安室奈美恵

『NHK紅白』安室奈美恵は出場せず 落胆の声続出もファンからは安堵の声

(画像はFacebookのスクリーンショット)

来年9月16日をもって、歌手活動を引退することを表明した、日本を代表するカリスマアーティスト・安室奈美恵。これを受けて、今年の大晦日に放送される『第68回NHK紅白歌合戦』(NHK)への出場に期待が寄せられていた。

しかし、16日にNHKが発表した出場歌手リストの中に彼女の名前はなく、インターネット上は騒然となっている。

 

■安室「最後の紅白」出場せず

16日NHKは公式サイトにて、『第68回NHK紅白歌合戦』(NHK)の出場歌手を発表。白組にはHey!Say!JUMPやエレファントカシマシ、トータス松本、三浦大知ら人気アーティストが初出場を果たす。

注目の紅組には、Little Glee Monsterや、SHISHAMO、TWICEらが初出場となるも、16日現在出場歌手リストに安室の名前は記載されていない。

安室は過去に9回紅白に出場しており、20歳の若さで紅組のトリを飾った伝説を持つ。

2003年以降安室は紅白へは出場していなかったが、引退宣言を受けてその話題性や、今月発売されたオールタイム・ベストアルバム『Finally』がミリオンヒットしていることから、出場は濃厚と見られ「大トリ」にも期待が寄せられていた。

 

■「残念」落胆の声続出

安室が今年の紅白に出場しないことは各メディアがこぞって取り上げており、インターネット上では落胆の声が相次いでいる。

なんや、安室ちゃん紅白でないんかい!おっちゃんもう紅白見る意味を見失ったよ(毎年見てない)

— 仮想通貨ベイビー (@bit_taroh) November 16, 2017

安室ちゃん。。。最後に紅白出てほしかったなぁ…。涙

— Kazuchan1351 (@K3891) November 16, 2017

紅白、安室ちゃんにとりを飾って欲しかったなぁ

— Qoo (@xxxtohyde) November 16, 2017

落胆の声と共に、「目玉アーティストがいない」という声も目立つ。

 

■ファンからは「安室ちゃんらしい」の声も

一方、ファンからは長年出場していなかった紅白に最後も出場しない、という彼女のスタンスを評する声も。

安室ちゃん来年の9月で引退するから世間からは最後に紅白出場するかも、って思われてたけど最後の最後まで紅白出場しないのは安室ちゃんらしね

— あーちゃん⊿ (@ayaaanogi516) November 16, 2017

安室ちゃん紅白出なくてよかった☺️ずっとNamie's Styleで…♡♡

— ぽん♡⃛25ᵀᴴ (@pon738x25th) November 16, 2017

私は安室ちゃん紅白出なくてよかったって思ってる私の中での紅白の価値って昔ほどじゃないから安室ちゃんはそのままのスタイルで最後まで走り抜けてって欲しいもん

— こしみず (@sweets_cafe_25) November 16, 2017

安室ちゃんが紅白出ないのは本当に流石だと思った。本当の安室ちゃんファンは出るの望んでないと思われる

— 쇼타RescueMe (@Fine_SONE) November 16, 2017

安室は、来年2月から自身最大の公演数となる国内5大ドームツアー及びアジアツアーが予定されており、「年末はゆっくり休んでほしい」といった声も。

 

しかしながら、安室が紅白へ出場しないことへの落胆の声は後を絶たず、様々な憶測まで飛び交い、彼女がどれほど人々に愛される存在であるかを物語っている。

『NHK紅白』安室奈美恵は出場せず 落胆の声続出もファンからは安堵の声

(画像はFacebookのスクリーンショット)

来年9月16日をもって、歌手活動を引退することを表明した、日本を代表するカリスマアーティスト・安室奈美恵。これを受けて、今年の大晦日に放送される『第68回NHK紅白歌合戦』(NHK)への出場に期待が寄せられていた。

しかし、16日にNHKが発表した出場歌手リストの中に彼女の名前はなく、インターネット上は騒然となっている。

 

