女性活躍推進

安室奈美恵の引退に思う、女性が生き方を選ぶということ

安室奈美恵の引退は「もったいない」のか?

もう20数年前のこと、街中は細い眉毛、短いスカート、そして厚底ブーツを履いた女子で溢れかえっていた。安室奈美恵のメークやファッションを真似たアムラーのことである。同年代の人なら理解してもらえると思うが、安室奈美恵は私達世代にとっては憧れの存在でありパイオニアでもあった。アイドルのような可愛い容姿にも関わらずパワフルなダンスチューンでデビューし、数々の賞を獲った人気絶頂のときに「できちゃった婚」を堂々と宣言。従来のアイドルであれば迷いなく引退宣言をするところを出産後すぐに復活、その後シングルマザーとして一人息子を育てながらも精力的に歌手活動を続けてきた。そしてデビュー40歳の誕生日を迎えた9月20日、突然の引退を宣言し、また世間を驚かせた。メディアは一斉に安室奈美恵の功績をたたえると共に、人気の衰えない歌姫の引退を「もったいない」と報道をしたのである。確かに40歳になっても安室奈美恵の人気は衰えていないし、まだまだ2時間のライブをほとんど休憩なしで歌って踊っていることを考えると、早すぎる引退なのかもしれない。しかし、大事なことは「彼女が選んだ」ということではないか?

「自分らしさ」を選ぶこと

話題は変わり、毎年10月11日は国連が定めた国際ガールズ・デーである。元々は、全ての女の子の「権利」や「恐怖や暴力のない生活」に向けての活動を広く国際社会に呼びかける日として制定されたものである。その国際ガールズ・デーにあわせるかのように日本で映画「ソニータ」が公開される。「ソニータ」は児童婚から逃れるため、ラップで自らの運命を切り拓いた難民少女「ソニータ」を追ったドキュメンタリー映画である。絶望的な環境に生きながらも決して夢を諦めない、そして周りの常識より自身が信じた道を切り開いていく姿には誰もが感動するだろう。 もちろん山口も強く心を動かされた。それは単に可愛そうな女の子の健気な姿にではない。むしろソニータは日本人女性の多くが忘れている、もしかしたら諦めているのかもしれない、本当の自分、「自分らしさ」を誰よりも理解し、貫いたことにである。ガールパワーインサイトでも、日本には素晴らしい文化や慣習があることは取り上げてきた、そして、中には女性にとって「プレッシャー」や「見えない天井」となっているものも少なくないことも同時に取り上げてきた。

ある年齢になったら結婚はするものだ、結婚をしたら子供を産むのは当たり前、子供ができたらキャリアより家庭を優先するのは母親だ・・・

こういう環境の中で、果たしてどれくらいの日本人女性が本当に堂々と「自分らしく生きる」ことができているのだろうか。この問いかけを社会に投げかけるべく、今回「自分らしく生きる」をテーマにしたイベントを開催することにした。トークイベント登壇のパネリストは、一人一人は全く異なる生き方を選んでいるが皆さん本当に美しく、強く、そして自分に素直に生きている。本イベントでは、多様な生き方をし、様々な考え方を持った人たちと話すことでもう一度「自分らしさ」について考える機会となるだろう。 イベント概要 イベント名:Speak Out! Talk & Party 開催日:2017年10月7日(土) 13:00—15:00 会場名:渋谷DAIA (〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2-23-12 フォンティスビルB1) TEL:03-5489-3750 主催:一般社団法人日本女子力推進事業団(ガールパワー) 後援:ユナイテッドピープル株式会社 参加費:事前3500円(当日4000円) *2時間フリードリンク・軽食付き イベント申し込み:https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01pq89z4cfd2.html

