最悪すぎる! 「こんな接客が許されるの?」と仰天したお店3選

(TAGSTOCK1/iStock/Thinkstock)

日本の飲食店は、衛生面や丁寧な接客が世界からも感心されている。だが中には、「こんな接客が許されるの?」と思わず目を疑うようなお店もあるようだ。

 

①食材を床に置く

「しゃぶしゃぶ専門店で、食べている最中に店員さんが鍋のつゆと野菜を両手いっぱいに持って各テーブルをまわって足してくれるんですが…。

 

テーブルにスペースがないと、その両手に持ったつゆや野菜をいったん床に置いて、そこから各々を手に持って入れてきていました。

 

お座敷ではなく、普通に土足で入るお店の床なので、いくらお皿があるとはいえ、さすがにドン引き。よくクレームこないな…」(男性・26歳)

 

②超ラクな接客

「地元のレンタルDVD屋なんですが、レジの中が部屋のように広い造りになっていて、その中で店員は客に呼ばれるまでクッションの上でゴロ寝。

 

のれんなどもなく丸見えですが、床にはお菓子やジュースのゴミが転がっていて汚いし、お店というより若者の溜まり場みたいな雰囲気で。

 

こんな接客が許されるお店もあるんですね。働いている子にとっては最高の職場だろうけど、お客としては敬遠しました…」(女性・33歳)

 

③勝手に免許証を取る

「某大手の携帯ショップに契約変更のために行ったら、対応してくれたのがまだ研修中の人で、横で店長と思しき人が一緒についていたんですが。

 

本人確認のための免許証をすぐに渡せるように、自分の手に持っていて、『なにか身分証明書は?』と言われるのを待っていたら、

 

研修中の店員は何も言わずに、私の手の中にある免許証に手を伸ばして取り、手続きしはじめました。横にいる店長もそれを見てもなにも注意しない…」(女性・30歳)

 

▪️やっぱり丁寧なサービスの方が愛される!

ちなみにしらべぇ取材班が、「味は良くても店員のサービスが悪い店には二度と行かないか」を調査したところ、半数以上が「行かない」という結果になった。

日本の接客業は「過剰におもてなしをしすぎ」「海外のようにもっとラフでいい」などと言われることもある。

しかし、実直な気質を持つ日本人には、やはり丁寧な対応をしてくれるお店の方が好まれるのかもしれない。

料理がまずくなる! 客の目前で新人を叱る飲食店の最悪行動3選

(Kavuto/iStock/Thinkstock)

怒鳴り声を聞きながら食べる料理は、不思議と味がまずくなるもの。しかし飲食店の中には、そんなことにも気づかずに、客の目前で新人を叱りつけるところもあるようだ。

 

①汚い言葉遣いで注意する

「新人の子がテーブルで料理の対応をしてくれたんですが、横でフォローについていたウエイターが『そうじゃねぇよ。ふざけんなよ』と、すごい言葉遣いで指導。

 

間違えてしまった新人の行動よりも、客の目前でそんな言葉遣いをする方がこっちは気分悪いし、問題だろ…。きっとパワハラな飲食店なんでしょうね」(男性・36歳)

 

②女性に怒鳴り声をあげて叱る

「女性店員が注文した品を置く時に、間違えて飲み物を倒してしまったら、出てきた店長が『おい、気をつけろよ! なにやってんだよ!』と、怒鳴り声をあげて説教。

 

女性相手にそんな叱ることないし、うちらが申し訳ない気持ちになって、テンションダウン。

 

楽しい気持ちでご飯が食べられませんでした」(女性・29歳)

 

③お店の真ん中で説教をする

「居酒屋で飲み会をしていた時に、お店のど真ん中でベテランっぽい人に新人の子がキツい口調で怒られていて半泣きになっていました。

 

皆からジロジロ見られて叱られた子も可哀想だったし、楽しく飲んでいたお客たちも重苦しい雰囲気に…。こんなの誰も得しないと思う」(女性・26歳)

 

▪️客の目前で叱らないのもサービスのひとつ!