■安室「最後の紅白」出場せず

16日NHKは公式サイトにて、『第68回NHK紅白歌合戦』(NHK)の出場歌手を発表。白組にはHey!Say!JUMPやエレファントカシマシ、トータス松本、三浦大知ら人気アーティストが初出場を果たす。

注目の紅組には、Little Glee Monsterや、SHISHAMO、TWICEらが初出場となるも、16日現在出場歌手リストに安室の名前は記載されていない。

安室は過去に9回紅白に出場しており、20歳の若さで紅組のトリを飾った伝説を持つ。

2003年以降安室は紅白へは出場していなかったが、引退宣言を受けてその話題性や、今月発売されたオールタイム・ベストアルバム『Finally』がミリオンヒットしていることから、出場は濃厚と見られ「大トリ」にも期待が寄せられていた。

 

■「残念」落胆の声続出

安室が今年の紅白に出場しないことは各メディアがこぞって取り上げており、インターネット上では落胆の声が相次いでいる。

なんや、安室ちゃん紅白でないんかい!おっちゃんもう紅白見る意味を見失ったよ(毎年見てない)

— 仮想通貨ベイビー (@bit_taroh) November 16, 2017

安室ちゃん。。。最後に紅白出てほしかったなぁ…。涙

— Kazuchan1351 (@K3891) November 16, 2017

紅白、安室ちゃんにとりを飾って欲しかったなぁ

— Qoo (@xxxtohyde) November 16, 2017

落胆の声と共に、「目玉アーティストがいない」という声も目立つ。

 

■ファンからは「安室ちゃんらしい」の声も

一方、ファンからは長年出場していなかった紅白に最後も出場しない、という彼女のスタンスを評する声も。

安室ちゃん来年の9月で引退するから世間からは最後に紅白出場するかも、って思われてたけど最後の最後まで紅白出場しないのは安室ちゃんらしね

— あーちゃん⊿ (@ayaaanogi516) November 16, 2017

安室ちゃん紅白出なくてよかった☺️ずっとNamie's Styleで…♡♡

— ぽん♡⃛25ᵀᴴ (@pon738x25th) November 16, 2017

私は安室ちゃん紅白出なくてよかったって思ってる私の中での紅白の価値って昔ほどじゃないから安室ちゃんはそのままのスタイルで最後まで走り抜けてって欲しいもん

— こしみず (@sweets_cafe_25) November 16, 2017

安室ちゃんが紅白出ないのは本当に流石だと思った。本当の安室ちゃんファンは出るの望んでないと思われる

— 쇼타RescueMe (@Fine_SONE) November 16, 2017

安室は、来年2月から自身最大の公演数となる国内5大ドームツアー及びアジアツアーが予定されており、「年末はゆっくり休んでほしい」といった声も。

 

しかしながら、安室が紅白へ出場しないことへの落胆の声は後を絶たず、様々な憶測まで飛び交い、彼女がどれほど人々に愛される存在であるかを物語っている。

女優・佐藤仁美「テメーこの野郎!」「受け入れる器ゼロだな」 安室引退を巡り古市憲寿に不快感

12日放送『ワイドナショー』(フジテレビ系)で女優・佐藤仁美(38)が社会学者の古市憲寿(32)と、安室奈美恵(40)引退を巡りお互いの意見をぶつけあった。

思わず「テメーこの野郎」と声を荒げた佐藤と古市の関係性が話題となっている。

(画像は佐藤仁美Instagramからのスクリーンショット)

 

■安室ファンの佐藤と古市

2018年9月の引退を表明した安室の話題になると、ライブにも足を運んだ「アムラー世代」の佐藤に熱がこもり、「パワフルで凄い実力の持ち主」と絶賛。

同じく、子供のころから安室ファンで新曲も視聴済みの古市も安室を絶賛。ただ、「神格化されすぎている」と苦言を呈す。

さらに「皆が褒めすぎている。ベスト盤で歌い直している昔の曲の中には、昔のほうが良かったものもある。それもひっくるめて評価すべき」と持論を展開した。

 

