学校

最近おかしい教師が増えてきた? 「手法が巧妙化した」の声も

(©ぱくたそ)

5月に大阪の小学校で発生した、教師が太鼓のバチで児童を殴打した事件。6月に東京の定時制高校で発生した、女子生徒に1,000円を支払って自らの代わりに授業をさせた教師など、昨今なにかと教師の行動が問題視されている。

教師の質の低下を嘆く人も少なくないが、はたして世間はどう考えているのだろうか。しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,338名に「昨今の教師」について調査を実施したところ、63.9%が「おかしい教師が増えていると思う」と回答した。

 

■60代の約8割が「おかしい教師が増えた」

 

男女・年代別に比較すると、年代が上がるにつれて、昨今の教師の質の低下を嘆いている傾向にあることがわかった。20代では約半数という割合だが、60代ではおよそ8割にもおよんでいる。時代の変化を感じている年代ほど、教師の変化にも敏感なようだ。

また、男女別にみたところ、全年代で女性のほうが「おかしな教師」の存在を実感していることが明らかに。その差は7ポイント。主婦として子供と接する機会も多いため、子供の通う学校にいる変わった教師を見かける機会も多いということか。

 

■手法が巧妙化している?

取材班は実際に話を聞くことに。

「昔から生徒に危害を加えるような変な教師はいましたけど、最近ではすぐネットで扱われるし、問題になるので、手法が巧妙化したという印象です。自分たちの世代では、もっとストレートに殴ったり、わかりやすくひいきしていましたから」(50代男性)

 

「殴れば「体罰」と問題になり、極端に教師の権利を奪ったりするので、教師たちも相当ストレスが溜まっているのではないかなと。それが歪んだかたちで発散されるのが最近のヤバイ教師たちの実情なのかなと察します」(30代女性)

 

■専業主婦では8割超え

また「おかしな教師が増えていると思う」と回答した人を職業別にしたところ…

 

「専業主婦(夫)」の8割近くがおかしな教師の増加を感じていることがわかった。子供と接する時間が多いことや、もしかすると昼間のワイドショーなどニュースを見る機会も他の職業にくらべて多いのかもしれない。

一方、教師と毎日接する「学生」は5割を切る結果に。実態を知っていることから、「皆が言うほど変じゃない」との意識をもっている人も多いのかも。ただ、現役学生たちでさえも5割近くはおかしな教師の存在を目の当たりにしているようだ。

 

いつの時代も教師をはじめとして「非常識な人たち」はいたはずだ。最近の教師ばかり注目されている背景には、ニュースやSNSでの拡散をはじめ、事件が表にあらわれるようになってきたことも影響しているのかもしれない。

櫻井翔『先僕』パワハラ専務が学校へ! 理不尽な上司とどう向き合う 

今夜放送される、嵐の櫻井翔が主演をつとめるドラマ『先に生まれただけの僕』(日本テレビ系)の第5話。

生徒の前で圧巻のロングスピーチを見せた鳴海(櫻井翔)の目の前に上司の加賀谷(高嶋政伸)が現れた第4話のラスト。第5話ではふたりの関係に注目が集まる。

 

■鳴海が伝える「現実」に共感の声が続出の本作

毎話、会社員ならではの視点でストレートなメッセージを生徒や教師たちに伝えてきた鳴海。

第4話でも、授業の改革に伴って反発してきた3年生に対して語った、10分以上のロングスピーチに賞賛の声が集まっている。

「先に生まれただけの僕」やっぱり抜群に面白い…最後の校長の話、自分が高校生の時に聞きたかった。

— のか (@nochu1) 2017年11月8日

先に生まれただけの僕、よかった高校生のときに教えてもらいたかった。私達が知っている職業なんてたかが知れてて、自分の描く未来に進まなければいけない、人に役立つ仕事をしなければいけない、なんて思い込まなくていいと考える暇を与えて欲しかったそしたら私は全く違う選択をしたかも

