好き嫌い

テンション下がる…お弁当に入れてほしくないものランキング

(chikaphotograph/iStock/Thinkstock)

秋の行楽や紅葉を見に行くときに持って行きたいお弁当。しらべぇ編集部が以前調査した、「お弁当に入っているとうれしいものランキング」では、卵焼きやから揚げなど、定番のおかずが上位にランクインした。

一方で、苦手な食材や、お弁当に入っていると、ちょっとテンションが落ちてしまうものはないだろうか。

編集部が全国20~60代の男女800名を対象に調査を実施。一般的なお弁当の中身19項目から「お弁当に入れてほしくないもの」について複数回答で選んでもらい、結果を元にランキングを作成、検証してみた。

 

■お弁当に入れてほしくないものランキング

ランキング1位は「焼き魚」(33.3%)。弁当のおかずでよく見かける鮭や鯖の塩焼きだが、骨をとるのが面倒だったり、独特の生臭さがあったりするためか、とくに女性からは不評だった。

2位は「漬物」(28.6%)。箸休めや彩りにちょうど良いものの、酸っぱい香りが苦手な人も多い。

3位も漬物の一種である「梅干し」(21.4%)が入る。弁当の中の抗菌作用を期待されている梅干しだが、2割を超えている。

漬物を選んだ人は女性に多い一方、梅干しを選んだ人の男女差はほとんどなかった。

 

■スパゲティはシニアに不人気

4位は「スパゲティ」(19.8%)。コンビニ弁当なら揚げ物や肉料理の下に敷いてあるイメージもあり、ナポリタンやサラダ風など、バリエーションは多い。60代では2位となり、年代が高いほど「入れないでほしい」と思う人が多くなっている。

5位は「煮物」(17.9%)。これからの季節ならカボチャの煮物もおいしそう。ただし、水分が出てしまうため、あまり喜ばれないようだ。

さらには、お弁当の定番でもあるいなり寿司やミートボールといった、意外なものもランクインしている。お弁当を作る側としては、残さず食べてもらえるとうれしいもの。普段の好き嫌いだけでなく、聞いてみたら意外なお弁当の中身が苦手だったなんてこともありそうだ。

・合わせて読みたい→コレが入っていたら嬉しい! 好きなお弁当の中身ランキング

(文/しらべぇ編集部・小河 貴洋

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年9月29日~2017年10月2日対象:全国20代~60代の男女800名(有効回答数)

モチーフは動物やアニメのキャラ!野菜嫌いの息子の為に作る動物プレートが素敵

好き嫌いの多い息子に野菜や果物をちゃんと食べさせたい! そんな想いを胸に、日々、野菜や果物を使って“動物”や“アニメキャラ”を創作、プレートに飾りつける母親。これが「凄い!なんて素敵なママなの!」「羨ましいな。こんな料理なら野菜嫌いも克服出来る気がする!」と、インスタグラムを中心に話題沸騰!多くの人

きゃりーやカズレーザーなど大人の偏食いる中ピーマン好きな子供も

(bhofack2/iStock/Thinkstock)

歌手・きゃりーぱみゅぱみゅ(24)や体操競技選手・内村航平(28)、最近ではメイプル超合金・カズレーザー(33)が偏食であると告白した。

偏食家な3人に共通していることは「野菜」を食べないこと。食の好みがあるのは仕方がないが、栄養バランスという面でも野菜は大切だ。

 そんな、大人でも苦手な人の多い野菜だが、「ピーマンは、なぜか大人になったら、食べられるようになった」という人もいる反面、「子供の頃は、食べられなかった」という声も多い。

しらべぇ編集部では、全国の20~60代の男女1,336名を対象に「子供の頃からピーマンが好きだった」人の割合を調査した。

 

■子供のピーマン嫌いは間違い!?

独特な苦味が美味しいピーマンだが、子供にとっての「嫌いな野菜の代名詞」のひとつ。しかし、実際に調査をしてみると…

31.5%と約3人に1人の割合で、子どもの頃からピーマンが好きだという。予想とは異なり、ピーマンは意外と「嫌われ野菜」ではなかったということか…。

一般的に「苦味」や「酸味」は、毒や腐敗したものと認識されやすく、子供の頃は本能的に避けるべき味として「マズイ」と思い、成長と共に味の感じ方が変化するといわれている。

 そのため、子供の頃は苦手だったものが「食べられるようになった」「今は大好き」となるケースが多い。

 なお、調査対象が20歳以上のため、「今ピーマンが好き」なら理解できるが、子供の頃から好きな割合が比較的高いのは、やや意外な印象だ。

 

■食べやすくなっているピーマン

 全体の3割以上が「子どもの頃から好きだった」と分かったが、何か理由はあるのだろうか? 年代別に見てみると、

20代が39.9%で最も割合が高く、30代〜60代は30%前後となっている。

 近年のピーマンは品種改良で昔より、「青臭さ」や「苦味」が抑えられているという。その結果として、子供の頃に「食べやすいピーマン」を口にしていた20代の割合が高くなっている可能性も。

 時代の流れに伴い改良と進化を重ね、今後より食べやすくなるにつれて、「子供はピーマンが嫌い」といったイメージもなくなるのかもしれない。

 

■調理次第では苦くない?

 昔より食べやすくなったとしても、まだ苦手と感じる人も多い。しかし、ピーマンは加熱をすれば苦味が抑えられ甘みが引き立つ傾向があり、また切り方を縦にすることで、苦味を抑えることもできるそう。

 調理によって食べやすくできれば、野菜嫌いの子供でも食べやすく、苦手意識もなくすことができるはず。

ピーマンだけでなく、好き嫌いなく食べることは大切なこと。美味しく調理するコツ掴さえめば、苦手を克服するだけでなく、むしろ大好きな食材になるかも。

・合わせて読みたい→苦味が最高なのに…食べられないとダサいと思われる野菜ランキングTOP5!

(取材・文/しらべぇ編集部・ステさん) 【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2017年4月21日~2017年4月24日 対象:全国20代~60代の男女1,336名(有効回答数)