき紐)は4本。

左の2本は芯紐です。ペンダントヘッドをぐるっと1周してちょっと余るくらいの長さが確保できてればOK。今回は60cmくらい。

右の2本は編み紐。気もち長めに余裕をもって160cmくらいで用意しました。編み紐は途中で長さが足りなくなると残念なことになるので、長めに用意しておきましょう。

今回のマクラメ編みに必要な編み方はこちら

巻き結びという編み方。

巻き結びがわからない場合は過去記事を参考にしてみてくださいー

幅広のバチカンのつくりかた。写真多め&図解あり【マクラメ天然石アクセサリー】

マクラメ編みペンダントヘッドにもう一周フレームを取り付ける方法

まず針に編み紐をとりつけましょう。

フレーム編みをしてあるペンダントヘッドの側面。

1番端のタッチング編みの目をひとつすくって

編み紐を通しましょう。

芯紐をこのように↓編み紐の上に置きましょう。

ちなみに、編み紐と芯紐は同じ色のほうがキレイだと思います。今回はわかりやすいように色を変えております。

巻き結びをします。

編み紐は両端どちらも芯紐に巻き結びをして取り付けてください。

こんな感じになりました↓

つづきまして、先程の編み紐が今度は芯紐になります。

先程の編み紐(茶色)に垂直に白い新しい紐をこのように配置し、

今度は白い紐で茶色い紐を芯にして巻き結び。

紐が固定されていないと、ものすごく編みにくいです…。やりづらいと思ったらピンで端の方を止めて固定してから編みましょう。

こんな感じ↓で、白い紐を巻き結びで取り付けました。

もうひと目、下方向に向かって編んでおきましょう。↓

新しい芯紐をこのように↓編み紐の上において

巻き結びしました。↓

ちなみに、ものすごーく編みづらかったので、このように↓画鋲で端を固定して行いました。

芯紐が固定されてないと編みづらいです。

下側の編み紐(バチカン側じゃない方)を芯紐の下にこのように↓くぐらせて、内側方向に向かって編めるようにしておきましょう。

内側に向かって巻き結び。↓

先ほどと同じように、白い編み紐を茶色い編み紐を芯にして垂直方向に巻き結びします。

その後、紫の芯紐に巻き結び。↓

内側に茶色い編み紐が戻ってきましたね。

またこの編み紐を針に通して、

ペンダントヘッドのタッチング編みの目に刺します。

キツキツになりそうな場合は、ひと目飛ばしたりして調節してください。

編み紐を通しました↓

後は、ここまでの工程を繰り返すだけです。

ひたすら編んでいきます。

途中経過↓

一周編み終わったとこです↓

ちょっとガタガタになってしまった…。

裏側はこんな感じになってます。↓

このまま同じ紐同士をきゅっと結んで完成にしようかと思ったのですが、長さがたりなかったので…

ちょっとフレームを上方向に編み足して長さを伸ばしました。

同じ紐同士をキュって結んでください。

こんな感じで、同じ紐同士を上部で結びました。

余分な紐を切ってライターで焼き止めしたら完成です。

裏側↑。芯紐と編み紐を同じ色にしたらもうちょっと焼き止め部分もキレイかもしれない…。

コレで完成です!

The post マクラメ石包み(フレーム)編みにもう一まわりフレームを装飾する方法。写真多め&図解あり【天然石アクセサリー】 appeared first on ガール配信局.

蟹座の気配に満ちたシーズンが到来。天然石のシルバーブレスレットつくりました。【ハンドメイド・アクセサリー】

昨日は蟹座の新月でしたね。(ほんとは昨日ブログを書きたかった…。)

まだまだ今日も引き続きデクラレーション(願いごとの宣言)のタイミングにありますので、蟹座っぽいお願いごとをしてみて下さい。

新月のデクラレーションについての過去記事はこちら本日はふたご座の新月。点が線となっていく時。【占星術】【ブログ】

蟹座は月が支配する星座。感情や母性、家、身内、閉じた親密な関係性。そういった事を象徴します。

家族に関する願いごとでもいいですし、家そのもの(インテリアとかお掃除とか)に関する願いごとも良し、もしくは親密な仲間との関係性に関する願いごとなんかをしてみると良さそうですね。

蟹座の気配に満ちたシーズンはこんな天然石を

今日は月、太陽、水星、火星と4天体が蟹座の位置に。

とりわけ火星のエネルギーは山羊座の冥王星からの真向かいからの後押しを受けて、より際立っている事でしょう。

というわけで、こんな蟹座のエネルギーを凝縮したブレスレットを記念に作ってみました。

真ん中の石はラピスラズリ。最強の幸運を引き寄せる世界最古のパワーストーンと呼ばれています。

ラピスラズリの美しい藍色は夜空、そして散りばめられた金色のパイライト(黄鉄鉱)が星を思わせるので、天を象徴する石として昔から崇められてきました。

そしてラピスラズリの両隣に、まさに蟹座を象徴する天然石、レインボームーンストーンを。月は母親や女性性を表します。柔らかくて透明な白色の月の石、ムーンストーンはまさに理想的な母性のエネルギーを宿しているといえるでしょう。

ちなみに一般的に流通しているムーンストーンは2種類(レインボームーンストーンとブルームーンストーン)あり、見た目は似ているけど全く違う石です。

こちらのレインボームーンストーンはラブラドライトと同じ石の種類。七色に輝くラブラドレッセンス(表面の輝きの名前)が特徴。

さらに同じく蟹座を象徴する天然石のパールも使用。海の底の貝の中から生まれるので、こちらも母性を象徴する石です。

小さくて白い石はホワイトコーラル(さんご)。アジャスター部分に配置した最後の石はシトリン。

ちなみに、銀色のパーツはすべて純度の高いシルバー(SV925)を使用しています。

最近新たに天然石を仕入れたので、そろそろまとめて制作してネットショップにアップする予定でございます。

つくりためていたマクラメのペンダントたちも、近々ネットショップに公開予定です。。。

The post 蟹座の気配に満ちたシーズンが到来。天然石のシルバーブレスレットつくりました。【ハンドメイド・アクセサリー】 appeared first on ガール配信局.