— まゆう (@donguriko1997) 2017年11月4日

先に生まれただけの僕。今週も良質なドラマだった。校長先生が高校3年生を集めて語る「この先の将来に待ってるもの」、「大学4年間で何を得るべきか」が、その道を実際に経てきた世代からするとわかりすぎて辛い。そんなこと高校生のときに教えてくれた人いなかったぞ。

— まりるん (@marij07pt) 2017年11月4日

社会人の視聴者からの「高校生のうちに知りたかった」という声が目立つ。高校生を子供扱いせずに社会の現実を伝え続ける鳴海の言葉は、着実に本作のファンを増やしていきそうだ。

 

■第5話あらすじ

ドラマ公式サイトからあらすじを見てみよう。

受験生(中学3年生)に向けた、学校を知ってもらう為のイベント『オープンキャンパス』開催を知った鳴海(櫻井翔)は、生徒たちにもイベントに協力してもらい、京明館高校の魅力をアピールしたいと教師たちに提案。ちひろ(蒼井優)は自分が担任する2年3組の生徒に、オープンキャンパスでのメインイベントを考えてみてほしいと相談する。

 

ちひろが最近知った話術「ペップトーク」が功を奏し、3組の生徒たちはすっかり乗り気に。自分たちの学校の魅力を伝えるにはどうしたらいいかと知恵を絞る生徒たちの様子に、ちひろは教師としての喜びを感じる。

 

さらに、鳴海は樫松物産社長・原(小林勝也)にもオープンキャンパスに来てほしいと直訴。そこには鳴海のある狙いが隠されていた。しかし、そんな鳴海の行動が疎ましい加賀谷(高嶋政伸)は沙織(井川遥)に接触。校内で鳴海に反発している教師の名前を聞き出そうとする。

 

さまざまな思惑と生徒たちの熱意が渦巻く中、オープンキャンパスは当日を迎える…。

 

やはりパワハラ専務・加賀谷とのバトルは一筋縄ではいかなさそうである。

 

■どこにでも理不尽な上司はいる?

しらべぇの調査によると、上司を「殺したい」と思ったことがある人は4人に1人以上の27%にのぼった。

 

さまざまな要因はあるだろうが、上司の存在に苦しめられている人は多いようだ。

これまで上司の加賀谷にかなりの圧力をかけられてきた鳴海だが、第5話ではどうやら流れが変わりそうな気配。今後、鳴海が本社の中でどう戦っていくのかにも目が離せない。

《これまでに放送した『先に生まれただけの僕』記事はこちら

・合わせて読みたい→『先僕』鳴海校長なら「地毛証明書」をどう解決? 今後の題材に期待の声

あばれる君、教師の過酷な労働環境に「給与を倍に」と提案 ネットでは賛否

(画像は公式Twitterのスクリーンショット)

27日に放送された、フジテレビ系バラエティ番組『坂上忍と大激論!ニッポンの危機』であばれる君の教育現場に対する提案がネットで賛否を巻き起こしている。

 

■教師の給与を2倍に!

小・中学校で校長を務めた父を持ち、自身も教員免許を所持する、あばれる君が日本の教育問題に対して「教員の給料を2倍にしましょう」と持論を展開。その理由とは…

「父は中学の英語の先生だった、夜中の急な呼び出しに電話で平謝りしている姿も見てた。テストの採点も夜中までかけてやったり、風邪になってもマスクをして朝、出勤していく。僕はその姿をみて、『先生って大変だな』と思っていた。

 

先生は給与を増やしてほしいとは言えない。なぜなら『教育をお金のためにやってるの?』と言われると萎縮してしまう」

 

と、父の背中を見て教師の大変さを知っている、あばれる君ならではの意見を熱意を込めて語った。

 

■給与を増やすだけではダメ?