ちなみにしらべぇ取材班が、全国20代~60代の男女1,358名に「味は良くても店員のサービスが悪い店には二度と行かない」のか調査したところ、およそ半数以上が「はい」と回答。

どんなに自分へのサービスがよくても、新人を恐い顔で叱っている姿を見てしまえば、客は一気に引いてしまうだろう。

新人を指導する時には周りに見えないように裏へ行く…なども配慮も、客への気遣いのひとつだと心してほしいものだ。

従業員を守らないの? 客にセクハラされた時の会社の最悪対応3選

(©ぱくたそ)

会社にとって客となる人物が従業員にたいしてセクハラ行為をした時に、どちらを守るのか対応が難しい場合がある。

中には、客を大事にするあまりに、被害に遭った女性をおろそかにする心ない会社もあるようだ。しらべぇ取材班は、女性たちに話を聞いた。

 

①卑猥な言葉を連呼してくる客がきても助けてくれない

「レジをしている時に、精神的におかしいのか卑猥な言葉を連発してくるおじいちゃんがいました。近くにいた女性客が気づいて、店長を連れてきてくれたんですが…。

 

店長は近くで見ているだけで、助けを求めて視線を送っても『お客さんだから親切に』的に怖い顔でうなずかれるだけで、助けてくれず。

 

普通なら警察を呼ぶレベルでしょ」(女性・29歳)

 

②セクハラを受け入れない女性店員を「サービスが悪くて」と言う

「居酒屋で働いていたんですが、酔った男性客が後ろから抱きついてきて、胸をつかまれたことがありました。それに対して私がキレたら、客もキレてきて…。

 

騒ぎを聞きつけた店長が出てきたんですが、当然その客を追い出すのかと思ったら、『すみません。サービスが悪くて』と逆に謝罪して、料理を一品お詫びに出す始末」(女性・27歳)

 

③「得意先なんだから我慢して」と女性を差し出す

「得意先の人とうちの社長と上司とで食事に行ったんですが、得意先の人は私の体に触ってきたり、気持ち悪い下ネタを言ってきたり…ということをしてきました。

 

それに不快な顔をしたら、社長と上司は『大事なお客様なんだから我慢して』とブチギレ。

 

なんで会社のために、私が性被害を我慢しないといけないんでしょうか」(女性・25歳)

 

▪️セクハラをしたいと思った人は1割!

しらべぇ編集部で全国20~60代の男女1,368名に「セクハラをしたいと思ったことがあるかどうか」を調査したところ、全体だと11.4%が「ある」と回答した。

とくに得意先や客など、相手の方が目上の立場だと、逆らえないのをいいことに大なり小なりセクハラまがいのことをしてくることは昔からよくあること。

だが、セクハラは立派な性犯罪。うやむやにせずに、毅然とした態度で被害に遭った従業員を守るような会社であってほしい。

従業員を守らないの? 客にセクハラされた時の会社の最悪対応3選

(©ぱくたそ)

会社にとって客となる人物が従業員にたいしてセクハラ行為をした時に、どちらを守るのか対応が難しい場合がある。

中には、客を大事にするあまりに、被害に遭った女性をおろそかにする心ない会社もあるようだ。しらべぇ取材班は、女性たちに話を聞いた。

 

①卑猥な言葉を連呼してくる客がきても助けてくれない

「レジをしている時に、精神的におかしいのか卑猥な言葉を連発してくるおじいちゃんがいました。近くにいた女性客が気づいて、店長を連れてきてくれたんですが…。

 

店長は近くで見ているだけで、助けを求めて視線を送っても『お客さんだから親切に』的に怖い顔でうなずかれるだけで、助けてくれず。

 

普通なら警察を呼ぶレベルでしょ」(女性・29歳)

 

②セクハラを受け入れない女性店員を「サービスが悪くて」と言う

「居酒屋で働いていたんですが、酔った男性客が後ろから抱きついてきて、胸をつかまれたことがありました。それに対して私がキレたら、客もキレてきて…。

 

騒ぎを聞きつけた店長が出てきたんですが、当然その客を追い出すのかと思ったら、『すみません。サービスが悪くて』と逆に謝罪して、料理を一品お詫びに出す始末」(女性・27歳)

 

③「得意先なんだから我慢して」と女性を差し出す

「得意先の人とうちの社長と上司とで食事に行ったんですが、得意先の人は私の体に触ってきたり、気持ち悪い下ネタを言ってきたり…ということをしてきました。

 

それに不快な顔をしたら、社長と上司は『大事なお客様なんだから我慢して』とブチギレ。

 

なんで会社のために、私が性被害を我慢しないといけないんでしょうか」(女性・25歳)

 

▪️セクハラをしたいと思った人は1割!

