もう耐えられない…通勤時間に不満を抱える人たちの「理由」

(TAGSTOCK1/iStock/Thinkstock)

「毎日毎日、通勤だけで往復2時間以上もかかって…。1ヶ月で40時間以上も電車に揺られてるとか、人生を無駄にしている気がする」

そんな、通勤時間の長さに不満を抱えている人は少なくないはず。

 

■「理想通り」の通勤時間は3人に1人

しらべぇ編集部が全国20代〜60代の有職者男女633名を対象に「通勤時間」について調査したところ、理想通りだと答えたのは全体の37.0%。

44.7%は理想と少し違う、18.3%はかけ離れていると回答している。多少なりとも不満を抱えながら、毎日会社に通っている人が多いのだ。

しかし、その「不満の理由」を聞いてみると、意外にも時間の長さだけではないようで…。

 

①近さが大事

「家を決めるとき、最重要項目にしているのが通勤時間。乗り換え1回、30分以内じゃないと嫌なんですよ。本音は徒歩5分とかに住みたい。朝はメイクとか支度に時間がかかるし、夜は早く家に帰りたいんで。

 

ただ、一度会社まで徒歩で行けるところに住んだら、『近いんだから』と突然呼び出されたり、残業させられたりして。それからは『ギリギリ歩けない距離』の場所を選んでいます」(20代・女性)

 

②家族のためには…

「子供ができたときに家を買うことになり、環境や値段を考えて郊外に決めました。通勤に1時間以上かかるのがネックでしたが、もう慣れましたね。諦めたというか。

 

せっかく自分だけの時間ができたので、勉強したり本を読んだりと、少しでも有意義に過ごせるように工夫してます」(40代・男性)

 

③通勤時間&ラッシュのコンボ

「会社が移転になり、家から1時間ちょっとかかるようになって。それまでは30分程度だったので満員電車も耐えられましたが、1時間はきつい。

 

座れないし、乗り換えも多いし。痴漢に間違われたら嫌なので、両手を上げて電車に揺られていると『俺、何してるんだろ…』って気分になるんですよね。正直、もう耐えられない」(30代・男性)

 

通勤時間や混雑具合の悩みを解消するか、多少我慢してでもより良い環境の家に住むのか。「その人にとって何が大切なのか?」で大きく変わりそうだ。

我が子が友達のおもちゃを壊した時にママ友がした陰険行動3選

(©ぱくたそ)

一緒に遊んでいた子のおもちゃを我が子が壊してしまった時に、どんなに真摯に謝罪をしても意地悪な対応をとってくるママ友もいるようだ。

しらべぇ取材班は、子供のいる女性たちに話を聞いてみた。

 

①弁償を拒否する

「ママ友の家で遊んでいた時に、子供がおもちゃを壊してしまい、謝罪して、近くのおもちゃ屋で売っている品だったので『同じ物を新しく買ってきます』と伝えました。

 

そうしたら『これは祖母が買ってくれた思い入れのある物。同じ物だとしても気持ちが違うから…』と拒否。もうこう言われたら、どうしたらいいのか困りました」(女性・33歳)

 

②壊してしまった子を責める

「仲良しの子供たちで遊んでいる時に、おもちゃを落として壊してしまった子が。

 

でもその子は親にうながされたわけではなく、自発的にきちんと『ごめんなさい』と謝罪。

 

しかしおもちゃの所有者の親は、その子に『え〜、信じられな〜い。なんで壊すの〜』と。

 

別に故意に壊したわけではないし、5歳児相手にそんな言い方しなくてもいいのに…」(女性・34歳)

 

③おおげさに言いふらす

「息子がおもちゃを破壊してしまい、新しいおもちゃとケーキを持っていき、親子共々、頭を下げて謝罪。ママ友も『逆にこっちが儲かっちゃったくらい』と言っていたのに…。

 

裏で『あの子は乱暴だから、家に呼ばないほうがいいよ。おもちゃ壊されてさんざんだったんだから』と陰口。

 

こちらにも非があるとは言え、嫌な気持ちになりました」(女性・36歳)

 

▪️ママ友トラブルも親のモラルの低下が原因?

ちなみにしらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,342名に「親のモラル」について調査したところ、7割が「低下していると思う」と回答した。

子供同士の遊びでは、悪気はなくともおもちゃが壊れてしまうこともあるもの。だが中には、おおらかな心で見れずに、陰険な対応をしてくる人もいるようだ。

近年、よく耳にするようになったママ友トラブルという言葉も、親のモラルの低下から生まれることなのかもしれない。

・あわせて読みたい→ママ会に夫と子供を連れてきた女性に非難殺到 「二度と呼ばない」と厳しい声

(取材・文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年7月14日~2017年7月17日対象:全国20代~60代男女1342名(有効回答数)

謝らないよりイヤ! 子供がおもちゃを壊した時にママ友がしたNG行動

(paulaphoto/iStock/Thinkstock)

子供同士が遊びに夢中になっていると、相手の子のおもちゃを壊してしまうことも…。そんな時に親の対応が迫られるが、中にはよからぬことをやらかして、相手を不快にさせるケースもあるようだ。

しらべぇ取材班は、母親女性たちに「子供がおもちゃを壊した時にママ友がしたドン引き行動」を調査してみた。

 

①許しているのにしつこく謝罪してくる

「壊れたものがたいした物じゃなかったので、気にしないでと伝えていたのに、会う度やメールで何度も『弁償させて。ごめんなさい』と言われました。逆にうっとうしかったです…」(女性・34歳)

 

②壊れた物よりも高価な品にして返す

「娘の段ボールのキッチンセットを破壊してしまった子がいたんですが…。

 

後日、弁償として送られてきたのが、段ボールとは似つかないスウェーデン製の高級キッチンセット。なんかイヤでした」(女性・36歳)

 

③「弁償」なのに自分があげた気になる

「おもちゃを壊して、同じ物を弁償してくれたんですが、子供たちがまたそれで遊ぶ時に『これ私があげた奴だから、うちの子にも使わせてあげてね!』と言ったママ友。感覚がおかしいでしょ」(女性・29歳)

 

▪️ママ友から嫌われないように必死?

しらべぇ編集部が全国の20代~60代の子どもを持つ女性351名を対象に「ママ友付き合い」について調査したところ、半数以上のママたちが「正直疲れる」と回答。

ママ友同士は、少しのトラブルがあっただけでこじれやすく厄介な存在なのかも。

そのため我が子が人様の家の物を壊したら戦々恐々として、謝罪しすぎたり壊した物以上の品を送ったり…と過度な対応をしてしまい、逆に不快にさせることもあるようだ。

・あわせて読みたい→許せない! SNSに勝手に子供の写真をアップした友達の最低行動3選

(取材・文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2016年9月23日~2016年9月26日対象:全国20代~60代の出産経験のある女性371名(有効回答数)

謝らないよりイヤ! 子供がおもちゃを壊した時にママ友がしたNG行動

(paulaphoto/iStock/Thinkstock)

子供同士が遊びに夢中になっていると、相手の子のおもちゃを壊してしまうことも…。そんな時に親の対応が迫られるが、中にはよからぬことをやらかして、相手を不快にさせるケースもあるようだ。

しらべぇ取材班は、母親女性たちに「子供がおもちゃを壊した時にママ友がしたドン引き行動」を調査してみた。

 

①許しているのにしつこく謝罪してくる

「壊れたものがたいした物じゃなかったので、気にしないでと伝えていたのに、会う度やメールで何度も『弁償させて。ごめんなさい』と言われました。逆にうっとうしかったです…」(女性・34歳)

 

②壊れた物よりも高価な品にして返す

「娘の段ボールのキッチンセットを破壊してしまった子がいたんですが…。

 

後日、弁償として送られてきたのが、段ボールとは似つかないスウェーデン製の高級キッチンセット。なんかイヤでした」(女性・36歳)

 

③「弁償」なのに自分があげた気になる

「おもちゃを壊して、同じ物を弁償してくれたんですが、子供たちがまたそれで遊ぶ時に『これ私があげた奴だから、うちの子にも使わせてあげてね!』と言ったママ友。感覚がおかしいでしょ」(女性・29歳)

 

▪️ママ友から嫌われないように必死?

