子育て

『初耳学』で林先生が「ながらスマホ」教育に悪影響と警鐘 ネットでは考え改める人も

12日に放送されたTBS系バラエティ番組『林先生が驚く初耳学』で林修氏が「親のながらスマホ」に警鐘を鳴らし、話題だ。

 

■スマホが邪魔をする

スマホが普及し、「歩きスマホ」や「食事中のスマホ」などのが現代では社会問題化している。そんな、「ながらスマホ」は子供の教育にも影響することがわかっているようだ。

林先生は「ながらスマホ」がダメな理由を語った。

「家庭教育誌『プレジデント Family』の記事には学力を伸ばす親の習慣として、東大生の親の90%が『子供の話を聞く』と書かれている。子供の話を聞くのは簡単だと思ってる人が多いと思うが、それを邪魔しているのはスマホ。

 

南カルフォルニア大学と日本のNPOが調査すると親が自分よりスマホを大事にしてると感じている子供が20%いた」

 

スマホを使用しながら話すと、大事にされていないと感じてしまう子供がいるようだ。

 

■林先生を作った言葉

東大出身の林氏が学力を伸ばせた理由も幼少期の祖父母とのコミュニケーションに秘密があったようだ。先生を作った教育とは…

「まず、話が終わったときに『それで』と聞く。子供は前進に力を入れて話をしてくれるじゃないですか、それが落ち着いたときに『それでどうなるの?』って次を聞いてくれるとまた考えて喋る。

 

二つ目は『なんで?』と聞かれたときに『どうしてだと思う?』聞き返す。そうすると、また考え始める。それから、図書館や本屋で一緒に調べる。最後の決め手は『やっぱり修は天才だ』だった」

 

親の言葉や接し方ひとつで、子供の未来が変わるかもしれない。

川崎希・アレク イクメンぶり発揮するも「息子にナンパさせたい」

(アレクサンダー(左)、川崎希(右) )

元AKB48でタレントの川崎希(30)と夫の「アレク」ことアレクサンダー(34)が都内で8日、動く絵本プロジェクター「ドリームスイッチ」の発売記念イベントに登場した。

 

■子供が産まれてアレクに変化が

(川崎希)

8月に第1子となる男児を出産し、初のイベント出演となった川崎は、「今までは仕事中心だったけど、子供が産まれてからは、やっぱり一番は子供。アレクとのデートよりも家族一緒にいることが、今は幸せです」とニッコリ。

アレクにも子供が産まれてからの変化を聞かれたが「自分ではわからない」と戸惑う。川崎は「おねだりをされなくなりました。今までは車や時計をおねだりされていたのですが、今は子供のためになるものだけを欲しがるようになっています」と嬉しそうに語った。

アレク自身も「今年のハロウィンも終わりましたが、仮装したお姉ちゃんを見に行きたいと思いませんでした」変化を認めていた。

 

■「息子が20歳になるまでダメ」

(アレクサンダー)

浮気が日常茶飯事だったアレクだが、子供が産まれてからは無断外出することがなくなったようだ。

家では子育てに積極的で「うんちがいっぱいでてるのを見ると楽しい」と喜んでオムツを替えているなど、イクメンぶりを発揮している。

また、アレクは川崎が前よりも怖くなったと感じているようだが、「『子供が何歳になったら遊んでいい?』と聞くと『20歳になるまでダメ』」と言われているそう。

 

■クラブで息子にナンパさせたい

取材陣から、息子が20歳になったら一緒にナンパしたいか質問されると「したいですね。クラブに連れて行って、息子にナンパさせたい」と軽い調子でダメンズな発言。

また、息子と同じ女性をもし気に入った時は「そこは父に譲ってもらいたい」と即答。

すると川崎は「20年かけて、アレクを落ち着かせるように教育したいと思っています。ずっとこのままだと思いますけど」と、やや諦め気味だった。

海老蔵、麻央さんへの後悔を告白 「妻が病なのに」

歌舞伎俳優の市川海老蔵(39)が7日、自身のブログを更新。34歳という若さでこの世を去った妻・小林麻央さんへの思いを語った。

 

■家にいられなかったことを後悔

「主人が地方公演から帰り、久しぶりに家族皆で過ごし」とつづった昨年11月26日の麻央さんのブログについて触れた海老蔵。「旅から帰ると家族団欒」と昨年と同じく家族の時間を過ごしたことを明かした。

