子供の頃

いつか必ず決着をつけよう

 

親父から聞いた話。

 

親父が小さい頃の遊びと言ったらメンコが大ブームで、親父も色とりどり様々なメンコを集めていたが、腕はからっきしだったとか。

 

ある時、同じ町内のA君に惨敗し、彼に頼み込んで特訓を受けた。

 

勉強そっちのけで血の滲むような練習を重ねたところ、かなりの上達を遂げ、気がつくと親父は近所でも名うてのメンコ名人になった。

 

師匠であるA君までもがライバルと認め、二人の直接対決は町内の子供たちが皆観戦に集まる名物となっていた。

 

星取は一進一退で、なかなか決着がつかなかったとか。

 

しかし、A君は父親の仕事の都合で東京へ引っ越してしまった。

 

親父とは、「いつか必ず決着をつけよう。それまでお互い練習しようね」と固く約束したという。

そんなことはない、人違いだ!

遠く離れても、親父とA君は手紙のやり取りを続けた。

 

手紙にはメンコを同封し、度々互いの自慢のメンコを交換していた。

 

ある日の夕方、親父は帰宅中に公園で見覚えのある顔を見つけた。

 

A君だった。

 

親父は歓喜してA君に駆け寄ると、A君も嬉しそうに満面の笑顔で迎えてくれた。

 

何を話したか覚えていないそうだが、親父は近況を語り、A君はニコニコしながら聞いてくれた。

 

話もそこそこにメンコの勝負を持ちかけると、A君は「もう僕はメンコは出来ないんだ。たくさん集めたけどあげるよ」と、巾着袋に入ったメンコを親父に手渡した。

 

親父は驚き理由を訊ねたが、A君は「大事にしてね。バイバイ」とだけ言い、帰ってしまった。

 

釈然としないまま家に帰り、先程の出来事を母に話した。

 

母は真っ青になり、「そんなことはない、人違いだ」と言う。

 

証拠とばかりに貰ったメンコを見せると、母は「お前が気落ちすると思い、言うかどうか今日まで迷っていたんだけど、A君は先月亡くなったんだよ。川で溺れたんだって・・・」。

 

お母さん同士で仲が良かったKさんの家に連絡があったという。

 

親父は信じられず、しばらくの間塞ぎ込んでしまったらしい。

 

「だったら僕が見たA君は誰だよ!貰ったメンコは何なんだよ!」と。

 

しばらくしてA君の死を事実として認めた親父は、なんとかしてお墓参りに行きたかったが、小学生が一人で東京まで行けるはずもなく、結局線香をあげることが出来たのは4年が経った頃だった。

 

親父はA君の仏前に、当時お気に入りだった負け知らずの忍者のメンコを供えた。

 

親父は思わず涙がこぼれたという。

 

「決着つけられなかったね。遅くなってごめんね」と仏前に語りかけた。

 

それから1年後、実家でボヤがあった際にメンコはほとんど焼失してしまった。

 

焼け残った数枚は経年変化でもうぼろぼろになっているが、親父は今でも大切にしまい込んでいる。

 

この話を聞いた後、試しに親父に勝負を挑んでみた。

 

いつの間に買っていたのか、新品のメンコを出してきた。

 

親父はまさに鬼のような強さだった。

 

俺が素人というのを抜きにしても、とんでもない強さだった。

 

親父は、「A君はもっと強かったぞ」と自慢げに語っていた。

 

(終)

The post いつか必ず決着をつけよう appeared first on 怖いもん通信.