しらべぇ編集部が全国の20代~60代の子どもを持つ女性351名を対象に「ママ友付き合い」について調査したところ、半数以上のママたちが「正直疲れる」と回答。

ママ友同士は、少しのトラブルがあっただけでこじれやすく厄介な存在なのかも。

そのため我が子が人様の家の物を壊したら戦々恐々として、謝罪しすぎたり壊した物以上の品を送ったり…と過度な対応をしてしまい、逆に不快にさせることもあるようだ。

・あわせて読みたい→許せない! SNSに勝手に子供の写真をアップした友達の最低行動3選

(取材・文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2016年9月23日~2016年9月26日対象:全国20代~60代の出産経験のある女性371名(有効回答数)

礼儀を学べ! 家に泊まりにきた女友達がした非常識行動3選

(maroke/iStock/Thinkstock)

女同士でのお泊まりは、ベッドに寝転がりながら朝までお喋り…など、楽しい時間を過ごせて関係が深まりやすいものだ。

だが中には、泊まりにきた友人の家でありえないことをして、「もう顔も見たくない!」と思ってしまうこともあるらしい。

しらべぇ取材班は、女性たちに「家に泊まりにきた女友達にされた非常識行動」を調査してみた。

 

①部屋の扉を開けまくり、家を探索する

「私は実家住まいなんですが、友達が泊まりにきた時に、『やめて』と腕を引っ張って止めているのに、無理やり家のあっちこっちの部屋を開けて、探索されたことがあります。

 

姉や親の寝室もノックもなく突然、全開に…。もし着替えやプライベートなことをしていたら、どうするつもりなの? とドン引き。いい年してマナーがなさすぎる」(女性・26歳)

 

②「あわよくば…」を期待して、泊まりたがる

「数回会っただけなのに、『家に泊めて』と頻繁に連絡してきた子。私と仲良くなりたいのかな? と嬉しくなり、純粋な気持ちで家に招いたんですが…。

 

寝る時に、後ろから抱きついてきて、気持ち悪いほどベッタリされました。どうやらそっち系の子だったようで…同性愛に偏見を持つつもりはないけれど、こっちの気持ちも考えて…」(女性・28歳)

 

③許可もなく人の家に彼氏を呼ぶ

「家に泊まりにきていた時に、『ふたりでいてもつまんないから、うちの彼氏呼ぼー』と、家主である私の許可もなく、彼氏を呼んだ子がいました…。

 

人の家に勝手に他人を招くのもありえないし、彼氏が来たらきたで、ふたりしかわからないネタで盛り上がって、私は置いてけぼりだし。

 

これが他人の家だったら速攻で帰っていますが、自分の家だから帰ることもできず、さんざんでした」(女性・25歳)

 

▪️家に招きたくない人は半数超え!

ちなみにしらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,342名に「家に人を招くこと」について調査したところ、全体では6割以上が「嫌いなほうだ」と回答。

家はプライベートな空間であるため、他人を招くのを内心ではこころよく感じていない人は多いようだ。

そんな相手をさらに不快にさせないためにも、人様の家にお邪魔した時には、礼儀正しくすることを心がけたい。

・あわせて読みたい→家に他人を招くのが嫌! 「おもてなしが面倒」と主婦の声も

(取材・文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年6月2日~2017年6月5日対象:全国20代~60代の男女1,342名 (有効回答数)

鼻歌のつもりが気づけば大声に! 家で熱唱する人たちの特徴

(©ぱくたそ)

ご近所トラブルでよく取り上げられるのが、騒音問題。しかし、歌うのが好きな人は、家でも熱唱をしたいのが本音であろう。

そこでしらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,348名に、「自宅での行動について」の調査を実施。

その結果「家にいるときに熱唱することがある」と答えた人は、全体で23. 1%いることが判明した。

 

■若者たちが熱唱

年代別では、20代から30代の比較的若い人たちで多くなっている。

若い人たちは、抑えられない情熱を熱唱することにより発散をするのかも。

「音楽を聴いているうちに、テンションが上がってくる。最初は小さい声で控えめに歌っていたのに、どんどんと大きくなってしまう」(20代・男性)

 

「カラオケでも歌いたいから、練習のつもりで本格的に歌う」(30代・女性)

 

■マンションで熱唱は無理

家で熱唱をしない人は、やはり近所からの苦情を警戒しているようだ。

「1Kのマンションで熱唱したら、かなり迷惑だと思うので」(30代・男性)

 

また熱唱をする人が少ない年代では、年齢を重ねるによって止めたとの意見も。

「昔はよくしてたけど、最近はしなくなった」(40代・男性)

 

やはりあり余る熱量が、若者を熱唱に走らせるのだろうか。

 

■専業主婦は熱唱し無職は歌わず

どちらも家にいることが多い、専業主婦(夫)と無職・家事手伝いを比べてみよう。

専業主婦では2割強と、家で熱唱している人は一定数いる。

「家事をしながら鼻歌を歌っているつもりが、だんだんと本気になってくる」(30代・女性)