しらべぇ編集部で全国20~60代の男女1,368名に「セクハラをしたいと思ったことがあるかどうか」を調査したところ、全体だと11.4%が「ある」と回答した。

とくに得意先や客など、相手の方が目上の立場だと、逆らえないのをいいことに大なり小なりセクハラまがいのことをしてくることは昔からよくあること。

だが、セクハラは立派な性犯罪。うやむやにせずに、毅然とした態度で被害に遭った従業員を守るような会社であってほしい。

うざい! 飲食店員が注文時に客にされてイラっとした行動3選

(Kavuto/iStock/Thinkstock)

飲食店で注文を伝える時は、店員にただメニューを言うだけなのに、なぜかトラブルになることも…。

しらべぇ取材班は、接客業経験者に店員をイラッとさせるお客について話を聞いてみた。

 

①商品名を指差して早口で注文してくる

「メニューの料理名を言わずに、指差すだけで『コレとコレとコレ』と早口で言われてついていけず、もう一度お願いしたら、露骨にため息。

 

動体視力の超人じゃないんだから無理だって…。商品を指差して注文するなら、店員が料理名を確認できるくらいまで待ってほしいです…」(女性・29歳)

 

②店員を呼んでから注文する品を選ぶ

「お客さんに呼ばれたので、注文する品が決まったのかと思って行ったら、私がテーブルに来てから『どれにする〜?』と選びだした人たち。

 

長く待っていたんですが決まる様子もないので、『お決まりの頃にきます』と伝えたら、『もう決まるから待って!』と。こっちも忙しいのに」(女性・28歳)

 

③自分で注文した品が訳がわからなくなる

「注文の時に、『アレとコレと…。あっ、やっぱりアレはやめて、コッチで…』などと、料理をいろいろと悩んであれこれ変更してきたお客さん。

 

いざ頼んだ料理がきたら、自分でも何を頼んだのかごっちゃになったのか、『これじゃなくて○○頼んだはず』と、店員が間違えているとキレてきた」(男性・25歳)

 

▪️店員に横柄な態度をすると反撃される可能性も?

ちなみにしらべぇ取材班が、全国20代〜60代の働く男女900名に「嫌な客にいやがらせをしたことがあるか」を調査したところ、なんと2割以上の人が「ある」と回答した。

 

立場の弱い店員に横柄な態度をする客の話や、その場に出くわすこともあるだろう。店員といえども、誠実な対応を心がけたい。

感じ悪い! 店員がお会計の時にされて不快だった客の行動3選

(TAGSTOCK1/iStock/Thinkstock)

お会計は、金銭の受け渡しが行われる場であるため、さまざまなトラブルも生まれるようだ。しらべぇ取材班は、接客業経験者に話を聞いてみた。

 

①別々にお会計ができないことにキレてくる

「お店が会計を別々にできない決まりで、レジ前にも記載してあったのに、しつこく『別々に会計しろ』と言ってきた年配のお客さん集団がいました。

 

断ったら、後ろで会計待ちのお客さんがたくさんいるのに、レジ前で割り勘の計算をしだし、最後に『個別会計ができないからこうなるんだ』と捨て台詞…」(男性・25歳)

 

②5千円札で払ったのに、1万円出したと勘違いする

「お会計をする時に5千円を出してきたので、お釣りを渡したら『あれ? 私1万円出しませんでした?』とキレてきた若い女性客がいて、押し問答になったことが…。

 

この一件以降、お会計がすべて完了して、お客さんが帰るまでは貰ったお金はレジに仕舞わずに、お客さんの目の前に置いておくようにしました」(女性・29歳)

 

③お会計の額を指して「君の日給より高いでしょ?」

「いかにも稼いでそうな男性が来店して、お会計が5万円強だったんですが、支払う時にカードを渡しながら『君の日給よりも高いでしょ?』と、言われたことがあります。

 

これがオッさんとかに言われるなら『ほんとそうですよ〜』とか笑って返せますが、ちょうど同年代くらいの男性だったこともあって、すごい腹立ちましたね…」(男性・25歳)

 

▪️店員に偉そうにしてもいい?