あばれる君が給与の問題を熱く語る中、小倉優子は…

「先生の給与は増やしてもらいたい。けど、問題はそこなのかな? と疑問に思ってしまう。私は、やることが多すぎることが問題だと思う。なので、部活動は講師の先生にお願いしたり、給与だけでなく労働環境を変えることが必要」

 

と、「仕事の分担」に焦点あて、反対意見を語った。

『先に生まれただけの僕』勉強は将来役に立つ? 生徒の疑問が噴出

嵐の櫻井翔が主演をつとめ、社会問題への鋭い切り込み方が話題となっているドラマ『先に生まれただけの僕』(日本テレビ系)の第3話が今夜放送。

学校にわずかな変化が起き始めた第2話から、物語のターニングポイントとなる第3話に向けて期待が高まっている。

 

■やる気のない数学教師を辞職させた第2話

第2話では、数学教師の及川(木下ほうか)に焦点が当てられた。自分のクラスの生徒が保健室に通っていると養護教諭の綾野(井川遥)から何度か伝えられるも、まったく気にかける様子のない及川。

校長の鳴海(櫻井)が話を聞くと、京明館高校の教師でありながら放課後は副業として予備校の講師も務めていることが判明した。

いじめなどに発展し、ことが大きくなる前に手を打ちたい鳴海は「予備校の『講師』ではなく学校の『教師』であるからには、勉強を教えるだけでなく生きる上で大切なことも教えてほしい」と伝えるが、取り合ってもらえない。

改めて「生徒の問題には興味がないのか」と聞かれて認めた及川の返事を受けて、鳴海は『講師』として予備校への転職をすすめ、及川は京明館高校を辞職するのだった。

先僕2話見ました。「講師」と「教師」の違い、これ大事な気がする。#先に生まれただけの僕

— OTK (@m_otake0429) 2017年10月23日

先僕2講師と教師の違いは?学校の教師は勉強以外のことも教えるのではないのか?鳴海校長の素朴な疑問は命題の1つであると思うの。

そして勉強だけの及川先生に転職を勧める経営者の鳴海。進学率を上げるだけば目的なら、及川先生の姿勢はアリだけど…経営者に従う姿勢が全くなかったからなぁ

— むべ (@mube4) 2017年10月21日

いやぁ…てっきり淡白な及川先生の心を動かす何かが起きるのかと思ったし それがこういったドラマのセオリーでしょうに…w 今週もいい意味で裏切られたw だけど及川先生は教師じゃなく講師だったんだな。適材適所ってことだよね。#先に生まれただけの僕 #先僕

— ひろひろ (@hiro_ars_hsj) 2017年10月21日

自分の信念に従って徐々に改革を進める鳴海。とくに『講師』と『教師』の違いについての持論は、多くの人の共感を呼んだ。

やる気のない先生を改心させる……というストーリーなら今までの学校ドラマでもあったかもしれないが、辞職に追い込むというのだからスゴい。

 

■第3話のあらすじをチェック

今後の大胆な改革への期待も高まっている本作。ドラマ公式サイトから第3話のあらすじを見てみよう。

退職した及川(木下ほうか)の代わりに自分が教壇に立つと宣言した鳴海(櫻井翔)。

 

数学の授業を担当することになるものの、教科書に目を通すと思いのほかレベルの高い内容に、鳴海はすっかり自信を失う。そんな中、京明館高校の生徒がスマホを使ってマンガの盗み撮りをしているとコンビニからの連絡を受け、鳴海は慌てふためく。

 

そして、鳴海の授業当日。校長が授業をすると聞かされ、ざわつく生徒たち。教師たちも、鳴海がどんな授業をするのか興味しんしんで見学にやって来る。注目が集まる中で教壇に立った鳴海は、見よう見まねのアクティブラーニング型授業を行なう。

 

授業の最後、鳴海は生徒の一人から「関数や微分積分は社会で役に立ちますか?」と質問されて困惑。さらに、「社会人になっても仕事で使わないものを勉強して何の意味があるのか」と問われ、鳴海は言葉に詰まってしまう。

 

鳴海の授業が引き金となり、他の授業でも生徒たちが「今の勉強が何の役に立つんですか」と教師を質問攻めにすることに。教師たちは「すべて校長のせいだ」と、怒りをあらわに校長のもとに詰め寄ってくる…。

 