そして、「なかなか家にいられなかった事 少し後悔もあります」と過去を振り返る。仕事とはいえ、長い時は3ヶ月ほど家から離れている時期があったことについて、「もちろん普通の状態ならそれでも良いと思う」としながらも「しかし妻が病なのにそのスケジュール、今思うとそう感じます」と過去の自分の行動を悔やんでいることを告白した。

 

■子供たちと離れないスケジュール

最愛の妻である麻央さんが亡くなり、周りの協力は得ながらも父ひとりの子育てになった海老蔵。

「今後はなるべく子供達のためにもなるべく離れないスケジュールにしていこうと思っています」と子供たちとの時間を大切にすることを明かした。

苦労を経てシングルファーザーがある決意を…『東京シングルファーザーズ』最新話

『横山さんちの理不尽むすこ』や『戦国コミケ』、『北のダンナと西のヨメ』や『結婚までの歩みをリレー漫画にしてみました。』などの作品で知られる漫画家の横山了一さんが、自身のTwitterアカウント(@yokoyama_bancho)に投稿された新シリーズ『東京シングルファーザーズ』。 まだ赤ん坊の息子を

渡辺美奈代「長男殺害予告」を受けた恐怖体験を初告白 犯人はまさかの…

良くも悪くも注目が集まる2世タレント。元おニャン子クラブ・渡辺美奈代(48)の長男・矢島愛弥(20)も、ラップ系シンガーとして芸能界活動を開始した。

1日放送『1周回って知らない話』(日本テレビ系)で、その矢島が幼いころ、嫌がらせや「殺害予告」を受けていたと渡辺が告白。衝撃の内容に波紋を呼んでいる。

(画像は渡辺美奈代Instagramからのスクリーンショット)

■長男入園で嫌がらせ

芸能人の母親の子育てトラブルを渡辺は語る。

長男の幼稚園入園時、渡辺がアイドルとして活動した20代に発表した水着写真集が幼稚園に届く。園長に「こんなお母さんを入れていいのか」と相談が寄せられ、渡辺は仕事をセーブして事態の収拾を図ることに。

しかし、嫌がらせはこれで終わらない。更なる事件が起こる。

 

■殺害予告に恐怖

入園後、暫くすると、渡辺が子供を送って自宅に戻るたびに電話が掛かるようになった。その内容は「お宅のお子さんを殺します」、いわゆる「殺害予告」だ。

渡辺はすぐに警察に相談。自宅にセンサーを付け、ホットラインを引くなど対策を講じてくれたが、その状態が3年間続いたという。

哀川翔「ゴミを跨いだら半殺し」 独特のしつけに明石家さんまも絶賛

主演作100本以上、Vシネマの帝王・哀川翔(56)が娘の女優・福地桃子(20)と、31日放送『踊る! さんま御殿!!』(日本テレビ系)で共演。

哀川家独特のしつけを明かし、視聴者から賞賛が起こっている。

(画像は哀川翔公式Twitterからのスクリーンショット)

 

■ルール違反は「半殺し」

我が家の変なルールとして哀川が明かしたのは「落ちているゴミを跨いだり、トイレットペーパーの補充をしなかったら半殺し」というもの。

「跨ぐのはゴミに気づいている行為。あえて無視するくらいなら拾ってゴミ箱に入れる」、家族の多い哀川家ではそうしないと、すぐにゴミだらけになってしまう。

同じようにトイレットペーパーもすぐに無くなるので「気がついた者が補充する」よう、子供を厳しくしつけてきたと語ると、司会・明石家さんま(62)も「良いルール」と絶賛。

福地も「半殺しと言われてきたので、とりあえず拾っておこう」と、哀川のしつけに従ってきたと明かした。

 

■着ぐるみで凝視

また、「口で言っても聞かない」子供たちのために、哀川は着ぐるみを用意。幼いころ、父の言うことを聞かずわがままを言うと、哀川は「呼んでくるぞ」と地下室に向かい着ぐるみを着て、何も言わずジッと子供たちを見つめる。

あまりの怖さに福地は「この世のものじゃない」顔で泣き叫び、トラウマに。「テーマパークでも泣いている写真しかない」と語った。