婚約

さんまも苦言 片岡安祐美に「くつした履かせて」と甘える婚約者に賛否

元女子野球日本代表で、現在は社会人野球の監督兼選手として活躍する片岡安祐美(30)が、婚約者で元プロ野球投手の小林公太(26)と、8日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)に出演した。

番組では、結婚を控えた片岡の小林への不満が爆発。司会の明石家さんま(62)も、思わず「結婚はやめとけ」と苦言を呈した。

(画像は片岡安祐美公式ブログからのスクリーンショット)

 

■婚約者への不満とは?

8月に放送された日本テレビ夏の風物詩『24時間テレビ』内で、交際中の小林がサプライズでプロポーズ。涙ながらに申し出を受け入れた片岡の姿は、記憶に新しい。

結婚を控え幸せいっぱいのはずだが、片岡の小林への不満は止まらない。

片岡が食事の準備をしているのに、小林だけ先に食事を始める。外食中、先に食事を終えた小林が片岡を置いて店を出ようとするなど、「気遣いができない」と怒りを露わに。

さらに、デートに「ガス会社の知人からもらった作業着」で現れたり、大事なパーティにヨレヨレで色あせたTシャツで出席しようとするなど、服装にも無頓着な点に片岡は頭を悩ませていた。

 

■「くつした履かせて」と甘える

朝に弱い小林に、片岡は手を焼く。声をかけ続けても起きないばかりか、足を上げて「くつした履かせて」とアピール。結果的に片岡が、寝たままの小林を着替えさせるという。

ゲストの広末涼子(37)は「年上のお姉さんだから甘えちゃう。旦那さんがダメになる」と諭す。

さんまも「あの旦那、やめとけ」と言おうと思っていたが、前述の「ガス会社の作業着」で登場した小林を「笑いがわかっている」と一転して絶賛した。

婚約破棄した人たちの衝撃エピソード 式直前に取り止めたケースも

(Wavebreakmedia Ltd/iStock/Thinkstock)

愛する人と結婚の約束をする瞬間は、誰にとっても幸せなひとときのはず。

だが世の中には、その後、さまざまな理由で「婚約破棄」の経験をしたことのある人もいるらしい。

 

■約1割が「ある…」

しらべぇ編集部では、全国20代〜60代までの男女1,348名を対象に「婚約を解消したことがあるか?」調査を実施。

その結果、全体で約1割の人が「ある」と回答。

一体、どのような事情で、結婚を取り止めたのだろうか。

 

■お金の問題で…

しらべぇ編集部では、経験者2名から話を聞いた。

「お金の価値観が合わず、婚約破棄したことがあります。 数年前『そろそろ結婚を…』と考えていたタイミングで出会った女性と、入籍を決意しました。

 

当時、自分で起業した医療系の会社が軌道に乗り、結婚後、彼女にはそこそこ良い生活をさせてあげられる自信はあったので。彼女は『仕事をやめて主婦になりたい』と言っており、それも許可しました。

 

生活費などお金周りはすべて彼女に任せるのではなく、 ふたりの生活にかかる額を月々僕が渡すようにして、 彼女が欲しい物があるときには、都度、必要な分だけお金を渡すと取り決めて。

 

しかし、入籍届を書く直前に、なぜか彼女が 『自分のお小遣いは、月々100万円ほどの定額にしてほしい』と言い出したんです。

 

なぜかと聞くと、『欲しいものがあるときに、逐一報告するのも面倒だし、女はお金がかかる』と。渡せない金額ではありませんが、あまり贅沢な暮らしが好きではない僕の価値観と、彼女の経済感覚は違いすぎます。

 

何度も話し合い金額交渉しましたが埒が明かず。 お互いのために良くないと、結婚は無しにしました」 (34歳・男性・経営者)

 

 

■式直前、運命の人が…

「結婚式の日取りが決まり、関係者へ招待状も出し、結婚後の住居も決まり、あとは籍を入れるだけ…。

 