「学校の勉強は将来社会でどう役に立つのか」という、これまで多くの教師や親を苦しめてきた問いに、鳴海はどう答えるのか。

『先に生まれただけの僕』勉強は将来役に立つ? 生徒の疑問が噴出

嵐の櫻井翔が主演をつとめ、社会問題への鋭い切り込み方が話題となっているドラマ『先に生まれただけの僕』(日本テレビ系)の第3話が今夜放送。

学校にわずかな変化が起き始めた第2話から、物語のターニングポイントとなる第3話に向けて期待が高まっている。

 

■やる気のない数学教師を辞職させた第2話

第2話では、数学教師の及川(木下ほうか)に焦点が当てられた。自分のクラスの生徒が保健室に通っていると養護教諭の綾野(井川遥)から何度か伝えられるも、まったく気にかける様子のない及川。

校長の鳴海(櫻井)が話を聞くと、京明館高校の教師でありながら放課後は副業として予備校の講師も務めていることが判明した。

いじめなどに発展し、ことが大きくなる前に手を打ちたい鳴海は「予備校の『講師』ではなく学校の『教師』であるからには、勉強を教えるだけでなく生きる上で大切なことも教えてほしい」と伝えるが、取り合ってもらえない。

改めて「生徒の問題には興味がないのか」と聞かれて認めた及川の返事を受けて、鳴海は『講師』として予備校への転職をすすめ、及川は京明館高校を辞職するのだった。

先僕2話見ました。「講師」と「教師」の違い、これ大事な気がする。#先に生まれただけの僕

— OTK (@m_otake0429) 2017年10月23日

先僕2講師と教師の違いは?学校の教師は勉強以外のことも教えるのではないのか?鳴海校長の素朴な疑問は命題の1つであると思うの。

そして勉強だけの及川先生に転職を勧める経営者の鳴海。進学率を上げるだけば目的なら、及川先生の姿勢はアリだけど…経営者に従う姿勢が全くなかったからなぁ

— むべ (@mube4) 2017年10月21日

いやぁ…てっきり淡白な及川先生の心を動かす何かが起きるのかと思ったし それがこういったドラマのセオリーでしょうに…w 今週もいい意味で裏切られたw だけど及川先生は教師じゃなく講師だったんだな。適材適所ってことだよね。#先に生まれただけの僕 #先僕

— ひろひろ (@hiro_ars_hsj) 2017年10月21日

自分の信念に従って徐々に改革を進める鳴海。とくに『講師』と『教師』の違いについての持論は、多くの人の共感を呼んだ。

やる気のない先生を改心させる……というストーリーなら今までの学校ドラマでもあったかもしれないが、辞職に追い込むというのだからスゴい。

 

■第3話のあらすじをチェック

今後の大胆な改革への期待も高まっている本作。ドラマ公式サイトから第3話のあらすじを見てみよう。

退職した及川(木下ほうか)の代わりに自分が教壇に立つと宣言した鳴海(櫻井翔)。

 

数学の授業を担当することになるものの、教科書に目を通すと思いのほかレベルの高い内容に、鳴海はすっかり自信を失う。そんな中、京明館高校の生徒がスマホを使ってマンガの盗み撮りをしているとコンビニからの連絡を受け、鳴海は慌てふためく。

 

そして、鳴海の授業当日。校長が授業をすると聞かされ、ざわつく生徒たち。教師たちも、鳴海がどんな授業をするのか興味しんしんで見学にやって来る。注目が集まる中で教壇に立った鳴海は、見よう見まねのアクティブラーニング型授業を行なう。

 

授業の最後、鳴海は生徒の一人から「関数や微分積分は社会で役に立ちますか?」と質問されて困惑。さらに、「社会人になっても仕事で使わないものを勉強して何の意味があるのか」と問われ、鳴海は言葉に詰まってしまう。

 

鳴海の授業が引き金となり、他の授業でも生徒たちが「今の勉強が何の役に立つんですか」と教師を質問攻めにすることに。教師たちは「すべて校長のせいだ」と、怒りをあらわに校長のもとに詰め寄ってくる…。

