家電アナ観察記+

俺は音声AIになりたい…。スマートスピーカー『WAVE』に見る音声インターフェイス未来【吉田尚記:家電アナ観察記+】

ニッポン放送 吉田尚記の家電アナ観察記+(プラス)

ニッポン放送 吉田尚記:家電アナ観察記+(プラス)連載一覧ページ

 

次なる主役は〝音声AI〟 ゆるく繋がる共有のデバイス

家電を愛してやまないラジオアナウンサー・吉田尚記が、人目もはばからず家電に向かって話し始めた。これはおクスリが必要な事案かと家電アナを観察していると、「LINEの音声AI『Clova』を搭載したスマートスピーカー『WAVE』を操作してるんだ。〝クローバ〟と呼びかけて曲名やアーティスト名を言えば、ハンズフリーで楽曲再生してくれる。天気や時間の確認、アラームのセットやスマホとの設定もクローバに話しかけて行なうんだ」と試しにタイマーをかけてみせ、治療の必要はないことを強調。

今月のZOOM! 観察ガジェット

日本のスマートスピーカー界の先陣を切ったのは“LINE” LINE WAVE 2017年秋発売予定 価格:1万5000円 LINEが手掛けたスマートスピーカー。搭載されたクラウドAIプラットホーム「Clova」が、「音楽を再生して」や「今日の天気は?」といった音声に反応して応える。

「曲の音量が大きいとこちらも大きな声で話しかける必要があるので、そこは改善してほしいところ。〝クローバ、タイマー止めて〟」と、指示を無言で実行するクローバに家電アナは、「音声AIなのだから会話はもちろん、こういう何気ない動作の際にも何か返事をしてくれると人格を感じられて良いと思う。音楽再生にしても、例えばアニソンをかけてとお願いしたとき、音声インターネットであるClovaの現状の対応はGoogleでいうところの〝I’m feeling lucky〟と同じ、検索結果のトップ再生。つまり検索の5個目に候補があったとしてもそれはないに等しいんだ。そういう意味では会話のやり取りや選曲を含め、〝気が利いている〟ことがスマートスピーカーの大きな課題になると思う」と指摘する。

▲「ボリュームを上げて」と音声操作もできるが、本体上面にボリュームや再生ボタンも。

「スマホやPCのようなパーソナルなものと違い、その場にいる全員で共有するのがスマートスピーカー。話しかけた際の返答がトンチンカンなこともあるけれど、うちの娘は笑ってるし嫁さんも親近感が湧くようで家族には逆にウケている。特に娘は〝ノーパン〟と話しかけるとなぜかClovaが反応することを発見し、大喜び(笑)。Clovaはこれまでにない、ゆるく周りの人たちと共有したいというニーズにハマるパブリックなデバイスなんだ」とノーパン、いやClovaは家電アナ邸で受け入れられているようだ。

▲吉田アナが自腹購入した先行体験版。360°で聴ける無指向性スピーカーを搭載し、サイズは高さ201.05mm、底部直径139.84mm。

吉田尚記クローバ化計画 ラジオは次世代のOSだ!?

「9月上旬現在で実装されてはいないけど、ラジオをつけてとお願いすると〝その機能は準備中です〟と返されることから、アップデートでラジオが積まれるハズ。実はClovaに必要な人間味はラジオによって担保できるのではと考えていて、この先の時代、音声AIにはぜひ様々なラジオパーソナリティのライブラリを用意してほしい。例えばものごとの判断基準や音声を吉田尚記に合わせ、昼間は俺の音声で機械的に対応をしているんだけど夜のラジオ生放送の時間になると番組が再生されて、まるで人格が解放されるような……究極的には俺がClovaになりたいんだ!」と目を爛々と輝かせる家電アナ。やはりおクスリが必要なのだろうか?

夢を膨らませる一方、家電アナは「ネットはテキストベースの時代から動画の時代へと移行し、音声は映像よりも下に見られがちだったけど、VRからもわかるように映像は身体の自由を奪う〝置き換えメディア〟だよね。でも、本来は映像よりも自分の生活のほうが大切なはず。車の運転や仕事など、ながら作業を可能にする身体拡張を確保したメディアである音声は、必ずこれからの時代にマッチする。さらに言うと、それってずっと昔からラジオがやってきたことなんだよね」と話す。日々スケベ動画に拘束され自分の生活をないがしろにしてきた俺には、耳と下半身の痛い言葉だ。

