家事

「イクメンが正しい風潮」に疑問の竹山 「父親も子育てすべき」と賛否両論の声

(画像はTwitterのスクリーンショット)

父親も、家事や育児に対して積極的に参加する風潮の昨今。「イクメン」との言葉も一般的になり、かつての仕事一筋という父親よりも、家庭に参加する父親のほうが良いという価値観も生まれている。

このことについて、17日放送の『ノンストップ!』(フジテレビ系)でのお笑い芸人・カンニング竹山(46)の発言が話題になっている。

 

■「イクメン=良い父親」の風潮に疑問

番組では、子育てに悩む父親たちの「パタニティブルー」について特集。イクメンになるため奮闘する父親たちの悩みや葛藤などが放送された。

その中で、30代父親の「子供が生まれてから、育児のために残業や休日出勤は断っている」とのメールを紹介した。投稿者は、収入を減らしてまで家族優先にすることは良いことなのかどうか葛藤を感じているという。

この投稿について、子供がいない竹山は「イクメンでなきゃいけない風潮」に疑問を呈した。「良い親父かどうかは我が子が決める問題だから」とし、イクメンという言葉は世間に対するアピールでしかないと主張。それぞれの家庭で父親のあり方は違っていて良い、と持論を展開した。

 

■「いろんな家庭があっていい」の声

竹山の主張を受け、ネット上では「その通り」「仕事をする父親がいてもいい」と賛成の声があがった。

竹山さんの意見に賛成家庭には色んな形がある。 #ノンストップ

— (@_very3poison_) November 17, 2017

結局は竹山さんが言うのが一番当たってると思う。子供が親を決められないし、親が子供を決められない。だからその中で何がベストかを家族で決められたらそれが一番。#ノンストップ

— 阿波根 (@ahagooon2) November 17, 2017

竹山さんのおっしゃる通りだと思う。育児はもちろん大変だけど女性の一生のうちである意味一番幸せな時期だよ。いろんな家庭があっていいと思う。お金は必要。家庭に父親は二人要らない。 #ノンストップ

— *takapo* (@dsne8618) November 17, 2017

竹山いいこと言うなぁ最近外では「イクメンです(どやぁ」な人多い気がする#ノンストップ

— まひろ育児垢 (@0814_KNM) November 17, 2017

 

「仕事辞めて専業主婦になれ」と命令する夫に怒り 「夫に依存したくない」と賛否両論

(liza5450/iStock/Thinkstock)

夫婦共働きが当たり前となった昨今。女性の中には「結婚しても働きたい」という考えの人もいるだろう。

この問題について、女性向け匿名掲示板『ガールズちゃんねる』のとあるトピックが話題になっている。

■「専業主婦になれ!」と夫に言われた女性

既婚の投稿者の女性。共働きを前提に結婚したものの、夫から「仕事を辞めて専業主婦になれ!」と言われ、困惑しているという。

さらに家事の分担も決めているにも関わらず夫はサボるのだが、それを指摘すると「ゴチャゴチャ言うなら仕事辞めろよ! 俺の稼ぎで充分だろ!」とキレるのだそう。

お互いのキャリアを尊重し合って結婚したにも関わらず、このような状況になってしまい、「悲しいです。専業主婦、イヤです」と悩みを訴えた。

 

■夫に依存する生活はイヤだ?

投稿を受け、ネット民からは投稿者に同情の声があがった。この先、別れるかもしれないことを考えたとき、職についていたほうが得だという意見や、家に閉じ込められてしまう感覚になるとの声が。

また、投稿者の夫の態度そのものにモラルハラスメントを感じるという指摘も。

・子供いないなら専業主婦はやめたほうがいい。というかそのダンナはモラハラの気配がするので、結婚生活そのものを考え直したほうがいい

 

・旦那に依存する生活は嫌だ。長い人生なにかあるかもしれないし

 

・家事に手を抜く言い訳が出来なくなるし、社会から取り残された気持ちになるから辞めたくない

共働きの妻が「夫に家事協力を頼んだ時」にされた最低返答3選

(monzenmachi/iStock/Thinkstock)

近年は、共働き世帯が増えているが、お互いに仕事をしていたとしても「家事は女性がやるべき」という考えを持つ男性はまだ一定数いるのかもしれない。

しらべぇ取材班は、共働きをしている女性に「家事協力をお願いした時に夫にされた最悪言動」を聞いてみた。

 

①家事をこんなに「手伝っている」と言う

「家事は分担制なんですが、それでもトータルでやることは私のほうが多い。それに文句を言うと、夫はことあるごとに『俺はこんなに手伝っているのに!』と…。

 

お互いに正社員で働いて、生活費も折半なのに、『手伝っている』という言い方がそもそもおかしい。家事は私ではなく、ふたりの仕事です!」(女性・34歳)

 

②男の仕事のほうが大変だから、家事は「君がやれ」と言う

「家事はほぼ私の担当だったので、その怒りをぶつけたら『社会的に見たら男の地位のほうが高いから、仕事でも男の方がいろいろと求められて大変なんだ』と…。

 

また『男の仕事は、女性のラクな事務作業とは違う。だから家事くらいは君がやってくれ』とも。バカにしすぎ。これで亀裂が入り、別居間際になっています」(女性・30歳)

 

③家事の負担を「収入」で決めて、家事も仕事もさせる

「私ばかりが家事をしているので、異議を唱えたら『君のほうが収入が低いから、家事をやるのは当然』と言われました。働いている時間は同じなのに…収入で決めることにドン引き。

 

さらに『じゃぁ家事をすべてやるから、仕事をやめたい』と伝えたら、『それは無理』と即却下。家事もしろ! 仕事もしろ! って、女をコキ使いすぎでしょう…」(女性・29歳)

 

▪️家事=女性の仕事という考えが根付いている?

しらべぇ編集部では全国の20代〜60代の既婚女性391名に、「夫にもっと家事をしてほしいと思うか」を調査したところ、およそ半数の女性が「思う」と回答した。

家事負担は日々のことで、あまりにもまかせっきりにすると、妻側のストレスも溜まり、夫婦関係の悪化にもつながりやすいといわれる。

家事育児など家庭のことは、男性であっても一緒に頑張る姿勢を見せたほうがいいだろう。

・あわせて読みたい→「男性に結婚で求める要素」ランキング 女性たちのリアルな本音に驚愕

(取材・文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年6月2日~2017年6月5日対象:全国20代~60代の既婚女性391名(有効回答数)