■佐藤「テメーこの野郎!」

佐藤は古市の意見を受け入れつつ、「そう思われるのも踏んでの引退。こんな絶頂期に引退します?」と発言。そこで古市が「絶頂でもない。オリコンでもずっと1位ってわけじゃない」と冷静に反論すると佐藤に火がついた。

「こいつネガティブだから。人が好きっていうとすぐ上からくる。受け入れる器ゼロだな。好きなら好きでいいじゃない」と怒りを露わに。

紅白出場に関して、佐藤は「出てほしい」と熱望。「どっちでもいい。安室さんは別に紅白を重要視していない」という古市に、思わず「テメーこの野郎!」と悪態が口をついた。

ロッチ中岡、安室奈美恵の引退に悲しむファンをバッサリ 賛否両論の声が相次ぐ

(画像はInstagramのスクリーンショット)

先月に突然の引退発表をした歌手・安室奈美恵(40)に対し、ファンを含めたさまざまな人が悲しみの声をあげたのは記憶に新しい。

このことについて、20日放送の『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)での、お笑いコンビ・ロッチの中岡創一(39)の発言が話題を呼んでいる。

 

■引退を悲しむ一部の人に疑問

安室の引退について問われた中岡は、安室のライブにも行っておらず、テレビでも見かけなかったとの理由から、「興味がない」とバッサリ。

さらに、安室のライブに行ったことがないのに引退を寂しがる人たちについて「ライブ見に行ってない人が『安室ちゃん辞めちゃうのか』って言うのは、『いや、ライブ行ってなかったのに、なんでそんなん言う?』的な」とコメントし、疑問を抱いているよう。

 

■ライブに行ってない人は悲しむ権利がない?

そして中岡は、ライブに参加したことがある者、チケットを購入しようとした者は安室の引退についてコメントして良いが、それ以外の人が「残念です」「ショックです」と言うのはおかしいと主張した。

続けて「ライブDVD見たかったら見ればいいし、CD聴いて安室さんを思い出せればそれでええねん!」と発言すると、MCの岡村隆史(47)は「でも、(安室に)もう会えないのよ? もうないねんで、ライブに行こうと思っても」と引退を悲しむ人たちをフォロー。

しかし中岡は「でも今から新たに安室さんに興味をもつ人も少ないでしょ」と指摘。この発言を聞いて、相方のコカドケンタロウ(39)も「たしかに、(安室の引退を)言わんでいい人まで言ってるみたいなところはあるかもしれない」と理解を示した。

浜崎あゆみインスタに「安室奈美恵に向けた言葉」? ネット民の意見は…

(写真はInstagramのスクリーンショット)

歌手の浜崎あゆみ(38)が2017年9月22日、公式インスタグラムに意味深を投稿し、インターネット上で「引退を表明した安室奈美恵(40)へのメッセージではないか」という憶測が広がっている。

 

■安室奈美恵への思いを綴った?

話題のメッセージは、砂丘のような場所で佇み太陽を見つめる浜崎の写真に添えられた下記の文章…

「どこにもない場所で、私は私のままで立ってるよ。ねえ君は、君でいて欲しい。いつまでも、そのままの君でいて欲しい。」

 

投稿された言葉は、2000年に発売された浜崎のシングル『SURREAL』の歌詞の引用ではないかと思われる。ネット上では安室奈美恵への思いを綴っているのでは? と噂されている。

GM✨ どこにもない場所で、私は私のままで立ってるよ。 ねえ君は、君でいて欲しい。 いつまでも、そのままの君でいて欲しい。

A post shared by ayumi hamasaki (@a.you) on Sep 21, 2017 at 5:21pm PDT

■インスタのコメント欄も安室に関する声が

浜崎のインスタグラムのコメント欄にも…

・安室ちゃんにだったら、ありがとう

 

・まさか、あゆちゃんも引退とか考えてないスか?

 

など、安室を連想した人からのコメントが書き込まれている。