 

一方で、無職・家事手伝いでは、1割を切る少なさだ。確かに家で熱唱をしているイメージは、あまり湧いてこない。

大きな声を出すことは、ストレス解消になる。騒音問題にならないように注意をしながら、楽しんで欲しいものだ。

・合わせて読みたい→未来に明るい希望が見えない 若者と低収入に広がる不安感

(取材・文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2017年8月25日~2017年8月28日対象:全国20代~60代の男女1,348名 (有効回答数)

自宅でこっそり…めちゃくちゃダンス ダイエットにいいと話題

(©ぱくたそ)

EXILEや三浦大知のように本格的なダンスを踊るのは、かなりの努力がいるだろう。しかし人に披露しないダンスなら、練習もセンスも必要ない。

しらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,348名に「家での過ごし方について」の調査を実施。

「家で適当なダンスを踊ることがある」と答えた人は18.1%と、全体では少数派であった。

 

■ダイエットに最適な適当ダンス

どの年代別でも、女性が多いのが印象的である。

美容や健康に気を遣うのは、やはり女性が多い。

「体を動かすと、ダイエットになるかなと思って。好きな音楽だと、続けやすいし」(30代・女性)

 

「本格的な運動をするのは面倒だけど、家で踊るだけなら手軽にできてお金もかからない」(20代・女性)

 

しかし家族がいると、なかなかできないとの意見も。

「そんなことしたら、家族からおかしな目で見られる」(40代・男性)

 

■若者は家でダンス

20代から30代の若い世代のほうが、家で踊ることが多いと回答をしている。

「子供の頃にダンスを習っていたので、ふとした瞬間に踊っているときがある」(20代・女性)

 

「好きな音楽を聞いてテンションが上がったら、音に合わせてめちゃくちゃな動きをする。それをダンスと呼ぶのかは、微妙だけど」(20代・男性)

 

年代が上がると、今までの人生で踊る機会がなかったとの声もある。

「同年代でもリア充側の人たちは、クラブとか行ってたと思う。でも自分は、ダンスと縁がない人生なので」(40代・男性)

 

 

■専業主婦(夫)も家でダンス

専業主婦(夫)と無職・家事手伝い、自宅にいることが多い両者を比べてみよう。

専業主婦(夫)が多いのは、全体でも女性の割合が高いので納得できる結果だ。

「誰も家にいない昼間にこっそりと、音楽をかけて踊っている」(30代・女性)

 

一方で無職・家事手伝いでは、1割にも満たない少なさである。中でも引きこもりがちな人は、たとえ自宅でも元気に踊ることはないようだ。

誰も見ていないので、どんなにおかしな動きもできる。家でのダンスは、ストレス解消にも向いているのかも。

・合わせて読みたい→KABA.ちゃんそっくりの謎の女「パウダァ」が超過激セクシーポーズを連発

(取材・文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2017年8月25日~2017年8月28日対象:全国20代~60代の男女1,348名 (有効回答数)

家に上がられることを拒否し続ける親友

 

俺には内藤(仮名)という名前の友人がいるのだが、どういう訳か、内藤は自分の家に人を呼ぶのを嫌う。

 

・・・いや、嫌うというか、両親から「友達を家に上げるな」と言われていたらしい。

 

確か、家が片付いていないだとか、洗濯物が干してあるからだとか、いつも理由はそんな感じだった。

 

内藤は学校の中では一番の人気者で、友達の数も多い。

 

家へ遊びに行く約束をよく言われるそうだが、そういう時は絶対に内藤は断る。

 

しかし、それが長い間続いた頃、何故か内藤の家では「玄関だけで遊ぶならOK」という許しが出た。

全身に鳥肌が立ち、恐怖する事に

男5人ほどが人の家の玄関でカードゲームをしたりゲームボーイで遊んでいたりする。

 

ちょっと珍しい事になっていた。

 

玄関は広かったし、すぐ近くにトイレもあったので、何不自由なく遊べた。

 

最初は新鮮味のあった遊びのスタイルも、みんな徐々に慣れ、やがてそれが普通になっていった。

 

俺は幼稚園の頃から内藤を知っている。

 

自分で言うのも何だが、内藤とは”親友”のつもりだ。

 

それくらい仲が良かった。

 

一緒に飯を食いに行ったり、小学校を卒業した時には一緒に旅行なんかも行った仲だ。

 