ちなみにしらべぇ取材班が、全国20代〜60代の男女1368名に調査したところ、「店員に客が高圧的な態度をとっても当然」だと考える人は約1割はいるようだ。

とくに会計は、お金を与える客と受け取る店員という、客と店員の力関係が如実に表れる場であるため、上から目線の対応を取る人も少なからずいるようだ。

会計では、お店や店員にたいして「ごちそうさまでした」と、気持ちよくお金が払える人間になりたい。

・合わせて読みたい→子連れOKなのに! 飲食店で子供が泣いた時に店員にされた最悪行動

(取材・文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2016年8月26日~2016年8月29日対象:全国20代~60代の男女1368名(有効回答数)

許せない! 飲食店で女性店員が客にされた最悪セクハラ4選

(Milatas/iStock/Thinkstock)

飲食店で「自分は客だから店員にたいして何をしてもいい」と立場の弱い女性店員に、セクハラまがいのことを平然としてくる客もいるようだ。

しらべぇ取材班は、接客業経験のある女性たちに話を聞いてみた。

 

①酔っ払って体に触れてくる

「居酒屋で働いていたんですが、酔った客にお尻を叩かれたり抱きつかれたりしたことが何度もあります。

 

客だからってやっていいことではないし、調子のんなよ…と本当に不快でした」(女性・26歳)

 

②飲み物を聞いたら「母乳」と言う

「ファミレスで働いていた時に、ふたり組のサラリーマンの注文を取り『お飲み物はなにされますか?』と聞いたら、『君の母乳で』と言い、ふたりで爆笑。品がないし気持ち悪すぎます」(女性・32歳)

 

③胸のカップについて聞いてくる

「居酒屋でおっさん達の席にいったら、胸をジロジロ見られて『いい胸しているね〜』『何カップ?』などと言われたことがあります。

 

ここはキャバクラじゃねーんだよ! と殴りたくなりました」(女性・27歳)

 

④おしぼりでセクハラする

「高校生の時にバイトしていたお店で、お客さんがおしぼりで棒を作って、『見て。なんだと思う?』『これ握ってみて』とかされたことがあります。

 

未成年を相手にそんなこと変質者と変わらない」(女性・26歳)

 

▪️お客は店員になにをしても許される?

全国の20代〜60代の男女1365名を対象に「お客様は神様だから偉そうにしてもいいのか」を調査をしたところ、「そう思う」という人も少なからずいるという結果に。

中には「客だから何も言えないだろう」と、セクハラまがいのことをする人もいるのかも。

しかし客といえど、店員にたいして性的なことを執拗に行うと、最悪は警察沙汰になる可能性もゼロではない。

自分のためにも絶対にやめたほうがいいだろう。

・あわせて読みたい→「ノースリーブで仕事に来る女が嫌い」の声に共感殺到 「脇全開」は不快?

(取材・文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2016年9月23日~2016年9月26日対象:全国20代~60代の男女1365名(有効回答数)

そんな物まで? 飲食店員が目撃したお店の物を勝手に持って帰る客3選

(Hill Street Studios/iStock/Thinkstock)

飲食店に来店した人の中には、客だから何をしてもいい…という傲慢な気持ちもあってか、お店にそなえつけられている物を無断で持って帰ってしまうこともあるらしい。

そして中には、「そんな物まで?」と驚くような物をバッグに忍ばせてしまう人もいるのだとか…。しらべぇ取材班は、飲食店員経験のある人たちに話を聞いてみた。

 

①砂糖やミルクを1個残らずハンカチに包んで持って帰る

「僕が働いているカフェは、各テーブルにコーヒー用のスティック砂糖やミルクを置いているんですが、2〜3個を持ち帰る人は何度も見たことがあるし、許容範囲です。

 

しかしある日、来店したオバ様集団は、それを全部ねこそぎ取って、ハンカチに包んで持ち帰っていて…。

 

さすがに『品がないな…』と思ってしまいましたね」(男性・25歳)

 

②可愛いカトラリーボックスを自分の家に置きたい

「お食事の時に、テーブルに置いたカトラリーボックスを『可愛い〜!』と言っていた女性たち。そのボックスと中に入っていたフォークやスプーンを丸ごと盗んでいきました。

 

挙動不審で異様な空気感があり目立っていたので、バッグに入れる瞬間もバッチリ見ましたが、店長が『騒ぎにしたくない』と目をつぶることに。万引きと変わらないのに…」(女性・29歳)