▲アプリ『LINE Clova』をインストールすれば、スマホからの『WAVE』設定が可能。音楽機能は『LINE MUSIC』を使って再生される。

「だからこそ、スマートスピーカーが普及する近未来のOSにはラジオ的なノウハウが必要だと思うんだ。音声がパーソナルアシスタントになる時代、スマートスピーカーで何かを企んでいる方がいたらぜひ声をかけてください! わたくし20年間ラジオのことを考え続け、クラウドファンディングでBluetoothラジオ『Hint』を作った実績もございます!」とちゃっかり宣伝を挟みつつ次なる野望・自己の人工知能化へ向けて動き出す家電アナに、Clovaも心なしか震える声で「頑張ってください」と言ったとか言わないとか。この家電狂の兄ちゃんに人格乗っ取られないといいね……。

▲ラジオとスマートスピーカーのこれからを語りながら、自分が企画製作した次世代ラジオ『Hint』を並べてひっそりアピール!

吉田 尚記(よしだひさのり):人間を卒業しAIになろうと企み始めたニッポン放送の家電好きアナウンサー。アイドルやアニメ、落語に精通しているほか、実際にラジオを作ってしまうなど野望を具現化する能力にも長けている。

文/アメリカ・アマゾン(@America_Amazon

『デジモノステーション』2017年11月号より抜粋

【ワイドFM対応】 ホームラジオ & Bluetoothスピーカー Hint [ヒント] BLE Radio (ブラック) HRS-DT01(K) ※AM放送非対応

The post 俺は音声AIになりたい…。スマートスピーカー『WAVE』に見る音声インターフェイス未来【吉田尚記:家電アナ観察記+】 appeared first on デジノ杜.

スマートウォッチ『Galaxy Gear S3』を魔改造!電子マネー対応にしたけれど……?【吉田尚記:家電アナ観察記+】

ニッポン放送 吉田尚記の家電アナ観察記+(プラス)

ニッポン放送 吉田尚記:家電アナ観察記+(プラス)連載一覧ページ

 

俺の財布に紐はねぇ! アナウンサーは腕時計が命

ニッポン放送アナウンサー・吉田尚記は、財布の紐を嫁ではなく家電に握られている男だ。そんな家電アナが年に一度のビッグセール“Amazonプライムデー”で財布を空にしないハズがなかった。

「今やメッセンジャーアプリは物事の進み方や伝達速度の点でメールを凌駕し、リアルタイムでのチェックは基本。腕にアラートが来るのは当たり前の時代だよね。ここ2年くらいスマートウォッチはソニーの『SmartBand Talk』を使ってきたけど、以前購入ギリギリまで考えていたサムスンの『Galaxy Gear S3』をプライムデーで見かけたら物欲に火が点いちゃって」と、物欲の業火で年中炎上している男は戦利品を見せびらかす。

今月のZOOM! 観察ガジェット

有機ELでバッテリー持ち抜群 堅牢性・防水性を持つ最新モデル

サムスン電子ジャパン Galaxy Gear S3 実勢価格:4万3820円 サムスンのスマートウォッチ最新モデル。有機EL液晶による省電力性、防水防塵性能を備えている。市販の22mmバンドに交換することも可能。

「スマートウォッチのなかには腕を傾けないと画面が点灯しないものもあるけれど、例えばイベントの司会中など、露骨に腕を見るとその行動が意味を持ってしまう時がある。常にさりげなく時間を計っているアナウンサーにとって、『Galaxy Gear S3』の画面常時点灯はマスト機能なんだ」。バッテリーに関しても、「有機ELなので消費電力が少なく、結構ハードに使ってるけど2日は持つ」とのこと。

「ウォッチフェイスの種類も豊富で、ダウンロードによって盤面のデザインをガンガン増やせるんだ。また、心拍数が自動計測される点もグッド。歩数も意気揚々と万歩計を持って歩くのではなく、腕時計で勝手に記録してくれることに意味があるんだよね」と、ライフログ魔としても満足のいくデキのようだ。

▲ディスプレイのデザインも豊富に用意されており、タッチやベゼルを回して操作できる。AndroidだけでなくiOSにも対応している。

「加速度センサーによって、今している運動がウォーキングなのかジョギングなのかも判断してくれる。運動していると“その調子です!”だとか“素晴らしいトレーニングでした!”なんて表示されて、これが意外と頑張ろうという気になるんだよなぁ」。こんななんてことないデジタルヨイショも、家電の尻に敷かれる吉田には効果テキメン。本当にチョロい男である。