そんなに仲が良い俺でも、内藤の家の中に入った事は一度も無かった。

 

内藤の家は3階建て。

 

その3階部分に自分の部屋を持っている事は知っていた。

 

親友である俺くらいには「家の中を見せて欲しい」という思いも強かったが、3階建ての住宅なんて入った事が無く、それに興味もあった。

 

そして、ある日。

 

とうとう俺は「どうしてもお前の家で遊びたい!」と内藤に頼み込んだ。

 

最初はいつものように断る内藤だったが、少し悩んだ末、「お前なら家に上げたの親にバレても怒られんと思うし、別にええで」と許しを得る事ができた。

 

初めて内藤の部屋で遊べる。

 

その時は本当に嬉しかった。

 

内藤の家に着き、ルンルン気分で浮かれていた俺。

 

「お前の家、めっちゃ気になっててん」

 

と言いつつ2階に上がる。

 

2階はリビングで、内藤が言っていたほど部屋は散らかっていなかった。

 

いや、むしろ片付いている方だとさえ思った。

 

片付いたリビングを横目に、内藤に案内されて3階の階段へと向かう。

 

木製で出来た普通によくある住宅の階段。

 

案外普通だな・・・と思いながら、左足を階段の1段目に乗せる。

 

すると妙な事に、少し遅れて階段の板の裏から『トン』と小さな振動が返ってくる。

 

明らかに木の軋(きし)みではない。

 

俺はビックリして「えっ!?」と声を上げると、内藤は「建て付けが悪くてな。気にせんといてくれ」と言う。

 

内藤の言う事に納得しつつも、階段を上る度に返ってくる振動に気味の悪さを感じ、俺は無意識に手すりに手を掛けようとした。

 

「手すりに触るなよ!」

 

内藤が振り向く事なく俺に言ってきた。

 

普段温厚な内藤らしくない命令口調だったので、俺は不思議に思った。

 

・・・が、内藤は慌てたかのように、「すまん。手すりには触らんといてくれ。頼むわ」と言い直したので、それ以上の事は聞かない事にした。

 

再び階段を上り始めるのだが、やはり階段の小さな振動には慣れる事ができない。

 

階段を昇って8、9段目くらいだっただろうか。

 

階段に足を乗せた途端、『ゴツンッ!』と今までと比にならないくらいの大きな振動が俺の足の裏を叩いた。

 

その振動に思わず仰天して、俺は咄嗟(とっさ)に内藤に触れるなと言われていた手すりに手を掛けてしまった。

 

俺「あっ・・・」

内藤「・・・おいっ!!」

 

少しの間も無く、内藤が凄い形相でこちらを振り向く。

 

それとほぼ同時に、階段の全ての段が『ドドドドドドドドッ』と振動した。

 

全身に鳥肌が立ち、恐怖に慄(おのの)く中、俺は直感した。

 

大量の何かが階段の板の裏を踏み鳴らしている。

 

それも、中学生の俺の足が振動で浮く程のかなり強い力で。

 

涙目の俺は、前にいる内藤の脚にしがみ付き、振動が止むことを願った。

 

振動していた時間がどれだけのものだったかは分からない。

 

あれだけ強く揺れていた階段が急にピタッと止まったのだ。

 

と言っても、俺は怯え震えていて、とても立ち上がれるような状況ではなかった。

 

終始立ち続けていた内藤は一度深い溜息をして、「・・・降りよう」と俺に言う。

 

呆気に取られていた俺に、「部屋に入る気、無くなったやろ?」と。

 

内藤は俺を起こしながらそう言う中で、俺はただ頷くしか出来なかった。

 

俺が内藤家の玄関から出る時、「階段の事、皆には言わんといてくれんか?」と内藤が言ったので、俺は絶対に言わない事を約束した。

 

大学に入った頃、内藤は親の都合で東北の方へ引っ越しする事になった。

 

内藤の家族はあの家から離れた。

 

内藤と俺も離れてしまったが、繋がりはあり、今でもたまに内藤家の新しい実家の方へ遊びに行ったりする。

 

新しい実家になってからは、内藤も、その両親も、俺が家に上がる事を歓迎してくれている。

 

内藤家に上がる時はもっぱら小さい頃の話で盛り上がるのだが、俺は今でもあの階段の事は訊けないままでいる。

 

(終)

The post 家に上がられることを拒否し続ける親友 appeared first on 怖いもん通信.