( bee32/iStock/Thinkstock)

旦那の暴言にひどく傷つき、忘れられない女性は多い。

女性向け匿名掲示板『ガールズちゃんねる』の「旦那に言われた暴言!」というトピックでは、女性たちの辛い記憶が多く寄せられている。

 

■家事育児を見下す夫

様々な投稿を見ていると、似たような暴言を言われている人が多い。それは、「家事育児なんて楽勝だ」「俺だって育児でイライラしたい」など、家事や育児に関すること。

・「俺の金がなかったら生きてけないくせに」が決まり文句

 

・専業主婦だった時、「金食い虫」って言われた。パートを始めたら「今度はたかがパート」

 

・「俺が働いた金やし」と言うけれど、3歳までは家で見ようと夫婦で決めたから、私が仕事辞めたこと忘れてるのかな?

 

・「家事育児なんて楽勝だ!」っていうわりに、やってるとこ見たことない

 

・「代わりに働いてこいよ、俺だって育児でイライラしたいわ」って言われた

 

「家事や育児は、仕事より簡単」「金を稼ぐ人のほうが偉い」…そう思っている男性は、少なくないだろう。

 

■夫婦の役割を見直すことの必要性

近年では女性の社会進出が進み、やりがいのあるポストを任されたり、男性よりも稼いだりする女性が増えてきている。

昔のように、結婚したら男性が一家の生活費を全て稼ぎ、女性は家に入って専業主婦に…という明確な役割分担は、減ってきているのだ。

実際、しらべぇ編集部が全国の20~60代男女1,332名に「家庭での男女の役割」について調査したところ、「男は仕事、女は家事をすべき」と回答した人は、全体の19.2%。

「家事や育児をして家庭を支えたい」と考える男性や「結婚後も仕事を続けたい」と考える女性は多い。

 

もちろん各家庭で、事情も分担も異なるだろう。しかし、どんな形であれお互いに尊重し合い、助け合わないと夫婦関係は成り立たない。

なにげなく言った一言が、相手を深く傷つけているかもしれない。

・合わせて読みたい→最低すぎる! 「不妊治療中」に夫の両親から言われた暴言3選

(文/しらべぇ編集部・高萩陽平

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年3月24日~2017年3月27日対象:全国20代~60代の男女1,332名(有効回答数)