 

「学校の勉強は将来社会でどう役に立つのか」という、これまで多くの教師や親を苦しめてきた問いに、鳴海はどう答えるのか。

『先に生まれただけの僕』勉強は将来役に立つ? 生徒の疑問が噴出

嵐の櫻井翔が主演をつとめ、社会問題への鋭い切り込み方が話題となっているドラマ『先に生まれただけの僕』(日本テレビ系)の第3話が今夜放送。

学校にわずかな変化が起き始めた第2話から、物語のターニングポイントとなる第3話に向けて期待が高まっている。

 

■やる気のない数学教師を辞職させた第2話

第2話では、数学教師の及川(木下ほうか)に焦点が当てられた。自分のクラスの生徒が保健室に通っていると養護教諭の綾野(井川遥)から何度か伝えられるも、まったく気にかける様子のない及川。

校長の鳴海(櫻井)が話を聞くと、京明館高校の教師でありながら放課後は副業として予備校の講師も務めていることが判明した。

いじめなどに発展し、ことが大きくなる前に手を打ちたい鳴海は「予備校の『講師』ではなく学校の『教師』であるからには、勉強を教えるだけでなく生きる上で大切なことも教えてほしい」と伝えるが、取り合ってもらえない。

改めて「生徒の問題には興味がないのか」と聞かれて認めた及川の返事を受けて、鳴海は『講師』として予備校への転職をすすめ、及川は京明館高校を辞職するのだった。

先僕2話見ました。「講師」と「教師」の違い、これ大事な気がする。#先に生まれただけの僕

— OTK (@m_otake0429) 2017年10月23日

先僕2講師と教師の違いは?学校の教師は勉強以外のことも教えるのではないのか?鳴海校長の素朴な疑問は命題の1つであると思うの。

そして勉強だけの及川先生に転職を勧める経営者の鳴海。進学率を上げるだけば目的なら、及川先生の姿勢はアリだけど…経営者に従う姿勢が全くなかったからなぁ

— むべ (@mube4) 2017年10月21日

いやぁ…てっきり淡白な及川先生の心を動かす何かが起きるのかと思ったし それがこういったドラマのセオリーでしょうに…w 今週もいい意味で裏切られたw だけど及川先生は教師じゃなく講師だったんだな。適材適所ってことだよね。#先に生まれただけの僕 #先僕

— ひろひろ (@hiro_ars_hsj) 2017年10月21日

自分の信念に従って徐々に改革を進める鳴海。とくに『講師』と『教師』の違いについての持論は、多くの人の共感を呼んだ。

やる気のない先生を改心させる……というストーリーなら今までの学校ドラマでもあったかもしれないが、辞職に追い込むというのだからスゴい。

 

■第3話のあらすじをチェック

今後の大胆な改革への期待も高まっている本作。ドラマ公式サイトから第3話のあらすじを見てみよう。

退職した及川(木下ほうか)の代わりに自分が教壇に立つと宣言した鳴海(櫻井翔)。

 

数学の授業を担当することになるものの、教科書に目を通すと思いのほかレベルの高い内容に、鳴海はすっかり自信を失う。そんな中、京明館高校の生徒がスマホを使ってマンガの盗み撮りをしているとコンビニからの連絡を受け、鳴海は慌てふためく。

 

そして、鳴海の授業当日。校長が授業をすると聞かされ、ざわつく生徒たち。教師たちも、鳴海がどんな授業をするのか興味しんしんで見学にやって来る。注目が集まる中で教壇に立った鳴海は、見よう見まねのアクティブラーニング型授業を行なう。

 

授業の最後、鳴海は生徒の一人から「関数や微分積分は社会で役に立ちますか?」と質問されて困惑。さらに、「社会人になっても仕事で使わないものを勉強して何の意味があるのか」と問われ、鳴海は言葉に詰まってしまう。

 

鳴海の授業が引き金となり、他の授業でも生徒たちが「今の勉強が何の役に立つんですか」と教師を質問攻めにすることに。教師たちは「すべて校長のせいだ」と、怒りをあらわに校長のもとに詰め寄ってくる…。