▲ウェアラブルメガネ『JINS MEME』で集中力も計測する、ライフログ大好きアナウンサー。

魔改造で電子マネー対応。ライフログ魔は計測魔へ

「バンド交換も簡単で、俺はソニーのスマートウォッチ『wena wrist』のバンド部分を付けてるんだ。『wena wrist』のバンドには電子マネー機能が搭載されているから、『Galaxy Gear S3』でも電子マネー決済ができるようになった! 『Galaxy Gear S3』をハッキングした、いわば〝ダブルスマートウォッチ〟の誕生だね。実際にコンビニで買い物できたので、この裏技は知っておくと便利」と家電アナは夢とロマンの魔改造を披露するが、「専用のクレードルで『Galaxy Gear S3』を充電しつつ、バンドは別個に充電する必要があるからちょっと煩わしい」と難点も挙げる。ていうかそれ、魔改造の代償だろ。

▲『Gear S3』のバンドとして『wena wrist』を装着した吉田式魔改造(魔合体?)を同時充電する図。「そんなにわずらわしくない!」と言い張っています。

Amazonプライムデーでは他にもゲットしたものがあるようで、家電アナは「ボタンを押すだけで商品が届く『Amazonダッシュボタン』も買ったんだ。でも不思議なことに、注文した覚えがないのに商品が届いたことがあってさ。おかしいなぁ、やだなぁ……妙~に変だなぁ……嫁も娘も外出中なのに、怖いなぁ」と声を落とす。まさに夏の怪現象。「そしたら気づいちゃったの。床に落ちてたダッシュボタンを、ロボット掃除機が踏んでたんだって……」。お前は何川淳二だよ。

さらに「USB給電するだけでその場の温度と二酸化炭素濃度が測れる『C02モニター』も買ってみた」と、家電アナは見慣れないガジェットを取り出す。「どこまで信憑性があるかわからないけれど、仕事の能率に関わっているのは温度と二酸化炭素濃度だと聞いて、自分の体を使って実験してみようと思ったんだ。ライフログもそうだけど、自分や身の回りのものが数値として可視化されるのは面白い。ほら、この部屋CO2濃度が1200ppm超えてる!」と部屋の換気を促す家電アナ。その姿はライフログ魔というより、単なる計測狂人である。プライムデーとはこうも人間を変えてしまう、恐ろしい1日なのだ……。

▲この『CO2モニター』を見て、「会社は濃度が高いから集中力が上がらない」と、いつも社内にいないことの言い訳にしているようです。

吉田 尚記(よしだひさのり):財布は空だが心は家電の所有欲で満たされているニッポン放送のガジェット好きアナウンサー。アイドルやアニメ、落語に精通しているほか、二酸化炭素濃度の測定士としても活動中。最近は「地下鉄内のCO2濃度測定にハマッてる」とのこと。頑張ってください。

文/アメリカ・アマゾン(@America_Amazon

『デジモノステーション』2017年10月号より抜粋

Samsung スマートウォッチ Galaxy Gear S3 Frontier iOS/Android対応 【Galaxy純正 国内正規品】 SM-R760NDAAXJP_A

The post スマートウォッチ『Galaxy Gear S3』を魔改造!電子マネー対応にしたけれど……?【吉田尚記:家電アナ観察記+】 appeared first on デジノ杜.

超短焦点プロジェクター『Xperia Touch』は”共有”時代のガジェットだ!【吉田尚記:家電アナ観察記+】

ニッポン放送 吉田尚記の家電アナ観察記+(プラス)

ニッポン放送 吉田尚記:家電アナ観察記+(プラス)連載一覧ページ

 

スマホは進化の袋小路へ突入 個室を飛び出し共有の時代へ

ニッポン放送アナウンサー・吉田尚記は、家電の進化の歴史を追い続けるガジェット学者である。そんなヨシダーウィンに「これがスマホの進化の極致!」と言わしめたのが、ソニーの『Xperia XZ Premium』だ。

今月のZOOM! 観察ガジェット

スマホの未来を見据えるXperiaガジェット ソニー Xperia XZ Premium 実勢価格:7万3100円(SIMフリー64GB) 最新スマートフォン『Xperia XZ Premium』は、4K HDR動画への対応や960fpsの高速撮影による「スーパースローモーション」を実現し、さらなる進化を遂げたカメラ機能が特徴。

「洗練に洗練を重ね、『Xperia XZ』はスマホを究極的なレベルにまで進化させた。今回もカメラ性能には力が入ってて、目玉は1秒あたり最大960コマで撮る“スーパースローモーション撮影”。ニコ生でやっている番組の企画で使ってみたけど、この革命的技術をスマホに載せるってどれだけ贅沢なんだ!?」と、吉田はお笑い芸人・ハリウッドザコシショウのゴムパッチン動画を見せ付ける。確かに、黒パン一丁の男がゴムを口にくわえている姿をソニーの最高技術を使って眺めるなんて、贅沢と言うほかない。