 

③家でも使える調味料だから持って帰ってしまう

「家族で来ていた人たちなんですが、子供が食べるフライドポテトにケチャップが足りないから好きなだけ使えるように瓶ごと欲しいと言われて、好意でお出ししました。

 

それを丸ごと持って帰られてしまい、嫌な気持ちになったことがあります。一応、お店の損益に関わることだし、売り物じゃないからって持って帰っていいわけじゃないんですが…」(女性・42歳)

 

▪️お店の物を持って帰ると窃盗に…

ちなみに、しらべぇ編集部が全国の20代〜60代の男女1,362名に「万引・置き引きをしたことがあるか」を聞いたところ、以下のような結果に。

欲しいものが我慢できずに手を伸ばしてしまった人は、男女ともに一定数いるようだ。

飲食店にあるものは、「値札がついている売り物じゃないし、持って帰ってもいいよね!」と、ホテルのアメニティを持って帰る感覚で、軽い気持ちでバッグに忍ばせてしまうかもしれない。

しかし、飲食店の物を盗むことはお店に損失を与えて、窃盗の扱いになることも…。絶対にやめておいたほうがいいだろう。

・あわせて読みたい→反省はナシ! コンビニ店員が語る万引き犯の呆れた行動

(取材・文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2016年11月25日~2016年11月28日対象:全国20代~60代の男女1,362名(有効回答数)

そんな物まで? 飲食店員が目撃したお店の物を勝手に持って帰る客3選

(Hill Street Studios/iStock/Thinkstock)

飲食店に来店した人の中には、客だから何をしてもいい…という傲慢な気持ちもあってか、お店にそなえつけられている物を無断で持って帰ってしまうこともあるらしい。

そして中には、「そんな物まで?」と驚くような物をバッグに忍ばせてしまう人もいるのだとか…。しらべぇ取材班は、飲食店員経験のある人たちに話を聞いてみた。

 

①砂糖やミルクを1個残らずハンカチに包んで持って帰る

「僕が働いているカフェは、各テーブルにコーヒー用のスティック砂糖やミルクを置いているんですが、2〜3個を持ち帰る人は何度も見たことがあるし、許容範囲です。

 

しかしある日、来店したオバ様集団は、それを全部ねこそぎ取って、ハンカチに包んで持ち帰っていて…。

 

さすがに『品がないな…』と思ってしまいましたね」(男性・25歳)

 

②可愛いカトラリーボックスを自分の家に置きたい

「お食事の時に、テーブルに置いたカトラリーボックスを『可愛い〜!』と言っていた女性たち。そのボックスと中に入っていたフォークやスプーンを丸ごと盗んでいきました。

 

挙動不審で異様な空気感があり目立っていたので、バッグに入れる瞬間もバッチリ見ましたが、店長が『騒ぎにしたくない』と目をつぶることに。万引きと変わらないのに…」(女性・29歳)

 

③家でも使える調味料だから持って帰ってしまう

「家族で来ていた人たちなんですが、子供が食べるフライドポテトにケチャップが足りないから好きなだけ使えるように瓶ごと欲しいと言われて、好意でお出ししました。

 

それを丸ごと持って帰られてしまい、嫌な気持ちになったことがあります。一応、お店の損益に関わることだし、売り物じゃないからって持って帰っていいわけじゃないんですが…」(女性・42歳)

 

▪️お店の物を持って帰ると窃盗に…

ちなみに、しらべぇ編集部が全国の20代〜60代の男女1,362名に「万引・置き引きをしたことがあるか」を聞いたところ、以下のような結果に。

欲しいものが我慢できずに手を伸ばしてしまった人は、男女ともに一定数いるようだ。

飲食店にあるものは、「値札がついている売り物じゃないし、持って帰ってもいいよね!」と、ホテルのアメニティを持って帰る感覚で、軽い気持ちでバッグに忍ばせてしまうかもしれない。

しかし、飲食店の物を盗むことはお店に損失を与えて、窃盗の扱いになることも…。絶対にやめておいたほうがいいだろう。

・あわせて読みたい→反省はナシ! コンビニ店員が語る万引き犯の呆れた行動

(取材・文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2016年11月25日~2016年11月28日対象:全国20代~60代の男女1,362名(有効回答数)