そんなタイミングで、休日に一人でテニスに行ったところ、ベンチで隣に座った女性と意気投合。共通の趣味もあり、初めてとは思えないほど話が弾み、『運命の人と出会っちまった』と感じました。 そこからの行動は早かったです。

 

結婚後に住む予定だった住居は婚約者の親の持ち物だったので、婚約者とその両親にすぐ集まってもらい、土下座して『婚約解消して欲しい』と懇願。すぐには状況が理解できないようでしたが、自分の親も土下座謝罪についてきてくれて、必死で説得しました。

 

『人生でこんなに謝ったことはない』と思うほど、関係者に謝りましたね…。今では、テニスで出会った彼女と結婚して幸せにやっています」(45歳・男性・会社員)

 

結婚する直前まで解消の可能性があると考えると、世の「婚約済み」カップルは、入籍するその日まで油断はできないのかも知れない…。

・合わせて読みたい→インスタントジョンソン・じゃいが「離婚約」を明かす 妻の再婚を望む意見も

(文/しらべぇ編集部・瀬戸内レモン

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年8月25日~2017年8月28日対象:全国20代〜60代までの男女1,348名

泰葉、SNSで知り合った外国人男性と「初対面で婚約」を発表 驚きの声

(画像は公式ブログのスクリーンショット)

元夫・春風亭小朝から、暴行を受けていた」との内容をブログに綴ったことでも注目を集めていた、シンガーソングライターの泰葉。

そんな彼女が、15日更新のブログにて、交際していた20歳年下のイラン人の男性と婚約したことを発表。ネットでは、祝福の声と驚きが広がっている。

 

■20歳年下のイラン人男性と婚約

14日、泰葉はFacebookで知り合い、その後交際を続けていた20歳年下のイラン人の男性と婚約したことをブログで報告。彼と対面したのは、今回が初めてと見られている。

彼と初めて対面したことについて泰葉は「やっと掴んだ幸せです。なんか演歌みたい」と喜びを明かし、会社の経営をしているという彼については「優しい、優しい人でした」とつづっている。

そして、同日17時過ぎに更新されたブログで…

「ミィヒディ カーゼンボールと、私 泰葉は、本日婚約しました。20日に二人で会見を行います」

 

と、初対面した当日に婚約したことを報告。さらに、翌15日朝には、マスコミ関係者に向けての婚約会見の詳細が、ブログに記されるかたちでリリースされている。

 

■ネットでは驚きの声

年齢差が20歳ということもさることなが、SNSで知り合った外国人の男性と、初対面で婚約をしたことなど、様々な面で驚きの声があがっている。

・泰葉さん大丈夫なんだろうか…フェイスブックで知り合い、実際会ったのは今日が初めての年下イラン人と婚約したってさ。正常な判断で結婚を決めたんだろうか

 

・相手は勇気あるな…

 

・イラン人のほうを心配しちゃう

 

ブログでの過激な発言が度々世間を騒がせている泰葉。情緒が安定していない彼女の精神状態を心配する声も。

 

■ネットで知り合った異性と結婚した人は1割以下

泰葉のように、ネット上で知り合った異性と、結婚した経験のある人はどれくらいいるのだろうか。

しらべぇ編集部が全国の20~60代既婚の男女748名を対象に「ネットで知り合った異性と結婚したことがある」人の割合を調査したところ、全体では6.6%という結果に。

「ネットで異性と知り合う」という感覚はあまり浸透していないのかもしれない。

幸せいっぱいの様子でツーショット写真と共にブログで婚約を報告した泰葉。2人にとって幸せな結婚となることを願うばかりだ。

・合わせて読みたい⇒香山リカ氏「報道だけの診断」に泰葉が激怒 ネット民「泰葉が正論」

(文/しらべぇ編集部・もやこ

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2016年4月22日~2016年4月25日対象:全国20代~60代の既婚者748名(有効回答数)