 

「学校の勉強は将来社会でどう役に立つのか」という、これまで多くの教師や親を苦しめてきた問いに、鳴海はどう答えるのか。

『先僕』の「奨学金は借金」に反響続出 歌広場淳のツイートに注目も

嵐の櫻井翔が主演を務めるドラマ『先に生まれただけの僕』(日本テレビ系)の第2話が今夜22時から放送される。

「学校には、簡単に消せない問題が多すぎる。」というキャッチコピーの通り、学校教育の現場に存在するさまざまな問題に、毎回焦点が当てられていく本作。

第1話で取り上げられた「奨学金問題」が、早くも視聴者の間で大きな反響を呼んでいるようだ。

 

■奨学金の重さは高校生に理解できる?

ある日、生徒同士の喧嘩が勃発。最初に手を出してしまった生徒に話を聞くと、父親が病気で倒れて1年間は働くことができないと言われ、大学進学を諦めなければならない…と悩んでいることが判明する。

それを聞いた担任の真柴(蒼井優)は、奨学金をもらって大学へ行けばいいと助言する。

しかし、同席していた校長の鳴海(櫻井)は、父親を亡くし自身も奨学金で大学へ通っていた経験から、「奨学金は借金である」という事実をきちんと生徒に伝えるべきだと職員会議で主張。

他の教師たちに反対されながらも、鳴海は「利子を含めて600万近い借金になっており、毎月3万円の支払いがあと10年続く」という自身の経験と、よく考えた上で大学へ行き真面目に頑張ろう、というメッセージを生徒へ伝えた。

だが、それを聞いた生徒は「そんな怖い話聞きたくなかった!」と逃げ出してしまう…。

 

■ネットでも大きな反響

リアルさ溢れるこのエピソードは、ネット上で大きな反響を呼ぶことに。高校生だけでなく、その親世代からの意見も相次いでいる。

先僕見れた〜!

自分も今高校生と言う立場で、奨学金だったりとか借りようと考えてたりして、そんなにずっと長く返さなきゃいけないのかって思ったら本当に怖くて大変でやっていけるのかなとか考えたりした、、

でもいいドラマだなぁ、、

— あ や ぽ ん 固定ツイ読んでちょ (@piyo_piyorai175) 2017年10月18日

私も奨学金借りて大学進学する勢だから先僕すごいささったなぁーあんな丁寧に奨学金の話なんてしてなかったよ奨学金借りる人集合〜くらいでなんの説明もないよね親から聞くくらいだもん学校側から聞くことなかったな

— ゆめ(ぉ)ーれ (@_0617_kznr) 2017年10月15日

奨学金は借金。娘が通った高校は分厚い資料と共に生徒たちに説明会があった。あなたが背負う借金です。返済義務もあなたにあります。これだけ借りたら何年かかってこれくらい返します。よく考えてから申請書を受け取りに来るように言われたと。先僕をみて驚いた。説明されないところもあるのね。

— ま、どうぞよろしく (@msmars0410) 2017年10月15日

先に生まれただけの僕。奨学金の話、本当にグサッときた。奨学金が膨大な借金だとリアルに意識できたのは、請求額と、ズラーッと何十年先まで毎月の引き落とし日、金額が書かれた日程表見た時。気付いた時にはもう返済義務が。

— まほ (@bokkurimatsuko) 2017年10月14日

視聴者のツイートを確認していくと、手続き的な説明しかされない学校もあれば、自分の生活にどういう影響を与えるのかまで説明するところもあり、奨学金についての説明は学校によっても差があるようだ。

幼少期からお金の問題を子供に伝えている家庭もあれば、今回のドラマの生徒のように、突然親の収入が絶たれることで、初めてその現実に直面するという子供もいるだろう。

ドラマでは「学校側がどう伝えるべきか?」という側面に焦点が当てられたが、家庭の方針といったことも関係する複雑な問題だけに、さまざまな考え方が見られた。