隣の部屋から聞こえてくる音

 

小学4年生の頃、うちの家族はアパートに住んでいた。

 

そのアパートの壁は薄く、隣の部屋の音がかなり聞こえた。

 

テレビの音や会話も聞こえるし、たまにはアンアンしている音まで聞こえる事もあった。

 

また逆に、友達と家で騒いでいると隣の部屋に住んでいる男が「うるさい!」と怒鳴り込んでくる事もあった。

 

この隣の男を仮にA男とする。

何故あの日に限って・・・

A男は今でいう”DQN”だ。

 

昔で言うならチンピラっぽい男で、定職に就いていないのか、昼間に見かける事が多かった。

 

いつも不機嫌そうで、夜になると隣から怒鳴り声や喧嘩している音が聞こえることも多かった。

 

俺はA男が嫌いだったし、うちの両親もA男が隣で騒ぐ度に嫌な顔をしていたのはよく覚えている。

 

(何度か理不尽に怒鳴られたり絡まれたりしていた)

 

ただ、うちの親父も血の気が多い方で、イライラが募ると隣に文句を言いに行く事があり、その度に怒鳴り合いになるからご近所には迷惑を掛けていたと思う。

 

ちなみに、A男が怒鳴っている相手は同居していた女性だった。

 

その女性をB子さんとする。

 

B子さんは当時の俺から見ると美人さんだった気がする。

 

A男とは、どういう関係だったのかは知らない。

 

夫婦だったのかも知れないし、恋人同士だったのかも知れない。

 

ただ、B子さんはA男から暴力を受けていたらしく、顔に青アザがあったり、どこか怪我していることも多かった。

 

一度だけ電話ボックスの中で座り込んでいるB子さんを見たことがあったけれど、その時は何というのか、雰囲気的に疲れ切っているというか、ボロボロになっている感じがして、子供だった俺には話しかけることが出来なかった。

 

そのアパートでの部屋の配置は、A男の部屋が角部屋で、その隣がうちだった。

 

なので、A男宅の騒音の被害に遭っていたのは主にうちだけだった。

 

他に、B子さんとうちの母はそこそこ交流があり、よく立ち話をしていた。

 

会話の内容の大半は、「あんな男と別れた方がいい。警察に相談しよう」と母が言えば、「そんなことをすると何されるか分からない」的な事をB子さんが言うので会話が堂々巡りしていたらしい。

 

そして、あの日の夜がやってきた。

 

珍しく隣から怒鳴り声も喧嘩する音も聞こえず、早めに仕事から帰った両親と夕飯を食べて一家団欒をしていたが、突然外からドアを”ドン!!”と強く開ける音と誰かが走り去る音が聞こえた。

 

何かあったのか?とうちの親父が外に出ていき、暫くすると血相を変えて戻って来るや、「救急車を呼べ!」と叫んだ。

 

その救急車で運ばれたのはB子さんで、走り去って行ったのはA男だった。

 

この時はまだ、何故そんな事態になったのかは分からない。

 

両親は警察から事情を聞いたみたいだったが、俺には何も話してはくれなかった。

 

ただ、A男の暴力でB子さんが非常に危険な状態に陥ってしまった事は、子供の俺にも見当がついた。

 

幸いなことに、B子さんは病院に搬送されて一命を取り留めた。

 

その後、母と一緒にB子さんの見舞いに行く事になった。

 

母はとてもB子さんを心配していた。

 

ところが・・・。

 

B子さんは俺達の姿を見るなり、半狂乱になって暴れ出した。

 

点滴を掛けていた棒は倒れ、医者や看護婦さんたちがB子さんを必死に抑えつけていた。

 

俺が、おそらく母も一番ショックを受けたのは、B子さんのその様子ではなく、叫んでいた言葉だった。

 

「助けてくれって言ったのに!」

「助けてくれって言ったのに!」

「助けてくれって言ったのに!」

・・・・・・・・・・

 

ひたすら、そう叫び続けていた。

 

俺達は看護婦さんに病室から追い出された。

 

よくよく考えれば、色々とオカシイところはあった。

 

何故、あの日に限って隣の音が全く聞こえなかったのか?

 

普段なら絶対に何か聞こえるはずなのに。

 

現に、A男がドアを開ける音は聞こえたのだから。

 

隣で喧嘩しているなら、すぐ分かるはずなのだ。

 

B子さんがそうやって助けを求めたなら、うちに聞こえないはずが絶対にないのだ。

 

なのに、どうしてあの日の夜は何も聞こえなかったのだ?