▲芸人のゴムパッチン動画をスーパースローモーションで! 他にはない多彩な動画をYouTubeやインスタなどへ投稿できる。

「バッテリー寿命を延ばす“いたわり充電”も面白い機能。バッテリー負荷を減らすために充電速度を調節し、例えば朝目覚める時間に100%になるよう充電することが可能なんだ」。細かいところにも手が届く『Xperia XZ』だが、一方でヨシダーウィンは「スマホの進化が究極的なところまで行き、袋小路に来たなという感覚はある。スマホ市場の飽和は明らかというなかで、次なるニーズを探る段階に来ていると思うんだ」とも話す。

「スマホはもちろん、ヘッドホンの高級化を見ても個人用デバイスの進化は極限まで達しつつある。いわば1人で楽しむための“個室の快適化”はほぼ達成され、次は“共有スペースをどう快適に、面白くするか”が重要になるのではないか。そこで注目したのがソニーの触って動かすプロジェクター『Xperia Touch』。壁や机に投影したスクリーンをタッチ操作できるという未来感溢れるガジェット。俺なんかは職場の机が散らかってるから、書類データを壁に投影するなんて使い方もアリだよね」。その他、きちんと机を片付けられる人間に進化するという手もアリだと思うぞ。

▲首にかけているソニーのプロトタイプガジェット『N』と『Xperia XZ』を連携して使用する吉田アナ。ここからスマホの次が見えてくる?

顔を上げればそこは未来 進化の決め手は姿勢にアリ

「役者が映像に合わせて動いてきた従来のプロジェクションマッピングと違い、映像に触れられる『Xperia Touch』はプロジェクションマッピングがインタラクティブ化している。そういう意味ではゲームに可能性がありそう」

今月のZOOM! 観察ガジェット

スマホの未来を見据えるXperiaガジェット ソニー Xperia Touch 実勢価格:16万1870円 テーブルや壁に投写し、タッチ操作できる超短焦点プロジェクター『Xperia Touch』。Android OSを搭載し、様々なアプリを楽しむこともできる。

「これまで画面の中にしか存在しなかったゲームを、画面の外へ開放できるんだ」と進化の行く末を占うヨシダーウィンは、「広大なネット空間を覗き込むための窓がスマホならば、『Xperia Touch』は出口であり噴射口。『Xperia Touch』をスマホのように覗き込むことはないわけで、これは“人の顔を上げ、姿勢を変えさせるデバイス”とも言える。人間は姿勢が変わると気持ちも行動も変わってくるはずで、ここから新しい何かが生まれる可能性は大いにある」とアゴを上げ、目線だけは下にドヤってみせるのだった。

▲家ではサブスクリプションアプリでアニメを投影。タッチできるのは23インチ投影時のみです。

「現状、インターネットには超パブリックなものと超個人的なものしかないという感覚があるけれど、今後は数人で共有するようなセミパブリックなレベルのものが掘り起こされていくと思う。FacebookなどSNSの登場で現実とネットの境界線が曖昧になったように、必要以上にプライバシーを気にしないという世界への変化も見て取れるよね。『Xperia Touch』はまさに共有の時代のガジェットなんだ」と語る家電アナだが、取材用に借りていた『Xperia Touch』の個人情報設定をそのままにしてソニーに返却し、後で慌ててリセットしてもらったのはここだけの秘密だ。

「さらにこの先の10年、注目すべきは“音声”。寝転がろうが歩いてようが、視覚にすらとらわれずどんな姿勢でも操作できるのが音声の強み。AppleやGoogleのスマートスピーカーからも目が離せないし、俺自身“ラジオ屋”として勝負しないワケにはいかない!」とヨシダーウィンは顔を上げ、姿勢を正して武者震い。ガジェットの発展を見届けてきた男が自ら進化の戦場の前線に立つ日も、そう遠くはなさそうだ。

▲『Xperia Touch』のピアノアプリを机に投影し、シンガーソングライターに演奏してもらう、ということをやっていただきました!

吉田 尚記(よしだひさのり)/職場のデスクを片付ける能力に関しては未進化なニッポン放送の家電好きアナウンサー。アイドルやアニメ、落語に精通しているほか、ガジェット進化の袋小路から抜け出すためにはまず姿勢からと、デューク更家に弟子入りするとかしないとか。

文/アメリカ・アマゾン(@America_Amazon

『デジモノステーション』2017年9月号より抜粋

ソニー SONY ポータブルスマートプロジェクター Xperia Touch(G1109)

The post 超短焦点プロジェクター『Xperia Touch』は”共有”時代のガジェットだ!【吉田尚記:家電アナ観察記+】 appeared first on デジノ杜.