パネリスト登壇者プロフィール

Fit Me Order made フィットミー株式会社 代表取締役 星田 奈々子 氏 幼少時代をギリシャで過ごし、高校3年間は豪州へ単身留学。慶應大学を卒業後、1997年、(株)リクルートに入社。2006年、1万円台で叶うお洋服のフルオーダーメードサロン「Fit Me Order made」を創業。9年間、副業として事業を拡大。アパレル業界の常識を覆す事業モデルとして、数々のメディアに取り上げられる。2014年、出産を機にパラレルキャリアに終止符を打ち、「Fit Me」を本業に。現在、恵比寿にサロンを構え、全国でも展開中。一女の母。

NPO法人World Theater Project 理事長 教来石 小織 氏 2012年より途上国の子どもたちを対象にした移動映画館を開始。団体としてカンボジアの子どもたち33,000人以上に映画を届けてきた。2015年、日本武道館で行われたプレゼンコンテスト夢AWARDで優勝。著書に『ゆめのはいたつにん』(センジュ出版)。

株式会社イクスシード 代表取締役 如月 音流 氏 2月1日生まれ。北海道・稚内出身。携帯絵文字作家。個人で絵文字(アスキーアート)サイトを立ち上げ、メルマガ会員30万人の人気サイトに。上京後、「girlswalker.com(ガールズウォーカー)」の副編集長を経て、Webシステム開発・デザインなどを手掛けるニューハーフ企業を立ち上げる。現在、複数の企業の代表を務め、フォトグラファー、タレントとしても活動中。

ミセスワールド2016日本代表 山口 真紀 1978年1月2日山口県生まれ。人生100年とも言われる中、会社員としてだけではない人生も楽しみたいと、2016年ミセスワールド日本代表となり、2016年11月の韓国での世界大会に出場。その後、一般社団法人日本女子力推進事業団(通称 ガールパワー)のプロジェクトリーダーとして活躍しながら、2017年3月MAKI.JAPANを開業しパラレルキャリアをスタート。夢は、Forbsの最も影響力のある女性100に入ること。

モデレーター

ガールパワー 専務理事 大野 理恵

The post 安室奈美恵の引退に思う、女性が生き方を選ぶということ appeared first on ガール配信局.

金子恵美議員の保育園送迎問題に見る「お母さん幻想」と「母の呪い」

金子恵美議員の保育園送迎時の公用車利用問題とは

金子恵美議員が仕事途中の保育園送迎時に、公用車に子どもを同乗させたことが問題視され、「今後公用車に乗せない」「送迎は徒歩で」との意向を示されました。

私は、このことが問題視されること自体が、いまの日本社会が抱えている大きな問題を孕んでいる、と感じます。さまざまな視点から考察できる問題ですが、母娘・家族問題研究家としての視点から問題提起したいと思い、筆を執りました。

お母さんに多くを求めすぎる「お母さん幻想」

仕事と子育ての両立、少子化問題、ネットを中心に批判のための批判を繰り返す人たち――いまの日本のさまざまな問題、なかでも中核である「子育て」について、これほど厳しくナンセンスな批判が上がるとは愕然としています。

いまの日本では、「お母さん」に多くを求めすぎなのです。

仕事と子育てを両立していたら、「3歳までは家庭で育てるべき」「子どもがかわいそう」と、なんら医学的根拠のない、いわゆる「三歳児神話」が襲いかかる。

 子育てに専念すれば、働いていない、税金を納めていないと揶揄され、「未来の日本を担う子どもを育てている」「税金を納める夫を支えている」という大切な仕事を担っている事実を軽視される。「家庭の仕事」の軽視。

 少子化対策で、子どもを産むことを応援されたかと思えば、さらに働いて税金も納めよ。

 そこにきて「働くお母さん」、しかも日本の政策のために奔走する「働くお母さん議員」に、ナンセンスな批判でさらなる負担をかける。

この背景には、私、麻生マリ子の問題提起する「お母さん幻想」が横たわっています。

「お母さん幻想」とは? その原因とは?