 

その後、暫くしてうちは引っ越した。

 

理由は明確で、隣に誰も居なくなったことで何も聞こえなくなった事が耐えられなくなり、子供の俺が突然泣き叫んだりするようになってしまったからだ。

 

多分、うちの親も精神的に限界だったのだとは思う。

 

後日談

大学に入学して夏休みに帰省した時、当時の記憶を確認したくてそのアパートまで行ったことがある。

 

しかし、アパートは改築されて当時の面影は全く無くなっていた。

 

・・・が、大家さんはまだまだ現役だったので、幸運な事に話を聞くことが出来た。

 

B子さんは退院した後、すぐにアパートから出て行ったらしい。

 

A男は警察に捕まったとの事だった。

 

そして、大家さんはこう続けた。

 

「あの部屋の壁に血が付いちゃってさ。お巡りさんが言うには、酷いことにA男がB子さんの頭を掴んで壁に何度か叩き付けたらしいのよ。おかげで部屋の壁紙を替えるのが大変でね」

 

俺は怖くて、どちら側の壁だったのかは訊けなかった。

 

正直、子供だった俺が記憶を改竄(かいざん)し、何も聞こえなかったと思い込もうとしているのかも知れない。

 

そうなると、うちの両親はB子さんの助けを無視した最低の人間だという事になるが・・・。

 

ただ、俺の記憶が正確で、あの夜に起こった事が本当ならば、どうしてB子さんにとって最悪のタイミングで何も聞こえなかったのか?

 

なんだか人知れない”悪意”を感じてしまっている。

 

(終)

The post 隣の部屋から聞こえてくる音 appeared first on 怖いもん通信.

隣の部屋から聞こえてくる音

 

小学4年生の頃、うちの家族はアパートに住んでいた。

 

そのアパートの壁は薄く、隣の部屋の音がかなり聞こえた。

 

テレビの音や会話も聞こえるし、たまにはアンアンしている音まで聞こえる事もあった。

 

また逆に、友達と家で騒いでいると隣の部屋に住んでいる男が「うるさい!」と怒鳴り込んでくる事もあった。

 

この隣の男を仮にA男とする。

何故あの日に限って・・・

A男は今でいう”DQN”だ。

 

昔で言うならチンピラっぽい男で、定職に就いていないのか、昼間に見かける事が多かった。

 

いつも不機嫌そうで、夜になると隣から怒鳴り声や喧嘩している音が聞こえることも多かった。

 

俺はA男が嫌いだったし、うちの両親もA男が隣で騒ぐ度に嫌な顔をしていたのはよく覚えている。

 

(何度か理不尽に怒鳴られたり絡まれたりしていた)

 

ただ、うちの親父も血の気が多い方で、イライラが募ると隣に文句を言いに行く事があり、その度に怒鳴り合いになるからご近所には迷惑を掛けていたと思う。

 

ちなみに、A男が怒鳴っている相手は同居していた女性だった。

 

その女性をB子さんとする。

 

B子さんは当時の俺から見ると美人さんだった気がする。

 

A男とは、どういう関係だったのかは知らない。

 

夫婦だったのかも知れないし、恋人同士だったのかも知れない。

 

ただ、B子さんはA男から暴力を受けていたらしく、顔に青アザがあったり、どこか怪我していることも多かった。

 

一度だけ電話ボックスの中で座り込んでいるB子さんを見たことがあったけれど、その時は何というのか、雰囲気的に疲れ切っているというか、ボロボロになっている感じがして、子供だった俺には話しかけることが出来なかった。

 

そのアパートでの部屋の配置は、A男の部屋が角部屋で、その隣がうちだった。

 

なので、A男宅の騒音の被害に遭っていたのは主にうちだけだった。

 

他に、B子さんとうちの母はそこそこ交流があり、よく立ち話をしていた。

 

会話の内容の大半は、「あんな男と別れた方がいい。警察に相談しよう」と母が言えば、「そんなことをすると何されるか分からない」的な事をB子さんが言うので会話が堂々巡りしていたらしい。

 

そして、あの日の夜がやってきた。

 

珍しく隣から怒鳴り声も喧嘩する音も聞こえず、早めに仕事から帰った両親と夕飯を食べて一家団欒をしていたが、突然外からドアを”ドン!!”と強く開ける音と誰かが走り去る音が聞こえた。

 

何かあったのか?とうちの親父が外に出ていき、暫くすると血相を変えて戻って来るや、「救急車を呼べ!」と叫んだ。

 

その救急車で運ばれたのはB子さんで、走り去って行ったのはA男だった。

 

この時はまだ、何故そんな事態になったのかは分からない。

 

両親は警察から事情を聞いたみたいだったが、俺には何も話してはくれなかった。

 

ただ、A男の暴力でB子さんが非常に危険な状態に陥ってしまった事は、子供の俺にも見当がついた。

 

幸いなことに、B子さんは病院に搬送されて一命を取り留めた。

 

その後、母と一緒にB子さんの見舞いに行く事になった。

 

母はとてもB子さんを心配していた。

 

ところが・・・。

 

B子さんは俺達の姿を見るなり、半狂乱になって暴れ出した。

 

点滴を掛けていた棒は倒れ、医者や看護婦さんたちがB子さんを必死に抑えつけていた。

 

俺が、おそらく母も一番ショックを受けたのは、B子さんのその様子ではなく、叫んでいた言葉だった。

 

「助けてくれって言ったのに!」

「助けてくれって言ったのに!」

「助けてくれって言ったのに!」

・・・・・・・・・・

 

ひたすら、そう叫び続けていた。

 

俺達は看護婦さんに病室から追い出された。

 

よくよく考えれば、色々とオカシイところはあった。

 

何故、あの日に限って隣の音が全く聞こえなかったのか?

 

普段なら絶対に何か聞こえるはずなのに。

 

現に、A男がドアを開ける音は聞こえたのだから。

 

隣で喧嘩しているなら、すぐ分かるはずなのだ。

 

B子さんがそうやって助けを求めたなら、うちに聞こえないはずが絶対にないのだ。

 

なのに、どうしてあの日の夜は何も聞こえなかったのだ?

 

その後、暫くしてうちは引っ越した。

 

理由は明確で、隣に誰も居なくなったことで何も聞こえなくなった事が耐えられなくなり、子供の俺が突然泣き叫んだりするようになってしまったからだ。

 

多分、うちの親も精神的に限界だったのだとは思う。

 

後日談

大学に入学して夏休みに帰省した時、当時の記憶を確認したくてそのアパートまで行ったことがある。

 

しかし、アパートは改築されて当時の面影は全く無くなっていた。

 

・・・が、大家さんはまだまだ現役だったので、幸運な事に話を聞くことが出来た。

 

B子さんは退院した後、すぐにアパートから出て行ったらしい。

 

A男は警察に捕まったとの事だった。

 

そして、大家さんはこう続けた。

 

「あの部屋の壁に血が付いちゃってさ。お巡りさんが言うには、酷いことにA男がB子さんの頭を掴んで壁に何度か叩き付けたらしいのよ。おかげで部屋の壁紙を替えるのが大変でね」

 

俺は怖くて、どちら側の壁だったのかは訊けなかった。

 

正直、子供だった俺が記憶を改竄(かいざん)し、何も聞こえなかったと思い込もうとしているのかも知れない。

 

そうなると、うちの両親はB子さんの助けを無視した最低の人間だという事になるが・・・。

 

ただ、俺の記憶が正確で、あの夜に起こった事が本当ならば、どうしてB子さんにとって最悪のタイミングで何も聞こえなかったのか?

 

なんだか人知れない”悪意”を感じてしまっている。

 

(終)

The post 隣の部屋から聞こえてくる音 appeared first on 怖いもん通信.