「お母さん幻想」とは、母親たるもの、自分のことは差し置いて、子どものため、夫のため、家族のため、お国のために、尽くし、自己犠牲を払って生きるべき、というものです。非常に歪んだ自己犠牲です。

背景には、明治・昭和にあった「女性の生きかた像」があります。この時代の母たちの多くは、とにかく耐えて、尽くし、自己犠牲を払って、まるで奉公のように生きざるをしか得ませんでした。

その幻想だけが、いまや平成もあとわずかで元号が変わろかという時代にまで幻影のように残っている。

いわゆる「ママ友」のあいだでは、子どもを預けて夫婦でデートに行く、友だちと会ってお喋りに興じるなど、自分の人生を楽しむママに嫉妬や陰口が叩かれる。どこか楽をしたり、自由に楽しんで生きて見えるママには厳しい目が向けられる。

それは、いまの子育て世代の、そのお母様がそのような生きかたをせざるを得ない時代に生きたことが原因です。

同じ子育て世代のお母さんからすら上がった批判。その背景とは

今回大変気がかりなのは、同じ子育て世代のお母さんたちからすら批判の声が上がった、ということです。

これは上記のママ友間の嫉妬と似た心理が働いているのですが、その背景にあるのは、いまの子育て世代のお母さん自身が「お母さん幻想」に囚われていること、そしてかねてより、池内ひろ美(Girl Power代表理事)とともに問題提起してきた「母の呪い」の特徴のひとつが如実に表れています。

あなたは、お母さんの苦労する姿を見て育ちませんでしたか?

「母親なのに」、自分の人生を楽しんだり、いきいきと生きることに、どこかモヤモヤ(罪悪感やうしろ暗さ)を抱えてはいませんか?

だから、子どもを預けて夫婦でデートに行く、友だちと会うなど、「母親なのに」自分の楽しみを味わっていたり、なにか子育てに楽をしていると感じる人に嫌悪感を感じていませんか?

なにより、ご自身の“苦労してあなたを育てた”お母様を差し置いて、自分が幸せになってはいけない、人生を楽しんではいけない、とブロックをかけているところがありませんか?

それは、あなたが「お母さん幻想」に囚われている証。また「母」を内在化させ、内なる母がざわめき出す、という「母の呪い」の特徴の表われでもあります。

そして、実は、私がご相談をお受けする、いまの子育て世代の葛藤や、母娘問題は、この「母の呪い」の内在化を背景とした「お母さん幻想」に原因がある、といっても過言ではないのです。

親が人生をいきいきと楽しみ生きる背中を子どもに見せること

いいのですよ。自分の人生を、お母さんだって楽しんだって。否、むしろお母さんだからこそ、自分の人生の楽しみを思いきり謳歌すべきなのです。本来は。

親が子どもにできることというのは、口うるさく言うことでも教えることでも、自己犠牲的に苦労して子どもを育てることでもなんでもなく、親が背中で見せることだけ。

親がいきいきと自分の人生を楽しく豊かに生きる。その背中を見て、子どもは「この世界って、素敵で安心できる、楽しいところだな」「早くお母さんみたいな素敵な大人になりたいな」と、成長に希望を抱けるのです。

お母さんが、「お母さん幻想」で自身の首を絞めていたり、歪んだ自己犠牲を払って苦労しながら生きるのでは、子どもは未来に希望を抱けません。成長に不安を感じるだけです。やがて、それは病理を生みかねません。

「お母さん幻想」から自由になり、自分の人生を謳歌する。いきいきと生きる。そんな背中こそを子どもに見せる――現代にマッチした子育て、女性の生きかたは、そんなふうではないでしょうか。

子育て中のお母さん。もっと自分の女子としての人生を楽しみませんか? そんな背中をお子さんに見せてあげませんか? そうすることで、子どもたちに未来への希望を与えませんか?

私、麻生マリ子からの提言です。

The post 金子恵美議員の保育園送迎問題に見る「お母さん幻想」と「母の呪い」 appeared first on ガール配信局.